記事ID43714のサムネイル画像

城田優は歌が上手い!?城田優の歌唱力を注目してみました!

歌手や俳優として幅広く活動しているタレント城田優。そんな城田優は歌が上手かった!?歌手としての活動とは?テレビドラマで披露した歌声とは!?バラエティ番組で披露した歌声など、今注目を集めている城田優の歌唱力についてピックアップしてみました。

歌がうまい!?城田優のプロフィール

城田優

1985年12月26日生まれ
東京都出身
日本とスペインのハーフ
国籍はスペイン
ワタナベエンターテインメント所属

幼い頃から、芸能界に興味をもっていた城田優。13歳の頃に芸能事務所に所属しました。

事務所に所属して4年が経ち、城田優(当時)17歳の時ついにミュージカル「セーラームーン」の「地場衛 / タキシード仮面」の役を演じました。これが彼のデビュー作品になったようです!

その後、2004年にワタナベエンターテイメントの若手男性俳優で構成された「D-BOYS」に加入し活躍の幅を広げました。

2005年ミュージカル「テニスの王子様」

ミュージカルなどの舞台の出演が増えていきました。
この舞台での経験が城田優の俳優・歌手の2つの顔を持つきっかけとなるようです。

2006年に『純ブライド』という映画に初主演し、ミュージカルだけでなくテレビドラマでも活躍するようになり世間からの俳優「城田優」の認知度も高くなりました。

2008年に「D-BOYS」を卒業しましたが、城田優の勢いは増していきました!

・「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」
・「ROOKIES」
・「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」
・「GTO」
その他、人気ドラマにも多数出演

CMにも起用されるほどの人気があります

2009年に7本のCMに起用され、最近ではジンジャエールのCMに起用されています。

城田優は歌手としても活動していたのです!

2011年、城田優は
「U」として歌手デビューを果たしました。

俳優だけでなく、ミュージカルで養われた歌声を活かして歌手として活動の幅を広げました。

歌手デビューした城田優は
「U」として、これまでに3枚のシングルを発売しています。
・デビューシングル 「U」
 
・セカンドシングル「刹那 ~a sandglass of fate~」

・3rdシングル「Worth Fighting For feat.HOWIE D」

城田優(U)の歌の歌詞が気になる!

今までデュエット含め16曲以上歌っている城田優ですが、いったい歌詞はどのようになっているのでしょうか!

歌詞はほとんど城田優自身が作詞しています。

城田優の情熱的でセクシーなキャラクターなだけあるのでしょうか、ラブソングを多く作っているようです!

城田優がミュージカル調で歌ってる姿をテレビで披露!

ミュージカルに多数出演している城田優の歌声

動画の終盤に歌っている城田優の歌声が聞くことができます。

ハモネプリーグという番組でアカペラを披露しました。

歌うことが好きな城田優、某実写映画の日本語版の吹き替え版で歌い、高評価を得るなど高い歌唱力が認められた彼は、お笑い芸人「ネプチューン」が番組MCを務めるハモネプリーグにミュージカルチーム「ガンバル・ジャン」のメンバーとして登場しました。

吹き替えに加え、ハモネプで城田優の歌唱力の高さが認識されていったのではないでしょうか!

「ガンバル・ジャン」チームが披露した「民衆の歌」はミュージカル、映画で有名な「レ・ミゼラブル」の劇中歌です。

城田優がドラマでも歌声を披露!

2015年に放送されたドラマ「表参道高校合唱部!」で
城田優が神田沙也加とデュエットし
話題を集めました。

合唱部顧問である教師「鈴木 有明」(城田優)と副顧問の教師「瀬山 えみり」(神田沙也加)が公園で、ほろ酔いの状態でブランコに乗りながら歌う第3話のシーンです。
歌声だけですが聞いてみてください。

城田優の歌声を聞いたネット上での反応は

容姿も含め歌声がいいといった反応や、ぶれない綺麗な歌声はさすがといった歌唱力に対しても賞賛されています。

歌唱力が注目されている城田優のこれから

歌が上手いと注目されている城田優は
現在、俳優としてドラマや映画、舞台に出演しています。
2015年にはドラマの監督デビュー。
2016年ではついに、ミュージカル「アップル・ツリー」で演出家デビューしました。

俳優、歌手、監督、演出家と多彩な才能を開花させる城田優。
次に彼の歌声が聴けるのはいつなのでしょうか?
城田優が「U」として歌手活動をするのはいつなのでしょうか?
今後の城田優の活動に注目していきたいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ