記事ID41176のサムネイル画像

大人気モデル・にこるんになれちゃうメイクを紹介していきます!

今大人気のにこるんになれちゃうメイクを紹介します。にこるんは若い女の子に人気のモデルです。そんなにこるんに憧れる人は多くメイク方法も注目されています。今回は、にこるんのメイク方法を詳しくまとめますので、今日からあなたもにこるんメイクで出かけましょう!

メイク方法が注目されているにこるんのプロフィール!

若い女の子に人気の
にこるんメイクは手軽に出来るのが良いですよね!

プロフィール
愛称 にこるん、新おバカ女王
生年月日 1998年2月20日
現年齢 17歳
出身地 ニュージーランド
血液型 A型
公称サイズ(2015年時点)
身長 / 体重 167 cm / ― kg

にこるんメイクは
本当に可愛くて癒されちゃいますよね

メイク方法が注目されているにこるんの生い立ち!

父親はロシアとポーランドのハーフ。母親は日本人で、スナックバーを経営している。母親が、国際的に有名な子となるよう願って名付けた。ニュージーランド生まれで3歳までニュージーランドで生活し、その後は埼玉県育ちである。

2009年にローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションに応募し、1万4076人の中からグランプリの5人に選ばれ専属モデル(ニコモ)となる。

応募理由は、モデルの仕事に「昔から興味があってお母さんがニコラとにこるが似てるから買ってきたのがきっかけ!」という。

他のグランプリ受賞者は池田依來沙(現在『CanCam』専属)、松井愛莉(現在『Ray』専属)、古畑星夏(現在『Seventeen』専属)、春川芽生の中学校1年生4名で、

藤田のみ小学校6年生であった。『ニコラ』2009年10月号にグランプリ受賞者のお披露目紹介記事が初の出演である

にこるん風メイクで目指せうさぎ顔!

濃いメイクなのに甘めうさぎ顔♡

大人気モデル、にこるんメイクを
大解剖しちゃいましたヽ(*´∀`)ノ

みんなで
にこるんメイクに挑戦してみましょう!

にこるんのすっぴんは清楚系?

すっぴん&裸眼のにこるん!

元々清楚系でモデルデビューしてます!

普通にかわいいのですが
「ブサイクな自分が嫌」との理由から
ギャルメイクに目覚めたんだそう!

メイクは自信も与えてくれますからね♡

出典:http://girls-hapiness.club

にこるんはメイクをしなくても
可愛いんですね!

にこるん風メイクPOINTは?

にこるん風メイクのPOINTは5つ!

①大きな瞳メイク
②バサバサまつげ
③タレ目アイラインメイク
④赤めの下まぶた
⑤目の下の横長チーク

にこるん風メイク① 大きな瞳

にこるんは大きな瞳で目力を!

にこるんが使っているカラコンは
LUXURYというモデルも務めるブランド♪

でも中々取り扱いサイトが少なく
しかも売り切れ続出で買えない!

にこるん風メイク② バサバサまつげ

にこるんのまつげは元々濃いのです!

つけまに頼るのが一番早いですね!

目を丸く作る為、目尻長めではなく
黒目部分が一番ボリュームのあるものを♪

出典:http://girls-hapiness.club

にこるん風メイク③ タレ目アイライン

にこるんのアイラインは目尻短め!

そして意外にも細めです!

目尻は少しだけ伸ばしてタレ目メイクに♪

にこるん風メイク④ 赤めの下まぶた

下まぶたに赤色を足すことで
うさぎ風甘めメイクに大変身!

なんと使っているのは赤グロス!?

出典:http://girls-hapiness.club

赤やチェリーレッドのアイシャドウで
代用することも可能です♪

最近は下まぶた全体に塗っている模様♡

グッと可愛らしさが増します♡

出典:http://girls-hapiness.club

にこるん風メイク⑤ 目の下の横長チーク

にこるんの大きな特徴はチーク!

頬骨ではなく黒目下辺りから
横長にコーラルピンクチークを♪

にこるんはメイクで変われると
勇気を与えてくれる存在です!

うさぎっぽくなれるにこるんメイク、
是非マネしてみてくださいね!

出典:http://girls-hapiness.club

にこるんメイクをまとめてみた感想!

にこるんメイクで
可愛くなっちゃいましょう!

にこるんメイクは気軽に
誰でも出来る点が良いと感じました

にこるんのメイクは
もしかしたら
自分の中の切り替えのスイッチなのかもしれませんね!

これからも
にこるんを
皆さんで応援していきましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ