記事ID37685のサムネイル画像

【田中邦衛引退!?】「北の国から」でお馴染みの俳優の現在は?

独特の口調と名演技で知られる田中邦衛さんですが、現在はすでに引退しているのでは?と噂になっています。ここ最近田中邦衛さんが表舞台に出られていないので病気ではないかと心配されていますが果たして田中邦衛さんの現在の様態は大丈夫なのか検証します。

現在の様子が気になる田中邦衛のプロフィール

生年月日: 1932年11月23日(82歳)
出身地:岐阜県土岐郡
身長:167cm
血液型:O型
職業:俳優
所属事務所:フリー
代表作品:男はつらいよ、仁義なき戦い、金田一耕助の冒険、北の国から、刑事物語など

麗澤短期大学卒業後、故郷の岐阜で中学の代用教員生活を経て、3度目の受験で1955年(昭和30年)に俳優座養成所へ入る。

出典:https://ja.wikipedia.org

1957年(昭和32年)、今井正が監督した映画『純愛物語』に初出演した。そのアクの強い風貌から、アクション映画でチンピラや殺し屋役を演じるが[2]、1961年(昭和36年)の東宝映画『大学の若大将』では、若大将のライバル・青大将役で出演した。敵役・悪役だがコミカルで憎めないキャラクターを好演し、『若大将シリーズ』のレギュラーとなる。

出典:https://ja.wikipedia.org

1965年(昭和40年)に出演したフジテレビのドラマ『若者たち』は映画化され、第22回毎日映画コンクール男優主演賞を受賞した。ヤクザ映画では、同年からスタートした『網走番外地シリーズ』で高倉健演じる主人公を慕う舎弟をコミカルに演じ、1973年(昭和48年)から始まった『仁義なき戦いシリーズ』では、それまでのイメージを一新する姑息で狡賢いヤクザ・槙原政吉を演じた。

出典:https://ja.wikipedia.org

1973年(昭和48年)、井川らと俳優座を退座します。
安部公房と行動を共にした後フリーになり現在に至るまでずっとフリーで仕事してます。

1981年(昭和56年)に開始した『北の国から』シリーズでは、葛藤を持ちつつも2人の子を温かく見守る父親・黒板五郎を演じました。現在も語り次がれる数々の名シーンがあります。

ドラマは1981年10月9日から1982年3月26日まで放送され、スペシャル版は1983年から2002年「遺言2002」まで続きました。
誰しも一度は観た経験があると思います。現在も根強い人気を持っています。

田中邦衛さんは1988年(昭和63年)から1995年(平成7年)まで出演した大正製薬「大正漢方胃腸薬」の年末のテレビCMでは歌って踊るエンターテイナーぶりを披露しました。
現在のイメージとは違った田中邦衛さんの演技にコラムニストのナンシー関から絶賛を受け、作家の小林信彦からも高く評価されました。

現在の様子が気になる田中邦衛さんてどんな人?

共演者がトーク番組やバラエティ番組に出演すると、その生真面目でシャイな性格からくる言動や行動についての数々のエピソードが「田中邦衛ばなし」として取り上げられることが多い。

出典:https://ja.wikipedia.org

田中邦衛さんは出演作品以外にテレビ出演することは現在に至るまでほとんどありませんでした。
バラエティ番組でも見かけることはほとんどなかった印象でしたが、本人はかなりのシャイだった
のが理由でした。

トークショーや講演の依頼があっても基本的に断り、『徹子の部屋』『スタジオパーク』などのトーク番組にも極力出演することを拒んできた田中邦衛さんですが、2010年6月には、荒井幸博さんと共に『いい旅夢気分』に出演しました。これが田中邦衛さん初の旅番組出演です。

田中は2人の娘を前にすると、照れて面と向かって喋れないことがよくあったという。実生活で2人の娘を叱ったことがないのは有名な話だ。ただし「会話が少なくても親子の愛情がしっかり育まれることは、今の娘2人の成長した姿を見ればよくわかる」

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

田中邦衛さんは娘さんを叱ったことがなかったのは意外です。もう少し厳しい方だと思っていましたが、「北の国から」のイメージが強いのかなw
現在はお元気なのか気になります。

田中邦衛の娘はアナウンサー!!

田中淳子さんのプロフィール

職業:ジャーナリスト

NHKワシントン支局長

上智大学外国語学部英語学科卒業

在学中米国ワシントンDCのジョージタウン大学国際関係学部に留学

上智大卒業後の1988年NHKに記者として入局

静岡放送局で2年働いた後NHK初の女性海外特派員となり、記者として国際報道を中心に活動

2006年にはNHK初の女性海外支局長としてシドニー支局の支局長に就任

その後アメリカ合衆国ワシントン支局へ異動し、2013年2月支局長に就任

現在の田中邦衛は病気と噂に!?

実は田中邦衛さんは2009年のドラマ「黒部の太陽」、2010年の映画「最後の忠臣蔵」を最後に役者の仕事をしていません。
果たして現在の田中邦衛さんの様子は大丈夫なのでしょうか。

2012年8月に行われた故・地位武男さんの「お別れ会」では田中邦衛さんが遺影に語りかける姿を最後に公の場から姿を消してしまいました。
これ以降現在まで、田中邦衛さんは役者の仕事をされていません。現在の様態がとても心配されます。

現在田中邦衛は引退してるのか?

2013年自宅前でほうきを片手に自宅前を掃除していた田中邦衛さんを記者が話を聞こうとしましたが、それをさえぎるように奥さんが「引退はしません、元気でおります」と説明さていました。

しかし田中邦衛さんの様態があまりよくないみたいです

「長ゼリフが入らない」ことを理由に仕事の依頼を断っていることが伝えられた。同日放送されたフジテレビの情報番組『ノンストップ!』では妻が電話取材に応え「体力的に厳しいと思います」と述べ、田中が休業状態であることを明かす

出典:http://ja.wikipedia.org

現在はもう82歳ですし、この取材時点でも80歳を越えられていますから事実上の俳優引退といったことろでしょうか。ただ現在の田中邦衛さんの様態が気になりますね。

田中邦衛俳優引退について世間の反応は?

またいつかお会いできる日を待っています!今は、一休みって所だと思います!

出典:http://blog.livedoor.jp

好きな俳優さんです。
北の国からの他にもたくさんの映画やドラマでライバル役などなど、個性的な役どころを上手く演じられていましたね。

またスクリーンやテレビで見たいですねえ。

出典:http://blog.livedoor.jp

現在もお元気ならいいんですけどね。ファンの方に愛されている方なので、現在は休養中ですからしっかりと休んでください。

田中邦衛が葬儀に参列しなかった理由とは?

今年5月31日に都内で行われたテレビ界の大物、「北の国から」のプロデューサーでもある元フジテレビ取締役の中村敏夫さんの葬儀に田中邦衛さんの姿がなかったと話題になりました。

この葬儀の参列者は約550人。その中には大物芸能人のタモリさんや北島三郎さんなどが参列されていましたが、「北の国から」でお世話になっている田中邦衛さんの姿がなかったのはよほどのことがなければ考えられないことですよね。やはり現在の田中邦衛さんの様態があまり良くないのでしょうか。

田中邦衛現在は老人ホームに入居!?

ここ数年、テレビやスクリーンから遠ざかり、健康不安説も出ているが、実は自宅から老人ホームに居を移し、“もう一度、家族のもとに帰る”との強い決意を胸に、懸命のリハビリ生活を送っていた。

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

えー!!!!!!!!!ショックですね。でも病気じゃなさそうで安心しました。
現在は老人ホームに入居していたんですね。現在はリハビリ中だったんですか。
頑張って家族と一緒に暮らせたら良いですね。

誤解しないでいただきたいのは、あくまで“仮の入居”だという点です。
 高熱で2週間入院していた時に、寝たきりになってしまい足の状態が悪くなってしまった。足が良くなれば再び自宅に戻ってこられると思っています。今も時々、一時帰宅していますから

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

これは奥さんが取材陣に語ったコメントです。田中邦衛さんは自宅を改造してバリアフリーにすることを拒否していたようです。弱気になっているところはなく、足を直して戻ってくると告げて入居されました。現在は家族で支えているとのこと。

田中邦衛現在の様子まとめ!!

現在の田中邦衛さんの様子を探ってまいりましたが、現在は老人ホームへ入居中でした。ただ病気で手術が必要とかではなく、高齢のため高熱で体が弱ってしまったため、現在はリハビリを目的で入居されているので安心しました。俳優業については現在は事実上の引退といった感じですね。田中邦衛さんがもう観られなくなると考えると寂しいですが、元気になってもう一度公の前に姿を現してください。どうかお元気で!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ