記事ID35970のサムネイル画像

元AKBアイドル大島優子、代名詞ともいえる涙袋のヒミツに迫る

大島優子といったら涙袋、涙袋といったら大島優子と言っても過言ではない。もはや代名詞ともいえる大島優子のぷっくりとして艶のある魅力的な涙袋。元AKBにして女優として活躍の幅を広げている大島優子の涙袋のヒミツを探ってみました。

大島優子のプロフィール

大島優子の代名詞として涙袋とならんでえくぼもチャームポイントと言われています。
下がり目の眉の困り顔メイクなんてのも大島優子発信での流行ではないでしょうか。

容姿がリスににていることから「こりす」なんてあだなもあります。

おおしま ゆうこ
女優
大島 優子は、日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。愛称はゆうこ等。栃木県下都賀郡壬生町出身。太田プロダクション所属。スリーサイズは82-55-81である

出典:https://www.google.co.jp

生年月日: 1988年10月17日 (26歳)
生まれ: 神奈川県 横浜市
身長: 152 cm

出典:https://www.google.co.jp

1996年から母親の薦めでセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始する。

出典:https://ja.wikipedia.org

電磁戦隊メガレンジャー 第40話「コワいぜ! バッドな女たち」に出演時の大島優子です。
この時すでに涙袋の存在が確認できます。
大島優子の涙袋は整形だとのうわさもありましたが
大島優子の涙袋はホンモノだとわかりますね。

ケンタッキーのCMに出演時の大島優子です。
ケンタッキーのおいしさが引き立ってかわいいCMですね。
この頃からも大島優子の面影がありますね。

小学校卒業後、神奈川県横浜市から栃木県に転居するが、その直後に両親が離婚し父子家庭で育つ。母親とは高校生の時に再会した[29]。

出典:https://ja.wikipedia.org

大島優子 活躍の場をアイドルから女優へ

12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』においてAKB48を卒業することを発表する[18][19]。

出典:https://ja.wikipedia.org

2013年の大晦日、紅白歌合戦での大島優子の衝撃の発表にはみなさん驚かれたのではないでしょうか。
その後、あの紅白歌合戦という大舞台でAKB卒業という超個人的な発表をしたことにより
賛否両論ありましたね。

大島優子の代表曲となったヘビーローテーションのころですかね。
この衣装がザ・AKB48!といった雰囲気を感じます。
やはり大島優子・前田敦子・板野友美あたりが歴代AKBメンバー不動の神7ならぬ神3でしょうか

元気ハツラツ笑顔の大島優子です。
この画像を見ると涙袋がよくわかりますね。
大島優子の笑顔が涙袋で引き立っているように感じます。
えくぼと涙袋は最強の顔面武器といえるでしょう。

2014/06/09 味の素スタジアムのコンサートが
大島優子卒業公演となりました。
大島優子がAKB48を卒業…というのはものすごくさみしく感じましたが
卒業したからといって大島優子に会えないわけではないんですよね。
わかってはいるのですが、やっぱり大島優子のいないAKBはやはりさみしく感じました。

大島優子が出演していた「ガリレオ」での1ショット。
涙袋もしっかり確認!
やっぱりかわいい!

ヤメゴク出演時の大島優子です。
今までのメイクとはまたガラリと変わり少しダークな大島優子でしたが
やはりこの時も涙袋がダークの中にヌケ感を引き出していますね。
ヤメゴクの大島優子のアクション、かなりかっこよかったです。

大島優子 変わらない魅力の秘密は涙袋?

子役のころの大島優子、AKBの大島優子、今の女優の大島優子と
おさらいしてみましたが、どの頃の大島優子もあまり変わりないですね。
その一因として、涙袋の存在感があるのではないでしょうか。
涙袋があることによって目が大きく優しい印象になり、さらには幼くも見せてくれます。
その結果、大島優子は涙袋の印象でいつまでも変わらない魅力を持ち続けられるのかもしれません。

大島優子の涙袋がどれだけぷっくりしているのかがよく確認できる写真です。
光の加減もあるとは思いますが、この画像は大島優子の涙袋が際立って見えますね。

そもそも涙袋ってどうして魅力的なの?

下まぶたの眼球に沿った膨らみ部分を涙袋と呼び、目の大きな方や、エラの張っていない方に目立つ傾向があります。

出典:http://www.skincare-univ.com

涙袋があるかないかの印象の違いを分かりやすく解説されています。
涙袋があることにより、目が大きく、白目がキレイに見えます。

この比較画像、二重の幅も違うように感じますね。
涙袋形成に伴って目が開くからなのでしょうか。
そこを抜いて考えてもやはり目が大きく見えますね。
涙袋のハイトーンで下まつ毛の印象も強調されます。

しかし注意していただきたいのは、今はやりの涙袋メイク。
下まぶたにハイトーンを自然に乗せる、涙袋下に影をつけるというものですが。
失敗すると、クマのように見えてしまったりちょっとしたホラーのように見えてしまいます。

これがまさに。すごいメイクですよね。
全体的にツッコミ所はたくさんありますが
涙袋の影つけすぎの悪い例ですね。
ちょっとした・・・というかかなりホラーですね。

涙袋は筋肉です。年齢とともに衰えていくのは必然で、涙袋が大きければ大きいほどに、衰えた時にたるみとなって目立ってきてしまうのです。つまり、若い方に支持されている「涙袋」も、年齢を重ねていくと目の下のたるみ「目袋」として敬遠する方が多いということです。

出典:http://www.skincare-univ.com

涙袋形成手術などもはやっているようですが、やはり加齢にはかなわないようです。
もともとなかった人が無理に形成した結果・・・を考えるとなかなか手を出すのをためらってしまいますね。
それを覚悟したうえで、涙袋形成してください。

なくてはならない大島優子の涙袋

このようにパッチリくりくりと見える目も、涙袋の効果でしょう。
この大島優子の目が一番のチャームポイントですね。

一歩間違えれば老けて見えてしまったり、クマのように見えてしまう涙袋もありますが
大島優子のぷっくりとした涙袋はとっても魅力的ですね。
涙袋のない大島優子が想像できないくらいです。
もっとも大島優子は生まれながらの涙袋保持者ですから
なかったころがないのですが・・・

涙袋があることで大島優子の魅力が増して見えます。

トップアイドルまで上り詰めた大島優子の
これからの女優としての活躍に期待です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ