記事ID35069のサムネイル画像

劇団ひとり渾身の映画監督デビュー作『青天の霹靂』まとめ!!

劇団ひとりさんが監督・原作・脚本を務めた映画『青天の霹靂』は多くの人に話題を生んだ感動作です。ネットで見かけるレビューなどの評価も高く、実際に後半では秀逸な描写に涙を誘われます。劇団ひとりさんの映画監督デビュー作『晴天の霹靂』についてまとめてみました。

『青天の霹靂』で映画監督デビュー!劇団ひとりとは

まずは、劇団ひとりさんについて調べてみました。

『青天の霹靂』で映画監督デビュー!劇団ひとりとは

劇団ひとり

本名:川島 省吾(かわしま しょうご)
生年月日:1977年2月2日
出身地:千葉県千葉市
血液型:A型
身長:175cm
出身:現事務所直入
コンビ名:スープレックス(1994年 - 2000年)
相方:秋永和彦(コンビ時代)
芸風:コント

日本のお笑いタレント、作詞家、俳優、作家、映画監督である

出典:https://ja.wikipedia.org

太田プロダクションに所属しデビュー

出典:https://ja.wikipedia.org

俳優としてテレビドラマや映画などに活躍の場を広げる

出典:https://ja.wikipedia.org

映画監督デビュー作の『青天の霹靂』が公開される

出典:https://ja.wikipedia.org

『青天の霹靂』で第6回TAMA映画賞・最優秀新進監督賞を受賞

出典:https://ja.wikipedia.org

『青天の霹靂』で映画監督デビュー!劇団ひとり関連の公式サイト

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』とは

劇団ひとりさんが映画監督デビューした作品『青天の霹靂』について調べてみました。

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』とは

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』

監督:劇団ひとり
脚本:橋部敦子・劇団ひとり
原作:劇団ひとり
製作:川村元気
主演:大泉洋
音楽:佐藤直紀
主題歌:Mr.Children「放たれる」
制作会社:東宝映画
製作会社:「青天の霹靂」製作委員会
配給:東宝
公開:日本・2014年5月24日
製作国:日本
言語:日本語
製作費:2億円
興行収入:11.8億円

『青天の霹靂』(せいてんのへきれき)は、劇団ひとりによる小説および同名映画作品

出典:https://ja.wikipedia.org

主演大泉洋、ヒロインは柴咲コウ

出典:https://ja.wikipedia.org

劇団ひとりは、原作、脚本、監督、出演の4役

出典:https://ja.wikipedia.org

主題歌 - Mr.Children「放たれる」(トイズファクトリー)[6]
本作のために書き下ろしたナンバーである。劇団ひとりがMr.Childrenのファンであったことから、ダメ元でオファーをしたところ、本作に共感したMr.Children側が主題歌起用を快諾

出典:https://ja.wikipedia.org

劇団ひとり『青天の霹靂』(小説)の映画化エピソード

原作:劇団ひとり『青天の霹靂』(小説)

著者:劇団ひとり
発行日:2010年8月25日
発行元:幻冬舎
国:日本
ページ数:234
コード :ISBN 9784344018754

劇団ひとりは荒木町にあるガラガラ状態のマジックバーで「ペーパーローズ」というマジックを見て感動した時にこの作品を思いつき、最初からいずれ映画にしたいという思いを持って小説を書き始めた。約1年で書き上げて幻冬舎に持ち込み、書籍化が決定。映画化の話には東宝が名乗り出てくれたため、実現

出典:https://ja.wikipedia.org

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』ロケ地

昭和48年の浅草の撮影は長野県上田市にてロケーション撮影が行われた[4]。ロケ地として上田映劇、本町、旧上田市産院、上田城跡公園など

出典:https://ja.wikipedia.org

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』関連の公式サイト

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』の評価

映画『青天の霹靂』に出演した大泉洋・柴咲コウ・劇団ひとり

全国300スクリーンで公開され、5月24日・25日の初日2日間で興収1億7,985万3,900円、動員13万898人を記録

出典:http://ja.wikipedia.org

映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で第2位に初登場した(実写映画1位)

出典:https://ja.wikipedia.org

「ぴあ」調査による公開初週映画の満足度調査では1位を獲得

出典:https://ja.wikipedia.org

客層は20歳代から50歳代を中心に、10代や60代以上にも支持され、男女比も49対51とほぼ半々

出典:https://ja.wikipedia.org

受賞(中略)
The Japan Cup 2015 著述放送文化賞
第6回TAMA映画賞[9]
最優秀男優賞(大泉洋)
最優秀新進監督賞(劇団ひとり)

出典:http://ja.wikipedia.org

映画『青天の霹靂』に出演した大泉洋・柴咲コウ

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』のあらすじ

劇団ひとりさんが映画監督デビューした作品『青天の霹靂』のあらすじについて調べてみました。

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』予告編(動画)

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』予告編(動画)

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』のあらすじ

自分は特別な存在だと思っていた晴夫(大泉洋)。四畳半のアパートでレトルトカレーを頬張りながら、TVで人気急上昇の後輩マジシャンを眺める日々。目を背け続けてきた現実に“普通の日常"を手に入れることすら難しい、と気付き始めていた。
生まれてまもなく母に捨てられ、今では父とも絶縁状態。何をやっても上手くいかずに人生を諦めかけていた彼のもとに突然もたらされる父の訃報。

出典:http://www.amazon.co.jp

生まれてまもなく母に捨てられ、今では父とも絶縁状態。何をやっても上手くいかずに人生を諦めかけていた彼のもとに突然もたらされる父の訃報。
自分の惨めさが溢れ出し、生きることの難しさを痛感する晴夫。そこに青空から一筋の雷が放たれる!

出典:http://www.amazon.co.jp

そして晴夫は40年前の浅草にタイムスリップ。

そこで、若き日の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)に出会う。そして、ひょんなことから父とコンビを組み、一躍人気マジシャンになっていく。生まれて初めて味わう満たされた日々。全てが順調に思えた矢先、明らかになる母の妊娠。

出典:http://www.amazon.co.jp

そして、ある決断を迫られることになる父。明らかになっていく家族の愛と想い。そして晴夫自身の出生の秘密。
果たして彼と家族を待ち受ける思いもよらぬ真実と結末とは――

出典:http://www.amazon.co.jp

終わりに

今回は劇団ひとりさんの映画監督デビュー作『青天の霹靂』についてまとめました。

レビューなどを見ていてもかなりの高評価を獲得している劇団ひとりさんの映画監督作『青天の霹靂』。シンプルな作りの映画の中に夢や希望、親子の愛が上手に表現されています。一部では天才と言われるほどの劇団ひとりさんが次世代の芸人出身映画人の担い手といえる才能を見せ付けた作品だと感じます。

劇団ひとりの映画監督デビュー作『青天の霹靂』のDVDのご購入はコチラ

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ