記事ID34387のサムネイル画像

笑顔がかわいい相武紗季☆お姉さんは、実は宝塚出身だった!?

くっきりエクボがかわいい相武紗季♪ドラマやテレビでも大活躍ですよね!そんな相武紗季には、お姉さんがいます。しかも、そのお姉さんはなんと宝塚出身!今回は、相武紗季とお姉さんのエピソードについてお話ししたいと思います。ぜひご覧ください☆

お姉さんはタカラジェンヌ!?可愛すぎる相武紗季のプロフィール

生年月日:1985年6月20日
血液型:O型
愛称:ぶってぃー、さきっちょ、アイブー、ぶっちぃ、サキサキ
出身地:兵庫県宝塚市
事務所:ボックスコーポレーション
特技:シンクロナイズドスイミング、競泳
趣味:読書

相武紗季のエピソード

相武紗季が女優デビューしたきっかけ

地元の中高一貫教育校に通学していたが、高校球児に会いたい思いで2002年朝日放送「夏の高校野球PR女子高生」へ応募し、およそ1000人から選出される。帰省中のマネージャーが地元テレビで放送されていた当該PRビデオを目にしてスカウトし、芸能活動のため上京する。2003年、『WATER BOYS』で女優デビューする。

出典:http://matome.naver.jp

2004年以降出演している「ミスタードーナツ」CMでは、タカアンドトシとのコミカルな掛け合いで話題を得る。女優業では『17才夏。〜屋上ガールズ〜』、シナリオ登竜門大賞受賞作『なつのひかり。』など単発ドラマで主役を演じ、「よるドラシリーズ」新規作品最終作『どんまい!』で連続ドラマ主役を初めて演じ、以降「CM女王ランキング」などに名を連ねる。

出典:http://matome.naver.jp

私は水泳部に所属していました。オリンピック選手をめざして、小学5年から始めたシンクロナイズド・スイミングを中学3年で断念し、競泳(平泳ぎ)に変更していました。でも、選手としては先が見えていました。

「このまま続けて、何になるのだろう」。そう思い悩んでいたころ、好きな野球に打ち込んでいる同世代の男の子たちがテレビに映っていたんです。「自分もそういうふうに生きたい。高校野球を間近で見てみたい」。そんな意欲が湧き、応募しました。

出典:http://matome.naver.jp

相武紗季の女優デビューのきっかけは、高校野球だったのですね!また、過去にはオリンピック選手になりたいという大きな夢も持っていたのですね!

相武紗季はロック好き

好きでよく聴くのは、BON JOVI、GREENDAY、Red Hot Chili Peppers、Offspringで、どのバンドも本当に大好きでよく聴いていますよ!!
でも最近のお気に入りは、Scissor sisters、Rooster等で、とくにRoosterは良いですよね(カッコいい)!あっ、Snow Patrolも最近良く聴いています。聴くものが、アメリカン・ロックなものからブリティッシュなものに変わってきていますね。

出典:http://matome.naver.jp

相武紗季は、ロック好きなのですね!ロック音楽は、聞いてて元気が出ますし、楽しいですね。

相武紗季が感じるテレビと舞台の違い

「全然動けていないですね。空間を使うことに慣れていなかったりとか。やっぱりテレビの中では動きが規制されていたり、全部手に届く位置にものがあるはずなんですが、舞台ではそれが端から端までになったりするんです。いつもの感情ではここまでしか歩けないんだけど、舞台ではその3倍歩かなきゃいけないとか、そういうことにまだ対応できていないので、なるべく遠くへ遠くへ歩くんだ、という感じではやっています」

出典:http://matome.naver.jp

「どうなんでしょう。下手くそだと思うんですよ。いま自分がやっていても“全然できてないな、下手くそだな”って思うんですけど、それでも挑戦させてもらっているので、ファンの方には下手くそなりに、慣れないなりに頑張っている姿が伝わればいいかなって今は思っています。そして初日の幕が上がってからも千秋楽まで、もっともっと完成度を上げていきたいと思っています。初日を見てがっかりした人には千秋楽を見てもらって、“頑張ったやんけ”みたいに思ってもらえるような。こんなこと言ったら怒られちゃいますかね(笑)」

出典:http://matome.naver.jp

確かに舞台は広く、端から端まで走れますが、テレビはほぼ場所が限られてますね。相武紗季も、それを強く感じていたようですね。

相武紗季の理想の女性像

自立した女性であること。誰かが近くにいても、譲りすぎないというか、自分の世界観をちゃんと持って、そこを崩したりせずに生きている女性は、話をしていてもすごく面白いと思います。やっぱりポリシーを持っている人には、男女問わず好感が持てるんじゃないかな。

出典:http://matome.naver.jp

相武紗季が理想とする、自立した女性。確かにまっすぐ生きる女性はかっこいいですね。

相武紗季のストレス発散方法は愛犬に癒されること

負けん気の強さは「もともと持ってたのかな」と笑う相武さんですが、気分転換は「最高の喜び」という愛犬と過ごすこと。
 「睡眠時間を削ってでも、散歩に連れて行くのが息抜きになります。自分のことを考えている時間をくれない存在なので、自然と仕事を忘れさせてくれる。子 犬から育てて4年間ずっと”二人暮らし”です。私がテレビを見ていてふと横を見ると、同じポーズで一緒に見てて(笑)。癒される〜って思います」

出典:http://matome.naver.jp

とても可愛いワンちゃんですね。相武紗季は、このワンちゃんと二人三脚で頑張っているのですね!

相武紗季の健康的なライフスタイル

お休みの日は朝6時に起きて、犬の散歩をするのが日課で。夜は10時~11時ぐらいには寝ちゃう。ドラマなどの撮影中はどうしても不規則になるんですけど、もともと健康的な生活なんです。
普段から活発に行動したいタイプなので、家でも何かとバタバタしていて、ゆったり過ごすのはお風呂の時間ぐらい(笑)。
食事は自分で作ることが多いですね。基本的にはその日の気分で、食べたいときに食べたいものを食べたい分だけ食べる(笑)。かといって暴飲暴食はしないですし、ガマンもしたくないので、自然にやってることが自分のリズムに合ってるなって思います。

出典:http://matome.naver.jp

相武紗季は、早寝早起きや食生活にも気を付けて、健康的な生活を送っているのですね。

相武紗季のお姉さんは宝塚出身!?

では、本題に移りたいと思います。

相武紗季には、お姉さんがいるのをご存知ですか?お姉さんは、なんと宝塚出身なのです。
どんなお姉さんなのか、また宝塚時代のエピソードも交えて、ご紹介したいと思います。

相武紗季のお姉さんは、元宝塚星組娘役スターだった!

相武紗季のお姉さんは、元宝塚星組娘役スターとして活躍していた、音花ゆりさんという方です。
では、相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんのプロフィールについてご紹介しましょう!

音花ゆり(おとはなゆり)
本名:相武由莉(あいぶゆり)
愛称:ゆり、ころ、ポチ
生年月日:1983年12月16日
身長:161㎝
出身地:兵庫県宝塚市出身
出身校:雲雀丘学園中学校

相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんの略歴

1999年4月、宝塚音楽学校入学。第87期生。
2001年3月、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は42人中6位。「ベルサイユのばら2001」で初舞台。
同期に龍真咲(月組トップスター)、晴華みどり、沙央くらま、早霧せいな(雪組トップスター)らがいる。
同年5月15日に星組に配属。

新人公演で娘役スターの役を複数回与えられたほか、歌手としての起用が多い。2006年には童謡CD『Quatre Saisons』のメンバーに選抜され、同年のショー「ネオ・ダンディズム」にて初めてエトワール(ソロ)を与えられた。

2008年『スカーレット・ピンパーネル』、2009年『太王四神記』、2010年『BOLERO―ある愛―』においてもエトワールを務めた。

また『TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)』の挿入歌「終章~Finale~」を担当し、『Tribute to STUDIO GHIBLI』のCDでは、「愛は花、君はその種子」と「風のとおり道」(晴華みどり・透水さらさ・花愛瑞穂・百千糸・七瀬りりこと共同)をカバーした。

2010年、テレビ朝日とのコラボレーションで発売された「le sac des TAKARASIENNES(ル サック デ タカラジェンヌ)」のプロデュースメンバーに選ばれた。

2015年5月10日、『黒豹の如く』/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き -』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

出典:https://ja.wikipedia.org

相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんは、歌や演技が上手く、ダンスシーンやフィナーレのエトワール(ソロ)によく抜擢され活躍していました。

また、小学校高学年の頃から宝塚コドモアテネに通い、宝塚歌劇団に入団することを決意していたそうです。

相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんの宝塚時代の舞台

2004年2月、「1914/愛/タカラヅカ絢爛」新人公演:大公夫人(本役:朝峰ひかり)
2004年5月、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」(博多座)新人公演:秦国夫人(本役:仙堂花歩)
2005年9月、「龍星」(梅田芸術劇場・日本青年館)狄妃
2006年1月、「ベルサイユのばらーフェルゼンとマリー・アントワネット編ー」女官長、新人公演:カトリーヌ(本役:百花沙里)
2006年5月、「Young Bloods!!」(バウ)ミス・コローネ
2006年8月、「愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム!」新人公演:ドリー・マコーミック(本役:陽月華) *エトワール
2007年3月、「さくら/シークレット・ハンター」新人公演:アナ・マリア(本役:南海まり)
2007年9月、「Kean」(日生劇場)キャロライン
2008年1月、「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス―蘭の星―」ロサ、新人公演:女王エリザベス(本役:星風エレナ)
2008年4月、「ANNA KARENINA」(バウ)ベッツィ・トヴェルスコイ公爵夫人
2008年6月、「THE SCARLET PIMPERNEL」ジュリー *エトワール
2008年11月、「ブエノスアイレスの風」(日本青年館・バウ)フローラ
2009年2月、「My dear New Orleans/ア・ビヤント」ベッシー
2009年6月、「太王四神記 Ver.II」ムーニョ、メファ *エトワール
2009年10月、「再会/ソウル・オブ・シバ!!」(全国ツアー)ポーレット
2010年1月、「ハプスブルクの宝剣/BOLELO」 *エトワール
2010年5月、「リラの壁の囚人たち」(日本青年館・バウ)ルイズ
2010年7月、「ロミオとジュリエット」(梅田芸術劇場)キャピュレット夫人
2010年10月、「宝塚花の踊り絵巻/愛と青春の旅だち」バーニー
2011年1月、「メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-」(日本青年館・バウ)華山リカ
2011年4月、「ノバ・ボサ・ノバ」マダムガード/「めぐり会いは再び」リゲル *エトワール
2011年8月、「ノバ・ボサ・ノバ」マダムガード/「めぐり会いは再び」(博多座、中日劇場)アルビレオ *エトワール
2011年11月、「オーシャンズ11」サファイア
2012年3月、「天使のはしご」(日本青年館・バウ)シャーロット
2012年5月、「ダンサ セレナータ/Celebrity」イザベル
2012年9月、「ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-」(バウ・日本青年館)ヴィジェ・ルブラン
2012年11月、「宝塚ジャポニズム~序破急~」 /「めぐり会いは再び 2nd 」リゲル/「Étoile de TAKARAZUKA」第11場/ヴァルゴファム(歌手)
2013年4月、「宝塚ジャポニズム~序破急~」/「怪盗楚留香外伝-花盗人-」蘇蓉蓉/「Étoile de TAKARAZUKA」(台湾公演)
2013年5月、「ロミオとジュリエット」キャピュレット夫人
2013年10月、柚希礼音スペシャルライブ「REON!!II」(博多座)
2014年1月、「眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-」テレーズ
2014年5月、「かもめ」(バウ)アルカージナ
2014年7月、「The Lost Glory -美しき幻影-/パッショネイト宝塚!」エマ
2014年12月、「アルカサル〜王城〜」(バウ)エレーネ
2015年2月、「黒豹の如く」ソニア/「Dear DIAMOND!!- 101カラットの永遠の輝き -」*エトワール *退団公演

出典:https://ja.wikipedia.org

相武紗季のお姉さんである音花ゆりさんは、宝塚に12年も財団していて、娘役スターとしてたくさんの舞台に出演されていたのですね。本当につい最近まで宝塚にいらっしゃったのですね。

相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんのエピソード

相武紗季のお姉さんである音花ゆりは、星組娘役、エトワール(ショーのフィナーレの最初を飾るソロ歌手)を7度務める。

出典:http://matome.naver.jp

実は相武紗季と音花ゆりの母も元タカラジェンヌという芸能一家。

出典:http://matome.naver.jp

相武紗季は、お姉さんの音花ゆりさん思いだった☆

2015年5月10日、相武紗季のお姉さんの音花ゆりさんが、宝塚を退団しました。
相武紗季は、ご両親とともにお姉さんである音花ゆりさんの千秋楽の舞台を観劇。

お姉さんの音花ゆりさんの舞台を見て、本当にうれしかったそうです。

実家の愛犬が亡くなった朝、涙が出て悲しさでいっぱいだった。その夜の友人の結婚式では、愛と優しさとあたたかさで胸がキラキラでいっぱいになった。明日は姉の千秋楽。切なさと姉の未来への決断に誇らしさと。 生きるって大変。しんどくて疲れて嫌になるけど。素晴らしすぎて、美しい。

出典:http://matome.naver.jp

また、相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんが宝塚を退団したニュースがYahooニュースにのると、下記のようにツイッターにつぶやいたそうです。

わーい。Yahooニュースにお姉ちゃんのこと書いてある

出典:http://matome.naver.jp

相武紗季は、本当にお姉さんの音花ゆりさんの事が大好きなのですね。

【まとめ】相武紗季は、お姉さんの音花ゆりさんと大の仲良しだった!

以上、相武紗季のお姉さん、音花ゆりさんについてご紹介しました。

相武紗季のお姉さんの音花ゆりさんは、宝塚ファンの中ではかなりの有名な実力派スターでしたので、退団もかなり惜しまれたのですよ。

最後に、相武紗季も、音花ゆりさんも、今後の活躍が楽しみです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ