記事ID32340のサムネイル画像

    水木しげるの妖怪画像まとめ!秋の夜長に妖怪鑑賞は如何!?

    数百ともいえる妖怪絵を描き、その手の分野では「大妖怪」とまで褒め称えられている水木しげるさん!そんな水木しげるさんの妖怪絵を、画像でもっと見たくありませんか!?今回は、そんな水木しげるさんの妖怪画像をまとめてみました!!

    水木しげるプロフィール 妖怪たちの生みの親!

    数々の妖怪を生み出してきた、水木しげるさんのプロフィールをまとめましょう!

    こちらが、水木しげるさん。
    本人自体が妖怪化しているという噂も・・・。

    1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。

    太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。

    出典:http://www.mizukipro.com

    水木しげるさんは戦時中、悲惨な体験をしました。

    その体験が、妖怪の絵に活かされていると言われています。

    1991年紫綬褒章、2003年旭日小綬章、

    2007年、「のんのんばあとオレ」でフランス・アングレーム
           国際漫画フェスティバル 最優秀コミック賞を、

    2009年「総員玉砕せよ!」で遺産賞を受賞。

    2010年 文化功労者

    出典:http://www.mizukipro.com

    水木しげるさんの妖怪絵は、大変高く評価されています!

    水木しげるさんの妖怪絵は、どのようなものでしょうか!?

    水木しげるの妖怪画像まとめ その1

    水木しげるさんの妖怪画像を、まとめていきましょう!

    水木しげる妖怪画像1

    牛鬼

    牛鬼(うしおに、ぎゅうき)は、西日本に伝わる妖怪。
    主に海岸に現れ、浜辺を歩く人間を襲うとされている。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像2

    うわん

    鉄漿を付けた妖怪が両手を振り上げ、
    怒鳴りつけて脅かすかのような姿で描かれているが、
    説明文がないため、正体は未詳。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像3

    赤舌

    水門の上に、爪のある手と毛深い顔を持ち、
    黒雲に覆われた獣のような姿が描かれているが全身像は不明。
    開かれた口には大きな舌がある。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像4

    つるべおとし

    木の上から落ちて来て、人間を襲う、人間を食べるなどといわれる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげるの妖怪画像まとめ その2

    水木しげるさんの妖怪画像は、まだまだたくさんあります!

    水木しげる妖怪画像5

    キジムナー

    キジムナー(キジムン)は、沖縄諸島周辺で伝承されてきた
    伝説上の生物、妖怪で、樹木(一般的にガジュマルの古木であることが多い)の精霊。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像6

    がしゃどくろ

    戦死者や野垂れ死にした者など、埋葬されなかった死者達の
    骸骨や怨念が集まって巨大な骸骨の姿になったとされる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像7

    芭蕉の霊が人の姿をとるなどして人を化かすというもの。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像8

    河童

    ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像まとめ その3

    水木しげるさんの妖怪画像を、もうちょっと紹介していきましょう!

    水木しげる妖怪画像9

    オッケルイペ

    人が家の中で1人でいるときなど、炉の中で「ポァ」と屁をする。

    さらに部屋のあちこちで次々に「ポァ」と屁をし、臭いで我慢できないほどになる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像10

    どうもこうも

    どのようなことをする妖怪であるのかは絵巻物にも示されていないため詳細は不明である。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像11

    一反木綿

    約一反(長さ約10.6メートル、幅約30センチメートル)の
    木綿のようなものが夕暮れ時にヒラヒラと飛んで、人を襲うものとされる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげる妖怪画像12

    あずきあらい

    川のほとりで「小豆洗おか、人取って喰おか」と歌いながら小豆を洗う。

    その音に気をとられてしまうと、知らないうちに川べりに誘導され落とされてしまうともいう。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    水木しげるの妖怪たちは、後世に残り続ける!

    以上、水木しげるの妖怪画像のまとめでした!

    水木しげるさんが描いたたくさんの妖怪たち、
    今尚、多くの人々から絶大な支持を得ています!

    水木しげるさんの名前も、妖怪たちも、
    これからずっと語り継がれていくことでしょう!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ