記事ID32203のサムネイル画像

癒しと元気をもらえる!上地雄輔さんの曲の魅力をご紹介します

おバカタレントとしてブレイクしてから、留まることを知らない活躍をみせる上地雄輔さん。俳優としても有名ですが、やはり上地雄輔さんと言えば音楽。やさしい声と心に届く歌詞に、癒しと元気をもらえる曲の数々。そんな上地雄輔さんの特に人気の高い4曲をご紹介します。

「おバカタレント」から大ブレイク!上地雄輔さんってどんな人?

作詞・作曲を自ら手掛けるアーティスト

クイズ番組での「おバカタレント」上地雄輔を覚えている方も多いかと思います。
そんな上地さんですが、今では作詞・作曲も手掛けるアーティストとして活躍していらっしゃいます。

上地雄輔さんのプロフィール

誕生日 1979年4月18日(おひつじ座)
出身地 神奈川県
血液型 O型
身長 178cm
体重 63kg
デビュー年 1999年
デビュー作品 LIVE (TBSテレビ・学園ドラマ) 水野太郎役

デビューが学園ドラマということに、驚いた方もいたのではないでしょうか。

バラエティーから人気歌手へ

2007年に「おバカタレント」としてブレイク。
翌年、音楽ユニット羞恥心・アラジンのメンバーとしても活動。
2009年3月11日に遊助名義で自らが作詞した「ひまわり」でソロデビュー。

高校の同級生と結婚

いろんな活動をされていますが、
プライベートではとても一途な方でした。

ブログで電撃発表

2015年8月22日、公式ブログで、OLだった横浜高校1年の時に知り合った「地元の同級生」と、結婚したことを報告しました。

2015年に結婚された上地さん。
ブログでは、「どうかそっとしておいてあげて下さい。」と相手を気づかう優しさも。
「自由奔放に走り回るムチャクチャな自分を、時には横で、時には離れた場所から応援」してくれていたという彼女。
ファンとして幸せを願いながらも、上地ロスになった方もいるのでは。

上地雄輔さんの曲の魅力とは?

「遊助」の名前で活躍

上地雄輔さんは、歌手活動の際は「遊助」として多くの曲を作り、ライブを行っています。

多彩で一途。
そんな上地雄輔さんの曲の魅力とは何でしょう?
ファンの声を集めてみました。

彼の歌詞はとにかくわかりやすく、真っ直ぐである。

出典:http://rocketnews24.com

メロディも乗りやすい曲が多くて好きだけど、
私は何より歌詞がすごい好きです。特に"水面"という曲の
『ガンバレガンバレ 無理するなかれ 進め進め たまに休め』
という歌詞が遊助らしくて、頑張ろうって思えます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

どの曲を聞いても心に残る曲ばかりでとても大好きです。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

やはり上地雄輔さんの歌う曲の魅力は、メッセージ性のあるまっすぐな歌詞と、そのメロディにあるようです。

数ある上地雄輔さんの曲の中で、特に人気の高かった4曲をご紹介します!

結婚式にもおススメ-全部好き。-

全部好き。

2011年のテーマを“愛”と掲げた遊助の7枚目のシングル。「全部好き。」は大好きな人の“イイトコ”10個を順番に綴る詞が特色のラヴ・ソング。

飾らない表現に心つかまれるカップル多数

全部好き、は遊助の曲は好きと嫌いで両極端な私からすると結構好きな部類です。子供っぽいって言う人多いけど表現がありのままで飾ってない感じがいいです。

出典:http://www.amazon.co.jp

2011年の夏に発表されて曲です。7枚目のシングルで、遊助自身が作詞しています。ストレートな歌詞で「大好き!」が伝わって来る歌詞ですね♪

こんなこと好きな人に言われたら、女性なら誰でも感動してしまうでしょう。好きな人を思い浮かべながら聞きたい1曲です。

出典:http://ticketcamp.net

こんなふうに言われたい。そう思った方も多いのではないでしょうか。
この曲に感化され、カップルの間でお互いのいいところを言い合う動画がアップされたとか。

男性の心も女性の心もしっかりつかんだ『全部好き。』
これも、上地雄輔さんの詞がストレートだからこそでしょう。

ポスト目線の片思いラブソング-ライオン-

ライオン

力強く、ユーモラスで、温かみのある歌詞と歌声。
幅広いファンに訴えること間違いなしの一枚。

切ないけど元気がでる、だれかに聴いて欲しい曲

切なくて温かい片思いソング♪実はポストの気持ちを歌った曲でもあります。すっごくいい曲です!ぜひ聴いてください(^-^)♪

出典:http://www.hmv.co.jp

「ライオン」最高!!!!!

これ来たね!(^^)!

超いい歌❤

すごく元気が出てくる❤

遊ちゃんありがとっ☆

出典:http://musicmovie.blog48.fc2.com

片思いラブソングなのに、なぜか元気が出てくる。
かなわなくても、片思いも確かに恋。
相手を想うことって素敵、と思えます。

この曲のミュージックビデオは、上地雄輔さんが「神児遊助」名義で初監督した作品だそう。
女優・タレントとしても活躍する足立梨花さんが出演しています。

夢を持つすべての人への応援歌-ひと-

ひと

メロディーラインが超キャッチーな、ミディアムテンポの名曲。
聴く人の心を捉える美メロのサビセクションが印象的です。
どの世代のリスナーにもどこか新しくて、どこか懐かしい大名曲となりました。
「ひと」というストレートなタイトルが表すように、“人”の心を深く洞察しながら、遊助ならではの伝わりやすい言葉でまとめられた歌詞は、まさに人生の応援歌です。

じーんとくる歌詞に心温まるとの声

いい曲だと思います

歌詞1つ1つに思いがこもってて
心にじーーーんとくる

出典:https://www.youtube.com

さすが“ひと”だけあります!

とても心温まる歌詞です!

人って捨てたもんじゃない
そんな風に思えました。

出典:http://www.amazon.co.jp

やさしい声と、力強い歌詞に、力をもらった人も多いと思います。

上地雄輔さんが自身のブログでも書いていましたが、この曲を作るとき、まったくいい曲が出来なくて、音楽活動を辞めようと思っていたそう。
だからこそ、悩んでいる人に届く歌になったのでしょうね。

「遊助」ソロデビュー曲-ひまわり-

ひまわり

アーティスト「遊助」のデビュー曲。
リスナーの遊び心をお手伝いしたいという思いを込めて「遊助」と命名されたそうです。

大事なことを思い出させてくれる

生まれて生きていることへの感謝、出会いの奇跡、周りの人の笑顔が支えになることなど、当たり前のようで普段忘れてたいる大事なことを思い出させてくれる温かい歌だと思います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

上地雄輔さんが「遊助」名義で発売したデビュー作。
夏にぴったりの一曲。
サビは思わず口ずさんでしまうという方も多いのでは。

もともとはCD化される予定はなく、TV番組「ヘキサゴン」のコンサートのために上地雄輔さんが作り、歌われた歌だったそう。それが人気となり、CD化されたとか。

だれかと聴きたくなる曲がたくさん!

押しつけがましくなく、でも力強い。
そんな歌詞と優しい歌声が魅力の上地雄輔さん。

ひとりで聞くにはもったいない。
誰かと聴きたくなる。
それが上地雄輔さんの曲の魅力のような気がします。

伝えたいけれど、言葉にするには照れてしまう、大好きの気持ち、応援・感謝。
そんな時は、上地雄輔さんの曲をそっとプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ