そのケア間違っているかも…ピアスを開けた後の正しいケア方法とは?

自分で開けたり、病院で開けてもらったり……。最初は怖いですが、ピアスは気軽に開けることができます。しかしピアスは、開けた後のケアがとても大事なのです。ピアスは人工的に開けた穴なので、ケガをしているのと一緒。今回は、ピアスを開けた後の正しいケアを紹介します。

ピアスを開けた後にはどんなケアをしていますか?

ファーストピアスのケア方法って?

意外と知られていない、ピアスを開けた後のケア方法。正しくケアしないと、ふさがってしまったり、炎症を起こしてしまう危険性も。

女性のファッションアイテムに欠かせないものになっているピアス。
人気の秘密は、ピアスの穴が気軽に開けられるところにもあります。
しかし、ピアスを開けた後の正しいケア方法は、実はあまり知られていません。

ピアスを開けたことない人も、ピアスを開けた後の人も
ぜひ知っておきたいのが、ピアスを開けた後の「正しい」知識です。

ピアスを開けたあとは正しいケアが大事

ピアスの穴はしっかりケアしなければ大変なことに……?

ピアスを開けた後には、正しいケア方法をおこなわないと
炎症やかぶれのおそれがあり、
ピアスを装着できなくなってしまいます。

ピアスについての正しい情報と
ピアスを開けた後の正しいケア方法を知っておきましょう。

ファーストピアスを開けた後、外すのはいつがいいの?

ファーストピアスを外す時期は【約6週間】

記事番号:30870/アイテムID:4326240の画像

ファーストピアスとは……?

ピアスの穴を安定さえるため穴を開けた後6週間ほど付けたままにするピアスです。
普通のピアスより軸が太めなのが特徴です。

どんなファーストピアスがいい?

記事番号:30870/アイテムID:4326236の画像

ファーストピアスの選び方!

素材が安全で、軸が太く、キャッチが固いものが適しています。

ファーストピアスといっても、自分の好きなピアスができるわけではありません。
穴を開けるのは、医療用ファーストピアスというピアッシング専用ピアスが使われます。
ここからは、普通のピアスとファーストピアスの違いについて、詳しくみていきます。

開けた後のトラブル回避!アレルギーを起こしにくい素材

記事番号:30870/アイテムID:4326238の画像

傷口に刺激やアレルギーの原因にならない素材のもの

ファーストピアスは、医療器具として厚労省の認可を受け、完全滅菌されています。

チタン製や医療用ステンレス製がベスト。
雑貨店などで売られているピアッサー付きファーストピアスのなかには、
ニッケル、コバルト、クロムなど、かぶれを起こし易い金属を
多く含むものがあるので要注意。
これらは金属が溶け出してイオン化し、かぶれやアレルギーが起こすリスクが高いんです。

開けた後の穴が安定する用に軸が長いものを選ぼう

記事番号:30870/アイテムID:4326241の画像

軸が長いものはトラブルが起きにくい

軸が短すぎると耳たぶがピアスとキャッチの間に、トラブルが起きてしまう恐れがあります。

軸が長いと、穴を開けた後の、耳の接触部分に余裕ができます。
軸が短すぎると耳たぶがピアスとキャッチの間で締めつけられます。
そうなると、血のめぐりが悪くなり、ピアス穴の完成までに時間がかかったり、
化膿してしまう恐れもあるんだとか……。

市販されているファーストピアスは軸の長さが、「4ミリ程度」「6ミリ程度」「8ミリ程度」にわかれます。8ミリがベストです。

出典:http://fashion.visjp.com

ファーストピアスはシンプルなものを選ぼう

記事番号:30870/アイテムID:4326243の画像

シンプルで生活になじむものを選びましょう!

最初のピアスはデザインで選ばないで!
なぜなら、先ほども述べたように、ファーストピアスは約6週間つけるのがベスト。
だからこそ、はじめはトラブルなく安定させるためにも、
しっかりしたものを選びましょう!

ピアスを開けた後の痛みの原因とは?

ピアスを開けた後、痛みはあるのか?

ピアスを開けた後に痛みが伴うこともあるかと思います。
痛みには、どんな原因が考えられるのでしょうか?

ピアス穴をあけた後の痛みの原因①:金属アレルギー

ピアス穴をあけた後の痛みの原因は金属アレルギー?

金属アレルギーの方はピアスを開けた後に、痛みが伴うことがあります。
ピアスを開けた後に、金属アレルギーとわかる方も少なくないようです。

金属アレルギーではないかと気づいた時はすぐにピアスを外すようにしましょう。

ピアス穴をあけた後の痛みの原因②:ピアスの素材が合わない

記事番号:30870/アイテムID:4326246の画像

素材が体質にあっていないことによる痛み?

つけているピアスの素材が合わない場合もピアスを開けた後に痛みが伴います。
違う素材のピアスに付け替えましょう。

樹脂やチタンなどの素材で作られているピアスは、
アレルギーが起こりにくいと言われています。
このような素材に替えてみるのが、いいかもしれません。

ピアスを開けた後の正しいケア方法

ピアスの穴をあけた後の「正しい」ケア方法

ピアスを開けた後のケアをしっかり行わないと、
トラブルの原因になってしまいます!

ピアスを開けた後は洗浄だけでよい?

ひと昔前はピアスを開けた後は消毒が常識でしたが・・・。
今でも消毒は大切ですが、消毒方法が違うのです。

ピアスを開けた後に消毒液はNG!?

ピアスを開けた後には消毒をしなくちゃと思いがちですよね。
ですが、ピアスホールを消毒液で消毒するのは良くないと言われているのです。

ピアスを開けた後は傷と同じなので、消毒液で消毒すると安心と思えますが、
実は消毒液を使うと有害なこともあるのです。
ピアスを開けた後に消毒液を使うのはおすすめできません。

では、ピアスを開けた後のケアはどうしたらいいのでしょうか?
ここからは、正しいケア方法を紹介します。

正しいケア法①:石鹸を泡立てて洗浄する

正しいケアには、石鹸を泡立てて洗浄するのが良い!

ピアスを開けた後は石鹸を泡立てて洗浄するのが良いです。ピアスを付けたまま洗浄するので、すすぎもしっかりするのが大切です。

正しいケア法②:シャワーで洗浄する

ピアスを開けた後のケアは
消毒液を使用せず、洗浄のみが一般的です。

シャワーで洗浄する時はピアスを上下に動かしたり、回したりしながら洗いましょう。

ピアスを開けた後には出血する?

気になるのがピアスを開けた後に出血するかどうかですよね。
出血が考えられる原因と対処法について見ていきましょう。

出血してしまう場合①:何かに引っ掛けた時

ピアスを付けたままでいると何かにピアスを引っ掛けて出血することもあります。
その拍子でピアスが引っ張られてピアスホールが傷つき出血してしまうのです。

この場合は、傷が治るまで様子を見るようにしましょう。
傷が大きい場合や、出血がなかなか止まらない場合は、
病院へ行く方が安心です。

出血してしまう場合②:ファーストピアスを早く外してしまった

ピアスを開けた後、ピアスホール完成する前に
ファーストピアスを外してしまうと出血することがあります。
ピアスホールがまだ完成していないので、完成するまで
ファーストピアスをつけ続けるようにしましょう。

ピアスを開けた後のお風呂は?

ピアスを開けた後の気になるのがお風呂ですよね。
開けたばかりの時期は傷と同じなので、お風呂に入る時はどうしたらいいの?と
不安になるものです。
ピアスを開けた後の、お風呂での注意点やケア方法を紹介します。

お風呂で気を付けること①:シャワーでよく洗浄する

ピアスを開けた後でも通常にお風呂に入っても構いません。
特に痛みを感じることもないでしょう。
大切なのがお風呂の時にシャワーでピアスホールの洗浄をよく行うことです。

お風呂で気を付けること②:シャンプーやトリートメントをよく洗い流す

シャンプーをする時にピアスホールにシャンプーが残ってしまう可能性があります。
シャンプーをした後はピアスの部分をしっかり洗い流すのを忘れないようにしましょう。

ピアスを開けた後にしてはいけないことって?

してはいけないこと①:海やプールは避ける

ピアスを開けた後は化膿しやすい状態です。少しの雑菌でも化膿する恐れがあるので、ピアスホールが安定するまでは海やプールは避けるようにしましょう。
夏は行きたい気持ちもあるでしょうが、
ピアスを開けた後はしばらく行かないようにしましょう。
このような理由から、ピアスを開ける時期は涼しい時期が良いと言われています。

してはいけないこと②:不潔な環境にする

ピアスを開けた後は清潔にするのが一番です。
汗をかいた後などは特にしっかり洗浄するのが大切です。

ピアスを開けた後に化膿してしまったら?

ピアスを開けた後は、化膿することも珍しくないのです。
ピアスホールが化膿した場合は、どうしたらいいのでしょうか?

化膿してしまったときの対処①:洗浄してピアスを外す

少し化膿していて、ピアスホールが腫れていない時は
化膿はそこまで酷くありません。
ピアスホールを洗浄してから化膿が治るまで、ピアスをつけないようにしましょう。

化膿してしまったときの対処②:膿が溜まっている時は病院へ

化膿してピアスがなかなか外れなくなってしまった…、ピアスホールが痛み膿が溜まっているときは化膿が酷くなっているかもしれません。
この場合は病院で治療してもらうようにしましょう。

ピアスを開けた後は正しいケアで

ピアスを開けた後はなるべく早く自分好みのピアスをつけたいものですよね。
ですが、ピアスを開けた後のケアをしっかりしないとトラブルでピアスホールがなかなか完成しないこともあるのです…。
ピアスを開けた後は正しいケアを行って、楽しいピアスライフを楽しんでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ