記事ID30643のサムネイル画像

突然の引退から4年!職業旅人となった紳助の引退騒動と復帰の可能性

2011年8月衝撃を与えた大物タレント島田紳助さんの突然の引退騒動、その理由は暴力団との黒い交際でした。当時司会をしていた紳助さんの番組は後輩芸人が後を引き継いでいますが、今でもなお復帰の噂が断ちません。そんな紳助さんの引退騒動と復帰の噂についてご紹介します。

テレビで見ない日はなかった人気者・島田紳助とは?

島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント、実業家。コンビ時代は紳助・竜介のボケ担当。本名、長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。京都府京都市南区出身。

出典:https://ja.wikipedia.org

1974年から吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。2011年に芸能界を引退。

出典:https://ja.wikipedia.org

20代は漫才コンビ「紳助・竜介」で漫才ブーム時代に活躍、30代は司会業、その後はアイドルユニットのプロデュースなどテレビで見ない日はないほどの人気でした。

オリコン調査による「好きな司会者ランキング」では2009年・2010年で2年連続1位を獲得した。一方2011年には、 日経BP社刊『日経エンタテインメント!』編集部調査による「お笑い芸人人気調査」において、「嫌いな芸人ランキング」の第1位を獲得した。

出典:https://ja.wikipedia.org

芸能界引退になった島田紳助の違反行為は?

2011年8月23日19時頃、所属する吉本興業から「島田紳助に関する緊急記者会見開催」がマスコミ各社に通知され、22時00分より吉本興業東京本部で紳助本人および吉本興業社長の大崎洋などによる記者会見の席にて同日付にて島田紳助が芸能界を引退するという発表が行われた。

出典:https://ja.wikipedia.org

島田紳助さんの突然の引退発表は衝撃を与えました。

引退事由は、紳助と暴力団関係者との交際が発覚し、けじめを付けるためであるとした。

出典:https://ja.wikipedia.org

「法的には問題はないが、芸能界のモラルとして社会的影響力の高いテレビ等に出演しているタレントとしては許されない。社としては厳しい態度で臨むべきだと判断した」と説明した。

出典:https://ja.wikipedia.org

島田紳助 引退記者会見

「僕の中では『この程度』なんです。頻繁に密着しているわけではない。『この程度』でも引退になるんだと、後輩に同じ過ちを繰り返させたくない」「自分の中ではセーフと思っていたが、芸能界のルールとしてはアウトだった(指摘されるまで気づかなかった)」

出典:https://ja.wikipedia.org

過去には傷害事件を起こし、3ヶ月間テレビから姿を消したこともありました。

2004年10月25日、朝日放送社内にて『クイズ!紳助くん』収録前、勝谷誠彦の女性マネージャー(当時40歳)が、紳助の尊敬する会社の社長や先輩芸能人を呼捨てにして話すのを聞き、さらにその女性が会社に入って当時既に5年目と知り、その女性を別室に無理やり連れ込み説教をしたが、反省の様子が全くないと腹を立て、拳や物で殴る、髪を掴んで壁に打ちつける、顔に唾を吐きかけるなどの暴行を加え、全治一週間の頸椎捻挫を負わせた。

出典:http://ja.wikipedia.org

紳助・引退に対する芸人仲間の反応

引退決意に際して紳助は松本に電話および電子メールにて自身の引退を伝え、それを受け取った松本は「辞めないでください、漫才だけは辞めないでください」と慰留するも紳助の意思は固く、「自分のわがまま、美学を通させてください」と返されたという。

出典:http://ja.wikipedia.org

松本人志さんはその後に復帰を望む発言をしています。

ビートたけしは自らの暴力団との関わりを語り、過去にトラブル解決の申し出があっても全て断ってきたと紳助との違いを強調した上で、「タレントとしてそういうのを上手くやって逃げるのも本人の“芸”だって言ってるんだけど、紳助は“芸”がなかった」と語った。

出典:https://ja.wikipedia.org

たけしさんは少し厳しい発言をしましたが、後に紳助さんの気持ちもわかるという主旨の発言をしています。

ナインティナインの岡村隆史が病気で休養していた間、毎日メールで連絡をしていた先輩が紳助であり、引退に際しては「常に自分を気にかけてくれた、ただただ熱く後輩想いの良き先輩、戻ってきて欲しい」とコメントした。

出典:https://ja.wikipedia.org

明石家さんまは紳助の引退に理解を示し、「帰ってきたって良いんですよ」「引退する気持ちは物凄い分かる。疲れてくるんですよ。いろんなことに。僕も何度もやめようと思った」とコメント。紳助とは同期であり親友の間柄だが、本人から連絡は来ず会社からの報告で引退を知ったと語った。

出典:http://ja.wikipedia.org

さんまさんは「あいつが辞めたことで、仕事が増えるやろ」とコメントしています。さんまさんらしいですね。

囁かれる島田紳助の復帰

2012年1月4日に吉本興業社長の大崎が記者会見を開き、「いつの日か、私達吉本興業に戻ってきてもらえるものだと信じております」「私達は彼の才能を惜しむものであります」「これは吉本興業の全社員、全タレント、全芸人の思いです」と紳助の芸能界復帰を希望する発言を行った。

出典:https://ja.wikipedia.org

紳助さんの引退を判断した吉本興業が復帰を願うような発言をしたことから、芸能界復帰は近いのでは?と噂されることになりました。

復帰が噂されるなか2013年1月にはハワイのコンドミディアムに滞在していたことを報じられた紳助さん

作詞家で仕事復帰

2011年8月に暴力団関係者との交際を理由に芸能界から引退した元タレントの島田紳助さん(59)が作詞家として仕事復帰していた。

出典:http://www.sponichi.co.jp

島田紳助さんとRYOEIさん

島田さんが09年にプロデュースした沖縄県石垣島出身のシンガーソングライターRYOEI(34)に楽曲の歌詞を提供したもので、RYOEIが6日未明に更新したブログで明らかにした。

出典:http://entame-watch.com

紳助さんが書き下ろしたのは15日に発売されるRYOEIの新曲「恋をした」のカップリング曲で「好きになってもいいですか」。同ブログでは紳助さんからのメッセージを紹介しており「リョーエイの新しいシングルのカップリング、歌詞を書かせてもらいました」と紳助さん。「何度もアレンジやり直してくれて、いい曲になりましたよー。ぜひぜひ聴いて下さいね」と呼びかけている。

出典:http://www.sponichi.co.jp

3年ぶりに舞台復帰

2011年8月に芸能界を引退した元タレント・島田紳助さん(58)がRYOEI(33)の5周年記念コンサートに3年振りに公の場にサプライズ登場

芸能界復帰について紳助さんは「ないよ。ぜんぜん」と柔らかい口調で否定。
「いまの職業は旅人」として最近は海外などを旅行しているそうで、
「いま、人生でいちばん幸せかもしれへん」と胸中を明かしたというのだ。

出典:http://npn.co.jp

紳助さん本人は芸能界復帰について否定しているそうです。

島田紳助・復帰に関するネットの反応と驚愕のテレビアンケートの結果

紳助はたしかに面白かったよ
でももう2回も問題起こしたら復帰なんか無理だし、本人ももう本当に自分が終わったってわかってるでしょ

出典:http://girlschannel.net

復帰しないから懐かしがられてるだけで、現実そうなったらまたうんざりする世界になると思う
後輩たちだって紳助がいない方がのびのびやれるし、出番もまわってくるしやりやすいでしょ

出典:http://girlschannel.net

島田紳助大嫌い。
絶対復帰とかしないで

出典:http://girlschannel.net

復帰反対の意見が多いですね。それもそのはず、テレビアンケートでも復帰反対が圧倒的に多数でした。

東京MXテレビの「5時に夢中!」で紳助さんの復帰に関するテレビアンケートを実施したところ「復帰して欲しくない」票が10倍差の多数という結果でした。

「復帰して欲しい」が1257ptに対して、「復帰して欲しくない」が13107ptと、10倍近い差をつけて「欲しくない」という結果を見せてしまうことに。

出典:http://news.merumo.ne.jp

「現在、紳助さんの所属する吉本興業の関係者らは、復帰のために奔走している状態です。写真週刊誌に写真を撮らせたこと自体も、芸能界へ戻るための布石ではないかと言われてます。それだけに、そこに冷水をぶっかけるようなこの内容に、関係者が大激怒していますね」(スポーツ紙デスク)

出典:http://news.merumo.ne.jp

復帰に向けて準備中と言われた島田紳助さんと関係者、復帰にNO!というネットや視聴者の意見はどう聞こえるのでしょうか。

復帰は視野にない?島田紳助の優雅な引退生活

行きたい時に行きたい場所へ好きなだけ行けるって幸せです。
ノーストレスでーす。

出典:http://ameblo.jp

島田紳助さんの引退騒動と復帰の噂についてご紹介しました。多忙だった芸人を引退して今は自由を満喫している様子の紳助さん、今のところ復帰というのは考えていないようですね。遊んで暮らせるほど稼いだということでしょうか、羨ましい限りです。

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ