記事ID26426のサムネイル画像

    いきなり急展開を迎えた進撃の巨人最新刊(17巻)の内容まとめ

    アニメに、映画にと今話題性の高い人気漫画進撃の巨人。そんな進撃の巨人の原作漫画はこの夏ついに最新刊が登場!急ピッチでストーリーが展開される進撃の巨人最新刊の内容をネタバレを交えつつ紹介したいと思います。進撃の巨人最新刊の購入で迷っている人は参考にしてみては!?

    進撃の巨人最新刊 第67話オルブド区外壁

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】進撃の巨人最新刊第67話ではエレンが初の巨人硬質化の力を使ってみんなを救出!

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】みんなで動けなくなってたエレンも救い出してみんなで奇妙な洞窟から逃げる!

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】一難さってまた一難!?洞窟から出てみるとそこにはどデカイ巨人の姿が・・・!しかもその体は高熱を帯びていた。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】回想シーンにのみ登場し、謎の多いエレンの父。
    進撃の巨人最新刊では、エレンの父親は人類を救おうとしていたことが発覚します。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】高熱を帯びた超大型巨人の正体はヒストリアの父、ロッド・レイス。
    調査兵団はエレンの父親の遺志を継ぎ、人類を救うためにもこの巨人化し損ないのロッド・レイスを殺すことをくわだてる。

    ヒストリアも実の父を殺す覚悟を決める!

    ロッド・レイスの巨人大が街を囲む壁のそばまでやってきてしまう。
    ここでしとめないとヤバイ・・・・というところで次回へ続く。

    進撃の巨人最新刊 第68話壁の王

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】壁の内側に住む住人たちには大型巨人のことを伏せ、訓練と称して住人を非難はさせずに誘導。
    しかし実は、巨人化したロッド・レイスをおびき寄せるために住人をえさにする調査兵団の作戦だった。

    壁の内側にいる大勢の人間を目指して向かってくる、ロッド・レイスの巨人体に一斉攻撃!

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】調査兵団の計画は今の腐った王家を失脚させた後、王家の血筋を引くヒストリアを女王にするつもりだった。いわば計画の最後の切り札というわけ。
    だからヒストリアを戦場に配置したくなかったエルヴィン団長だが、ヒストリアはその考えに疑問・・・・。

    人類を救うため女王になるなら、なおさら人類の目の前で自分がロッド・レイスの巨人体を仕留めねばと決意するヒストリア。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】ヒストリアは本当にロッド・レイスの巨人体をしとめ、国民の前で自ら女王宣言!
    コレにはエルヴィン団長もびっくり・・。

    進撃の巨人最新刊 第69話友人

    時はさかのぼって回想回。
    王家の巨人の力を持ったウーリとロッド・レイスに謎の多い男・ケニーが殺されかけていました。

    アッカーマンの末裔として王家に恨みを持っていたケニーはウーリを殺すつもりだったが、所詮巨人の力を前にしてはぼろ負け。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】ケニーが殺される・・・と思ったそのとき、ウーリは「アッカーマン家の恨みはもっともだ」とし、ケニーを許す。

    それをキッカケに二人は互いを理解するようになりやがて友人となる。

    なんといっても進撃の巨人最新刊で見所なのが、リヴァイの幼少期の話!回想シーンではリヴァイの過去にも触れられます。

    進撃の巨人最新刊ではリヴァイの生い立ちや育った環境が明かされます!

    ウーリとケニーとの意外な関係も明かされるので要チェック!

    そして話は「今」に戻り、ヒストリアが女王として君臨。

    リヴァイの救われたような表情でこの回は締めくくられます。

    進撃の巨人最新刊 第70話いつか見た夢

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】ヒストリアは王家の人間の割りに平凡で国民から愛される女王へと成長。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】ヒストリアが女王となり急速に国の体制が改められるようになった。
    旧体制の権力者たちの多くが粛清の対象となる。

    エレンの硬質化の巨人の力を使ってこんなものも作成。
    対巨人兵器で巨人に殺されるリスクをほとんど負わずに巨人を倒すことが可能に!

    人員不足により調査兵団の増員が呼びかけられ、マルロもこれを機に調査兵団入り。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】調査兵団も変わってきています。以前よりも発言権を持つように・・・!

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】人類の社会が大きく体制を変えていくなか、遠く離れた地で久しぶりのライナー登場。

    【進撃の巨人最新刊あらすじ】そしてライナーを倒した巨人が人間に戻った姿がこちら。なんだかエレンの父親に似ている感じがします・・・・。
    ここで進撃の巨人最新刊のお話は終了。

    進撃の巨人最新刊は急ピッチで話が展開!

    今回の進撃の巨人最新刊はかなり話が進展するんので見逃せません!また人類社会の旧体制が改められるシーンは調査兵団やエレンたちの勝利が感じられ読んでいてスカッとするし、珍しく平和なシーンというのもなんだかホッコリさせられました。
    リヴァイの過去も明かされる進撃の巨人最新刊は絶対に読んでみるべし!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ