記事ID25725のサムネイル画像

知らないと危険!?化粧品にも使用期限があった!肌トラブルを防ぐ

毎日何気なく使っている化粧品。大容量のものなど、いつ買ったっけ?そんな化粧品もあるのでは??そんな化粧品にも使用期限があるのをご存知ですか?使用期限を過ぎて使っていると肌トラブルの元に☆化粧品の使用期限を守り、肌トラブルを防ぎましょう!

化粧品の使用期限とは?

毎日使っている化粧品。
みなさん化粧品の使用期限ってご存知ですか?

今使っているファンデーションやアイシャドウ、ずーっと使ってるけど大丈夫かな?と心配ではないでしょうか?

実は化粧品にも使用期限は存在します!
でも、せっかく買った化粧品を、まだ余ってるのに捨てるのって結構勇気が入りますよね・・・

出典:http://hadalove.jp

当然ですが、化粧品にも使用期限がしっかりとあり、化粧品によって当然この期限というのは短かったり長かったりと変わってきます。

出典:http://www.mutenka-susume.com

そこで本日は、ぎりぎりまで使いたいという方のために、一般的に言われている化粧品の使用期限と、本当に捨てないといけないデッドラインについてご紹介いたします。

出典:http://hadalove.jp

化粧品の一般的な使用期限

化粧品といってもさまざま!
一般的に言われている化粧品の使用期限とはいつなのでしょうか??

化粧品の一般的な使用期限 未開封の場合

化粧品を未開封で保管した場合、使用期限はどのくらいでしょう?

基本的には、未開封の場合製造から約3年間が期限となっています。ですがこれにはあるカラクリがあります。実は、化粧品には期限はもちろんのこと、製造日も記載されていないものがほとんどなんです。

出典:http://hadalove.jp

なぜかというと、“薬事法”という医薬品や化粧品の製造や販売について定めている法律で、未開封の状態で3年以上品質が保持される化粧品については、製造日も使用期限も表示しなくて良いことになっているからです。

出典:http://hadalove.jp

3年以上も品質が保たれる商品であれば、3年経ったからといって急に劣化するというようなことはないはずです。開けてみて、特に異常がないようであれば使っても特に問題はないです。(※責任はとれませんのでご了承ください)

出典:http://hadalove.jp

化粧品の一般的な使用期限 開封済みの場合

では化粧品を開封したあとは使用期限は一体どのくらいになるのでしょう??

一度開封してしまったら、3年という期限よりは短くなり、長くても半年で捨てることが推奨されています。

出典:http://hadalove.jp

それは、食品と同じで、空気が入って酸化してしまうためです。酸化すると、“黄色ブドウ球菌”や“表皮ブドウ球菌”といった細菌が繁殖します。また、直接手で触ったり一度使用したパフなどを使用することで、そこから菌が容器に入り、繁殖してしまいます。

出典:http://hadalove.jp

恐ろしいですね、、

つまり、その菌を肌につけることで、かぶれやかゆみ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうため、時間が経ったものは捨てるように言われているのです。

出典:http://hadalove.jp

化粧品のアイテム別使用期限は?

一度開封した商品については、使用する部位やアイテムの形状によって、それぞれ推奨する使用期限が異なります。

でもぎりぎりまで使いたい…そんな方のために、絶対に守ってほしいアイテムとある程度気をつければ大丈夫なアイテムで分けてそれぞれご紹介いたします。

出典:http://hadalove.jp

絶対!!使用期限を守るべき化粧品は?

マスカラの開封後使用期限は3ヶ月以内

1番注意が必要なのがアイメイク商品です。目のギリギリで使用するため、菌(バクテリア)が最も繁殖しやすく、また問題が起きた時のダメージがとても大きいです。目にばい菌が入った場合は感染症や結膜炎を起こしたり、取り返しがつかなくなることがあります。

出典:http://hadalove.jp

とってもデリケートな目元。

マスカラなど目に入る恐れのある化粧品は使用期限をしっかり守り安全にメイクを楽しみましょう♪

リキッドアイライナーの開封後使用期限は3ヶ月以内

粉状のものより液状の方が菌の繁殖が早くなるのと目に入りやすいため、リキッドアイライナーは注意が必要です。

出典:http://hadalove.jp

スキンケア用品の開封後使用期限は6ヶ月以内 (化粧水・乳液・美容液・クリーム・クレンジング・洗顔)

化粧水などのスキンケアアイテムは、メイクをする前の最初のステップでもあり肌の内部にまで浸透させるため、菌が繁殖した場合ダイレクトに肌荒れにつながります。

そこで、スキンケア用品は一度に数種類を並行するのではなく、できるだけ1商品を集中して使い切るようにしましょう。

出典:http://hadalove.jp

リップメイク用品(リップクリーム・グロス・口紅)の開封後使用期限は6ヶ月以内

唇の皮はとても薄く荒れを起こしやすいのと、唇についた菌を無意識に舐めてしまうことで直接身体の中に入ってきてしまいます。肌荒れだけでは済まなくなってしまうので、半年以内に使い切るようにしてください。

出典:http://hadalove.jp

その他の化粧品の使用期限の目安

日焼け止めの開封後使用期限は6ヶ月以内

日焼け止めは時間が経つと効果も薄れてくるので注意!!

日焼け止めに含まれている成分は元々刺激が強く、これ以上肌に負担をかけないという点でもできるだけ良い状態で使ってほしいため半年以内にしています。

出典:http://hadalove.jp

ファンデーション、化粧下地の開封後使用期限は6ヶ月以内

厳密に言うと粉状のパウダーファンデーションより液状のリキッドファンデーションの方が菌の繁殖が早くはなります。

ですが、そもそもファンデーションは気分やファッションによって色を変えたりするようなアイテムではないので、ほとんど毎日使いますよね。変えると言っても汗ばみやすい夏と乾燥する冬で変更する程度だと思います。

出典:http://hadalove.jp

ペンシルアイライナーの開封後使用期限は1年以内

ずっと同じ筆を使っているリキッドアイライナーと違って、削れば新しい部分が出てくるペンシルアイライナーは比較的期限が長めです。

ですが、目の近くで使うものですし、新しい芯を出したからといって本当に安全であるという保証はどこにもないので、1年を目安にしましょう。

出典:http://hadalove.jp

アイシャドウの科一風後使用期限は1年以内

基本的には1年で捨てることを推奨していますが、メイク用品の中でも1番種類を持ちたいのがアイシャドウ。1年以内に全種類を使い切るのは難しいですよね。

そこで、アイシャドウに関してはチップ(またはブラシ)を最低でも1週間に1度は洗う、または使い捨てのものを使うようにすればそこまで問題はありません。目の中には入れないよう十分注意してください。
(※責任はとれませんので必ず状態はチェックしてください)

出典:http://hadalove.jp

チークの開封後使用期限は2年以内

基本的には2年で捨てることを推奨していますが、チークに関してはファンデーションの上からつける、頬しか使用しないという点で、そこまで神経質に考える必要はありません。

ただし、クリームタイプなどの粉ではないチークは、酸化しやすいので匂いや変色がないか必ず確認しましょう。

出典:http://hadalove.jp

使用期限を過ぎた化粧品を使うとどうなるの??

肌のためのスキンケアも使用期限を守らないと逆効果に、、

消費期限が過ぎた古いコスメを使うと、繁殖した細菌が毛穴に入って炎症や発疹を引き起こす可能性も

出典:http://matome.naver.jp

成分が酸化すると肌トラブルの原因になりやすくなります

出典:http://matome.naver.jp

古い化粧品を使うと、アレルギーでかゆくなったりして肌トラブルの原因になります。
また、油分が酸化しているものを肌につけると老化のもとにもなってしまいます。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

迷わず捨てて!化粧品の見極め方

いつ買ったか記憶にない、、そんな化粧品もたくさんありますよね!
捨て時を見極めるためのポイントをご紹介しますので是非チェックしてみてくださいね☆

化粧品が分離している

元々分離しているタイプの商品を除いて、乳液やリキッドファンデーションなどで分離が見られるものは捨てましょう。確実に腐敗しています。

出典:http://hadalove.jp

すっぱい匂いがする

ツンと鼻にくるような匂いがしたら捨てるサインです。他にも最初とは違う匂いを感じたら捨てましょう。

出典:http://hadalove.jp

変色している

食べ物と同じです。確実に腐敗していますので速攻捨てましょう。

出典:http://hadalove.jp

化粧品も鮮度が命☆使用期限を守りましょう

使用期限の過ぎた化粧品は肌トラブルの元!!
使用期限を守って肌トラブルの無い綺麗な素肌を目指しましょう♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ