記事ID25374のサムネイル画像

大人メンズ!冬のファッションは【ニット帽】がアツいんです!

冬のファッションでメンズ&レディース問わず人気なのが【ニット帽】。いまや日本でも冬のファッションの定番アイテムですよね。しかし、この冬のファッション定番のアイテムも、間違ったかぶり方をすると、イケてないメンズに。ポイントをまとめてみました。

メンズの冬のファッション定番【ニット帽】!

コーディネートのアクセントになる「ニット帽」
せっかくならセンス良くオシャレに取り入れたい

出典:http://matome.naver.jp

ニット帽は、保温だけでなく、わりとどんなファッションにも対応してくれる便利アイテム

出典:http://matome.naver.jp

メンズにもレディースにも、大人気の冬のファッションアイテム
ニット帽は、もはやおしゃれの必需品。
そんな冬のファッションアイテムニット帽は、今メンズの
こなれ感をだす、必須アイテムになってきています。

『帽子は似合うものが見つからないし、苦手!』という方も

出典:http://afun7.com

お洋服に合わせて、カラーコーディネートするのがオススメ

出典:http://afun7.com

しかし、メンズのおさえたい冬のファッションアイテムだと
わかっていても、かぶり慣れていないと、なかなか新たに
冬のファッションとして取り入れるのは、難しい所。
そんなメンズは、まずカラーコーディネートに気を付けて
冬のファッションとコーデしてみて下さい。

メンズの冬のファッションに合わせるポイント

なんといってもサイズ感が命

ニット帽をかぶるうえでまず気をつけてほしいのは、ニット帽の大きさ。

出典:http://allabout.co.jp

あまり小さいものでは顔や頭とのバランスが崩れ、落ち着きが悪くなります。

出典:http://allabout.co.jp

まず、ニット帽初心者メンズが冬のファッションに新たに
ニット帽を取り入れるなら、ニット帽選びから気を付けましょう。
いくら冬のファッションの定番だからといって、何でもOKではありません。
ニット帽は、サイズ感が重要なポイントです。小さすぎるニット帽で
冬のファションだと、メンズは「北の国から感」がでますので注意を!

素材はウールやカシミアなどの保温性の高いものを選びましょう。
それに加えて、伸縮性が大きなものがベターです。

出典:http://allabout.co.jp

せっかく冬のファッションの定番アイテムを身に着けるなら、
おしゃれなメンズに仕上げたいですよね。だからこそ、ニット帽選びは
慎重にチョイスを。すこしゆとりのある伸縮性が大きなものを選べば、
初心者メンズでも間違いはありません。また冬のファッションに
取り入れるなら、冬のファッションによく着るトップスの素材との
バランスにも注意です。ちぐはぐな素材選びでは、冬のファッションに
大人メンズ感は、なかなかでなくなってしまいます。

メンズの冬のファッションに合わせるかぶり方

①浅くかぶるパターン

帽子を頭の上にちょこんと乗っけるくらいに浅くかぶる

出典:http://allabout.co.jp

浅くかぶって耳を出す場合にはどことなく間が抜けた印象を与える

出典:http://allabout.co.jp

よくこんな感じでニット帽をかぶっているメンズをみかけますが、
女子ウケはあまりよくないようです。それは、抜けた感じにみえるから。
今流行りの冬のファッション、ぬけ感とは大きく違いますので、ご注意を。
これは、先程お話ししたサイズの問題でもありますよね。
せっかく冬のファッションに取り入れるなら、おしゃれメンズなかぶり方を!

深々としっかりとかぶるパターン

頭のカーブが出るくらいに深々としっかりとかぶる

出典:http://allabout.co.jp

深くかぶる場合は人によっては顔面が大きく見えてしまいます。

出典:http://allabout.co.jp

逆に深くしっかりニット帽をかぶるメンズも、冬のファッションでは特によく見かけま。しかし伸縮性がないものをピタッとかぶってしまっては、到底おしゃれメンズには近づけません。
また顔面がやたら強調され、顔が大きく見えます。
薄手のニット帽を冬のファッションに取り入れる場合、メンズはこの被り方はNG。特に冬のファッションの定番、ボリュームあるセーターに薄手のニット帽は、かなり気難しいコーデになるため、気を付けて下さいね。

メンズの冬のファッションに合わせるかぶり方のコツ

ニット帽を上手にかぶるテクニックは、そのバランスのとり方にあります。

出典:http://allabout.co.jp

何と何のバランスかと言うと、帽子のてっぺんから目までの距離と目から顎先までの距離のバランスです。

出典:http://allabout.co.jp

メンズの顔の大きさや長さによって、ニット帽の似合うかぶり方は大きくちがってきます。それはこのバランスが、メンズごとに異なるから。冬のファッションに取り入れ慣れているメンズは、このバランスが絶妙で、自分の似合うかぶり方が把握できている証拠です。
今年こそ、冬のファッションにニット帽を取り入れたいと思っているメンズは、まずはこの被り方をマスターすることを、おすすめしますよ。

帽子を浅くかぶる人や深くかぶりすぎる人は、このバランスが崩れて、どちらかが長く、どちらかが短くなっている

出典:http://allabout.co.jp

ニット帽が似合う人は、必ずこの二つの距離が同じくらいになっているはず。

出典:http://allabout.co.jp

まずは、自分に合ったサイズ感を素材のニット帽をみつけたメンズは、自宅の鏡の前で、このバランスに気を付けて色々とかぶり試してみましょう。
冬のファッションになる前の今から、素材によっては、メンズファションに取り入れられるニット帽も多く出ているので、いろいろな素材にも、チャレンジしてみて下さいね。

おしゃれメンズのニット帽コーデ

こちらのメンズは、全体的にネイビーで冬のファッションをまとめています。
しかし、ボディバッグのレッドをアクセントにしているので、
どこか爽やかで、こなれ感あるメンズの冬のファッションですね。
またニット帽も、同じトーンのグレーを持ってくることで、
冬のファッションですが、柔らかさもでたメンズコーデに!

シンプルイズベスト。スタンダードビーニーワッチ。

出典:http://matome.naver.jp

肌触りの良いしっかりとした上質な素材を使用しており、ストレッチの効いた生地は伸縮性に富み、フィット感も抜群で、程よいゆるさを確保。
ソフトな被り心地が気持ちいいビーニーワッチ

出典:http://www.casual-box.com

冬のファッションでニット帽をマスターしたメンズは、こんな薄手のニット帽にもぜひチャレンジしてみて下さいね。このビーニーワッチなら、春先や夏でも取り入れるメンズも多いです。
冬のファッションの定番ニット帽も、素材を変えるだけで、1年中使えるアイテムに。ここまで来たら、もうおしゃれ上級メンズの仲間入りです!
ぜひコツをポイントに、冬のファッションに取り入れてみて下さいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ