記事ID24988のサムネイル画像

テイラー・スウィフトは赤が好き?セレブがヘビロテする赤コートたち

なかなか手が出にくい赤のコート。けど憧れのセレブたちが来ていたら、なんだか赤意コートがほしくなっちゃうと思いませんか?セレブが愛する激カワの赤コートたちを一挙ご紹介!!赤いコートって案外使い勝手いいかも?と思ってしまうセレブのお手本コーデをみてみましょう♪

エレガントな赤コート♪

赤いコートをガーリーに着こなすズーイー・デシャネル。

敬遠されがちの赤コートは、上品な形のコートを選ぶことが大切!コートを主役としてコーデに挑戦してみよう♡

出典:https://locari.jp

パーティスタイルにも使える赤コート。クラシカルな印象にしたいならチェスターコートで決まり!

出典:https://locari.jp

キャサリン妃も赤いコートを愛用♪

イギリスのキャサリン妃も赤コート!着るだけでなんだかおめでたい気持ちになります。

出典:https://locari.jp

赤色のコートは年齢的に大人の女性には敷居が高いように思えますが、デザインや色合い、合わせる服によっては子供っぽくならないですし、何よりダークトーンになりがちな秋冬に明るい華を添えてくれるので、とてもおすすめです。

出典:http://woman-lifeinfo.com

カジュアルに着る赤コート♪

カーラ・デルヴィーニュは赤のダッフルコート。

カーラ・デルヴィーニュは、ダッフルの赤コートをチョイス!ベーシックカラーの差し色になってうまくまとまっています。

出典:https://locari.jp

こなれカジュアルコーデなら、デニム、ヒールと合わせましょう!今年はアウター丈の長めのコートがトレンド!

出典:https://locari.jp

ニッキー・ヒルトンはチェック柄の赤いコートを愛用♪

赤コートを着こなすためにまず覚えておきたいのは「インナーはベーシックに」。デザインはシンプルorブラック・ホワイト・グレー使うことを意識しながらコーデを考えましょう♡

出典:https://locari.jp

赤色といってもバーガンディやボルドーなどワインカラー系の色合いもありますし、コートの種類やデザインによっても印象はガラリと変わります。

出典:http://woman-lifeinfo.com

セレブ感に差がつく赤いファーコート♪

真っ赤なファーコートを着たセレブオーラたっぷりのエマ・ロバーツ。

真冬の着姿はダークカラーにまとまりがち。とりわけ、アウターが重い色だと、装い全体が沈んで見えやすい。でも、鮮やか色のコートをまとえば、見るからにポジティブなムードが漂う。

出典:http://matome.naver.jp

の中でも最も女性的で艶やかな赤系のコートを着こなせば、自分のモチベーションもぐっと上がってくれるはず。

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp

同じく赤いファーコートでもアシュリー・グリーンは大人っぽいトーンのカラーをチョイス。

情熱的なカラーの赤は、クリーンで無垢な白との相性が最高。赤と白を交わらせると、互いの持ち味を引き立て合うから、装いに深みが出せる。華やかさとお嬢様ムードの両方を演出できる組み合わせは、色目や見え具合を調節することによって、着ていけるシーンが広がる。

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp

テイラーの赤コートコレクション♪

テイラー・スウィフトはトーンを抑えたレトロな赤さが可愛いダッフルコート。

赤のダッフルコートが人気!

出典:http://mery.jp

赤ダッフルコートのコーディネートがお洒落すぎる♡

出典:http://mery.jp

ニューヨーカーテイストたっぷりな赤のコートを身にまとったテイラースウィフト。

赤コートは派手すぎるという方は、ワインレッドカラーのコートに挑戦してみてはいかがでしょうか?シックで大人な印象になります。

出典:https://locari.jp

「赤いコート着てると、なぜか必ずナンパされる」らしい

出典:http://news.livedoor.com

テイラーは赤いコートが大好き!?

アメリカ・ロチェスター大学の研究チームによると、赤い洋服を着た女子は、男の人から見ると性的に魅力的に見えたり、声をかけた時に反応してくれる確率が高そうに思えるという実験結果が発表されているのです☆

出典:http://news.livedoor.com

赤いコートに関するまとめ!

いかがでしたか?なんとなく使い勝手が悪そうに思われがちな真っ赤なコートたちでしが、セレブたちが気楽に愛用しているのを見ると、なんだか一着は持っておきたくなりますね。しかも案外使えるシーンは多そうです♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ