記事ID24789のサムネイル画像

☆自分似合った髪の毛の色の見つけ方&セルフカラーのコツ☆

秋になるとお洒落への意欲がわいたり、髪型を変えてイメチェンをしたくなったりしますよね!せっかくなら自分に合った髪の毛のカラーを見つけてみませんか?パーソナルカラーの診断サイトや、自宅で髪の毛を染める際のコツなど、イメチェンに役立つ情報をまとめました☆

季節で変えたい髪の毛のカラー!

夏の暑さも落ち着きを見せ始め、季節は徐々に秋っぽく…
秋に向けて髪の毛の色を変えたいという人も多いはず☆

秋は髪の毛を真っ赤に染めたい…

出典:https://twitter.com

髪の毛真っ黒じゃない
もーすぐ秋やし秋カラーに染めたい
ネイルもしたい
結果、
学校嫌っていいたいねんな…。

出典:https://twitter.com

髪の毛染めたい
秋だし
グレージュにしたい
ぐれーじゅぐれーじゅ( ˙³˙ )

出典:http://twitter.com

たぶん、わたし保育系いってなかったら髪の毛季節が半分終わるごとに変わってたと思う。染めたいけどね、染めたら多分先生にグチグチ言われるから止めとくけどな。またメッシュしたいな〜こんどは黒をベースに色んな色入れたいよ〜(せんけど)

出典:https://twitter.com

髪の毛を好きな色に染めるのもいいですが、せっかくなら自分に合った色を見つけてみませんか?
肌の色や目の色、顔立ちなどから「パーソナルカラー」を導きだしてみましょう!

自分に似合う髪の毛のカラーの見つけ方

パーソナルカラーを見つけよう!

生まれ持った肌や目や唇の色、その人の雰囲気から成り立つパーソナルカラー。
4つの「季節」に分かれていて、自分がどの季節に属するかがわかれば、
髪の毛のカラーリングやお洋服選びにきっと役立ちますよ!

色んなサイトで無料診断が出来るので、是非参考にしてみてください☆

春カラーが似合う人は…

春カラータイプの人の髪の毛は、黄色味がかった明るめのトーンがよく似合います!
暖色で可愛らしさと上品さが演出できます◎

ピンク系や明るめのブラウンなど、明るくて澄んだ髪色がオススメです。

出典:http://www.hoyu.co.jp

夏カラーが似合う人は…

夏タイプの人には、中間色の髪の毛が似合います。
スモーキーでアッシュな色合いが涼しげな印象をもたらします!

ペールやグレイッシュなどの中間色が似合う夏タイプさん。
今までカラーにチェレンジできなかった人でも
柔らかい印象の中間色なら思い切って試してみるのも楽しいですよ!

出典:http://mery.jp

青みを感じる白い肌のサマーには、ソフトなアッシュブラウンや明るいブラウンなど、やわらかい印象の髪色が似合います。

出典:http://www.hoyu.co.jp

秋カラーが似合う人は…

秋カラーの人の髪の毛には、落ち着いたオレンジ、ブラウンなどのシックで大人っぽいカラーがよく似合います!

落ち着いた、大人っぽい色合いを持った秋の色のグループ

のヘアカラーはやはり、少し暗めで

ツヤツヤ感より、しっとり感を感じさせるスモーキーな色合いを選んで。

出典:http://www.art.zaq.jp

冬カラーが似合う人は…

冬カラータイプの人は、パキッとはっきりしたカラーリングや個性的な色合いの髪の毛が似合います!
人とは違ったスタイリングを楽しむことが出来ます◎

冬タイプの人は、生まれ持った瞳・髪の色が濃くはっきりとしていて存在感のある美しさを持っています。凛とした印象を与えたり、大人っぽく見られやすい!モデルのような個性的で垢抜けた雰囲気を持っている人もいます♡

出典:http://mery.jp

自宅で手軽に染められる!セルフカラーのコツ

自分に似合う髪の毛の色がわかったら、今度は実際に染めてみましょう!
自宅で簡単にできるセルフカラー、説明書通りにやるのがマストですが、
そこにプラスαしてあげると仕上がりに差がつく「コツ」をまとめました。

ブロッキング

髪の毛には染まりやすい部分・染まりにくい部分があります。
綺麗に仕上げるためには、髪の毛をブロックに分けてゴムで留め、
染まりにくい部分から順にカラーリング剤を塗布していくのがいいそうです。

ビニールキャップで保温

髪全体にカラーリング剤を塗り終えたら、100円ショップでも購入できるビニールキャップを指定の時間が経過するまで被り、髪が染まりやすくなるよう温度を上げます。

出典:http://slism.net

1.保温して色を入れていく。
塗布の終わった頭をラップで巻いて覆います。
さらに汚れても良いタオルを巻いてアルミキャップをかぶれば短時間で温度が上がります。
タオルは液だれ防止になりますがなくても大丈夫。
アルミキャップも入手できなければなくても大丈夫。
その際、ラップの上からドライヤーで数分温めても良いです。
いずれも、理想的な温度は40度です。
(入浴ついでに染める場合は浴槽に浸かって温まるのも効率が良いです)

出典:http://matome.naver.jp

ビニールキャップやラップを頭に巻いて、さらにアルミホイルで包むというワザ。
こうすることで髪の毛全体がホンワカ温まり、均一に綺麗に染めることが出来るとのこと!

揉み込む

1.カラー剤を流す前に乳化させる。
カラー剤がついた髪に、少量のお湯を混ぜて揉みこんでなじませます。
そうすることで薬剤が白く変化(乳化)します。
これで、よりムラなく染めることができます。

出典:http://matome.naver.jp

カラー剤を塗布して放置したあと、流す前に揉み込むというのは付属の説明書にも記載されています。
そこに少量のお湯を混ぜて揉み込むのがポイントだそうです。

髪の毛のカラーを長持ちさせるには…

サロンで綺麗に仕上げてもらった場合でも、自宅でのセルフカラーでも、「あっという間に色が落ちてしまう」という悩みがつきものです。

でも、せっかくヘアサロンでお金と時間をかけて手に入れたあのツヤのあるヘアカラーも、2週間も経たない内に色落ちや変色なんて事も珍しくはありません。

出典:http://josei-bigaku.jp

少しでも長く、綺麗な色の髪の毛を保つためのポイントをまとめました!

染める前に…髪の毛をきちんと洗うこと!

余計な皮脂やスタイリング剤がついた髪の毛ではうまく染まらないのは言うまでもありません!
きちんと頭皮から清潔にして、髪の毛を染める前はリンスやトリートメントなどは使用しないようにしましょう◎

お気に入りのヘアカラーを少しでも長く保つコツは、カラーをする前から始まります。

ヘアサロンでも自宅でカラーを行うのであっても、24時間前に洗浄効果の高いシャンプーで地肌からキッチリと洗い清潔にしておきましょう。余分な油分や汚れが髪に付着していると上手くカラーの色が出ない原因にもなります。

出典:http://josei-bigaku.jp

そして染めたあとの髪の毛の洗い方にもポイントが。
それは「洗わずにカラーを定着させること」!

そして、カラーをしたら出来れば48時間はシャンプーをせずにカラーを髪に定着させる時間を作ります。夏場でどうしても汗をかき匂いが気になるという時はドライシャンプーを使うか、最低でも24時間は髪を洗うのを避けるのが秘訣です。

出典:http://josei-bigaku.jp

髪の毛の傷み対策を!

髪の毛が傷んでいると、せっかく染めた色が抜けていきやすいそうです。

カラーリングは髪の毛を傷めることになってしまうので、その後のケアや日々の生活の仕方に気をつけましょう!

カラーをしている髪は乾燥し痛み易いので、ヘアカラーをしている髪専用のシャンプー&リンスを使用し、最低でも週に1度はヘアパックをして、乾いた髪に使うトリートメント効果の高いスタイリング剤で毎日の保湿・保水を充分にしましょう。

出典:http://josei-bigaku.jp

スイミングプールの塩素をたっぷり含んだ水や、ビーチなどの海水もまたヘアカラーを台無しにする原因の一つでもあるのです。

そこで、プールや海に入る前に塩素や塩水では無い水道水で髪を濡らしておくか、ヘアオイルで保護をしてから水に入ると変色や色あせを防ぐことができます。

出典:http://josei-bigaku.jp

塩素や紫外線などは髪の毛のダメージに繋がります!
自宅でのケアには、ろ過装置のついたシャワーヘッドも有効です。

水道水にも塩素またはパイプのサビなどが含まれており、これらがヘアカラーの変色や色あせを早めてしまう可能性も否定できません。

出典:http://josei-bigaku.jp

ヘアマニキュア以外のヘアカラーは基本的には強アルカリ性。
このままアルカリ性を放置していると髪の毛にとっては大ダメージ。

なぜなら、髪の毛は弱酸性であることがとても重要だから。

そこでシャンプーの後は炭酸水を髪の毛にかけてあげてください。

炭酸水は毛髪中の残留アルカリを分解。
すばやく髪の毛を弱酸性に戻してくれる効果があります。
また、炭酸水は毛穴汚れや、髪についた皮脂なども取ってくれます。

出典:http://sp-live.net

こんな裏技も!
炭酸水は美肌にもいいですし、髪の毛を含めたボディケア用に常備しておいてもいいかもしれませんね。

新しい季節は新しい髪色でイメージチェンジを☆

いかがでしたでしょうか?

夏の暑さが和らぎ、過ごしやすい秋になるといつも以上にお洒落がしたくなったり、イメージチェンジをしてみたくなったりしますよね。
この秋は自分に合った色を見つけて、その色にトライしてみてください♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ