記事ID2430のサムネイル画像

恋愛映画との相性は抜群?!イケメン俳優岡田将生出演のおすすめ映画

数々の映画に出演しているイケメン俳優の岡田将生さん。岡田将生さんが出演する恋愛映画は特に好評で、恋愛映画との相性が抜群とも言われています。そこで、大人気の恋愛映画を含め、岡田将生さんが出演したおすすめな映画をまとめています。

岡田将生

プロフィール

生年月日:1989年8月15日
出身地:東京都
血液型:A型
身長:180センチ
職業:俳優

“ラブ・ストーリー”との相性の良さが目立つ(中略)数々のラブ・ストーリーに出演し、実力派の若手女優と次々と共演を果たしてきた岡田将生。その端正なルックス、ナチュラルで繊細な演技、そして相手を受けとめる包容力で、それぞれの恋物語をリアリティたっぷりに体現し、最高にチャーミングな恋人として、スクリーンの中で存在感を発揮してきた。

出典:http://cinema.pia.co.jp

岡田将生さんの恋愛映画は特に大人気となっています。

岡田将生出演のおすすめ恋愛映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』

2009年10月公開『僕の初恋をキミに捧ぐ』

原作は累計600万部突破の青木琴美による大人気コミック「僕の初恋をキミに捧ぐ」。待望の映画化が実現

出典:http://www.vap.co.jp

20歳まで生きられないと宣告された少年と、彼を献身的に支えようとする少女のもどかしい恋の行方が描かれる。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

垣野内 逞〈タクマ〉役

8歳の少女・種田繭と少年・垣野内逞。淡い恋心を抱いているふたりは偶然、逞が心臓の病気のために二十歳まで生きられないことを知ってしまう。悲しみの中、幼いふたりははかない未来に向けて、"最低の約束"をする。
「大人になったら、結婚しよう。」
時がたち、少女は少しずつ女へと、少年は男へと成長していく。やがて、自らの余命を自覚した逞は、恋心を封印し、次第に繭を遠ざけるようになる。ふたりは互いの全てを知っているからこそ、悩み、苦しむ。しかし、残酷にも時は経過し、逞の病状も進行していく。運命のタイムリミットが近づく中、思いもよらぬ知らせがふたりに届く・・・。

出典:http://www.vap.co.jp

種田繭〈マユ〉役:井上真央さん

切ない純愛ラブストーリー作品です。
涙なしでは見られません。

『僕の初恋をキミに捧ぐ』予告編

岡田将生出演のおすすめ恋愛映画『ハルフウェイ』

2009年2月公開『ハルフウェイ』

数々の大ヒット恋愛ドラマを手がけてきた脚本家、北川悦吏子の初監督作品。青春の初々しさ、恋人たちのすれ違い、相手を想う極上の気持ち…ピュアでまっすぐな恋愛模様を描く。主演は、TVドラマ「太陽と海の教室」のフレッシュ・コンビ、北乃きい&岡田将生。

出典:http://www.cinemacafe.net

シュウ(篠崎修)役

小樽市の高校3年生・ヒロ(北乃きい)は片想いのシュウ(岡田将生)に「付き合ってほしい」と告白される。札幌福祉大学(架空)に進学するヒロにシュウは早稲田大学に行くつもりでいることを話せないでいた。ヒロは「何で言わなかったの? 東京に行くのにあたしにコクってどういうつもり?」と怒りを露わにして連絡拒否。シュウが担任教師の高梨(成宮寛貴)に相談して早稲田行きを止めると聞いてヒロは大喜び。しかし、平林(大沢たかお)と書道室で相談すると「衝動で考えるのが男だ」「生涯で考えると短い間だ」「渋谷は魔物だらけだぜ、でも、東京でいろいろ経験してきてから君を守りたいといわれる方がいい」などといわれる。ヒロはシュウを連れて担任に「早稲田に行かせてあげてほしい」と頭を下げる。戸惑いながらもシュウは自分の本心に気づく。別れることが決まり、放課後のグラウンドでヒロは大声を上げて泣く…。

出典:http://ja.wikipedia.org

「こんな恋してみたかった」と思わせる甘酸っぱい青春ストーリーの作品です。

『ハルフウェイ』予告編

岡田将生出演のおすすめ恋愛映画『雷桜』

2010年10月公開『雷桜』

宇江佐真理による日本の時代小説、それを原作とした漫画および映画作品。(中略)『雷桜』(Raiou)は、日本版『ロミオとジュリエット』と題した身分違いの恋愛をテーマにした時代劇。

出典:http://raiou.jp

キャッチコピーは「女は、恋さえ知らなかった。男は、愛など信じなかった。美しくも奇妙なその桜が、二人の運命を変えた。」。

出典:http://ja.wikipedia.org

清水斉道(徳川家斉の十七男)役

母の愛を知らずに育った、徳川将軍・秀斉の十七男、清水斉道(岡田将生)。心の病にかかった斉道は、静養のため瀬田村へ向かうことに。道中、瀬田山の中腹で、落雷に撃たれたイチョウの根元に桜が芽をつけた奇妙な巨木、雷桜の下で、斉道は雷(蒼井優)と呼ばれる自由奔放な娘と運命の出会いを果たす。

出典:http://www.cinematoday.jp

岡田将生さんは時代劇でもラブストーリーを演じています。
「一番好きな人と結ばれる」ということがどれだけ幸せなことなのかを感じられる作品です。

『雷桜』予告編

岡田将生さんは恋愛映画に多く出演していますが、それだけではありません。
恋愛映画ではない、岡田将生さんのおすすめ映画作品をご紹介します。

岡田将生出演のおすすめ映画『重力ピエロ』

2009年5月公開『重力ピエロ』

作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、傑作ミステリーの映画化作品。数々の伏線を基に、一つに絡み合ったすべての謎が解けたとき、過去から今へとつながる家族の真実が明らかにされる。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

弟・春役

仙台の街で起こる連続放火事件。放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。過去に辛い記憶を抱える泉水と春の二人の兄弟は、事件に興味を持ち謎解きに乗り出す。グラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎を解き明かしたとき、その先に見えてくるものとは。

出典:http://ja.wikipedia.org

兄・泉水役(加瀬亮さん)

『重力ピエロ』予告

大人気小説が映画化され大ヒットになった作品です。

岡田将生出演のおすすめ映画『宇宙兄弟』

2012年5月公開『宇宙兄弟』

感動がいっぱいのポジティブムービー!

出典:http://www.ozmall.co.jp

週刊「モーニング」で連載中の小山宙哉によるベストセラー・コミックを、人気若手俳優・小栗旬と岡田将生を主演に迎えて実写映画化。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

南波 日々人役

子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)は会社を解雇され意気消沈していた。互いに違った道を進んでいた兄弟だったが、弟からの連絡をきっかけに兄はかつての夢を実現させるべく再び宇宙飛行士という目標に向かって進み始める。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

マンガが大人気となり、アニメが放送され、遂に映画化となった作品です。

『宇宙兄弟』予告編

岡田将生出演のおすすめ映画『偉大なる、しゅららぼん』

2014年3月公開『偉大なる、しゅららぼん』

濱田岳と岡田将生がダブル主演

出典:http://movies.yahoo.co.jp

パワースポットである滋賀県の琵琶湖を舞台に、「湖の民」としての力を持った一族同士の対決の末、未曾有の災害に立ち向かう物語。

出典:http://ja.wikipedia.org

日出涼介役

琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎(濱田岳)は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介(岡田将生)が力の修行をするために訪れる。淡十郎と同じ高校に通うものの、彼とおそろいの真っ赤な特注制服を着せられ、従者のように扱われる涼介。そんな中、日出一族と対立する棗一族の広海(渡辺大)とのトラブルが勃発し、それが世界の運命を揺るがす事態に発展する。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

岡田将生さんは恋愛映画の印象が強いですが、また違った岡田将生さんを見ることが出来ます。

『偉大なる、しゅららぼん』予告編

【最新映画情報】岡田将生が出演する最新映画2作品

2015年4月1日公開『エイプリルフールズ』

『エイプリルフールズ』

エイプリルフールにあたる4月1日の東京を舞台に、登場人物27人がついた嘘が大騒動を引き起こす様を描く。主演は戸田恵梨香

出典:http://ja.wikipedia.org

『エイプリルフールズ』予告編

あの大人気ドラマとなった堺雅人さん主演、岡田将生さんも出演した「リーガルハイ」の監督やスタッフなどがつとめた作品です。
岡田将生さんは、不運続きの救急隊員の役を演じています。

ストレイヤーズ・クロニクル

極秘実験で特殊能力を与えられた若者たちが繰り広げる戦いを描いた本多孝好の同名ベストセラー小説を、岡田将生、染谷将太、成海璃子ら若手実力派キャスト共演で実写映画化したSFアクション。

出典:http://eiga.com

『ストレイヤーズ・クロニクル』

1990年代の日本で、生まれてくる子どもに突然変異を促して人間の能力を極限まで発達させる実験と、遺伝子操作で動物や昆虫の能力を持つ子どもたちを生みだす実験が秘密裏に行なわれた。20年後、実験により視覚や筋力をそれぞれ異常発達させられた昴らは、特殊能力の代償として精神崩壊の危機におびやかされながら、その解消の鍵を握る外務副大臣・渡瀬から裏の仕事を請けおっていた。ある日、渡瀬を狙う謎の殺人集団アゲハが現われるが、彼らの正体もまた、20年前の実験で生みだされた特殊能力者たちだった。

出典:http://eiga.com

『ストレイヤーズ・クロニクル』予告

最新作も面白そうな作品が続々と公開されます。

今後も恋愛映画をはじめ、活躍していく岡田将生さんに注目しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ