記事ID24132のサムネイル画像

地球へと帰ってきたウルトラマン!ウルトラマンジャックとは?

長い間愛されているウルトラマンシリーズ。その3作品目である帰ってきたウルトラマンに登場したウルトラマンがウルトラマンジャックです。特撮でありながら、ドラマとしての面も強い帰ってきたウルトラマン。今回はそんなウルトラマンジャックについて調べてみたいと思います!

帰ってきたウルトラマン!ウルトラマンジャックとは?

ウルトラマンジャック

『帰ってきたウルトラマン』(かえってきたウルトラマン)は、1971年(昭和46年)4月2日から1972年(昭和47年)3月31日にTBS系で、毎週金曜19:00 - 19:30に全51話が放送された特撮テレビ番組。
怪獣と戦う防衛チーム・MAT(マット)や、巨大ヒーロー・ウルトラマンの活躍を描く。

本作の企画は、1969年頃に作成された企画書『続ウルトラマン』から始まり、ウルトラマンとMATが復活した怪獣と戦う基本線はこの時点で確立している。
当初は初代ウルトラマンが帰ってくるという設定であったため、『帰ってきたウルトラマン』というタイトルがつけられたが、商品化展開を踏まえると別人とした方がよいというスポンサーの都合でこの設定は没となり、最終的に別人ということになった。
『帰ってきたウルトラマン』という題名は円谷英二によって付けられたと言われる。

出典:https://ja.wikipedia.org

本作の具体的な年代は、劇中では明示されていない。非日常的な場所でのロケを多用し、「近未来」や「無国籍」を演出していた前2作品と比べると、生活感のある場所での映像が多く、放映年代と同じ1970年代初頭の日本が意識されている。これは、前2作は海外販売が前提に制作されていたが、本作は純粋な日本国内向けに制作されているためである。劇中で映る日付や、語られる第2次世界大戦の体験など、現実の日本と重ねた演出が散見される。また、国外の描写はほとんどなく、MATの他国支部の活動もわずかに語られるのみである。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラ兄弟などの設定により、他のウルトラシリーズ作品と作品世界が繋がっているとされているが、劇中では過去の作品世界との関係は明示されず、バルタン星人Jr.やゼットンの登場、第38話におけるハヤタとモロボシ・ダンの登場で暗示されているのみである。最終回では、郷の夢の中に回想シーンとして『ウルトラマン』最終回の初代ウルトラマンとゼットンの戦いのシーンが流用され(そのため、科学特捜隊日本支部の建物も背景に映っていた)、郷や伊吹隊長もそれについて言及しているが、前2作の防衛チームからの継承や発展を示す具体的な演出はなかった。

出典:https://ja.wikipedia.org

一方、先に述べたように次作『ウルトラマンA』の第10話では本作の後日談が語られ、『ウルトラマンタロウ』や『ウルトラマンレオ』では郷秀樹が登場することで、第2期ウルトラシリーズはすべて同一世界であることが明示されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

帰ってきたウルトラマンのあらすじ

世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めた。
カーレーサーを目指していた青年・郷秀樹(ごう ひでき)は、怪獣タッコングが暴れ回る中、逃げ遅れた少年と仔犬を庇って命を落とした。しかし、M78星雲から地球を守るためにやってきた新たなウルトラマンが、郷の勇気ある行動に感動し、彼と一体化することで蘇らせた。

出典:https://ja.wikipedia.org

その後、郷は人類の自由と幸福を脅かすあらゆる敵と戦う決意を胸に、怪獣攻撃隊MATに入隊。常人離れしたウルトラマンとしての自分と、人間・郷秀樹としての自分とのギャップを抱えながら怪獣や宇宙人と戦うことで、成長していく。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンジャックの基本データ!

ウルトラマンジャックの身体データ

地球での活動時間:3分
身長:40メートル(ただし一時的に人間サイズで活動、もしくは同程度にミクロ化することも可能)
体重:3万5千トン
年齢:1万8千歳
飛行速度:マッハ5
走行速度:時速600キロ
水中速度:180ノット
ジャンプ力:400メートル

企画当初の名残で本作のウルトラマンは、劇中では一貫して「ウルトラマン」としか呼ばれていない。
『ウルトラマンA』の第14話でのみ「ウルトラマンII(二)世」、『ウルトラマンタロウ』や『ウルトラマンレオ』では「新マン」と呼ばれている。

映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』(1984年)の公開に先立ち、ウルトラファミリー紹介時に各々に固有名詞の必要が生じた。その際、円谷プロ社長・円谷皐(当時)の命名で「ウルトラマンジャック」に改称され、以降の書籍・関連グッズなどではほぼ「ジャック」の名称で統一された。

出典:https://ja.wikipedia.org

中国で放送された際には『杰克・奥特曼』(杰克はジャックと読む)のタイトルとなる。続く『ウルトラマン物語』(1984年)でもタロウから「ジャック兄さん」、ウルトラの父やゾフィーから「ジャック」と呼ばれている。
2006年の『ウルトラマンメビウス』でも「ジャック」と呼ばれている。なお、地球人は「ジャック」の名を知らないため、「ウルトラマン」としか呼ばれていない。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンジャックの変身方法

初代ウルトラマンやウルトラセブンとは異なり、変身アイテムを用いない。郷が生命の危機に陥ったときに自然に変身することが多い。郷の頭上に十字状の光が降ってくると、それに呼応するように郷が右手または両手を斜め上に挙げ、変身するというパターンが基本であった。意識的に変身する場合は右手を高く掲げることが多い。中盤以降は郷の意思による変身も多く見られるようになる。

出典:http://ja.wikipedia.org

これがウルトラマンジャックの必殺技だ!

ウルトラマンジャックの万能武器:ウルトラブレスレット

ウルトラマンジャックの持つ万能武器がウルトラブレスレットです

第18話で、宇宙怪獣ベムスターに敗れたウルトラマンジャックにウルトラセブンが与えた万能武器。普段は腕輪としてウルトラマンジャックの左手首に装着されているが、ウルトラマンジャックの脳波に反応して様々なアイテムに変形する。ロケット型のナイフ“ウルトラスパーク”をはじめ、ブーメランや槍などの様々な形態に変化させて使用する。

出典:http://ja.wikipedia.org

使う際は左肘を曲げてブレスレットを示し、右手でこれを掴んではずす動作が続き、変形させたり、直接投げつけたりする。一度に複数の用途には使えず、第20話ではウルトラマンジャックがそのジレンマに苦しむ様子も描かれた。時には武器としてだけでなく、湖を丸ごと蒸発させたり、惑星を丸ごと爆破したり、バラバラにされた自分の体を復元させたりするなど、いささかご都合主義的な力も見せている。

出典:http://ja.wikipedia.org

ウルトラマンジャックの必殺技①:スペシウム光線

初代ウルトラマンと同じく、ウルトラマンジャックもスペシウム光線を放つことが出来ます

初代ウルトラマンと同じく、両腕を十字に組み右手から発射する破壊光線。初代ウルトラマンとの違いは、初代が猫背気味のポーズに対して本作のウルトラマンは背筋が伸びている。また、左手の指は反らずに真っ直ぐ伸ばす。
全編を通して使用され、序盤では決まり手として多くの怪獣を葬った。ベムスターに破られて以降、ウルトラブレスレットに決まり手の地位を譲っているが、第38話ではナックル星人の宇宙艦隊を壊滅させ、最終回ではゼットンを葬るなど、ここ一番の見せ場では威力を発揮しており、後年の客演時にもしばしば使用されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンとの威力の違いに言及した雑誌記事があるが、現在の公式設定では初代ウルトラマンと同程度とされている。また、放映当時では白色の光線だったが、近年では青白い光線となっている。本作ではスペシウムへの言及はなく、ナックル星人による解析でアルミニウム原子3千個に対してクローム原子100個の割合との発言がある。
発射音は、初代に対してやや高音が強調されている。(ウルトラセブンのエメリウム光線、ワイドショットなどと同じ音)。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンジャックの必殺技②:シネラマショット

ウルトラマンジャック最大級の威力の持つ光線がシネラマショットです

両腕をL字型に構え右腕から発射する必殺光線で、ウルトラセブンのワイドショットよりも強力という設定。

出典:https://ja.wikipedia.org

スペシウム光線の数倍強力といわれている強力光線、キングザウルス三世との戦いで使われたがバリアーによって防がれてしまい、以後全く使用されなかった。
後の『ウルトラマンタロウ』ではテンペラー星人の円盤を他の兄弟の光線と共に破壊し、『ウルトラマンレオ』第38話でアストラを庇うレオに対しウルトラマン、エースと共に使用し一度はダウンさせ、タイの映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』では暴君怪獣タイラントに対して使用しダメージを与えた。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンジャックの人気は?

ウルトラマンジャックや帰ってきたウルトラマンの人気はどうなのでしょうか?

僕がウルトラシリーズの中で一番好きな作品です。
怪獣も特撮のクオリティも作風も恐らくシリーズ屈指の出来なのではないのでしょうか
僕が一番好きな怪獣はブラックキングです。着ぐるみの出来もデザインもストーリーの盛り上がりの貢献も最高でした。

出典:http://sakuhindb.com

ドラマがすばらしい。
特撮がよくできている。
ジャックがかっこいい。

出典:http://sakuhindb.com

自分は昭和ウルトラマンでは帰ってきたウルトラマンが一番好きです。
前作のセブンに負けないくらいドラマ性が高く、怪獣も印象に残るが多いです。
音楽もとても素晴らしいと思います。
夕日のなかで戦うジャックはとてもかっこいいです。

出典:http://sakuhindb.com

ドラマとしても面白い!帰ってきたウルトラマン!

以上、帰ってきたウルトラマンやウルトラマンジャックについて調べてまいりました!

特撮としてだけではなくドラマとしても楽しめる帰ってきたウルトラマン。ウルトラマンジャックや怪獣にも高い人気があるようですね!

そんな帰ってきたウルトラマン、皆さんも見てみてくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ