記事ID24038のサムネイル画像

    巷で流行りのビジネスカジュアルスタイル。どんな靴をチョイス?

    クールビズの浸透と共に注目されてきたのがビジネスカジュアルスタイル。どんなファッションも足元=靴は重要なアイテム。今回は流行りのビジネスカジュアルってなに?という所から、ビジネスカジュアルをビシッとキメるための靴の選び方をまとめてみました。

    そもそもビジネスカジュアルってどんなスタイル?

    堅苦しすぎず、崩しすぎずっといった感じのスタイルがビジネスカジュアルなんでしょうか?個人的にイメージしたのは石田純一さんなんですが、遠からず、でしょうかね?
    ではそのビジネスカジュアルにピッタリの靴とはどんな靴でしょうか?

    ビジネスカジュアルスタイルにあう靴とは?

    ビジネスカジュアルにおいてはフォーマルシーンの靴選びよりも断然幅が広い感じがしますね。フォーマルシーンではNGのウイングチップの革靴なんかでも、ビジネスカジュアルスタイルが許されるシーンではOKかもしれませんね。しかしどうやらビジネスカジュアルの靴選びは幅が広くて迷いそうです。
    それで、沢山種類のあるビジネスカジュアルにあう靴のうち、2種類を取り上げましょう。

    ビジネスカジュアルスタイルにあう靴その1:スエード

    ビジネスカジュアルでスエード靴をチョイスされる方は気を付けなければならない点がいくつかあるみたいですね。まだまだお堅い日本では全面的にOKというわけではなさそうです。
    この靴を履く季節も考慮に入れる必要がありますね。でもビジネスカジュアルをカッコよく決めたい方は一足は持っておきたい靴です。

    ビジネスカジュアルスタイルにあう靴その2:スリッポン

    タッセルローファー。飾りがかわいらしいですね。女性ウケがよさそう?
    ビジネスカジュアルにもってこいですね。

    ビットローファー。金具が男らしいです。きらりと光ってオシャレ感もアップ!ちょっと大人のビジネスカジュアルっといった感じですね。

    ビットローファー(ビットモカシン、ビットモック)は、甲の部分に金具をつけたローファーのこと。馬具の形を模しているそうな。

    出典:http://blackwatch.seesaa.net

    ビジネスカジュアルスタイルでは最も合わせやすそうな靴です。かの有名人のように裸足でそのまま履いても違和感なさそうですね。
    ビジネスカジュアルで攻めたい方は、春夏はスリッポン、秋冬はスエードと、2種類所有しておけば、足元は死角のないビジネスカジュアルを楽しめそうです。

    ビジネスカジュアルにあう靴を選ぶ際、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

    ビジネスカジュアルにあう靴を選ぶ際のワンポイントアドバイス

    1足を履きつぶすのも良いですが、
    せっかくなら流行り廃りのない一生ものの丈夫な質の良い靴を選びましょう。

    結果的には、長く履けて経済的で、
    周りの人たちとも差をつけられますよ!

    足元にも気を遣える男性は、
    女性からも一目置かれること間違いなしです!

    出典:http://調べる納得解決.com

    お洒落は足元からとも言われます。Tシャツにジーンズでも、靴にさえ気を使っていればお洒落に見えるものです.

    出典:http://matome.naver.jp

    特に先端が尖りすぎているような革靴は「ダサい」と言われても仕方ありません。

    出典:http://ビジネスカジュアル着こなしナビ.com

    汚れていたり、かかとがすり減りすぎてないのか確認してお手入れしていたほうが格段に印象が良いですよ。

    出典:http://ビジカジコーディネート.biz

    いかがでしたでしょうか?ビジネスカジュアルも当然ですが、他のファッション同様、調和と手入れが必要だという点は基本として覚えておきたいですね。特にビジネスシーンではまず靴に注目し、デキる人かどうか判断されることもあるということですから、ビジネスカジュアルにおいても気を付けたいと思いますね。今度靴屋さんに行く機会があれば、ビジネスカジュアルを念頭に置いて新アイテムの購入してみてはいかがですか?

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ