記事ID23358のサムネイル画像

原点回帰の平成ウルトラマン!ウルトラマンマックスの全て!

今なお愛され続けている特撮シリーズ、ウルトラマン。そのウルトラマンシリーズの中で原点回帰をコンセプトに作られた平成ウルトラマンがウルトラマンマックスです。ウルトラマンマックスの原点回帰とは?今回はそんなウルトラマンマックスについて調べてみたいと思います!

ウルトラマンマックスとは一体?

ウルトラマンマックス

『ウルトラマンマックス』は、円谷プロダクションが制作し、2005年(平成17年)7月2日から2006年(平成18年)4月1日までCBC・TBS系列で毎週土曜日7:30 - 8:00に全39話が放送された、巨大変身ヒーロー特撮テレビドラマの作品名、もしくはその劇中に登場するヒーローの名前。
キャッチコピーは「最強! 最速!! Max Power! Max Speed!!」

テーマが重く、シビアな内容だった前番組『ウルトラマンネクサス』とは対照的に、「原点回帰」をテーマにしている。
マックスは昭和ウルトラシリーズと同じくM78星雲からやってきたという設定だが、世界観は昭和のウルトラシリーズと繋がっていない。これはパイロット監督を務めた金子修介が『ウルトラマンティガ』以降のシリーズの設定の詳細を知らず、「ウルトラマンなら、当然M78星雲出身だろう」と設定したことによる。

出典:https://ja.wikipedia.org

『ウルトラマンティガ』以降の平成ウルトラシリーズ共通の特徴だったウルトラマンのタイプチェンジ変身は本作では採用されていない。また、派手な変身プロセスが見られ、装着した変身アイテムが必殺技使用時に使われるのも特徴である。

出典:https://ja.wikipedia.org

地球防衛連合日本支部司令官役として黒部進(『ウルトラマン』のハヤタ)、怪獣生態博士に桜井浩子(『ウルトラQ』の江戸川由利子、『ウルトラマン』のフジ・アキコ)を起用。その他、森次晃嗣(『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン)や二瓶正也(『ウルトラマン』のイデ隊員、『ザ☆ウルトラマン』のトベ隊員)、佐原健二(『ウルトラQ』の万城目淳、『ウルトラセブン』のタケナカ参謀)や西條康彦(『Q』の戸川一平)、毒蝮三太夫(『ウルトラマン』のアラシ隊員、『ウルトラセブン』のフルハシ隊員)、真夏竜(『ウルトラマンレオ』のおゝとりゲン)など、かつてのウルトラシリーズの昭和世代のレギュラー俳優・出演者が多数ゲスト出演している。また、平成ウルトラマンのTVシリーズで初めてバルタン星人・ゼットン・レッドキングといった『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の有名な怪獣も登場する。これらは子どもだけでなく親子で楽しんでもらおうという意図による。

出典:https://ja.wikipedia.org

ストーリー

21世紀。世界各地に異常災害が発生し、空想の産物と思われていた怪獣が現実に出現するようになった。それは、あまりに繁栄しすぎた人類という種に対して生態系が産み出した天敵でもあった。
チームDASHのダッシュバード1号の不時着現場に居合わせた、災害ボランティアの青年トウマ・カイトは、負傷したコイシカワ・ミズキ隊員に代わってダッシュバード1号に搭乗してグランゴンやラゴラスの2大怪獣に立ち向かうが、怪獣の攻撃を受けてダッシュバードは操縦不能となってしまう。そのとき、赤く光る玉が飛来してカイトを救った。玉の正体は、地球文明を監視するためにM78星雲からやってきた光の巨人だった。自分の身を省みずに、人々を救おうとするカイトの姿に「共振する個性」を見出した巨人は、カイトと一心同体となって人々の命を守るために戦うことを約束し、マックススパークをカイトに与える。こうして、ウルトラマンマックスが誕生した。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンマックスのデータ集!

ウルトラマンマックスの基本データ

年齢:7800歳(人間換算で20代後半~30代前半)
身長:48メートル(ミクロ化、超巨大化可能)
体重:3万7千トン
飛行速度:マッハ6.99
走行速度:マッハ4
水中速度:マッハ5
潜地速度:マッハ3
ジャンプ力:750メートル

M78星雲から地球の文明を監視するためにやってきた光の巨人。放送当時は「光の国」出身とはされておらず、過去のウルトラシリーズとも関係はないとされていたが、映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』及び『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』ではマックスとゼノンが光の国の戦士として登場している。『ウルトラマン列伝』ではウルトラマンゼロがマックスを「光の国からやって来た」と解説している。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンマックスの変身アイテム

これがウルトラマンマックスの変身アイテム、マックススパークです

カイトがマックスと一体化した時に、マックスから受け取った変身アイテムで金と銀の色彩が施されている。マックス自身の左前腕にも装着されており、その際にはマクシウムカノンを放つ為のアイテムとして使用される。カイト=マックスと知ったピット星人やモエタランガに奪われたこともある。

出典:https://ja.wikipedia.org

企画段階では「マックスフラッシャー」という名称であったが、ショーン・ホワイト役のショーン・ニコルスから「フラッシャー」は露出狂を意味すると指摘されたため、変更された。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンマックスの必殺技!

マクシウムソード

まるでアイスラッガーのように念力で操れるブーメランがマクシウムソードです

頭部の角飾りを分離して発射するブーメラン。念力を使い自由自在に操ることが可能。通常は敵の角や翼などを切断するために使用するが、決め技として使用することもある。

出典:https://ja.wikipedia.org

手に持って斬りつける「ソードスラッシュ」や、途中で複数に分裂させる必殺技「マクシウムソード分身シュート」など様々なバリエーションが存在する。敵の光弾を弾くなど、防御にも使用可能。

出典:https://ja.wikipedia.org

マクシウムカノン

ウルトラマンマックスの必殺光線がマクシウムカノンです

左手のマックススパークを天高く掲げて光を集中し、腕を逆L字形に組むことで放つ必殺光線、ウルトラマンマックスの左腕に装着された「マックススパーク」から放射する、最強最大の必殺光線。

出典:http://ja.wikipedia.org

七色に光り輝き、相手を爆発させたり、光の粒子レベルまで昇華させることが可能。光を集中する際に隙ができることが弱点で、この瞬間に攻撃されることもある。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンマックスがマックスギャラクシーになった時に使える光の剣が、ギャラクシーソードです

マックスギャラクシーを装着したとき現れる光を伸ばした光剣。マクシウムソード以上の切れ味を持つ。敵を攻撃することはもちろん、敵の光弾を切り払うことにも使用する。

出典:https://ja.wikipedia.org

宇宙まで届くほど超巨大な光剣「ギャラクシーソード最大パワー」を形成することも可能だが、それには膨大なエネルギーが必要なため、後述の900メートルに超巨大化した時のみ使用している。

出典:https://ja.wikipedia.org

ウルトラマンマックスの人気は一体?

原点回帰がコンセプトのウルトラマンマックス。そんなウルトラマンマックスの人気はどうなのでしょうか?

今年10周年のウルトラマンマックス。
ほんとにいい思い出の詰まった作品です。
良いと思うコメントで。

出典:http://sakuhindb.com

結構楽しめる作品だとは思います。
しかし、やっぱりちょっと物足りなく感じてしまうところが前作が強すぎたからかもしれませんし、従来の大切さを噛みしめるのも悪くはないのかもしれません。

出典:http://sakuhindb.com

派手さはないながらも、どこか懐かしさを感じさせる、堅実な出来の作品です。
みなさんが仰る様に、怪獣の感情、環境汚染、文明衰退、恋愛、パロディなど、かつてない話の幅を持つ作品であり、且つ名エピソードも多くあります。
メッセージ性においては最高点です。

出典:http://sakuhindb.com

明るく楽しい作品でした、マックスも非常にかっこよかったです。
話もとても面白かったです。
ただゼノンをもっと活躍させてあげてほしかったです。

出典:http://sakuhindb.com

原点回帰のウルトラマン、ウルトラマンマックス!

以上、ウルトラマンマックスについて調べてまいりました!

原点回帰をコンセプトに作られたウルトラマンマックス。旧作品からのゲスト出演、懐かしさを感じる設定などで子供から大人まで楽しめる作品になっています!

ぜひ皆さんもウルトラマンマックスを見てみて下さいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ