記事ID22045のサムネイル画像

ドラえもん「のび太と竜の騎士」を動画・画像で振り返ってみよう!

ドラえもん「のび太と竜の騎士」は、1987年に公開されたドラえもんの映画です。ドラえもん「のび太と竜の騎士」が好きだったという人も多いのでは?恐竜や地底人などに興味のある人は必見の映画「のび太と竜の騎士」ぜひもう一度見てみてください!夢が広がりますよ。

藤子不二雄名義の最後のドラえもん映画「のび太と竜の騎士」とは?

『ドラえもん のび太と竜の騎士』(ドラえもん のびたとりゅうのきし)は、月刊コロコロコミック1986年11月号から1987年3月号に掲載された「大長編ドラえもんシリーズ」の作品。

出典:http://ja.wikipedia.org

この作品を原作にして1987年3月14日に公開されたドラえもん映画作品。

出典:http://ja.wikipedia.org

大長編、映画ともにシリーズ第8作。地底世界を舞台に、恐竜人をモチーフにした作品。

出典:http://ja.wikipedia.org

恐竜人をモチーフにしたというドラえもん「のび太と竜の騎士」の舞台は、地底世界。さすがドラえもんって感じですよね。もしもそんな世界が実在したら・・という夢が広がります。

藤子不二雄名義としては最後のドラえもん映画作品。

出典:http://ja.wikipedia.org

藤子不二雄名義として最後の映画がこのドラえもん「のび太と竜の騎士」だったようですね。

恐竜が大好きであった藤子・F・不二雄は、かつて執筆した『のび太の恐竜』に続き、恐竜を題材とした長編の執筆に意欲を抱いた。そしてこのストーリーにエピソードとして、彗星衝突による恐竜滅亡説、恐竜人ディノサウロイドを盛り込むことにした。

出典:http://ja.wikipedia.org

藤子・F・不二雄さんは、恐竜が大好きだったとは知りませんでした。それを元にストーリーを展開したドラえもん「のび太と竜の騎士」は、それは面白いはずです。

藤子は恐竜の大絶滅の原因として彗星衝突説を先に知り、絵にもなり、またストーリーもドラマティックになるという理由で、本作に取り入れることにした。しかし、後から考えると隕石衝突説の方が有力だったと思うようになったという。

出典:http://ja.wikipedia.org

地底人については、1982年にカナダの古生物学者デール・ラッセルが提唱したディノサウロイドの写真を雑誌で見て、地底人のデザインの参考にしたという。デザインとしてモチーフにしたとの明言はないが、このディノサウロイドより作品のインスピレーションを得たということについては、別の著書においても語られている。
また本作は、なにかかっこいいタイトルをということで『のび太と竜の騎士』として連載を開始したが、連載3回目くらいまでこの竜の騎士が善玉であるか悪玉であるかさえも決めておらず、物語の結末も連載の半ば辺りまで決まっていなかった。

出典:http://ja.wikipedia.org

漫画の世界だから適当・・というのではなく、恐竜について、地底人についてなどをしっかり学んでから作品作りに取り組む藤子F・不二雄さん。だから、実際にドラえもん「のび太と竜の騎士」を見ても実は地面の下には同じような世界があるのでは?と思ってしまうのかもしれません。

物語序盤ではスネ夫が恐竜の存在を否定しようとする展開で進行するなど、大長編には珍しくスネ夫が話の中心になっている。また、以前に「アフリカを衛星写真で調べたことがある」と『のび太の大魔境』の話の後に起こったことが示唆されている。
序盤でスネ夫が行方不明になるが、主要メンバーの1人が行方不明になり、残りのみんなが助けに行くことから冒険が始まる展開は大長編初であり、後のシリーズにも受け継がれている(『ドラえもん のび太のドラビアンナイト』のしずか、『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』のドラえもん、『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』のスネ夫とジャイアンなど。なお、のび太は冒険途中で行方不明になることが多い)。

出典:http://ja.wikipedia.org

のび太と竜の騎士の物語では、スネ夫がキーパーソンとなるようです。
ドラえもん映画にあるパターンのひとつ。主要メンバーが行方不明になり、他のメンバーが探しにいくというパターンは、もうおなじみですね。のび太と竜の騎士もその展開で話が進んでいきます。

地底人による祖先の恐竜の大絶滅を阻止しようとする計画「大遠征」をのび太らが知り、人類の祖先を滅ぼすのではという誤解から地底人と対立するものの最終的には話し合いで和解し、終始一貫している悪役が存在しない作品である。ただし、一部文献では彗星が敵ということになっている。
コロコロコミックでの大長編連載時に通常連載のドラえもんが休載する形となったのは本作からである。

出典:http://ja.wikipedia.org

コロコロコミックで長編連載が始まると通常連載は休載という形となったのは、ドラえもん「のび太と竜の騎士」からはじまったみたいです。長編連載と通常連載の両方だと大変ですよね。

ドラえもん のび太と竜の騎士のあらすじは?

恐竜が今でも生き残っていると言い張って、スネ夫らに笑い者にされたのび太は、ドラえもんのひみつ道具「○×うらない」でも「地球上に生き残っている恐竜はいない」と判定されてがっかりする。
ところが、多奈川で巨大な生物を目撃したスネ夫は、それが恐竜ではないかという疑問にかられてすっかり動転してしまい、挙げ句の果てにノイローゼになってしまう。

出典:http://ja.wikipedia.org

ドラえもん「のび太と竜の騎士」の物語の始まりは、スネ夫がポイントとなります。ドラえもんやのび太ではないところが、ドラえもん「のび太と竜の騎士」の最大のポイントですね。

一方、のび太は0点の答案を隠すためにひみつ道具の「どこでもホール」を使い、地底にある大空洞を発見する。のび太とドラえもんはしずかやジャイアン、スネ夫と一緒に地底の大空洞を秘密の遊び場にするがスネ夫が地底で迷子になり、その後で「どこでもホール」が不祥事で壊れてしまう。

出典:http://ja.wikipedia.org

ここでもやっぱり、スネ夫が問題を引き起こします。ドラえもん「のび太と竜の騎士」の主役はスネ夫というくらい登場します!!

しかし多奈川の河底から地底への入口があると知り、再び地底へ入り込むがそこでのび太たちは、河童そっくりな地底の野蛮人ナンジャ族に捕まってしまう。あわや地底人の餌にされそうになったところで竜の騎士バンホーが彼らを救い出す。地上で滅亡したと思われていた恐竜は地底、すなわち「地球上」ならぬ「地球内」に生き残り、トゥロオドン(旧名:ステノニコサウルス)から進化した恐竜人(ディノサウロイド)が高度な文明を築き上げていたのだった。

出典:http://ja.wikipedia.org

バンホーの案内でのび太たちは地底国の首都・エンリルで保護されていたスネ夫と再会したが、首都観光の最中にのび太が乗った恐竜の暴走によってみんなからはぐれてしまう。そして偶然に入り込んでしまった施設でのび太は武装した竜の騎士たちが不穏な計画を立てていることを知ってしまうのだった。

出典:http://ja.wikipedia.org

ドラえもん「のび太と竜の騎士」では、地底に恐竜も存在。地底に栄えている国があったとは・・・やっぱりドラえもんは夢の広がる漫画ですね。

ドラえもん「のび太と竜の騎士」の物語の舞台と登場人物をご紹介します!

ドラえもん「のび太と竜の騎士」の舞台となったのは・・地底

恐竜と恐竜人が暮らす広大な地底の空洞世界

出典:http://ja.wikipedia.org

アメリカ大陸の地下に存在する首都エンリルを中心に祭政一致の文明を築く地底人の王国。24時間周期で活動する光る苔によって昼夜が存在する大地底空間で、大陸と呼称する空間で恐竜から進化した恐竜人が生活している。地下100キロメートルの位置に存在するという。

出典:http://ja.wikipedia.org

ドラえもん「のび太と竜の騎士」の舞台は、地価100キロメートルのところに位置する地底。
地底とはいえ、昼と夜も存在するのです。

恐竜人たちは神に対する信仰心の篤い者多く、風習は中世を思わせる。だが歴史の中で数多くの発明と発見を繰り返し、そのテクノロジーは現時点での地上技術より数世代分飛び出ている。一方で文明から取り残されたナンジャ族のような原始人に近い生活を送っている者もいる。

出典:http://ja.wikipedia.org

前述した大陸と大陸を隔てる地層およびマグマ層の移動には、地磁気を動力に利用した次元転換船を利用する。陸上ではオルニトミムス型恐竜の引っ張る馬車や、磁気を動力とする鉄道など、排気ガスを出さないものとなっており環境に配慮した作りになっている(閉鎖された地底空洞の世界であるため排気ガスを出す動力を極力避ける方向で発展してきた)。その他、医療技術に関してはレントゲンや伝染病の調査など徹底しており、まれに地上人が地底に来た際には帰還時の記憶消去を実施するなどしている。

出典:http://ja.wikipedia.org

地底世界の片隅には、恐竜人から「聖域」と呼ばれる直方体の空間があり、6500万年前の大絶滅の際、一部の恐竜がこの「聖域」に避難して生き延び、進化を遂げたという。

出典:http://ja.wikipedia.org

地底とは思えないほど発展している世界。
すごいですね。本当に地底にこんな世界があったらと思ったらワクワクしますね。

ドラえもん「のび太と竜の騎士」に登場する登場人物とは

バンホー

声 - 堀秀行
勇敢で心優しい恐竜人の騎士で、恐竜を御している時などは兜をかぶっている。騎士団の中でも一定の地位を築いているようで、部隊を率いる立場にある。また普段は地下空洞の巡視なども行っており、その過程で地下洞窟で迷子になっていたスネ夫を発見し救助したりもした。この他、ラジコン飛行機を改造するなど、電子工学の知識も持っている。
任務上ドラえもんたちと対立する運びとなるが、最終的には真実を知って和解する。

出典:http://ja.wikipedia.org

物語の途中まではドラえもんたちと対立してしまいますが、最後は仲良くなります。それこそドラえもんの映画ですよね。平和が一番!です。

ロー
声 - 神代智恵
バンホーの妹。地帝国にいる間、のび太たちのガイドを引き受ける。

出典:http://ja.wikipedia.org

ドラえもん「のび太と竜の騎士」に登場するバンボーの妹。のび太たちと一緒に行動しています。

懐かしい!!ドラえもん「のび太と竜の騎士」の動画を紹介しちゃいます!

ドラえもん「のび太と竜の騎士」の動画を見てみよう!!一度見たという人もまた夢中になっちゃうのがドラえもんですね。

ドラえもんの映画はやっぱり面白い!!「 のび太と竜の騎士」の世界観もやっぱり良かった☆

ドラえもん「のび太と竜の騎士」は、物語の設定など本当によくできていますよね。
恐竜を信じているという人にとっては夢が広がるストーリーとなっています。
私たちが住んでいる地球の地面のずーっと下にまた違う人たちが住んでいて文明も発達しているとしたら・・・考えただけでも、行ってみたい!!そんな気持ちになってしまいませんか?
ワクワクする物語が展開するのがドラえもん「のび太と竜の騎士」ですね。
また、改めて見たい!!そんな気持ちになったドラえもん「のび太と竜の騎士」でした。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ