記事ID20552のサムネイル画像

【画像有】あの超大物人気俳優★高橋克典の代表ドラマ紹介!

知らない人はいない大物俳優:高橋克典さん!数多くのドラマに出演してきた高橋克典さんですが、そんな高橋克典さんの代表ドラマはどれだ!?と言う事で、今回は高橋克典さんの歴代ドラマの中から、高橋克典さんの代表ドラマ作品を3本ご紹介したいと思います!

まずは超大物俳優★高橋克典のプロフィールから!

俳優:高橋克典


デビュー当初は脇役としての起用が多かった高橋克典さんですが、現在は数多くのドラマの主演を務めています!

誕生日:1964年12月15日
星座:いて座
出身地:神奈川
性別:男
血液型:O型
身長:175cm
体重:68kg
デビュー年:1993年
デビュー作品:ポケベルが鳴らなくて (日本テレビ)

出典:http://talent.yahoo.co.jp

両親ともに音楽家で、3歳からピアノの英才教育を受ける。
青山学院初等部・青山学院中等部・高等部卒業、青山学院大学経営学部中退[1]。

出典:https://ja.wikipedia.org


凄い筋肉ですね!
イケメンな上に素晴らしい肉体美です♪

2004年10月にモデルの中西ハンナと結婚。母校の青山学院の礼拝堂で、挙式をした。
中学・高校時代にはラグビー部に所属しており、2003年ワールドカップ放送(テレビ東京)では、キャスターをつとめた。

出典:https://ja.wikipedia.org

2008年10月17日、BS朝日の『愛のワンニャン大作戦』でバラエティ番組初司会を務める。翌27日14時39分、体重3,960 gの男児が誕生した。
2010年4月3日と翌週4月10日(いずれも土曜日)に放送されたNHKの古代史ドラマスペシャル『大仏開眼』で時代劇初出演を果たした。同年11月2日、ベストレザーニスト2010に選ばれる。また、2010年皮革親善大使にも就任している。

出典:https://ja.wikipedia.org

下積み時代を経て、なんと歌手としても活動していた高橋克典さん!

ここからは、そんな高橋克典さんの代表ドラマ作品をみて行きましょう♪

高橋克典の代表ドラマ作品①【サラリーマン金太郎シリーズ】

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「サラリーマン金太郎シリーズ」の画像です!

解説

『サラリーマン金太郎』(サラリーマンきんたろう)は、本宮ひろ志の『サラリーマン金太郎』を原作とし、TBSによって製作された日本の実写映像化作品シリーズ。製作プロダクションはドリマックス・テレビジョン。主演は高橋克典。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「サラリーマン金太郎」のワンシーンです!

第1期は、1999年1月10日から3月21日まで毎週日曜日21:00 - 21:54(JST)に、「日曜劇場」枠で放送された。
1999年から2004年まで連続ドラマが4シリーズ、スペシャル版が1本放送された。
第2期と第3期は「日曜劇場」枠で、第4期は「木曜21時」枠で放送。いずれもTBSチャンネルで放送されている。
1999年に三池崇史監督により#映画化された。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「サラリーマン金太郎」の原作漫画画像です!

暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎は、亡き妻・明美の故郷で忘れ形見の竜太とともに漁師をしていた。ある日、事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社する。金太郎が入社したヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長が専横を極めており、守之助会長や創業時からの叩き上げである黒川専務は退陣を迫られていた。サラリーマンとしての枠に捉われない金太郎の大胆な行動に感銘を受けたヤマト建設の社員達は、守之助会長を退陣から救うために活動を開始する。

出典:http://ja.wikipedia.org

高橋克典の代表ドラマ作品②【特命係長 只野仁シリーズ】

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「特命係長 只野仁」の画像です!

解説

『特命係長 只野仁』(とくめいかかりちょう ただのひとし)は、柳沢きみおの『特命係長 只野仁』を原作とし、テレビ朝日によって製作された日本の実写映像化作品シリーズ。主演は高橋克典。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「特命係長 只野仁シリーズ」のワンシーンです!

1stシーズンから3rdシーズンは「金曜ナイトドラマ」枠で、4thシーズンは「木曜ドラマ」枠で放送され、2012年には2夜連続のスペシャルドラマとして“ファイナル”が放送された。
2008年12月6日(土曜日)映画『特命係長 只野仁 最後の劇場版』(配給・松竹)公開。映倫によってPG-12指定を受けている[1]。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「特命係長 只野仁」の原作漫画画像です!

講談社『週刊現代』で2007年4月21日号まで連載された。連載終了後も本誌の広告の企画コーナーでイラストがたびたび掲載されていた。2009年1月10日・1月17日新年特大号より『特命係長 只野仁 リターンズ ルーキー編』として連載が再開したが、2009年6月27日で『週刊現代』での掲載は終了した。以後は『ケータイ★まんが王国』にて連載し、2010年『月刊ヤングマガジン』第2号より『特命係長 只野仁 ルーキー編』として雑誌での連載が再開した。ルーキー編の単行本はBbmfマガジンより発売されている(GAコミックス)。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典の代表ドラマ作品③【課長島耕作】

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「課長島耕作」の画像です!

解説

1993年から1998年にかけてフジテレビによりテレビドラマ化され放映された。
『課長島耕作』(かちょうしまこうさく)は、弘兼憲史による日本の漫画。『モーニング』(講談社)にて、1983年から1992年まで掲載された。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「課長島耕作」のワンシーンです!

本作品は1980年代前半の日本経済低成長期(安定成長期)から同年代後半のバブル景気期を経て1990年代初期の失われた20年前夜に至るまでの日本経済の動向、大企業間の競争、大企業内部の派閥争い、経済活動の末端で働くサラリーマン、特に団塊の世代の群像の様々をリアルに活写したものであった。

出典:https://ja.wikipedia.org

高橋克典★ドラマ画像

高橋克典の主演大ヒットドラマ「課長島耕作」の原作漫画画像です!

本作品の主人公・島耕作は団塊の世代に属し、大手電器メーカー「初芝電器産業」に勤務するサラリーマンである。作品が連載開始された当初(1983年頃)の島は、小心で保身を考える平凡なサラリーマン像に描かれており、作品内容もオフィスラブなどの個人的な身辺事が主たるものであった。

出典:https://ja.wikipedia.org

あの超大物人気俳優★高橋克典の代表ドラマ大特集!まとめ

いかがでしたか?
どれも有名で面白いドラマばかりですね!
しかも、原作が漫画だと言う共通点もビックリですね!

まだ見たことがない作品があったなら、是非休みの日にでも
見てみて下さい!とっても面白いですよ♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ