記事ID19171のサムネイル画像

日本の「カワイイ」を世界に発信!きゃりーぱみゅぱみゅの曲の魅力

今や日本のカワイイ文化の広告塔であるきゃりーぱみゅぱみゅ。曲がリリースされるや否や世界中でブームが巻き起こります!テクノポップが基本のきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲ですが、テイストやコンセプトは様々。今回はきゃりーぱみゅぱみゅの曲の魅力に迫ってみたいと思います☆

どの曲もカワイイ!きゃりーぱみゅぱみゅプロフィール

本名 きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ
生年月日 1993年1月29日
出身地 東京都西東京市
血液型 B型
身長 158 cm
靴のサイズ 23.5 cm
デビュー 2009年『KERA』

2009年の秋、ファッション雑誌『KERA』のストリートスナップにて紙面初登場。
その後、同誌や『Zipper』『HR』などの雑誌にて読者モデルとして活動する。

「Perfume」の楽曲を手がける中田ヤスタカ氏とクラブイベントで偶然出会ったことが歌手ビューのきっかけ。
2011年8月、ミニアルバム『もしもし原宿』でメジャーデビュー。同アルバムのリード曲「PONPONPON」が世界23カ国で先行配信された。
翌年2012年1月にCDシングル「つけまつける」をリリース。

日本のカワイイ文化を世界に発信する広告塔、きゃりーぱみゅぱみゅ。
ファッションやライフスタイル、そして楽曲など、きゃりーぱみゅぱみゅのギュギュっと詰まった世界観は多くの人を魅了しています!

きゃりーぱみゅぱみゅの曲の中身に迫る☆

きゃりーぱみゅぱみゅの曲の生みの親

中田ヤスタカ

出生 1980年2月6日
出身地 石川県金沢市
活動期間 1997年 〜

きゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲を手がけるのは、金沢市出身の中田ヤスタカさん。あのperfumeのプロデューサーでもあります。

中田ヤスタカさんは1997年、同じ金沢市出身のこしじまとしこさんと音楽ユニットcapsuleを結成し2001年にメジャーデビューを果たしました。

ヤスタカのセンスを感じる所は、最近でこそエレクトロハウスのようなサウンドが殆どだが、初期のcapsuleでは90年代に海外で定評のあったPIZZICATO FIVEのような、いわゆる渋谷系と言われるジャンルやフレンチポップスのような曲も数多く手掛けてた事

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

中田ヤスタカさんはすごいですよ!音楽などのテクノだけではなく、Perfumeの作詞もされていますが、まるで女の子なんじゃないかと思うほど歌詞も素晴らしいです。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

きゃりーぱみゅぱみゅさんが高校3年生のときに二人は出会いました。進路を決めなくてはならないときに、中田ヤスタカさんがきゃりーさんのアーティストとしての道を開けさせたといいます。運命的な出会いですね!

きゃりーぱみゅぱみゅさんと中田ヤスタカ氏、自宅で鍋パーティをするほど仲が良いそうです!

きゃりーぱみゅぱみゅは、「高校3年生の進路を決めるときに、働きたくないと思っていた。しかし、イベント『TAKENOKO!!!』を主催していた中田ヤスタカに出会い、人生が変わった。」としている[12] 。また、歌手デビューするとき「中田ヤスタカのプロデュースでなかったら絶対にデビューしていなかった。」ともしている

出典:https://ja.wikipedia.org

曲のテイストも様々なきゃりーぱみゅぱみゅ


きゃりーぱみゅぱみゅさん、5枚目のシングル曲である「にんじゃりばんばん」は、和のテイストを感じさせるオリエンタル・エレクトロ・ポップスで、海外からの評価も抜群です!


「ファンションモンスター」はきゃりーぱみゅぱみゅさんの3作目のシングル曲、ハイテンポでロックなテイストです。
激しさも垣間見える中でやはりどんな人も受け入れやすいポップでキャッチーなメロディーとなっています。


シングル曲「ファミリーパーティー」は、アニメ映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」のテーマ曲として書き下ろされた作品です。
ゲームのようなピコピコ音が心地よい、カラフルなポップスです。サウンドは機械的ですが、メロディはとても温かみがあります◎

ヴィジュアル的にもカワイイきゃりーぱみゅぱみゅの曲

元々は雑誌の読者モデルとして活動していたきゃりーぱみゅぱみゅさん。楽曲は勿論そのファッションセンスもとても注目されていますよね。

楽曲のアートワークにも、きゃりーぱみゅぱみゅさんと彼女をプロデュースするアーティストとの世界観が絶妙に混じり合って表れています!

デビューアルバムからの先行配信曲「PON PON PON」のミュージックビデオです。
パステルカラーと原色がうまく調和し、カラフルでポップですよね!

美術装飾を担当したのは増田セバスチャン氏。原宿のファッションブランド「6%DOKIDOKI」のプロデューサーです。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの衣装やヴィジュアルワークを集めたこんな展覧会も!

また、きゃりーぱみゅぱみゅさんご自身が考える「カワイイ」は、意外な人物がルーツとなっているようです。

今や売れっ子アーティストとなったきゃりーぱみゅぱみゅ。意外にも彼女が考える「カワイイ」のルーツは、かつて一世を風靡した米米クラブのメンバー・「ジェームス小野田」だったのです。

出典:http://matome.naver.jp

出生名 小野田安秀
出生 1959年11月8日
出身地 神奈川県川崎市
学歴 文化学院建築科卒業

米米CLUBとしての活動時は、奇抜な衣装と隈取を思わせるメイクが特徴となっている。メイク顔を専門に集めた写真集「KAO'S」やジェームス小野田の週めくりカレンダーなど、そのビジュアル面は米米CLUBの代名詞のひとつとなっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

なるほど確かに!きゃりーぱみゅぱみゅさんの雰囲気は彼に通じるものがありますね。

楽曲ごとに違う!きゃりーぱみゅぱみゅのヘアメイクにも注目!

きゃりーぱみゅぱみゅさんの、楽曲ごとに違うメイクや衣装、髪型にもこだわりがちりばめられています。
曲ごとに切り取ってみて見るのも面白いかもしれません☆

配信曲「PON PON PON」のきゃりーぱみゅぱみゅさん。ゆるやかなウエーブのツインテールがかわいらしいです。ピンクと黄色の目玉とリボンがアクセントですね!

シングル曲「にんじゃりばんばん」のきゃりーぱみゅぱみゅさんは、紛うことなく忍者の装い!目元はつけまつげでシッカリ系ですが、髪の毛はナチュラルな雰囲気です。

これは素敵!シングル曲「ファッションモンスター」でのきゃりーぱみゅぱみゅさん。発売がハロウィン直前だったこともあり、コウモリがあしらわれています。真似してみたいですよね!

8作目のシングル曲「ゆめのはじまりんりん」では、卒業シーズンにあわせて振り袖の袴姿となっています。こんなカワイイ着物どこに売ってるんでしょう。欲しいです。

大きなリボンとミルクティブラウンのポニーテール、このコントラストがたまりません!そしてつけまつげはもはやきゃりーぱみゅぱみゅさんのトレードマークとも言えます◎

やっぱり大好き!きゃりーぱみゅぱみゅの曲に対するファンの声

曲もスタイルもすべてが「カワイイ」とされるきゃりーぱみゅぱみゅさん。
楽曲を自身の体で表現するアーティストとしての評価や、ファッションアイコンとしての人気など、ファンの声を集めました!

踊るきゃりーぱみゅぱみゅがめちゃくちゃかわいい! 女の子の気持ちを歌っているのも好き。

出典:http://woman.mynavi.jp

PVだとファッションモンスターを
よく観ます。ちょっぴり不気味な感じがハマります!こうもりヘアー
ぐうかわですよね。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

きゃりぱみゅは、
Perfumeと同じ,
中田ヤスタカが曲プロデュースです

同じテクノポップ電子音楽で素晴らしくないですか?

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

歌のうまさとは声量や音程を正確にとれるかだけではありません。

むしろそれらよりも、音楽に合っているかが重要です。その曲が表現している世界を体現できるかです。

そういう意味できゃりーぱみゅぱみゅは中田ヤスタカが作ったデジタルな音楽世界をカラフルなファッションと歌声、ダンスで体現していると言えるでしょう。

出典:http://mikumikuplay.com

きゃりーに世界的成功をもたらした彼女の奇抜さと不完全な魅力は、それら日本の伝統的な文化とは真逆なものに感じられます。きゃりーぱみゅぱみゅが一過性の流行なのか、真の現象なのか、今はまだわかりません。しかしその全く真逆な2つの日本のイメージのギャップのもたらすインパクトこそ、今現在、彼女が世界を魅了している理由なのかもしれません。

出典:https://www.bbcworldnews-japan.com

世界中がきゃりーぱみゅぱみゅの曲の世界に注目しています!

いかがでしたでしょうか?
日本のカワイイ文化を背負って立つきゃりーぱみゅぱみゅさん。これからもポップでキュートな楽曲を楽しみにしています!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ