記事ID19054のサムネイル画像

「14歳の母」の主題歌!Mr.Childrenの「しるし」は最高のラブソング

Mr.Childrenの人気曲「しるし」はドラマ「14歳の母」の主題歌で、大人気となりました。Mr.Childrenの数ある曲の中でも最高のラブソングと言われる「しるし」は「愛」がテーマとなっています。Mr.Childrenの「しるし」についてまとめています。

「しるし」を歌うMr.Childrenのプロフィール

Mr.Children(ミスチル)

上:桜井和寿(左)、田原健一(右)
下:鈴木英哉(左)、中川敬輔(右)

桜井和寿 / ボーカル / 1970年3月8日 / 東京都 / O型
田原健一 / ギター / 1969年9月24日 / 福岡県 / O型
中川敬輔 / ベース / 1969年8月26日 / 長崎県 / A型
鈴木英哉 /ドラムス / 1969年11月14日 / 東京都 / A型

出典:http://ja.wikipedia.org

Mr.Childrenは大人気アーティストです。

1985年(昭和60年)、関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)の軽音楽部に所属していた桜井和寿と中川敬輔、桜井が野球部から軽音楽部に誘った田原健一 、ドラマーと女性キーボードによる5人組バンド「Beatnik」を結成。

ドラマーが脱退。田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉の元へ桜井が審査用の曲が入ったテープを持ち込み、ライヴ審査当日までという期限付きの約束で代役を頼んだ。後日、正式なバンド加入を依頼して鈴木が承諾。現在のメンバーとなる

1989年(昭和64年)にバンド名を「Mr.Children」と改名後、ライヴハウス「渋谷La.mama」や「新宿LOFT」を中心にライヴ活動を行っていた

1992年5月10日、ミニ・アルバム『EVERYTHING』でメジャー・デビュー。

出典:http://ja.wikipedia.org

最初は5人組だったものの、キーボードと当時のドラマーが脱退し、現在のMr.Childrenのメンバーになったようです。

Mr.Childrenはデビューしてから既に23年が経っています。

イノセントワールド

Mr.Childrenの名曲

1993年発売の4thシングル「CROSS ROAD」がロングヒットすると、1994年発売の5thシングル「innocent world」で初のオリコンチャート1位を獲得し瞬く間に人気となる。その後、6thシングル「Tomorrow never knows」と1996年発売の10thシングル「名もなき詩」はダブルミリオンとなるなど、これまでにシングル10作品でミリオンセラーを達成している

出典:https://ja.wikipedia.org

数々の名曲を残しているMr.Childrenの人気曲の中から、今回は「しるし」をまとめていきます。

いったい、どんな曲なのでしょうか。

Mr.Childrenの「しるし」とは?

しるし

Mr.Childrenの人気曲

「しるし」は、Mr.Childrenの29枚目のシングル。
2006年11月15日にトイズファクトリーより発売。

出典:https://ja.wikipedia.org

Mr.Children(ミスチル)の「しるし」は今から9年前にリリースされたシングル曲です。

「終わりなき旅」以来14作ぶりに桜井がジャケットを飾った(アルバムを含めると『Q』以来)。ジャケットの桜井は胎児をイメージ

オリコンチャートで「innocent world」から25作連続初登場1位を獲得し、松田聖子(24作)を上回りB'z(38作、当時)に次ぐ歴代2位(現在は3位)を記録した。

出典:https://ja.wikipedia.org

25作連続1位ってすごいですよね!!

Mr.Children

演奏時間はMr.Childrenのシングルでは最長の約7分12秒。

出典:https://ja.wikipedia.org

なんと、シングル曲である「しるし」はMr.Childrenがこれまでリリースした曲の中でもっとも長い曲となっています。

「しるし」(PV)

Mr.Childrenの人気曲

Mr.Childrenの「しるし」が主題歌になったドラマは?

Mr.Children「しるし」

Mステのランキングより

Mr.Childrenの「しるし」は話題になったドラマの主題歌として起用されました。

そのドラマがこちら。

ドラマ「14歳の母」

Mr.Children「しるし」が主題歌になったドラマが、2006年に志田未来さん主演、三浦春馬さんなどが出演したドラマ「14歳の母」です。

ドラマ「14歳の母」

Mr.Children「しるし」が主題歌となったドラマ

主題歌である日本テレビ系ドラマ『14才の母』でも番組宣伝や、オープニングなどでこの胎児のイメージが使われていた。

出典:https://ja.wikipedia.org

Mr.Childrenの「しるし」のジャケットと同じですよね。

ドラマ「14歳の母」

Mr.Childrenの「しるし」が主題歌となったドラマ

未成年の妊娠と出産をテーマにした社会派ドラマ。
私立中学校2年生の一ノ瀬未希は、14歳の幼さにして、恋人との子供が出来てしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

14歳で子供を妊娠してしまうこのドラマは、当時かなり衝撃的な作品で話題となりました。

そして、Mr.Childrenの「しるし」も印象的でした。

Mr.Childrenの「しるし」の歌詞の意味は?

しるし

Mr.Childrenの人気曲

桜井はこの曲について「両極の物語の中心にある『愛』とかいうもの、それを実感してもらえたらと願っています。最高のラブソングができました」とコメント

出典:https://ja.wikipedia.org

Mr.Childrenのボーカルを担当している桜井さんは、最高のラブソングとコメントしています。

Mr.Childrenの「しるし」はどんな歌詞なのでしょうか。

ダーリンダーリン
いろんな顔を持つ君を知ってるよ
何をして過ごしていたって
思い出して苦しくなるんだ
カレンダーに記入した
いくつもの記念日より
小刻みに鮮明に僕の記憶を埋め尽くす

出典:http://j-lyric.net

Mr.Children「しるし」の歌詞(サビ)

恋愛の愛や家族の愛、そして、ドラマともなった親と子の愛など、『愛』という大きなテーマで歌われていますね。

聞く人の環境によって、『愛』の捉え方が変わってくることでしょう。

Mr.Children「しるし」歌詞画像

泣いたり笑ったり
不安定な想いだけど
それが君と僕のしるし

ダーリンダーリン
いろんな角度から君を見てきた
共に生きれない日が来たって
どうせ愛してしまうと思うんだ
ダーリンダーリン Oh My darling
狂おしく鮮明に僕の記憶を埋めつくす

出典:http://j-lyric.net

Mr.Children「しるし」の歌詞(最後)

「しるし」とは「愛」のことですね。

あなたはどんな『愛』を感じますか?
捉え方は人それぞれなので、ぜひ歌詞に注目しながら聞いてみて下さい。

Mr.Childrenの「しるし」は最高のラブソングですね。

「しるし」を歌うMr.Childrenの活躍を応援しよう

Mr.Children

Mr.Childrenの「しるし」は『愛』がテーマとなった最高のラブソングでした。

Mr.Childrenの大人気曲です。

こんな素敵な曲をつくるMr.Childrenは、これからも人気が落ちることはないでしょう。

これからもたくさんの素敵な曲を聞きたいですね!!

今後のMr.Childrenの活躍も応援しましょうヽ(^ω^)ノ

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ