記事ID19013のサムネイル画像

厳選!スーパースター・沢田研二の時代を代表するヒット曲を紹介!

ジュリーの愛称で親しまれ、ポップス界の大スター沢田研二さん。60年代はタイガーズとして活躍し70年代からはソロになりそのルックスや曲に人気が大爆発しました!沢田研二さんには数多くのヒット曲がありますが、その中でも特に有名な沢田研二さんの代表曲を紹介します!

沢田研二さんのプロフィール

沢田 研二 (さわだ けんじ)
本名:澤田 研二 (読みは同じ)
愛称:ジュリー
生年月日:1948年6月25日 (現在67歳)
出身地:鳥取県鳥取市

主な代表曲:『勝手にしやがれ』、『ダーリング』、
『カサブランカ・ダンディ』、『TOKIO』、『ストリッパー』

当時一世を風靡した名曲ばかりですね。
沢田研二さんはソロ活動をする前は、グループで活動していたんです!

ザ・タイガース時代の沢田研二さん

沢田研二さんがグループサウンズの「ザ・タイガース」に加入するきっかけになったのが、「ザ・タイガーズ」の前身である「サリーとプレイボーイズ」に勧誘されたことでした。
その後、上京しデビュー前に「ザ・タイガース」に決まります!

京都のダンス喫茶「田園」でドアボーイのアルバイトをしている時にサンダースに声をかけられ、17歳の沢田研二はローディー兼ボーカリストになった。

出典:https://ja.wikipedia.org

1967年2月5日発売のシングル「僕のマリー」(1966年12月の録音時点でのタイトルは「マリーの想い出」)でデビュー。12月の録音の際、曲を渡されたメンバーはそれまでの演奏曲との違和や失望を感じたという

出典:https://ja.wikipedia.org

ボーカルの沢田研二さんはそのルックスでアイドル的人気に!~そして解散へ

とりわけ端整な美貌の持ち主である沢田研二は10代の少女を中心に熱狂的な人気を博し、一躍国民的アイドルとなった。

出典:https://ja.wikipedia.org

1970年4月26日には日本万国博覧会のEXPOホール・水上ステージにて「ザ・タイガース・ショー」を開催するが、12月7日にザ・タイガースは解散を表明。翌1971年1月24日、日本武道館における「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」を事実上の解散コンサートとして、ザ・タイガースは解散する

出典:https://ja.wikipedia.org

「ザ・タイガース」はヒット曲を連発し、当時全盛期だったグループ・サウンズの頂点へと昇りつめます。
そしてボーカルの沢田研二さんのルックスに若い女の子が夢中になり、人気者になります!

しかし時代の波と共にグループ・サウンズの人気も衰え始め「ザ・タイガース」の解散が決まります。

沢田研二さんの時代を代表する曲① 1975年『時の過ぎゆくままに』

沢田研二さんの1975年の8月に発表した曲『時の過ぎゆくままに』はソロになってから14枚目のシングルで沢田研二さんの最大のヒット曲になりました!
沢田研二さんが主演したTBS系のドラマ「悪魔のようなあいつ」の主題歌になったのもヒットの要因ではないでしょうか。
この曲をヒットを皮切りに次々と沢田研二さんの代表する名曲が生まれていきます!

年末の賞レースでは、第6回日本歌謡大賞で放送音楽賞を受賞したのをきっかけに、第4回FNS歌謡祭・下期優秀歌唱賞、第1回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭・年間話題賞などを受賞した。同年12月31日の第26回NHK紅白歌合戦でもこの曲を歌唱した。

出典:https://ja.wikipedia.org

沢田研二の代表曲として、これまでに様々なミュージシャンによってカバーされている

出典:https://ja.wikipedia.org

沢田研二さんの最大のヒット曲、ドラマの主題歌にもなった『時の過ぎゆくままに』です。
売上は91万枚でオリコンチャート5週連続1位、1975年度の年間4位の大ヒット曲になりました!

沢田研二さんの時代を代表する曲② 1977年『勝手にしやがれ』

この曲のイントロは超有名なので若い方でも聞いたことがあるのではないでしょうか?
実は沢田研二さんの曲だったのです!
売上は最大ではなくとも、沢田研二さんを代表するそしてこの当時の時代を代表する名曲と言っていいでしょう!

この曲のタイトル元は1959年に公開された映画の『勝手にしやがれ』から。タイトルだけでなく、歌詞の内容もそれにちなんだ(映画の内容と関連はない)ものになっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

年末の賞レースでも数々の舞台で独占するなど、まさに沢田研二の代表曲となった。第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞、第10回日本有線大賞では大賞を受賞。第3回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭でゴールデングランプリ、第6回東京音楽祭国内大会でもゴールデンカナリー賞を受賞した。同賞の世界大会でも銀賞を受賞している。

出典:https://ja.wikipedia.org

山口百恵のプレイバックPart2(翌78発表)は、この曲のアンサーソングと言われている。2番の歌詞に「勝手にしやがれ」の出て行った女性の心情が強く表現されているとされている。

出典:https://ja.wikipedia.org

沢田研二さんを代表する曲『勝手にしやがれ』です!
歌唱力も素晴らしいのはもちろんですが、ルックスとパフォーマンスに目を奪われます…

沢田研二さんの時代を代表する曲③ 『カサブランカ・ダンディ』

この曲は1979年2月に発表された沢田研二さんの26枚目のシングルです。
大ヒットまではなりませんでしたが、沢田研二さんの曲の中では重要な曲です!
この曲はパフォーマンスがとてもかこいいです!

この曲の「カサブランカ」は映画「カサブランカ」を指し、歌詞中の「ボギー」とは「カサブランカ」の主演俳優ハンフリー・ボガートの愛称である。

出典:https://ja.wikipedia.org

テレビ番組などで歌う際、洋酒を口に含んで霧を吹くパフォーマンスが話題となった。

出典:https://ja.wikipedia.org

『カサブランカ・ダンディ』を歌う沢田研二の衣装は、すばらしい。
一瞬、バラバラのものをつなげたようであるが、
それを、ジュリーが身に着けることにより、
高い計算になりたった衣装であることを感じさせる。

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

沢田研二さんの『カサブランカ・ダンディ』です。
パフォーマンスと共に衣装にも注目です!

時代を代表する名曲で魅了した沢田研二さん

沢田研二さんの時代を代表する名曲3曲を人気が頂点だった70年代を中心に紹介しました。
いかがだったでしょうか?
グループ・サウンズでデビューしてから頂点に昇りつめ、ソロになってからも頂点に昇りつめました!
沢田研二さんは曲と衣装の繋がりが強く、徹底していました。その部分も含めて現在の音楽シーンに通じるものがたくさんあると思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ