記事ID18821のサムネイル画像

【かわいい系俳優”ヌクメン”・千葉雄大】ヌクメンについての思い

ヌクメン=ぬくもり男子。ヌクメンとして人気を誇っている千葉雄大。そんな千葉雄大が、各地で囁かれているヌクメンのイメージについての思いを告白しました。かわいい&ヌクメンで大人気の千葉雄大の複雑な思いも明らかに?!見所満載です♪

ヌクメン・千葉雄大プロフィール

誕生日:1989年3月9日
星座:うお座
出身地:宮城

主な活動

テレビ

戦う!書店ガール
天使のナイフ
きょうは会社休みます。
水球ヤンキース

出典:http://talent.yahoo.co.jp

俳優としてますます活躍の場を広げている千葉雄大。

ヌクメン=千葉雄大と世間では超話題!

千葉雄大がまさにっ♡ヌクメンとは

千葉雄大がお手本とも言われるヌクメン。

まずはヌクメンについて少しまとめてみました。

疲れた女性の心を優しく包み込んで癒す"ぬくもり系男子"

出典:http://news.aol.jp

ヌクメンの定義

自然体の優しさで女性を「ぬく♡」とさせてくれる男性を=ヌクメンと呼ぶ

出典:http://gocyailand.blog.so-net.ne.jp

そんなぬくもり男子に癒される女性が急増しています

出典:http://himasoku1123.blogspot.jp

ネットではヌクメン=千葉雄大という声が多い中、ヌクメンについて具体的にいうと・・・・

普段はバリバリ仕事をしているのに、お家では寝ぐせもつけてボケッとしている

出典:http://kukurun.com

仕事の時はキリっと決めていても、オフの時にはちょっと隙を見せるくらいの人が女性にもてる

出典:http://www.maikomitee.info

ヌクメンと言われる千葉雄大。

ヌクメンは、さりげない優しさや自然体ながらも心温まる行動や言葉で癒される・・・というようなことみたい。

千葉雄大・ヌクメンのイメージについて

芸能界ではイメージというものが常につきまといますよね。

そんな千葉雄大のイメージは「ヌクメン」。ヌクメンと言われることに千葉雄大はどう感じているのでしょうか。

千葉雄大が、女子を癒す“ヌクメン(ぬくもり男子)”や草食系男子といった、自身の“カワイイ”イメージについての率直な気持ちと、以前話題となった“モテない”発言の真意について語った。

出典:http://news.mixi.jp

ヌクメンと話題の千葉雄大。

可愛らしく癒し系=ヌクメンのイメージを持つ千葉雄大の思いとは・・・・

自分ではわからないけど、イメージはないよりあったほうがいいのかなと

出典:http://news.mixi.jp

“ヌクメン”とか、面白いことを言うなと思いますし。

出典:http://news.mixi.jp

千葉雄大のヌクメンというイメージに対する率直な思いを告白。

千葉雄大さんからは“可愛い”イメージの裏にある芯の強さを感じます。自分の好きなものに関しては、譲らない良い意味で頑固さがあるというか。

出典:http://news.mixi.jp

ヌクメン・千葉雄大にインタビューした記者の方のコメントに千葉雄大は・・・

確かにそういうところはあるかもしれないですね。
特にインタビューとかでは自分の思うことをちゃんと伝えようと思って、言葉の選び方もすごく考えるので余計、そういう印象を持たれるのかもしれない。

出典:http://news.mixi.jp

俳優としての千葉雄大自身の立場をしっかりわきまえている様子が垣間見えますね。

千葉雄大はヌクメンと言われながらも、演技や内面から感じ取れるどこか筋の通った男らしさも醸し出されている印象

ヌクメン・千葉雄大に対する反響

イメージがないよりはあったほうがいい・・・とヌクメンに対しての思いを告白した千葉雄大。

ヌクメン・千葉雄大としての世間の反応をまとめてみました。

千葉雄大くんにめっちゃはまってる!

出典:http://realtime.search.yahoo.co.jp

千葉雄大の笑顔にヤられたわ

出典:http://realtime.search.yahoo.co.jp

このような特集が組まれるほどヌクメンの千葉雄大が注目されています!

【まとめ】ヌクメン千葉雄大の今後に注目!

ヌクメンというイメージの千葉雄大。
イメージはあくまでもイメージですが芸能人にとっては嬉しいことなのかも。

これからしばらくはヌクメンとして千葉雄大が注目されそうです。
今後の千葉雄大を温かく応援していきたいですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ