記事ID18356のサムネイル画像

映画界の美女!オードリー・ヘップバーンは黄金期を代表する看板女優

世界中の女性が憧れる絶世の美女オードリー・ヘップバーンさん。ハリウッドの黄金期を支えた女優として多数の有名な映画に出演しています。今でもファッションアイコンとして女性の憧れですが、女優としてオードリー・ヘップバーンさんの出演した映画を紹介します!

オードリー・ヘップバーンさんとは?

1929年5月4日生まれ、1993年1月20日没(63歳)
本名:オードリー・キャスリーン・ラストン
出身地:ベルギー
国籍:イギリス
身長:170㎝

オードリー・ヘップバーンさんのデビューは舞台

オードリー・ヘップバーンさんのさんの幼少時代は戦時中でヨーロッパ各国を転々とします。
第二次世界大戦終結後に母とオランダで移住し、かねてから学んでいたバレエで有名なダンサーになっていきます。
それが舞台出演のきっかけとなり、いくつかの舞台に出演後、映画『モンテカルロへ行こう』の出演の依頼を受けます。

彼女(オードリー・ヘプバーン)は大変な努力家でした。もし彼女がバレエを続けていたとしても、素晴らしいバレリーナとなったことでしょう

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリー・ヘップバーンさんの代表映画①1953年 『ローマの休日』

オードリー・ヘップバーンさんの出演映画ではあまりにも有名な作品です!
この映画でオードリー・ヘップバーンさんの魅力は語られるものではなく、実際に見て欲しいです。
あまりの美しさに画面に釘付けになる事でしょう!

ローマを舞台に某小国の王女と新聞記者とのロマンチックで切ない恋の夢物語……と書くのもおこがましいほど、あまりにも有名な“世紀の妖精”オードリーのアメリカ映画デビュー作。

出典:http://www.allcinema.net

なんとこの映画がオードリー・ヘップバーンさんのハリウッドのデビュー作なんですね!
デビュー作でいきなりの主演です。
デビュー作でもこれほど有名な映画になるとは、オードリー・ヘップバーンさんのインパクトの強さがわかりますね。

見過ごしてはいけないのが、オードリー・ヘップバーンさんがこのアメリカ初主演作でアカデミー主演賞を取ったという事実だろう。つまり、ただキレイ、可愛い、だけでは決してない。この時わずか23歳だった彼女の演技力がすごい。

出典:http://www.allcinema.net

この映画のオードリー・ヘップバーンが美しすぎます。しかも何度見ても飽きない可憐さ。
捨てるシーンも無し。永遠に語り継がれる映画の代名詞です。

出典:http://www.allcinema.net

この時期のオードリー・ヘップバーンはその「天使の美貌」が極点にまで達していることにぜひ注目していただきたい。しかも役どころも華麗である。この二つが相乗効果によりオードリー・ヘップバーン全作品中でも抜群の美しさを結晶化せしめているのだ。

出典:http://www.amazon.co.jp

オードリー・ヘップバーンさんの代表映画②1956年 『戦争と平和』

アメリカでデビューして3年、オードリー・ヘップバーンさんは歴史的な大作映画に出演します。
映画の原作は有名なトルストイの同名小説です。

原著のナターシャのイメージにオードリー・ヘップバーンはあまりにもはまりすぎている。
 やや舌足らずではあるが、本作はトルストイのよさが出ている。トルストイも見てオードリーに感銘すること請け合いである。

出典:http://www.amazon.co.jp

オードリー・ヘップバーンさんの代表映画③1961年 『ティファニーで朝食を』

この『ティファニーで朝食を』もとても有名な映画ですが、タイトルはそのままの宝石店のティファニーの前で朝食を食べるということです。映画の冒頭にそのシーンがあります。
舞台はニューヨークで公開当時60年代の自由でおしゃれな女性の生活の物語です。
ファッションアイコンとして有名なオードリー・ヘップバーンさんにはぴったりの役柄です。

映画のストーリーは特にどうということのない、ありがちなラブ・ストーリーという感じでしたが、何と言ってもオードリー・ヘップバーンの魅力が、60年代のニューヨークのおしゃれな雰囲気の中で輝いている、そんな映画でした。まさに「ティファニーで朝食を」というタイトル、言いえて妙という感じです。

出典:http://movie.walkerplus.com

オードリー・ヘップバーンさんののチャーミングで可憐な美しさとお洒落なファションに視覚を癒される映画。
オードリーの演じる女の子は、「小悪魔」だけど、女の子はルックスの可愛さがあれば何でも許されちゃうのよ♪って改めて実感しました。

出典:http://movie.walkerplus.com

この映画を他のキャストでどんなに想像してみても、やっぱりオードリー・ヘプバーンしかいないですね!

出典:http://www.allcinema.net

オードリー・ヘップバーンさんの代表映画④1964年 『マイ・フェア・レディ』

この映画はオードリー・ヘップバーンさんの有名なミュージカル映画です。
ミュージカルという事でオードリー・ヘップバーンさんの歌声が聞けるのか期待しちゃいますが、残念ながら吹き替えなのだそうです…。
それでも歌以外では30代中盤に差し掛かったオードリー・ヘップバーンさんの素晴らしい演技を見せてくれます。

オードリーヘプバーンさんは、この年35歳、それでも美しい。歌は、吹き替えだが、演技は素晴らしい。

出典:http://www.allcinema.net

オードリー・ヘップバーンさんの魅力全開。必見の名作ミュージカル・ムービー。

出典:http://www.allcinema.net

言うことないくらい面白い映画です.
とりわけオードリ・ヘップバーンさんが美しい.
35才にして19才の役を演じてますが違和感ございません.
年齢と美しさは無関係ということでしょうか…

出典:http://www.allcinema.net

オードリー・ヘップバーンさんの晩年

オードリー・ヘップバーンさんは1989年に『オールウェイズ』というスティーブン・スピルバークさん監督の映画に出演したのが生涯最後の映画出演になりました。
同年にユニセフ親善大使に任命され1993年に63歳で生涯を閉じるまで、アフリカなど各国を訪れ支援していました。

オードリー・ヘップバーンの女優としての業績とその人間性は死後も長く伝えられている。米国映画協会が選定した「最も偉大な女優50選」でオードリー・ヘップバーンは第3位になっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリー・ヘップバーンさんの代表的な映画を振り返ってみました!
どの映画もタイトルは聞いたことがあるのに、見たことはない方は以外と多いのでないでしょうか?
ぜひ映画をご覧になってオードリー・ヘップバーンさんの魅力を確認してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ