記事ID18006のサムネイル画像

意外に毒舌!オードリーのオールナイトニッポンが面白すぎる件!!

大活躍しているオードリー。そんな、オードリーのオールナイトニッポンが毒舌すぎて面白いと話題になっています。テレビでは見られない姿がオードリーのオールナイトニッポンで聞くことができます!今回はオードリーのオールナイトニッポンの魅力を伝えたいと思います!

オールナイトニッポンが面白い!オードリーのプロフィールとは?

オードリーは、若林正恭と春日俊彰によるお笑いコンビ。所属事務所はケイダッシュステージ。2000年4月結成。

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリー
メンバー 若林正恭
春日俊彰
結成年 2000年
事務所 ケイダッシュステージ
活動時期 2000年 -
出会い 日本大学第二中学校
旧コンビ名 ナイスミドル

出典:https://ja.wikipedia.org

若林さん、春日さんともにテレビで見ない日はないほど活躍されています。オードリーとし
ても個人でも良くテレビに出ていますよね!

オードリーのプロフィール

若林正恭(わかばやし まさやす 1978年9月20日 - )
東京都中央区築地出身。ツッコミ(27歳まではボケだった)・ネタ作り担当。俳優、司会者、声優でもある。血液型O型。身長169cm、体重60kg。

出典:https://ja.wikipedia.org

春日俊彰(かすが としあき 1979年2月9日 - )
埼玉県所沢市出身。ボケ担当(27歳まではツッコミだった)。俳優、声優、ボディービルダーでもある。血液型B型。身長176cm、体重84kg。

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリーの春日さんは最近ボディビルダーとしても活躍されています!さらに、オリン
ピックの代表を狙っているようで今後の活躍が期待されています!

オードリーの代表番組!

現在の代表番組

スクール革命!
オードリーのオールナイトニッポン
ヒルナンデス!
NFL倶楽部など

出典:https://ja.wikipedia.org

過去の代表番組

笑っていいとも!
メレンゲの気持ち
コレってアリですか?など

出典:https://ja.wikipedia.org

現在もオードリーは多くのレギュラー番組を持っています!その中でも異彩を放つ、オー
ドリーのオールナイトニッポンについて紹介していきたいと思います!

オードリーのオールナイトニッポンってなに?

『オードリーのオールナイトニッポン』は、ニッポン放送の深夜放送「オールナイトニッポン」枠で、お笑いコンビオードリーの若林正恭・春日俊彰がパーソナリティを担当しているラジオ番組。

出典:https://ja.wikipedia.org

放送方式 生放送、稀に録音
放送期間 2009年10月10日 -
放送時間 土曜日25:00 - 27:00(120分)
(日曜日 1:00 - 3:00)
放送局 ニッポン放送

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリーのオールナイトニッポンは土曜の深夜に2時間生放送で流れています!元々は
単発でラジオをやっていましたが、好評だったため、オードリーのオールナイトニッポンは
レギュラー放送になりました!

オードリーのオールナイトニッポンの番組の構成

1時の時報直後、春日が「オードリーの」と言ったあと、2人で「オールナイトニッポン」とタイトルコールをしてテーマ曲「ビタースウィート・サンバ」が流れる。イントロ終わりで若林「こんばんは、オードリーの若林です」→春日「土曜の夜、カスミン」→若林「よろしくお願いします」→春日「ひとつよしなに」という一連の流れを言ってオープニングトークを話し始める。

出典:https://ja.wikipedia.org

オープニングトークは当初、10分未満で終わる回もあれば25分を越える回もあったが、最近では30分以上オープニングトークが続くことが多い。オープニングトーク後に若林が提供スポンサーを読み上げる。提供読みのあとはジングルの後にCMが入るが、まれに曲を流す場合がある。

出典:https://ja.wikipedia.org

オープニング後は若林と春日のフリートークの時間である。当初2人が話す順番は若林→春日と春日→若林を週ごとに交替で行うシステムであったが、最近では若林→春日の順番が定着している。それぞれのフリートークの終わりにはCMが挟まれるが、一方のフリートークが長くなった場合など、CMをまたいでフリートークが続く場合もある。フリートークの内容は最近の番組収録の裏話やプライベートの話、学生時代・ショーパブ時代の思い出など幅広い。

出典:https://ja.wikipedia.org

2人のフリートークが終わり、CMが明けるとコーナーが始まる。フリートークが長引くとコーナーが削られる場合がある。

出典:https://ja.wikipedia.org

基本的にこのような流れでオードリーのオールナイトニッポンは放送されています!若林さ
んと春日さんの掛け合いはオードリーのオールナイトニッポンでしか聞けません!オード
リーの仲の良さが伝わってくるラジオです!

オードリーのオールナイトニッポンの人気コーナーを集めてみました!

ユメちゃん日記

若林が通っている笹塚のキャバクラ嬢「ユメちゃん」の本音が綴られている日記の内容を募集するコーナー。ネタの読み上げを担当するのは番組の女性アルバイトのミホ。

出典:https://ja.wikipedia.org

コーナーの趣旨に反して若林やキャバクラとは何の関係もない珍文が投稿される事も多々ある。このコーナーのみ春日が進行を務める。タイトルコール時には歌い出しが「ゆめ」で始まる曲(ultra soulのサビ部分や夢見る少女じゃいられない等)がコールに喰い気味なタイミングで流れるが、若林はこれを「(チーム付け焼き刃が)ドヤ感を出している」として嫌っている。しばらくして曲はのあのわのゆめの在りかに固定された。

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリーのオールナイトニッポンの人気コーナーです。コーナーの趣旨を無視していくはがき職人が面白いです!とても長い動画なのでお時間のある時聞いてみてください!

死んでもやめんじゃねーぞ

通称「死んやめ」。番組の打ち上げで春日が考案したコーナーで、その際スタッフには無視されたが、そのエピソードを番組で話したところ、リスナーからの投稿が殺到したため正式にコーナー化した。ショーパブ時代、若林が芸人を辞めようと思っていたとき、先輩芸人・ビトタケシがビートたけしのモノマネで、「あんちゃん、死んでもやめんじゃねーぞ」と励まして踏みとどまったというエピソードが由来。

出典:https://ja.wikipedia.org

春日がビトのモノマネをしながら、リスナーから送られてきた「おい〇〇! □□、死んでもやめんじゃねーぞ!」という投稿を読み、若林が軽く受け流しつつツッコむ。春日は投稿を読んだあとに必ず「というね。」とつぶやくが、春日曰くブリッジのつもりらしい。
このコーナーはエンディング直前に行われ、番組のトリを飾るコーナーとして親しまれている。現在は、下ネタの投稿がほとんどである。

出典:https://ja.wikipedia.org

現在もオードリーのオールナイトニッポンで続いているコーナー。初期の頃の動画なので趣旨に沿っていますが、現在は下ネタ中心のコーナーになっています!

ハガキのコーナー

元々は「オードリーの年賀状」という名前でオードリーのどちらかが送る年賀状を募集するコーナーだったが、現在はあるテーマに沿ってオードリーのどちらかが送りそうなハガキを募集するコーナーとなっている。 なお、このコーナーはハガキのみでしか受け付けていない。

出典:https://ja.wikipedia.org

オードリーのオールナイトニッポンの中でも異質なコーナーです。その名の通り、ハガキのみで受け付けているコーナーです。現在は、初期の頃と趣旨が変わっています!

他にも、オードリーのオールナイトニッポンには面白いコーナーがたくさんあります。
ぜひ、オードリーのオールナイトニッポンを聞いてみてください!若林さんと春日さんの
テレビでは見られない掛け合いが聞けるのもオードリーのオールナイトニッポンだけです!

必聴!ゲストが豪華なオードリーのオールナイトニッポン!

オードリーのオールナイトニッポンの魅力のひとつは豪華なゲストです!オードリーの
オールナイトニッポンでは、スペシャルウィークになると豪華なゲストがやってきます。
今回は、これまでオードリーのオールナイトニッポンに来た豪華ゲストの音源を集めて
みました!

サンドウィッチマン

テレビでは聞けない二組の話を聞くことができます!これもオードリーのオールナイトニッポンならではですね。

山里亮太

たりないふたりというユニットを組んでいた若林さんと山里さん。そんな、ふたりと春日さんの話を聞くことができます!

miwa

歌手のmiwaさんがゲストの回です!オードリーのオールナイトニッポンでは歌手のゲストも登場します!じっくりとした喋りを聞けるのはラジオの特徴ですね!

この他にも多くの豪華ゲストがオードリーのオールナイトニッポンには登場しています。
ぜひ、他の回も聞いてみてください!

今後も面白い!?オードリーのオールナイトニッポンに期待です!

今後もオードリーのオールナイトニッポンに注目ですね!テレビでは見れないふたりの姿を
ラジオでは聞くことができます!今後も長く続くラジオだと思います!

ぜひ、聞いてみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ