歓喜!つんく♂・猛練習により声が出た!声帯摘出手術後約3ヶ月

    4月に母校にて声帯摘出手術をし声を失ったと報告したつんく♂。先日つんく♂は元気な姿で楽天始球式に登場しましたが、そんなつんく♂に明るいニュースが!つんく♂が猛練習したおかげでなんと声が出た!との情報が♪詳しくお届けします!

    声が出た!つんく♂プロフィール

    つんく♂

    誕生日:1968年10月29日
    星座:さそり座
    出身地:大阪

    デビュー年1992年
    デビュー作品18ヶ月 (シングル) シャ乱Q

    出典:http://talent.yahoo.co.jp

    音楽家、作詞家、作曲家、実業家として幅広い活躍を魅せるつんく♂

    そんなつんく♂になんと驚きの嬉しい近況が報じられました^^

    つんく♂・声が出た!真相1

    つんく♂が4月に公表した声帯摘出手術。

    声を失っても父としてアーティストとして立派な姿を魅せてくれているつんく♂になんと声が出た!とのニュースが♪

    歌手としての声を捨ててでも、父として生きる選択をしたつんく♂。

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    その後もパパとして、子どもの夢を支えていたのだ。

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    つんく♂・ブログにアップしたお子さん

    そして知人がつんく♂の声の状況が一変を報告。

    「実は、つんく♂さんの声が出るようになったんです!かなり小さいので聞き取りにくいものの、声はきちんと出る。少しだけなら会話もできるみたいです」

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    声帯全摘出後からつんく♂は食道発声法のトレーニングを行い猛練習してきたそう。

    この発声法は、食道の入口にある粘膜を声帯の代わりにするもので、習得にはかなりの練習が必要。

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    そしてつんく♂がついに声を出すまでに…

    どの程度つんく♂が現在声を出せているのかは明らかになっていませんが、全く出なかった声、そしてつんく♂の努力がこうして実ったのですね。

    つんく♂・声が出た!真相2

    声が出るようになったつんく♂。

    さらに詳しく探ってみました。

    「長女が抱いている歌手への夢は険しい道のりです。しかし、つんく♂さんは自らが声を取り戻すことで『頑張れば思いは叶う!』と子どもたちに示してあげたかったのでしょう」

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    父としてつんく♂が努力の成果をこうして声が出るようになったなどという力を魅せているのですね・・・

    つんく♂の声が出るようになるまでの努力は並大抵のことではないでしょう。

    現在のつんく♂の様子、そしてお子さん(7歳の双子の長女&長男)の状況とは・・・

    「I`m A lady now」

    実は、6月につんく♂の事務所がYou tubeにアップした楽曲『I`m A lady now』を歌っているのが、この長女だと報じられています。

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    曲中で彼女は流暢な英語を披露しており、プロ顔負けの見事な歌声から“パパの跡を継いで歌手になるのでは”と話題になっています

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    歌手を夢見ているつんく♂の長女。

    「双子の子供たちは都内にあるインターナショナルスクールに通っているそうです。しかしつんく♂さんは『歌手になるためには英語は必要不可欠だ!』と考えて、さらに英語教室にも通わせることにしたみたいです」(前出・音楽関係者)

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    歌手としての苦悩や決して簡単ではない道を一番わかっているつんく♂。

    父として立派に接しているのですね・・・

    声を少し取り戻したつんく♂・反応

    声が出たという明るいニュースが舞い込んできたつんく♂。

    そんなつんく♂に対するコメントとは・・・

    声が出ないストレスってハンパないでしょうね!頑張れ!

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    きっと将来、声帯が無くても普通に話せるようなキットを日本が開発してくれると思うのでそれまで頑張って欲しい

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    早っもっと発声できるまでに時間がかかると別の記事で読みましたが…
    努力と才能ですかね。凄い

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    歌うことは困難だと思うけど、テレビで元気な姿で楽しいトークを拝見できる日を心待にしています。

    出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

    声が出た!というつんく♂に対する驚きの声と励ましの声、賞賛の声が多く寄せられています!

    これからのつんく♂を温かく応援していきたいですね!

    実は、ハロプロの総合Pを卒業していたつんく♂!これも声のリハビリのためか

    つんく♂と往年のモーニング娘。メンバーとのショット

    ハロプロことハロー!プロジェクトの総合プロデューサーとして、数々のアイドルと楽曲を世に送り出してきたことでも著名なつんく♂。だが、がん発覚から声帯摘出に至るまでの葛藤を綴った自叙伝『だから、生きる。』(今年9月発売)にて、総合プロデューサーを卒業したことを発表したのです。

    総合プロデューサーを“卒業”するきっかけとなったのは、2013年の秋頃。アップフロントの会長からの提案で、昨年、2014年10月のモーニング娘。’14によるニューヨーク公演『Morning Musume。'14 Live Concert in New York』から声帯摘出までの間で、徐々に仕事を制限するようになったという。

    出典:http://realsound.jp

    確かに、これ以降にリリースされたハロプロの楽曲は、つんく♂が作詞だけ参加したり、他のミュージシャンによる楽曲提供だったりが多くなったのは事実です。声がおかしいことを指摘されていたのも、この時期ぐらいからでしょうか。この頃には既に辞めていたんですね。

    そして何より、各メンバーの歌い方や細かな表現に至るまで、つんく♂自ら声を吹き込んだデモテープがいうなれば“ハロプロらしさ”の根幹にあったのはファンならば誰もが知るところである。

    出典:http://realsound.jp

    ハロプロの楽曲を聴くとつんく♂の歌声が至る所に入っていて、楽曲を彩るアクセントとしてつんく♂の歌声が機能していることが分かります。また、歌の指導に関しても、自分の歌声でニュアンスを伝えていたつんく♂です。これまで通りのプロデュース業は難しくなったということなのでしょうね。

    つんく♂が総合プロデューサーを卒業したことにより、楽曲やパフォーマンスの幅がさらに広がることは予想できますが、これまでのいわゆる”ハロプロらしさ”は失われていくのでしょうか。ある記者は、ハロプロの歌声からこう評しています。

    ただ、パフォーマンス面ではつんく♂の意思は継承されていて、例えば、「こ」と発音すべきところを「きょ」と言ってみたり、「と」を「つぉ」と発音してみたり、端々では、ハロプロ本来の精神ともいえる“つんく節”が継承されているのも伺い知れる。時間だけはこれからもきっと誰しも平等に進んでいくが、ハロプロらしさを味わいつつ、その変化を受け入れていくのもまた一つの楽しみとなりそうだ。

    出典:http://realsound.jp

    歌声から、つんく♂節=ハロプロらしさは健在だということなんでしょうね。つんく♂がいなくなったハロプロというのも楽しみになってきました。変化を味わいましょう。それに、つんく♂がプロデューサーを辞めたのも、声のリハビリに専念するためですから、歌声が再び聴けることを期待するばかりです!

    【まとめ】つんく♂の声が聴けることを期待したい!

    つんく♂がTVで自身の声でお話され、元気な姿を見てみたいですね^^
    つんく♂の今後の活躍に期待しましょう!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ