記事ID17485のサムネイル画像

TMRの西川貴教が「アンコールは義務じゃない」ファンの態度に苦言…

西川貴教さんが先日、アンコールに対してTwitterで西川貴教さん自身の考えを投稿し炎上となるほどかなり話題になりました。ネットでは賛同する声もある一方、アンコールを強要していると批判的な意見も。そこで、今回の西川貴教さんアンコール騒動についてまとめています。

アンコール騒動があったTMR西川貴教のプロフィール

西川貴教

生年月日:1970年9月19日
出身地:滋賀県
血液型:A型
身長:161センチ
体重:46kg
職業:歌手

単独での所属事務所はディーゼルコーポレーションで、自らが代表取締役を務める。
マネージメントの業務提携はパーフィットプロダクションが行っている。

1996年:5月にソロプロジェクトであるT.M.Revolutionとしての活動を開始。

2011年東日本大震災の発生直後から、被災者救済のためのチャリティライブ企画などの実現に向けていち早く動き出し、チャリティオークションなどを「STAND UP! JAPAN 2011」プロジェクトとして実現した

西川本人も、コンサートで使用したギターなどの出品、ライブ会場への募金コーナー設置など、発起人として活動している。

2010年5月、Twitterの公式アカウントを取得。以降、自ら積極的に活動などをツイートしており、フォロワーは2015年現在で110万人を超える。

出典:https://ja.wikipedia.org

西川貴教さんはバラエティ番組に出演することもたまにあるほど、面白い雰囲気もありますよね。

ただ、歌唱力は誰もが認めるほどうまく、CMなどで他のアーティストの曲を披露するだけで『うまい』とネットで話題になるほどです。

西川貴教とももクロ

西川貴教はたびたび炎上騒ぎを起こしており、過去にはももいろクローバーZがタメ口で話しかけてきたことについて「あいつら完全に俺のこと友達だと思ってるな…」とつぶやき、“ももクロ批判”と受け取られたことも。また親友に裏切られたと愚痴をこぼした結果、西川貴教と交友のあるアーティストたちに疑惑の目が向けられたこともあった。飾らないキャラクターで人気を博す西川貴教だが、その正直さがアダとなり、いつか大炎上を起こしてしまうかもしれない。

出典:http://www.cyzo.com

度々西川貴教さんは炎上になることが多く、今回のアンコール騒動もかなりネットで話題になっています。

TMR西川貴教のアンコール騒動とは?

アンコール騒動で話題の西川貴教

今回かなり話題になっている西川貴教さんのアンコール騒動とはどんなものなのでしょうか。

T.M.Revolution(T.M.R.)の西川貴教が6月29日、ライブでのアンコールについての考えを、自身のTwitterに投稿した。

出典:http://www.huffingtonpost.jp

この西川貴教さんのアンコールについて投稿したことがはじまりです。

西川貴教のアンコールに対するツイート

常々アンコールに関してお答えしていますが、基本は本編で全て完結しており、チケット代はこの本編に対して頂戴しております。更に求められ、それに応える心と心の呼応がアンコールです。本当に求めて頂ければ、いくらでもお応えします。ですから『もっと』のアピールは、強く大きくお願い致します。

出典:http://twitter.com

※西川貴教のツイート

と、西川貴教さんが考えるアンコールについてツイートしました。

実は、西川貴教さんは以前から

観客の声が小さいとアンコールは行わないといったこだわりで知られる

どうやら6月28日に佐賀・佐賀市民会館で行われたライブでは、
観客のアンコールのかけ声に西川本人が苦言を呈する事態となったらしい。

出典:http://akb48mato.com

そして、その後また西川貴教さんはアンコールに対してツイートしました。

アンコール騒動が話題の西川貴教

昨日のアンコールに対する発言ですが、お客様にアンコールを強要している訳ではなく、アンコールを頂きステージに出ると、スマホを触ったり、着席して談笑されてることがあるので、アンコールは演る側も義務ではありませんし、お客様も強制ではありませんよ、というそもそものお話をさせて頂きました。

出典:https://twitter.com

と、西川貴教さんは“アンコールは義務ではない”と発言しました。

西川貴教のアンコールの考え方に・・ネットでは賛同の声が?

アンコール騒動が話題の西川貴教

西川さんの「アンコール論」は現在もインターネット上で大きな反響を呼んでいる。

出典:http://grapee.jp

ネットでは、西川貴教さんのアンコール論に賛同する声があります。

「賛成です。前から惰性のアンコールは演者に申し訳ないと思ってた」
「アンコールはお客が必死に求めてアーティストを引っ張り出すものだと思う」
「最近行くライブ、本当アンコールしないでただただいるだけの人本当多い」
「特に会場が大規模になるほど、どうせ他の奴らがアンコール言うだろって空気を感じる」

といったコメントが続々と上がっている。

出典:http://grapee.jp

アンコールは、最近は“当たり前”ということになっていますよね。

最初からアンコールがある前提で曲を決めているアーティストもいるほどです。

そのために、本来のアンコールの意味である、
よかったからもう1度見たい、もっと見たいという声援に答えるアンコールというのではなくなってきていますよね。

そのことを、改めて考えた人が多いようです。

アンコール騒動で話題の西川貴教

現在、国内で行われているライブではアンコールに応えて数曲を披露するのが一般的。アンコールを前提にセットリストを組んでいるケースも少なくなく、観客は往々にして「アンコールで再び登場するのは当たり前」と思いがちだ。今回の発言は西川貴教さんファンだけでなく多くの音楽ファンにとって、形骸化しているアンコールの姿を今一度見直すきっかけにもなったようだ。

出典:http://grapee.jp

今回の西川貴教さんのアンコール騒動で、西川貴教さんのファンだけでなく
他のアーティストのファンなども改めて“アンコール”について考えるきっかけになりました。

一方、西川貴教のアンコール騒動は一部から批判的な意見も

アンコール騒動が話題の西川貴教

今回のアンコール騒動では、全員が賛同したわけではありません。
批判的な意見も多く飛び交いました。

アンコールやって当然の風潮嫌い
こういう場合ほんとにやらなくていいわ

確かに正論っちゃ正論だが本人がいうのはちげぇだろ

何でアーティストって偉そうなんだろうな
金払って見に来てくれてる客を何だと思ってんの?
自分は支えられてるって気持ちがないんだろうね、本当勘違いしすぎ

西川好きだったけどこれにはちょっと残念
天狗になってんのかな西川

なんで見に来てくれてる客に対してそんなに上から目線なの?
まだアーティストとかならわかるけどこいつ作曲すらしてないただのアイドルだろ

出典:http://chomatomesh.blomaga.jp

さらに『出てくるなよ』なんてツッコミまで言われる始末。

アンコールの考え方に賛否両論があるというよりも、アンコールのことを語った西川貴教さんに批判的な意見が多くあるようです。

アンコールに関しては批判的な意見は少ないようですね。

騒動後のライブは絶好調!西川貴教はアンコールを“延長戦”と名付けた!

アンコール騒動が話題の西川貴教

こんな論争があったなか、2日に行われたライブ。緊張気味に臨んだファンもいたようだが、この日のライブでは西川とファンの思いが一体となり、最高のライブになったとファンはコメントを残している。

出典:http://www.excite.co.jp

こんなアンコール騒動がある最中のライブなんて、ファンもドキドキな人も多いことでしょう。

そして、

2日、西川は再びツイッターで「うちは客席の1人1人と勝負してんだからライブじゃなくて試合なんだよ! ってことは、アンコールじゃなくて延長戦ってことだ!」と記した。この言葉に「戦いだと思って参戦してます」「遠慮なく戦います」と、ライブ鑑賞ではなく“一緒に戦う仲間”としてライブに参戦するというファンからのコメントが多数見られた。

出典:http://www.excite.co.jp

これからは、西川貴教さんのライブでのアンコールは延長戦と言うようですね。

アンコール騒動が話題の西川貴教

今回の一件で、西川貴教さんのファンだけでなく、いろいろな人がアンコールということを改めて考える良いきっかけになったかもしれませんね。

そして、これからの西川貴教さんの活躍も見守りましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ