記事ID16844のサムネイル画像

【コブクロ】代表曲・結婚式・おすすめでみるコブクロの人気曲一覧集

凸凹コンビが織りなすハーモニーが大人気のアーティスト、コブクロはたくさんの名曲を残しています。そんなコブクロの人気曲を結婚式のBGMに合う曲、おすすめな曲、代表曲ごとに紹介していきます。コブクロの人気曲がここだけで丸わかり!?

人気曲が気になるコブクロのプロフィール

コブクロ

コブクロは、黒田俊介と小渕健太郎の2人から成る日本のフォークデュオ。
2001年3月22日にデビュー。

1998年5月、サニックスのセールスマンとして勤務する傍ら、毎週土曜日に単独で路上ライブをしていた小渕と、ストリートミュージシャンをしていた黒田が、堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合。

ユニット名は2人の名字、小渕(コブチ)と黒田(クロダ)から名づけた。

2014年には台湾で海外での初公演を行なうなど、数々のドラマ主題歌などを通して、台湾での人気・知名度もある

人々の心を、優しい歌声と感動的な歌詞で包み込む、日本の誇れるアーティストである。

出典:https://ja.wikipedia.org

コブクロがデビューしてから14年。

2人が奏でるハーモニーはすごすぎますよね。
聞き入っちゃう人も多いのでは?

そんなコブクロは26枚ものシングルCDを発売しています。
その中で、どんな曲が人気あるのでしょうか。

コブクロの代表曲は?

代表曲が気になるコブクロ

まずは、コブクロといえばこの曲!となる代表曲です。

コブクロの代表曲『桜』

『桜』(さくら)は、2005年11月2日発売されたコブクロの12枚目のシングル。桜ソングの1つとされる。

発売時期はさくらが満開する春ではなく11月2日と秋になってからである。この時期にリリースした理由については、歌詞にも登場する「冬の寒さに打ちひしがれないよう」な花であって欲しいという思いによるものである。

出典:https://ja.wikipedia.org

春の定番曲ともなったコブクロの代表曲『桜』
作詞・作曲を小渕さんが担当しています。

2005年リリース。ロングセールスになり2006年オリコン年間ランキング30位。一番のセールスを記録した。

出典:http://jpop.ninpou.jp

コブクロらしい優しい曲になっています。

コブクロの代表曲『桜』
※最後はアカペラver.になっています。

コブクロの代表曲『蕾』

「蕾」(つぼみ)は、コブクロの14作目のシングル。2007年3月21日発売。
フジテレビ系ドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の主題歌として書き下ろされた曲

出典:http://ja.wikipedia.org

コブクロはドラマの主題歌にも多く起用されています。

そして、この曲『蕾』はコブクロの中でも大ヒットとなりました。

オリコン集計での初動売上は過去最高だった「桜」を上回る18.2万枚を記録し、前作の「君という名の翼」の累計売上を初動のみで更新した。そして発売2週目の2007年4月9日付オリコン週間シングルチャートで14作目のシングルにして初の1位を獲得。2007年のオリコン年間シングルチャート3位にランクインし、シングルでは初の年間トップ10入りを果たした。自身のシングルでは唯一売上が50万枚を突破している。

出典:https://ja.wikipedia.org

この曲を初めて聞いた人は『感動』の一言かもしれません。

コブクロの代表曲『蕾』はドラマにピッタリな“母親”のことを歌った曲です。

コブクロの代表曲『蕾』(PV)

コブクロの結婚式に最適な曲は?

結婚式に最適な曲が気になるコブクロ

次に、コブクロの結婚式のBGMにピッタリな曲を紹介します。

コブクロの代表曲でも紹介した『蕾』も結婚式のBGMとして人気があり、特に両親への感謝の手紙を読むときにBGMとして『蕾』が使用されることが多くあります。

両親に対して歌った『蕾』はピッタリですね。

他には、どんな曲があるのでしょうか。

永遠にともに

コブクロのウェディングソング『永遠にともに』

コブクロのウェディングソングといえば、『永遠にともに』ですよね。

「永遠にともに」は結婚式ソングとして話題になり、結婚式における定番曲として定着することとなった。また、99週チャートインを果たしており、コブクロのシングルの中では最大のロングヒット作となっている。

小渕が友人の結婚式(新郎はコブクロのコンサートスタッフ・新婦もコブクロのサポートミュージシャンだった)で歌うために作った曲。

出典:https://ja.wikipedia.org

この曲は本当に素晴らしい曲で、結婚式にピッタリなのですが・・・

陣内智則と藤原紀香の結婚式

※既に離婚しています。

芸人の陣内智則さんと女優の藤原紀香さんとの結婚式で、陣内智則さんがピアノ演奏をしながらコブクロの『永遠にともに』を熱唱しました。

とても感動的なシーンでしたが、この2人は離婚してしまったために、
『この曲を聞くとあの結婚式を思い出す』
という人が増えてしまいました。

せっかくのいい曲だったんですけどね。

コブクロのウェディングソング『永遠にともに』

million films

コブクロのウェディングソング『million films』

あれ?『永遠にともに』と同じジャケ写じゃない?

実は、『永遠にともに』の2曲目に収録されている曲が『million films』です。

「Million Films」は2004年に発売されたラブソングです。NTT西日本やカルビーポテトチップスなどのCMソングとしても起用され、全国的に有名な曲

出典:http://ticketcamp.net

日常の中にある幸せを一つ一つ噛みしめたい、そんな温かみのあるメッセージを歌っており、爽やかなギターの音色とポップなメロディが心地よく、包容力を感じる一曲

「100万枚のフィルム」というタイトルの通り、プロフィール映像やスライドショーのBGMとして最適

情景の浮かぶ歌詞が印象的なこの曲は、余興で歌を披露する方にもおすすめ

出典:http://weddingxsong.com

これからもたくさん2人の思い出を作っていこうという想いが込められたラブソングは、結婚式のBGMに最適です。

コブクロのウェディングソング『Million Films』

コブクロのおすすめ曲は?

おすすめ曲が気になるコブクロ

そして、最後にコブクロの曲の中でおすすめしたい曲を紹介していきます。

コブクロのおすすめ曲『風』

『風』(かぜ)は、コブクロ4枚目のシングル。2002年2月14日発売。

昔の恋人のことを想う歌。テレビ朝日系ドラマ『一生忘れない物語』では、この曲を元に脚本が書かれた「そこにいた風」(菅野美穂主演)が放送された。

出典:https://ja.wikipedia.org

コブクロのおすすめ曲で特に紹介される曲が『風』です。

タイトルだけだと、どんな曲と思う人もいるかもしれません。

ただ、

2006年のベストアルバム『ALL SINGLES BEST』発売時に出演したミュージックステーションではこの曲が歌われた。さらに、『第57回NHK紅白歌合戦』では、この曲がギター一本で披露された。フジテレビ系『ウチくる!?』テーマ曲。

出典:https://ja.wikipedia.org

テレビなどで聞いたことがあるかもしれません。

この曲は恋愛をテーマにした曲になっていて、ファンの中でも人気がある曲です。

コブクロのおすすめ曲『風』

流星

コブクロのおすすめ曲『流星』

「流星」(りゅうせい)は、コブクロの19枚目のシングル。
2010年11月17日にワーナーミュージック・ジャパンから発売された。

本作はコブクロがリリースした2010年唯一のシングルで、同時に初の1曲収録

出典:https://ja.wikipedia.org

この曲は、竹野内豊さん、上戸彩さんが出演した大人気ドラマ『流れ星』の主題歌となりました。

この曲は「第26回日本ゴールドディスク大賞」にて、有料ダウンロード総数が一年間で最も多い「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を部門受賞

フル配信ではミリオンヒットを達成

出典:https://ja.wikipedia.org

コブクロのファンでこの曲『流星』が好きな人は多くいます。

それほど人気な曲です。

コブクロのおすすめ曲『流星』

コブクロの新曲『hana』が発売中

コブクロの新曲『hana』

「hana」(ハナ)は、コブクロの4作目の配信限定シングル。2015年4月20日にワーナーミュージック・ジャパンから発売

ロッテGhanaCMソングとして書き下ろされた楽曲。MVにはCMに起用された土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずが出演

出典:https://ja.wikipedia.org

ロッテ“ガーナチョコ”のCMのためにコブクロが書き下ろした新曲です。

コブクロの新曲「hana」

いかがでしたか?

コブクロの人気曲は本当にいい曲ばかりですよね。

コブクロの今後の活躍にも期待しましょう!!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ