記事ID15951のサムネイル画像

世界的に有名なVOCALOID!初音ミクの声優さんって一体どんな人?

世界的に有名となったVOCALOIDの初音ミク。その初音ミクの声優を藤田咲さんが担当しているのはご存知ですか?彼女はどんな人物なのか、どういう経緯で初音ミクの声優になったのか。今回はそんな初音ミクと担当声優・藤田咲さんについてまとめました。

気になる藤田咲さんのプロフィール

藤田咲

生年月日:1984年10月19日
出身地:東京都
職業:声優

2003年4月、日本ナレーション演技研究所に入所。同年10月、ポニーキャニオン主催の「VOICE ARTIST&SINGER AUDITION『VSオーディション2003』」決勝大会において審査員特別賞を受賞。
翌年4月より約1年間『アニメTV』にて「声優志望の大学生」として佐藤奏美とともに同番組2代目のリポーターを務める。

2005年9月に本名の藤田咲子から藤田咲の芸名に改名したそうです。

2007年3月、大学を卒業。同年8月、人工的に人声ボーカルを作り上げる歌声合成ソフト『VOCALOID2』の日本語、女性版「初音ミク」の声を担当した。
2008年9月24日、シングル『Crystal Quartz』で歌手デビュー。
その後、日本ナレーション演技研究所を卒業、正式にアーツビジョン所属となった。

初音ミクはもう藤田咲さんを代表するキャラクターですよね!

「さっきぃ」や「咲ちゃん」、「咲姉(サキ姉)」、「にゃひん」、「アツ姫」、「サキンヌ」などの愛称があるそうです。
2006年8月22日から始めたブログでは、「お空」という空の写真を集めたものがあるなど独特な一面も。
得意の書道をブログで披露したこともあるそうです。

プロフィールの血液型は「自称AB型」
実際のところ不明なままだそうです。

また、GARNET CROWの大ファンで、解散発表後にニコニコ動画で報じられた番組へ、同じくファンであるAKB48の佐藤すみれとともに出演されました。

主な出演作品

つよきす Cool×Sweet(蟹沢きぬ)
ときめきメモリアル Only Love(弥生水奈)
がくえんゆーとぴあ まなびストレート!(小鳥桃葉)
夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜(七海アオ)
WORKING!!(伊波まひる)
ゆるゆり(杉浦綾乃)
艦隊これくしょん -艦これ-(赤城)

初音ミク以外にも数多くのキャラクターの声優をしており、活躍されている藤田咲さん。

そもそも初音ミクって?

初音ミク

初音ミクとは、VOCALOID2技術を用いた音声合成・デスクットップミュージックソフトウェアの製品名、およびそのキャラクターとしての名称です。
2007年8月31日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売されました。
初音ミクの名前の由来は未来から初めての音がやって来るという意味で、
「初めての音」から「初音」、「未来」から「ミク」になったそうです。

この製品のキャラクター、初音ミクの音声データに藤田咲さんが声を提供したということになります。

VOCALOID2とはヤマハが開発した音声合成システムで、メロディと歌詞を入力することによって合成音声によるボーカルパートやバックコーラスを作成することができます。

声に身体を与えることでよりリアリティを増すという観点から
初音ミクのような少女のバーチャルアイドルのキャラクターが設定されています。
とってもかわいいですよね!

明るく能天気でアイドルらしい可愛い声が特徴的で、パラメーターを調整すれば声が変わるので、ロボ声っぽさ、人間っぽさ等も調整次第で自分好みの初音ミクを作り出すことができます。

カラオケなどでも有名で人気を誇る初音ミクの代表曲『千本桜』

初音ミクの人気の秘密は、各々で曲を作れる楽しさとルックスの良さ、かわいい声にあることが分かりましたね!

初音ミクの声優の藤田咲さんってどんな人?

初音ミクの声優・藤田咲さん

クリプトン・フューチャー・メディアは初音ミクの製作のために約500人の声優の声を聴き込み、その中から藤田咲さんを選んだそう。

VOCALOID2に適していてなおかつ可愛らしい声であることを基準にして選んだそうです。
500人の声の中から選び抜くとは恐るべし…!

藤田咲さんの声はVOCALOIDの仕組みと相性が良く聞き取りやすいため、
初音ミクがいくつかあるVOCALOID製品の中で最も曲を作りやすいそうです。

初音ミクが歌う楽曲が実写映画化!

「脳漿炸裂ガール」

初音ミクが歌う「脳漿炸裂ガール」が2015年夏に実写映画化しました!

お嬢様学校・聖アルテミス女学院を舞台に、突如として檻の中に閉じ込められ
携帯電話を使ったゲーム「黄金卵の就職活動(ジョブハンティングゲーム)」に強制参加させられた女子高生たちのサバイバルを描いています。

脳漿炸裂ガールとは2012年にアップロードされた大ヒット曲です。
ニコニコ動画では関連している動画の合計再生回数が4000万回を超えています。

実写映画化する「脳漿炸裂ガール」の予告編ナレーションに藤田咲さんが起用されたことで本編の出演を期待する声もありましたが、実際に出演することはありませんでした。

藤田咲さんは
「ボカロ楽曲、世界初の映画化作品である『脳漿炸裂ガール』に予告ナレーションという形で関わることができとても嬉しいです!」
と、大喜び。

また、
「予告を収録したときにも感じたスリルと爽快感! 楽曲の世界観がそのまま具現化され、劇中に歌が流れたときはゾクッとしました! 女の子たちが命をかけて戦う様は美しくもあり、終始ドキドキハラハラしっぱなしでした!」
との作品に対するコメントも述べられています。

初音ミクの声優を担当する声優・藤田咲さんによる予告動画です。

初音ミクの声優の藤田咲さんが不憫って?

初音ミクの楽曲は優に万を超えています。
その有名で人気な初音ミクの声優を担当している藤田咲さんは大もうけしているんじゃないかと思いますよね。

しかし実のところは…

初音ミク収録後、ギャラについて5万円の買取と歌唱印税どちらを取るか質問されたところ、
藤田咲さんは5万円を選んでしまったそうです…!

製造元のクリプトン・フューチャー・メディアも藤田咲さんも
当時は音声ソフトが大ヒットするなど思っていなかったため、この判断は妥当だったのかもしれません。
それでも歌唱印税が入っていれば…と思うとなんだかいたたまれませんね。

「もし「初音ミク」で印税契約していたら…」というファンの声も。
今の時代、何が売れるのかさっぱり分かりませんので仕様がないですけどね。

印税なしの低収入で不憫…かと思いきや

初音ミクや担当した他アニメのキャラクター関連のイベントやライブなど
余り表に出ないだけで本当は色々お仕事していらっしゃるようです。

初音ミクの声優を担当していることは多くの方が知っているそうですね。

全国各地のイベントなどにも引っ張りだこで忙しいみたいです!

そしてなんと、日本だけでなく外国のテレビにも出演されてました!

初音ミクの声優・藤田咲さんまとめ

明るく元気で、日本にとどまらず海外のメディアにも登場している藤田咲さん。
現在でも仕事がかなり忙しいようです。

初音ミクというキャラクターで藤田咲さんは一躍有名になりました。
現在は初音ミクの声優ということでたいへん人気ですが、
それ以外のさまざまなゲームやアニメでも活躍されています。
今後も初音ミクの躍進と共に、声優・藤田咲さんの活動に大注目ですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ