記事ID15779のサムネイル画像

    梨花のお店は代官山で食事もできるライフスタイルショップ!

    梨花さんのディレクションするお店は、「メゾン ・ド・ リーファー」といって、2012年に代官山にオープンしました。
    梨花さんのお店では、ライフスタイルを提案しています。
    梨花さんのお店の2階は、「グル・グル・リーファー」というカフェになっています。

    梨花さんがディレクションするお店・「メゾン ・ド・ リーファー」

    梨花のお店「メゾン ド リーファー」は、梨花がディレクションするセレクト・ショップです。

    このお店は、ライフスタイル・ショップになっていて、ファッションだけでなく、ライフスタイル全般を、提案するお店です。

    「プロデュース」と「ディレクション」の違い

    梨花さんはお店を、「プロデュース」ではなく「ディレクション」しているようです。

    「メゾン・ド・リーファー」は、梨花さんが監督・指揮するお店です。

    プロデュースとは、企画立案や資金・スタッフなどを調達して実現に導く役割を担うこと。

    出典:http://d.hatena.ne.jp

    プロデュースは、どんな店を出すかということも含め、一からお店を創り上げることで、開店するまでが主たる仕事になってくるでしょう。

    その点、ディレクションとなると、主に、開店してからの運営を監督し、指揮をとっていくようですね。

    梨花のオリジナル・ブランド「リーファー」

    梨花のお店、「メゾン ド リーファー」には、梨花のオリジナル・ブランド「リーファー」の商品と、世界各国からこだわりのアイテムがセレクトされています。

    梨花のブランド「リーファー」は、デイリーウェアとホームウェアのブランドです。

    梨花のお店の2階はカフェ「グルグル リーファー」

    2階のカフェ「グルグル リーファー」は、産地直送の新鮮な食材を使い、シンプルに調理した料理を提供。オリジナルブレンドのコーヒーや代官山のベーカリー「空と麦と」から仕入れた無農薬小麦のパンなどもそろえる。「子ども連れでも気軽に安心して来られるように」と、キッズチェアやお子様ランチを用意するなど、母親ならではの発想から生まれたサービスも。オリジナルスムージーやデリのテイクアウトも行う。

    出典:http://www.wwdjapan.com

    スムージーやパンをテイクアウトして、代官山を歩いてもいいですね。

    梨花のお店「メゾンドリーファー」のリニューアル

    2012年にオープンし毎年リニューアルしている同店

    出典:http://www.wwdjapan.com

    では、2012年のオープン当初は、どんなお店だったのでしょうか?

    2012年梨花のお店「メゾンドリーファー」オープン

    2015年よりも白っぽい感じですね。

    パリの一軒家をイメージしたインテリアで、1Fには「ベッド&バスルーム」「ダイニング」「サロン」など6つの部屋がある。2Fはカフェレストラン「ロザリー」で、エスニックフレンチと和食を融合させたフードを提供。

    出典:http://itot.jp

    メゾンとはフランス語で家のこと。

    パリの一軒家をイメージした内装。

    梨花さん自身も、フランスのクォーターです。

    左下の玄関を入ってすぐは、2Fのカフェに上がる階段があります。

    まずは、ベッド&バスルームが、迎えてくれますね。

    右側にはフラワーショップ

    ベッドルームの奥は、ウェディングの部屋でした。

    右上はサロン。

    その左下はダイニング。

    2F のカフェ・ロザリー。パリの定食屋さんをイメージした店内になっています。

    2013年梨花さんのお店「メゾンドリーファー」1周年

    梨花さんのお店「メゾン ド リーファー」オープン1周年トークショーを開催。

    ショップの1周年を前に実施されたリニューアルでは、オリジナルウェアを扱うサロンや雑貨のフロアを、よりシックなムードに一新。新たにシューズルームが設置され、店内中央のコートヤードでは「STELLA McCARTNEY(ステラ・マッカートニー)」の取り扱いが開始された。梨花が手がけるアクセサリー「Laditte(レディット)」やアイウェア「piaupiau(ピュピュ)」の新作もそろう。

    出典:http://www.fashionsnap.com

    ステキな店内(だったん)ですね~。

    梨花さんは、出産を機に、「大人カワイイ」から「シンプル」に、スタイルを変更しました。

    賛否両論あるとは思いますが、2011年に長男を出産し、子育てをしている梨花さんの、リアルなライフスタイルを、反映したものといえます。

    2014年梨花さんのお店「メゾンドリーファー」夏に向けてリニューアル

    梨花がディレクションする代官山のショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」が6月21日、店内の一部をリニューアルし、高級感のある内装の店内で、オリジナルとインポートをミックスして提案。ビーチやリゾートなど、リラックスした夏のシーンに沿ったアイテムをそろえている。

     リニューアルされた店内は、大理石やタイルが敷き詰められた床や壁、ガラスやゴールドといったアンティーク調の什器で落ち着いた高級感が演出され、随所にカラーが差し込まれた。ブラックの透けるカーテンで仕切られたコートヤードは、マニッシュなムード。夏のリゾート気分を高めるアイテムもそろっている。

    出典:http://www.fashionsnap.com

    2015年梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」はフル・リニューアル

    従来の小部屋が連なったデコラティブなコーナー構成とは異なり、コンクリートを基調にしたすっきりとクールなイメージに変わっている。

    出典:http://www.wwdjapan.com

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「カフェ」

    まず、梨花さんのお店の中にあった2階のカフェに上がる階段が、外に作られました。

    カフェは、以前の「ロザリー」から、「グルグルリーファー」にリニューアル。

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「オブジェクト」

    1Fは吹き抜けになっていて、薔薇の花が印象的です。

    エントランスを入ってすぐは…

    梨花のインスピレーション源になっているアートブック等を紹介する「オグジェクト」

    出典:http://www.fashionsnap.com

    になっています。

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「リネン&ルーム」

    オリジナルルームウェアを中心にランジェリーやバスルーム・ベッドルーム等の生活雑貨を並べた「リネン&ルーム」、

    出典:http://www.fashionsnap.com

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「リビング」

    大人の女性のリアルワードローブを提案するサロン「リビング」、

    出典:http://www.fashionsnap.com

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「インポート・セレクト」

    梨花さんが惹かれるようになったという、和の雰囲気がプラスされています。

    ハウスホールドグッズやアパレル等の「インポートセレクト」

    出典:http://www.fashionsnap.com

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「シューズ&バッグ」

    かわいいですね。

    シューズを履いたアニマルのディスプレイが印象的な「シューズ&バッグ」、

    出典:http://www.fashionsnap.com

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「キッズルーム」

    オリジナルウェアを今季からスタートさせた「キッズルーム」

    出典:http://www.fashionsnap.com

    息子さんの子育てをしている梨花さんのライフスタイルに、より近づいたお店になっているといえますね。

    梨花のお店「メゾン・ド・リーファー」の「スーベニア&コスメティック」

    猫の窓?が印象的。これもかわいいです。

    雑貨を集積した「スーベニア&コスメティック」

    出典:http://www.fashionsnap.com

     「3年前は、それまでのモデルの仕事で見せてきたガーリーや可愛らしさをお店として形にしたが、子どもを産み様々なことが変化してきた。せっかくやるなら、自分のライフスタイルのままのお店にしたいと思った」

    出典:http://www.fashionsnap.com

    2012年のオープン当初あったブライダルのコーナーやフラワーショップは姿を消し、キッズコーナー等がプラスされました。

    より、梨花さんのリアルに近づいたということですね。

    2015年のリニューアルで、より梨花さんのライフスタイルを忠実に反映させっるようになった梨花さんのお店「メゾン ド リーファー」。

    これからまた梨花さんが年齢を経て、ライフスタイルがどんな風に変化していくか、ユーザーのライフスタイルにどんな風に影響を与え続けていくのか、 これからも目が離せません。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ