記事ID14923のサムネイル画像

【一部王国民発狂?!】大人気声優、歌手の田村ゆかり。実年齢は?!

今やアニメ声優の域を超え、歌手としても絶大な人気を誇る声優の田村ゆかりさん。
現在、そんな田村ゆかりさんの実年齢を知った一部のファンが動揺を隠し切れないようです。
‘‘永遠の17歳”と公表していた田村ゆかりさんが突然ライブで実年齢公表??!!

田村ゆかりのプロフィール

田村ゆかり

生年月日:1976年2月27日
出身地:福岡県
身長:157cm
血液型:A型
職業:声優、歌手
年齢:37歳

田村ゆかりさんはどんな人?

1976年2月27日(金)に福岡県で生まれる。
幼少時は松田聖子や『魔法の天使クリィミーマミ』といった、アイドルに憧れていた。
小学校時代は高い声がコンプレックスで、わざと低い声をだして
友達と話していた時期があったという。
田村ゆかりさんが声優になったのは、小学校4年生の時に国語の授業の朗読を褒められたのが影響。

出典:http://ja.wikipedia.org

だとすれば、田村ゆかりさんは小学校4年生の時には
すでに声優を志していたのでしょうか?

趣味・特技はリボン結び、猫寄せ、お菓子作りなど。
料理は苦手としており、自炊をしても飽きることが多いというが自分で料理をすることが増えている。
また、世間で流行っているものを苦手としているが、マック・ネット知識については詳しい。

出典:http://ja.wikipedia.org

主にロリータ・ファッションを好む。
人見知りな性格で、植田佳奈から麻雀に誘われたときも、植田とは仲が良くても他の参加者に知らない人がいるかもしれないために行けなかった。
しかし、田村ゆかりさん本人の性格は「ドM」であると発言している。

出典:http://ja.wikipedia.org

確かに、田村ゆかりさんを見ると必ずロリータファッションですよね。

女の子としては可愛くてまさに理想ですよね。
憧れます!!

また、田村ゆかりさんの愛称についてはいろいろな呼称がある。ファンの間で一般的に用いられるのはゆかりん。
2015年3月16日より公式サイトでは、「私にとっての同年(2015年)は、別れの年になるのだと思う。」と発表している

出典:http://ja.wikipedia.org

田村ゆかりさんの容姿で『ゆかりん』呼びはとても似合ってますよね。

また、田村ゆかりさんは歌手としても活躍!

1997年、シングル「勇気をください」でCDデビュー。
これを含め、1999年までに4枚のシングルとミニアルバム『WHAT'S NEW PUSSYCAT?』をポリグラムから発売した。
2008年3月28日、同月、声優としては椎名へきる、水樹奈々に次いで3人目の日本武道館コンサートを開催。

出典:http://ja.wikipedia.org

2010年1月16日に田村ゆかりさん自身初の横浜アリーナでのコンサートを開催。
ランキングの経緯としては、2005年に発売したシングル「Spiritual Garden」がオリコン・週間シングルチャートで10位となり、初のオリコントップ10入りとなる。その後も、「Princess Rose」が第6位、「星空のSpica」が7位、「Tomorrow」が第6位、「You & Me」が7位、「My wish My love」が5位を記録。
アルバムでは「シトロンの雨」「螺旋の果実」がともに自己最高の第6位を記録した。

出典:http://ja.wikipedia.org

歌手活動では、恋愛を「永遠のテーマ」としている。
元気で明るい曲調を定番とするが、ジャズ風の曲やラップの入った曲があるなど、曲調は多彩である。
声優である自身の声を活用することが重要との考えから、バックコーラスには自身の声を使用している

出典:http://ja.wikipedia.org

田村ゆかりさんのプロ意識が垣間見えますね。

また、田村ゆかりさんは声優・歌手双方に関連する活動として、『魔法少女リリカルなのは』シリーズなどのアニメでは声優として田村ゆかりさん自身が主演するとともに、テーマソングを担当した。
また、テレビアニメ『のうりん』作中では、自身のコンサートの様子をパロディ化したシーンを演じた。

出典:http://ja.wikipedia.org

ライブなどでも演出が凄い!!

ステージも田村ゆかりさんらしくとてもファンシーで可愛らしくなっています。

コンサートでは衣装・ぬいぐるみなどによる視覚効果の高い演出がなされており、観客との一体感が強い。

出典:http://ja.wikipedia.org

衣装も同じようにロリータファッションで田村ゆかりさんらしいです。

しかし、そんな田村ゆかりさんの実年齢は?

一部ファンらの間で年齢が問題で波紋が広がる

2014年2月15日・16日にさいたまスーパーアリーナで開催した『田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2014 Spring』で突如、1976年生まれの実年齢が37歳であることを公表

出典:http://news.livedoor.com

姿、写真からは想像できない年齢ですよね。

しかし、そもそも田村ゆかりさんの年齢が37歳だと知っている。

田村ゆかり姫といえば、王国民と呼ばれる熱狂的ファンらに支持されていることで有名。王国民からは「ゆかり姫」と呼ばれ、王国の姫という扱いになっている。

出典:http://news.livedoor.com

公式サイトには実年齢は書かれていないものの、かつて公開した資料などからWikipediaでは生年月日及び実年齢、そしてGoogleで「田村ゆかり 年齢」と検索すると37歳と出てくることもあって、実際のところ実年齢は広く知られていた。

出典:http://news.livedoor.com

そもそも田村ゆかりさんの年齢にもルールがある。

設定上これまで「永遠の17歳」とされており、年齢を明記する際には、王国民ルールで「17歳+日数」となっている。

出典:http://news.livedoor.com

恐るべし『王国民ルール』…

公には≪‘‘永遠の17歳”となってますがファンの間では田村ゆかりさんの実年齢なんて
ご存知ですよね

実際に田村ゆかりさんの写真を見ても年齢を感じさせないくらい
可愛いですよね。

しかし、それはあくまでWikipediaとGoogle上の情報。公の場で田村ゆかりさんの年齢に触れることは最大の禁忌とされており、例えばニュースなど情報の正確性が求めらる場での記載について田村ゆかりさんの実年齢を書いてしまうと、すかさず王国民から非難が殺到する事態が起きていた。

出典:http://news.livedoor.com

ファンが良いというならそれで良いのではないかと思いますが。

実際、ほんとの王国民(ファン)は年齢のことなんてなんとも思っていない。

ちなみにこの実年齢ネタ。恐らくご本人も王国民(ファン)も一種のネタとして受け止め、楽しんでいるところもある。

出典:http://news.livedoor.com

もともと年齢を知っているファンの方々は、今年齢を公表されてもなんとも思いません。

しかし、田村ゆかりさんの実年齢をよく思わない人もいるわけで・・・

ほんとに好きなら年齢なんて気にしなと思いますが。

2014年3月2日、大阪で行なわれた声優・田村ゆかり(38歳)のコンサートの最中、男性ファン(34歳)が突然、ステージに近づき、田村ゆかりさんめがけて携帯ラジオを投げつけるという事件が発生した。

出典:http://news.nicovideo.jp

こんな危険な行為をするとは・・・

威力業務妨害で逮捕された男性は、警察の調べに「気持ちを断ち切るためにやった。」
マスコミがこの事件を報じる際、「“永遠の17歳”をキャッチフレーズに活動していた田村ゆかりさんが、最近、実年齢を公表したことで話題になっていた」とつけ加えたことから、彼女の実年齢を知った男性ファンが「ダマされた!」と逆上し、犯行に及んでしまったとの見立てが一般的に定着した。

出典:http://news.nicovideo.jp

もともと王国民(ファン)でなく、テレビか動画で知った‘‘にわか”ファンなのでしょうか?
それ以前に年齢だけでそんなに怒らなくても・・・

また、声優業界に詳しいライターさんは首を傾げる?

実年齢公表でキレるというのは考えにくいです。
というのも、あくまで“永遠の17歳”はネタで、ファンはそれに乗っているだけ。
むやみに17歳が実年齢だと信じているファンなんて基本的にいないし、田村ゆかりさんもライブのMCで
『田村ゆかりさん……じゅうななさいです』みたいなことを平気で言っていた。

出典:http://news.nicovideo.jp

また、声優業界では“17歳教”という言葉もあるくらいで、“永遠の17歳”を公言している人はほかにもたくさんいるし、そこに信憑性を求める向きもない。

出典:http://news.nicovideo.jp

声優界ではある程度年齢がいくと17歳と行って良いルールがあるのは
有名な話ですよね。

本当のファンなら一々年齢なんて気にしないで、ただ、田村ゆかりさんを応援することこそがほんとのファンだといえると思います。
でも、やっぱり今回のような事件があるってことは皆、心のどこかに年齢を気にしているんでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ