記事ID147482のサムネイル画像

    ラッパー用語?「レぺゼン」の意味は?使い方は?レペゼン地球とは?

    音楽ジャンルのヒップホップが好きという方もいるかもしれません。ヒップホップには様々な用語がありますが、『レペゼン』という言葉もあります。そこで今回は、『レペゼン』の意味や使い方などを詳しく探ってみたいと思います。一体、どういった意味があるのでしょうか。

    レペゼンとはどんな意味?

    まずは、レペゼンの意味について迫ってみたいと思います。レペゼンとは一体どんな意味があるのでしょうか。

    ヒップホップ用語

    レペゼンとは、ヒップホップ用語です。ヒップホップ音楽やラップなどを好む人たちの間で使われる言葉となっています。続いて、レペゼンの意味をご紹介します。

    『代表する、象徴する』という意味

    レペゼンには、「~を代表する」や「~を象徴する」という意味があります。では、どういった時に用いられる言葉なのでしょうか。

    ラッパーが紹介時に使用

    ラップのバトルやライブの際に、マイクパフォーマンスでMCやラッパーが『レペゼン』を用いることがあるでしょう。冒頭に自身の出身地の前に『レペゼン』を付け、『レペゼンっ○○!』と言ってシャウトをするのです。ラップの歌詞の中に『レペゼン』を入れているケースもあるでしょう。

    また、ヒップホップダンスの世界では、自己紹介あるいはチームの呼び込みの際に「レペゼン○○のダンサーAです!」の様に用いられます。

    レペゼンの語源は何?

    続いては、『レペゼン』という言葉がどこから来ているのかを見ていきたいと思います。『レペゼン』は何が由来となっているのでしょうか。

    英語の『represent』が語源

    『レペゼン』は、英単語である『Represent』という動詞が語源です。元は『レプリゼント』と読むのですが、それが短縮されて『レペゼン』と言われるようになったと考えられます。元となった『Represent』は英語ですが、『レペゼン』は英語を発祥とした和製英語なのです。

     

    よって、外国人の方に『レペゼン』と言っても意味を分かってもらえない可能性もあるでしょう。

    なぜ短縮された?

    では、なぜ『Represent』は『レペゼン』に短縮されたのでしょうか。『レペゼン』に短縮された理由は、『レプリゼント』だと長くなってしまいラップの際に語呂が悪いからです。ヒップホップやラップの世界ではリズムを大事にするため、リズムに乗せやすく使いやすい『レペゼン』と言われるようになりました。

    ラップでは韻を踏むことが重視されることから、6文字である『レプリゼント』とそのまま言うと韻を踏めなくなってしまう可能性があるということです。

    「レペゼン」はどの様に使うの?

    『レペゼン』とは、どの様にして使うのでしょうか。次は、『レペゼン』の使い方について迫ってみたいと思います。ヒップホップなどに触れる際の、参考にしてみてください。

    「レペゼン」の後ろに名詞を付ける

    「レペゼン」+「東京」のように、地名などといった名詞を付けるのが一般的です。この場合は、『レペゼン東京』となるでしょう。先述のように、自身の出身地を付けるケースがあります。東京出身の方が『レペゼン東京』と言ったなら、『東京の代表』のような意味となるのです。

    「レペゼン女子」の場合

    例えば『レペゼン女子』であれば、「女子を代表する」といった意味になります。使い方としては、「レペゼン女子として言いたい」などと言うことができるでしょう。

    「レペゼン地球」が有名?

    「レペゼン」というと、「レペゼン地球」というグループが有名です。次に、「レペゼン地球」についてご紹介しましょう。「レペゼン地球」はどういったグループなのでしょうか。

    「レペゼン地球」はDJ集団

    「レペゼン地球」は、2016年から活動を開始したDJ集団であり特にネット上で知名度があります。Twitterを通して有名になった点が特徴です。DJとしての活動を主としていますが、YouTubeやTwitterでも活動を行っています。なお、「レペゼン地球」は2020年12月26日をもち解散し『Repezen Foxx』に改名しました。

     

    YouTubeやTwitterでも発信をしているため、彼らをYouTuberであると思っている方もいるかもしれません。YouTuberとしてニュースに取り上げられることも度々ありますが、メンバーらはYouTuberであることを否定しています。

     

    これまではYouTubeの広告収入も得ていなかったのですが、2021年6月14日に『僕たちYoutubeに広告を付けてもいいですか?』という動画をメインチャンネルに投稿しました。これまでと異なり、音楽での収入が減少したことから、YouTubeに広告を付けることにしたのです。

    「レペゼン地球」の意味

    「レペゼン地球」は、「地球の代表」という意味であると考えられ、スケールの大きさを感じさせます。それくらい、ビッグな存在になりたいという気持ちの表れなのかもしれません。

    「レペゼン地球」のメンバー

    「レペゼン地球」はDJ社長を筆頭とした福岡出身の5人組です。最年長がDJ社長であり、28歳で本名は木元駿之介といいます。DJ銀太は内田匡、DJ脇は脇将人、DJまるは松尾竜之介が本名であり、3名は共に25歳です。そして最年少のDJふぉいこと松本絃歩は、24歳となります。

    なお、公式YouTubeチャンネルは登録者数が265万人となっていて、HIKAKINやはじめしゃちょー等の人気YouTuberとのコラボも行っています。 またYouTubeメインチャンネルは、2021年6月4日に『Repezen Foxx』に変更して再始動しました。

    そして歌チャンネルに関しては2021年1月1日より『Candy Foxx』と改名しています。

    ヒップホップ用語は他にもある?

    ここで、「レペゼン」以外のヒップホップ用語について見ていきたいと思います。「レペゼン」以外にはどういったヒップホップ用語があるのでしょうか。

    a.k.a.

    「a.k.a.」は「エー・ケー・エー」と読み、『also known as』の略でもあります。『別名〜や〜としても知られる』や『またの名は』という意味があるヒップホップ用語です。ラップの歌詞の中で聞かれるかもしれません。

    ill

    「ill」とは「イル」と読み、本来は「病的な」や『病気』といった意味があります。そこから転じて、褒め言葉として「ぶっ飛んでる」や「ヤバい」という意味でヒップホップで用いられています。

    anthem

    「anthem」は「アンセム」と読みます。一般的には聖歌を指し、人気の高い曲や代表曲といった意味があります。ちなみに、サッカー界にもFIFAアンセムというものがあるのです。日本代表の試合の際にも会場で流れる楽曲です。

    candy

    candy(キャンディー)は「魅力的な人」という意味があり、男女関係なく使用されます。キャンディーというと甘いイメージがあるかもしれませんが、そこから転じて魅力を感じる人などに用いられるようになったのかもしれません。

    def

    「Def(デフ)」は「かっこいい」という意味です。なお、1984年設立のヒップホップレーベルである『Def Jam』もあります。

    dope

    Dope(ドープ)は“麻薬”など様々な意味を持つ言葉です。ヒップホップの世界では、「凄い」や「かっこいい」といった意味で用いられています。「奥深い」という意味もあるでしょう。使い方は、例えば「ドープで固い韻」といった言葉で使われています。

    ディスる

    「ディスる」とは、英語の“disrespect”が略された言葉です。相手を貶すことを意味します。今では一般的に使用されるようになった言葉ですが、ラッパー集団・練馬ザファッカーが広めました。バラエティー番組『リンカーン』に出演した練馬ザファッカーが、多用していたことで有名になったのです。

    「レペゼン」とは「代表する」という意味!

    「レペゼン」とはヒップホップ用語であり、「代表する」や「象徴する」という意味があります。本来は「Represent」という英語が短縮された言葉でもあります。例えば「レペゼン東京」など、出身地や集団を「レペゼン」の後に付けて用いるのが通常です。

    「レペゼン地球」というDJ集団も、「レペゼン」という言葉が用いられたグループです。「レペゼン」には、壮大な意味があることを知っておくのも一案でしょう。

    レペゼンの関連記事

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ