記事ID145757のサムネイル画像

小出恵介が2020年に芸能界復帰?現在は?不祥事の詳細は?

小出恵介というと、ごくせんやルーキーズなどに出演し人気の俳優として活動していました。しかし、不祥事をきっかけに活動休止となってしまいました。今回は、そんな小出恵介の現在や復帰について、そして起こしてしまった不祥事について迫ってみたいと思います。

小出恵介のプロフィール

 

  • 本名(ふりがな):小出恵介(こいで けいすけ)
  • 所属事務所:アミューズ⇒現在、無所属
  • 生年月日:1984年2月20日
  • 現在年齢:36歳
  • 出身地:東京都港区
  • 血液型:A型
  • 身長:175cm
  • 活動内容:テレビドラマ・映画・CM・舞台

 

 

『月刊De-View』のオーディションに応募

小出恵介さんが芸能界にデビューすることとなったきっかけは、オーディション情報誌である『月刊De-View』の誌上オーディションに応募したことです。

 

写真が掲載されたことで芸能事務所アミューズから声がかかり所属することになりました。

『パッチギ!』で話題に

2005年に公開された映画『パッチギ!』は、日本人の少年と在日コリアンの少女との間に芽生える恋を中心とした青春映画です。

 

沢尻えりかさんがヒロイン役で出演しており、小出恵介さんは、主人公の同級生役を演じ、話題になりました。

小学生の頃にインドにいたことも

小出恵介さんは、父親の仕事の関係で、小学生の頃、3年ほどインドで暮らしたことがあるそうです。インドにいた頃はインターナショナルスクールに通っており、英語を話せるということです。

 

また、高校からは慶応義塾高等学校に進学し、慶應義塾大学を卒業しており、高学歴でもあります。

小出恵介は現在どうしてる?

2017年に不祥事を起こし、芸能活動を休止している小出恵介さんですが、現在はなにをしているのでしょうか。詳しく見ていこうと思います。

ニューヨークに居住

不祥事を起こした後は、ニューヨークに住んでいると言われています。日本でいるとどうしても顔でバレてしまうので、海外で生活することを選んだと考えられますね。

元からハリウッドに興味あり

小出恵介さんは、帰国子女ということもあってか、元々、アメリカのドラマやハリウッド映画に興味を持っていました。

 

海外作品への憧れも語っていたことがあるため、ハリウッド俳優を目指し勉強をしていたとも考えられます。

 

ニューヨークのアクターズスクールに留学するとの噂も流れました。

芸能界に復帰はあるのか

2020年9月に小出恵介さんが、アメリカ・ニューヨークで芸能界復帰すると報道されました。

 

ミュージカルでの復帰であり、その復帰作はお笑いコンビ『キングコング』の西野亮廣さんが手掛けた絵本、『えんとつ町のプペル』のミュージカル作品です。

 

『えんとつ町のプペル』は、発売から約3ヶ月で10万部を超える大ヒットとなりました。35名の制作チームと4年半という歳月をかけて完成された絵本です。

 

小出恵介さんはこの絵本の主人公のプペルを演じると報道されていますが、実はまだキャストの詳細は発表されていません。

明石家さんまとの再会ショット?

不祥事を起こし、芸能活動を休止している小出恵介さんのインスタグラムに明石家さんまさんとの2ショット写真が掲載され、話題となりました。

 

二人の関係とはどんなものなのでしょうか。詳しく見ていこうと思います。

さんま役を演じていた

2018年にNetflixオリジナル連続ドラマとして公開された明石家さんまさんプロデュースの『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』は、芸人・ジミー大西さんの奇想天外な半世紀を描いたドラマです。

 

この作品、もともとは小出恵介さんが明石家さんまさん役を演じており、2017年に公開予定でしたが小出恵介さんの不祥事により、撮り直しとなり2018年に公開されました。

降板後にさんまに謝罪

小出恵介さんは、降板した後に、どうしても明石家さんまさんに謝罪をしなければいけないと、六本木にある割烹料理店で会食をしたそうです。

 

そこで、明石家さんまさんは、怒るどころか「必ずまた俳優として頑張れ」と励ましたんだそうですよ。

ブロードウェイでのツーショット

騒動から2年後の2019年に、小出恵介は明石家さんまと再会し、ブロードウェイでのツーショット写真をインスタに投稿しました。

 

二人とも笑顔で写っており、小出恵介さんが起こした不祥事でドラマの撮り直しなど多大なる迷惑を被ったにも関わらず、こうやって付き合える明石家さんまさんの懐の大きさが伺えますね。

どんなドラマに出演していた?

続いては、小出恵介さんの過去の出演作品について見ていこうと思います。

『ごくせん』

ごくせんは、仲間由紀恵さんの代表作としても知られる、任侠集団・大江戸一家で育った熱血高校教師・山口久美子(通称・ヤンクミ)が不良ばかりのクラス担任として活躍する学園ドラマです。

 

このドラマは若手俳優が多数起用されており、ごくせん2では、 亀梨和也さん、赤西仁さん、速水もこみちさん、小池徹平さんらと共に小出恵介さんも主要生徒を演じました。

『のだめカンタービレ』

『のだめカンタービレ』 は、二ノ宮知子による日本の漫画作品であり、クラシック音楽をテーマとしています。

 

ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一と、同じ音大のピアノ科に在籍している、ごみ屋敷化した部屋の中でピアノを弾く野田恵(通称・のだめ)のラブコメディです。

 

映像化された際、小出恵介さんは、体は男でも心は常に乙女チックな打楽器奏者・奥山 真澄という個性的なキャラを演じ、知名度を上げました。

『ルーキーズ』

森田まさのりによる日本の野球漫画で、新人教師・川藤幸一が、部員の起こした不祥事により活動停止に追い込まれ、現在では不良の溜まり場と化していた野球部を立て直し、夢の甲子園を目指し奮闘していく物語です。

 

映像化された際、小出恵介さんは主要メンバーで、野球部キャプテンである、御子柴徹役を演じました。

菜々緒と再会した?

続いては、芸能活動休止中の小出恵介さんが、モデルで女優の菜々緒さんとのツーショットをインスタに投稿し話題となった件を見ていこうと思います。

インスタでのツーショット写真

2020年1月に、小出恵介さんと菜々緒さんがそれぞれ2ショット写真を投稿し、大きな話題となりました。

 

二人の関係性はそれまで特に知られていなかったためです。

菜々緒は1人旅で訪れていた

菜々緒さんが、一人旅で出掛けていた米アリゾナ州セドナにサプライズで小出恵介さんが会いに行ったのだそうです。

 

菜々緒さんは「いきなり目の前にけーちゃんが現れた」「けーちゃんから会いに来てくれて嬉しくて号泣」と記し、小出恵介さんとの再会はサプライズ嫌いな菜々緒さんでも思わず喜んでしまう出来事だったそうです。

旧知の仲

小出恵介さんと菜々緒さんは、大学時代からの友人なのだそうです。仲間で旅行に行ったりする仲だったそうです。

 

この投稿にはたくさんのファンからのコメントがつき、小出恵介さんの復帰を願う声も多数上がりました。

なぜ活動を休止した?

続いては、小出恵介さんが起こした不祥事について詳しく見ていこうと思います。

2017年で活動停止に

2017年6月に、所属事務所であったアミューズに無期限での活動停止処分が発表されました。その翌日に、週刊誌に『未成年者と飲酒し、性行為に及んでいた』と報道されました。

 

そして2018年にはアミューズとの契約も終了しています。

未成年との飲酒など

小出恵介さんは2017年5月に、主演ドラマの撮影で訪れていた大阪市内で17歳と紹介された女性らと飲酒し、その後事に及んだことが週刊誌の報道で明らかになりました。

影響も出ている

マウントレーニアのCMが打ち切り、主演ドラマ『神様からひと言』の放送中止など影響が多方面に出ました。

 

5億円以上の損害が出たとされており、この支払いは所属事務所だったアミューズが支払ったとされています。

ハニートラップの噂

報道では17歳の高校生に無理やり飲酒させ手を出したとされているものの、実際は、相手が17歳というのは事実であるが高校を中退したシングルマザー であったという話もあります。

 

しかも、相手側から500万円の支払いを要求され、小出恵介さんは自身で解決しようとし500万を払おうとしたものの、結局のところは支払われなかったとされています。

 

その後、事務所が間に入り、小出恵介さんと相手女性側とは示談が成立していると事務所が発表しました。小出恵介さんは書類送検されますが不起訴となりました。

 

ちなみに、週刊誌にはこの女性が情報を売ったと言われています。この女性が、「ほんまは売るつもりなかってんけど、小出恵介が一昨日も無理矢理エッチを求めてきたから、もう売っちゃった」と友人にLINEを送ったという証言も出てきており、美人局だったのではないかという意見もあります。

活動中止中の小出恵介の復帰は近い!?

2017年から活動を休止している小出恵介さんの現状や起こした不祥事についてご紹介してきました。

 

2020年9月にはニューヨークで公演されるミュージカルで復帰すると報道されており、待っていたファンから喜びの声があがっていますが、それ以上に復帰は早いなど批判的な声もあがっています。

 

今後の小出恵介さんの動向が注目されますね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ