記事ID145468のサムネイル画像

    フィ‌ギュ‌ア‌ス‌ケー‌ト・‌坂‌本‌花‌織‌の‌進‌学‌先‌や‌出‌身‌校‌は?‌衣‌装‌が‌可‌愛‌い!‌

    数多くの大会で表彰台に上がるなど、フィギュアスケート選手として素晴らしい活躍を見せている坂本花織さん。今回は、そんな坂本花織さんの情報をまとめて紹介します。学歴や、可愛いと話題になっている衣装など、気になる情報をチェックしてみてください。

    フィギュアスケート・坂本花織選手はどんな人?

    数多くの大会で表彰台に上がるなど、フィギュアスケート選手として素晴らしい活躍を見せている坂本花織さん。日本の女子フィギュアを牽引する選手の一人です。

     

    今回は、そんな坂本花織さんの情報をまとめて紹介します。学歴や、可愛いと話題になっている衣装など、調べましたので、ご紹介していきます。

     

    最後までお付き合いくださいね。

    坂本花織のプロフィール

     

    • 本名(ふりがな):坂本花織(さかもと かおり)
    • 所属クラブ:シスメックス
    • 生年月日:2000年4月9日
    • 現在年齢:19歳
    • 出身地:兵庫県神戸市
    • 血液型:B型
    • 身長:159 cm

     

     

    シスメックス所属のフィギュアスケート選手

    坂本花織さんは、兵庫県神戸市に本社を置く医療機器メーカーである、シスメックス株式会社(Sysmex Corporation)に所属しています。シメックス株式会社には、坂本花織さんの他、三原舞依さんも所属しています。

     

    坂本花織さんは、2017年10月に所属契約をしています。シメックス株式会社は、地元神戸を活動拠点として競技活動に専念できるようサポートしていくと表明しています。

     

     

    スケートを始めたきっかけは?

    坂本花織さんがフィギュアスケートを始めるきっかけとなったのは、2003年のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』で主人公の姉がフィギュアスケート選手だったのを見て興味を持ったことだったのだそうです。

     

    スケートを始めたのは、4歳の頃で、近くの教室に通い始めました。その頃、水泳も同時に始め、小学校2年生の頃までは水泳のほうが練習量は多かったのだそうです。

     

    憧れの選手は、五輪2大会出場の鈴木明子さんなのだそうです。坂本花織さんはジャンプを得意としていますが、鈴木明子さんは表現力に定評があった選手です。

     

    坂本花織さんは、「明子さんはいろいろなジャンルを、それぞれの体の動かし方、表情で表現できる。そういうところをまねしたい」と語っています。

    坂本花織の身長や体重

    坂本花織さんは、身長は158センチとフィギュア選手としては平均的で、体重は平昌オリンピック時に49キロだったそうです。

     

    度々、女性アスリートの痩せ過ぎ問題が取上げられます。坂本花織さんも、とても細く見えますが、筋肉がついているのでしょうね。

     

    だからこそ、坂本花織さんは力強いジャンプを飛ぶことが出来るのでしょう。

    坂本花織の成績

    続いては、坂本花織さんの成績について見ていこうと思います。

    ジュニア時代

    ジュニア時代の成績は、2016年全日本ジュニア選手権優勝、2016年ジュニアGPファイナル3位、2017年世界ジュニア選手権3位など、華々しい活躍をします。

     

    中学時代から3回転フリップ+3回転トゥーループのコンビネーションジャンプを飛んでおり、現在でも、坂本花織さんの大きな武器となっています。

    シニアデビュー年にオリンピック出場

    満を持して、2017-2018シーズンからシニアデビューを果たすと、2017年全日本選手権で2位にすべりこみ、それまでオリンピックシングル候補と言われていた、樋口新葉さんや三原舞依さんらをおさえ、平昌オリンピック・女子シングル日本代表の座を獲得しました。

     

    17歳で出場した平昌オリンピックでは、個人では6位入賞を果たしました。

     

    ノーミスで演技をすることができなかったことは残念だったが、やり切ったという思いがあり、フリーの演技後は笑顔になったのだそうです。

     

    4年後も出場したいと目標を語っています。

    全日本女王に

    2018-2019シーズンの全日本選手権では、ショートプログラム(SP)2位で迎えたフリーの演技は、最終滑走でスピードのあるスピン、高さのあるジャンプを連発し、高得点をたたき出しました。

     

    結果、ショートプログラム1位で大会4連覇中だった宮原知子さん、グランプリファイナル覇者の紀平梨花さんをおさえ、優勝し、全日本女王に輝きました。

    坂本花織の学歴をチェック!

    続いては、坂本花織さんの学歴について見ていこうと思います。

    出身中学校は?

    坂本花織さんは、神戸市中央区にある神戸市立渚中学校を卒業しています。

     

    有名なフィギュア選手は、中学校の頃からフィギュアスケートが出来る私立の学校に通っている人が多いイメージですが、坂本花織さんは、中学時代は神戸フィギュアスケートクラブでフィギュアスケートの練習をしていました。

    出身高校は?

    坂本花織さんは、ダンス部の強豪校として知られる神戸野田高等学校出身です。

     

    坂本花織さんが入学してからフィギュアスケート部が作られたのですが、坂本花織さんがこの高校に進学した理由は、高校受験シーズンに遠征などで日本におらず、2次試験の日程があったため、神戸野田高へ進学することになったのだそうです。

    現在は神戸学院大学に在学中

    坂本花織さんは、高校卒業後の2019年4月に神戸学院大学に入学しました。経営学部経営学科に進学しています。

     

    神戸学院大学には、フィギュアスケート部はありません。シスメックスに所属しているので、大学で入部する必要もないのでしょうね。ホームリンクが近い、ポートアイランドキャンパスに通っています。

     

    両親も神戸学院大学出身だという話もあります。

    坂本花織の衣装が可愛いと話題!

    フィギュアスケートの醍醐味といえば、もちろん選手の華麗で優雅な演技ですが、華やかな衣装も注目点のひとつですよね。

     

    坂本花織さんの衣装がいつもかわいいと話題です。詳しく見ていこうと思います。

    衣装のデザイナーは誰?

    坂本花織さんの衣装は、フランス人のソフィー・トーマスという方がデザインを担当をしています。

    マトリックスの衣装はかっこいい!

    2019−20シーズンは「キレよくかっこよくがテーマ」だった坂本花織さん。フリーの曲は映画「マトリックス」で、黒いレザー調の衣装に身を包んで、とてもかっこいいと評判となりました。

    ダサいという意見や韓国で批判も?

    衣装が素敵、かっこいいという声があがる一方で、一部では衣装がダサいという意見も見受けられたりしますが、概ね、フィギュアスケートファンからは好評のようです。

     

    個人の好みもあるので、そういった声があがることもありますよね。

    また、ソウルで行われた四大陸選手権にて、坂本花織さんが2019−20シーズンのショートで着ている赤い衣装について、「旭日旗を連想させる」と批判されるといったことが起こりました。

     

    それまでも、この衣装に関しては韓国ノメディアなどからそういった声があがっていましたが、韓国開催の大会だったため、大きく報道されたようです。

     

    旭日旗に関しては、スポーツの場面でも度々、批判に上がっていますが、坂本花織さんの衣装に関しては、こじつけにしか思えませんね。

    坂本花織のSNS情報は?

    最近は、多くのスポーツ選手がSNSを通じて様々な情報を発信しています。坂本花織さんはどうなのでしょうか。

    2018年に公式インスタグラムが開設

    2018年に所属しているシスメックスの公式インスタグラムがオープンしました。

     

    三原舞依 さんと坂本花織さん、二人のアカウントで、試合やアイスショーの様子、イベント出演の様子など様々な坂本花織さんの普段の様子を見ることが出来ます。

    坂本花織のTwitterは?

    坂本花織さん本人のTwitterは探してみましたが公式にはされていないようでした。

     

    しかし、坂本花織さんのファンによる応援アカウントは多数存在しており、試合情報などを確認することが出来ます。

    リアルタイム検索にも注目!

    ヤフーのリアルタイム検索でも坂本花織さんの情報が見られます。シーズンオフになるとテレビでの情報はあまりなくなりますが、ファンによる呟きでオフ中でも情報を得ることができますよ。

    坂本花織が目指すは北京オリンピック!

    フィギュアスケート選手の坂本花織さんについてご紹介してきました。ジュニア時代から活躍し、シニアにデビューしてすぐにオリンピック出場を果たしたシンデレラガールでした。

     

    全日本選手権で優勝を果たすなど、日本女子フィギュア界を牽引する一人として活躍されています。今後の活躍、そして本人も目標に掲げている2022年の北京オリンピック出場にも期待がかかりますね。

     

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    関連記事はこちら

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ