記事ID144624のサムネイル画像

【初夢】一富士二鷹三茄子の意味や由来について徹底解説!

縁起の良い初夢といえば「一富士二鷹三茄子」が有名ですが、なぜ縁起が良いとされているのでしょうか?一富士二鷹三茄子に続きがあった?一富士二鷹三茄子に続く縁起物や、意味や由来を徹底解説!初夢は何日に見た夢なのか、良い夢を見る方法についてもご紹介していきます。

一富士二鷹三茄子の意味や由来を調査!続きとは?

初夢で見ると縁起が良いといわれている「一富士二鷹三茄子」ですが、統一感の無いこの3つが縁起が良いとされる理由は一体どうしてなのでしょうか?

 

そして「一富士二鷹三茄子」の続きとは一体何なのでしょうか?

知ると納得の初夢の縁起物の意味や由来についてもご紹介していきます。

初夢とは何日?由来は?

初夢とはいつ見た夢のことなのかご存知でしょうか?

 

いつ見た夢を初夢と言うのか?初夢の元となる由来は何なのか?

気になる内容をご紹介していきたいと思います。

初夢とは

初夢とは1年の吉凶を占う風習ですが、何日までに見た夢を初夢というのかについては様々な諸説があります。

 

江戸時代前半くらいまでは「大晦日から元旦にかけてみる夢が初夢」

江戸時代中期までは「2日以降に見た夢が初夢」とされていました。

 

現在では、一般的に元日の夜から1月2日の朝にかけてみる夢2日から3日にかけてみる夢、または新年で初めて見た夢が初夢とされています。

初夢の由来

初夢の由来は、歴史的には平安時代末期の歌集「山家集」からきているといわれています。
「山家集」では節分から立春までに見る夢を初夢と書かれています。

 

その理由としては、昔の暦では節分の翌日である「立春」を迎えることで新年を迎えるとされていたからです。

一富士二鷹三茄子の由来とは?

一富士二鷹三茄子を耳にしたことはあるけど、はっきりとした由来について知っている人は少ないのではないでしょうか?一富士二鷹三茄子には諸説があり、どれも興味深い内容であるようです。

 

どうして「富士」「鷹」「茄子」が初夢の縁起物として選ばれたのか、由来について迫っていきましょう!

山と価格の順番が由来か

徳川家の縁の地である駿河国(現在の静岡県)において、高い物の順番「富士山」「愛鷹山」「初物の茄子」だったことが一富士二鷹三茄子の由来ともいわれています。

 

初物の茄子が当時どれだけ高価であったかが良く分かりますね!

駒込富士神社が由来か

一富士二鷹三茄子は駒込富士神社(こまごめふじじんじゃ)が由来ともいわれています。

 

富士駒込富士神社は名前の通り「富士」を信仰している神社で、神社の周辺には鷹匠屋敷、鷹を操る者の家があったといわれており、名産品には駒込茄子がありました。

 

江戸後期に「駒込は一富士二鷹三茄子」と詠まれた川柳もあったようです。

徳川家康が由来か

一富士二鷹三茄子は、江戸幕府を開いた徳川家康の好きな物が由来ともいわれています。徳川家康が生まれ育った地は富士山が近く、鷹狩が好きだったことは有名です。

 

茄子は他の地よりも早くに収穫でき食べれたことや、家康は初物の茄子が好物だったともいわわれています。他には、駿河国の名産物を並べたという説もありました。

なぜ一富士二鷹三茄子?意味は?

古来から、昔の人は願掛けなど縁起の良い物や言葉は大切にしてきました。一富士二鷹三茄子にも素敵な意味が込められています。その意味一体何なのでしょうか?

一富士の意味

「一富士」の富士とは日本のシンボルでもある山「富士山」からきているといわれています。

そして、富士山の形が末広がりで縁起が良いことや、富士山=不死と言い換え、不老長寿の意味も持ち合わせています。

二鷹の意味

「二鷹」の意味は鳥の「たか」を意味しています。

鷹の習性である「高くと飛ぶ」「狙った獲物をしっかりと獲得する」が縁起が良いと考えられていることや、鷹は頭が良く「高貴」とされていることから出世するという意味も含まれています。

三茄子の意味

縁起物が茄子とは、なかなか結びつかないような気がしてしまいますが、三茄子の茄子は「ことを成す」という意味や、沢山実をつけることから子孫繁栄するともいわれており、沢山の縁起の良い意味があります。

その他にも茄子には毛が無くツルンとした外見から「毛がない」「怪我ない」とされており家内安全にも通じているようです。

全て揃わなくて良い

初夢で「一富士二鷹三茄子」の3つ全てが揃う必要はありません

そして「一富士二鷹三茄子」の並び順は初夢で見ると縁起が良い順番に並んでいます。全て揃った夢を見るのは難しそうですが、富士山の初夢なら見れそうな気がしますね!

一富士二鷹三茄子には続きがあった?

一富士二鷹三茄子に続きがあることはあまり知られていないようです。

一富士二鷹三茄子の後には「四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう」と続きます。地方によっては「四扇」を「よんせん」と読んだり、「五煙草」を「五多波姑」と表記されることもあります。


そんなあまり知られていない「四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう」の意味とはどのような内容なのでしょうか?

四扇(しおうぎ)

四扇(しおうぎ)の扇は舞踏の小道具として使われていることから、目出度いものとされています。 扇の形は、一富士と同じく末広がりで縁起が良く子孫繁栄や商売繁盛などの良い意味があります。

五煙草(ごたばこ)

五煙草(ごたばこ)の煙草は、現在とは違い、元々は祭りや祝い事にかかせない縁起物の一つでした。煙草の煙は上に昇ることから運気上昇を意味しています。

六座頭(ろくざとう)

六座頭(ろくざとう)の座頭とは、剃髪している琵琶法師を意味しています。

三茄子と同じく、剃髪している琵琶法師は「毛が無い」ことから「怪我ない」を意味しています。とても洒落が効いていますね!

良い初夢を見る方法とは?

初夢にはぜひ「一富士二鷹三茄子」の夢を見たいものですが、良い初夢を見るにはコツがあるようです。 良い夢を見るにはどのような方法があるのでしょうか?色々な方法をまとめてみました。

寝る環境を整えよう

まずは睡眠に集中できるように寝る環境を整えましょう。室内を眠るのに調度良い快適な温度にすること、眠りの妨げとなる照明はつけず部屋を真っ暗にすることが、快適な睡眠に繋げるポイントとなります。

見たい夢を強くイメージする

偶然ではなく、見たい夢を見るにはやはり具体的に見たい夢をイメージすることが大切です。

イメージすることが出来たら、夢を文字や絵にして紙に書き、枕の下に置いて寝る方法がお勧めです。寝る直前まで強く願うことで、記憶に残り見たい夢を見られる可能性がアップします。

回文を唱える

七福神の書いた絵を枕の下に入れ、「長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音のよきかな」を眠る前に三回唱えると吉夢を見ることができるといわれています。

ひらがなにすると「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな
」です。声を出して読んでみると、確かに逆から読んでも同じ音の回文歌になっていますね。

縁起の悪い初夢の対処法とは?

一富士二鷹三茄子のように縁起の良い初夢があるように、縁起が良くないとされる初夢も残念ながらあるようです。

 

縁起の悪い初夢見てしまった後の対処法についてもご紹介していきたいと思います。

紙に書きだす

悪い初夢を見た場合は、断片的でも良いので紙に初夢の内容を書き出してみましょう

思い出せる内容を詳細に書きだし、頭の中を整理し自分で夢の内容を自己分析してみましょう。

 

人を殺す夢や自分が死ぬ夢は悪い夢と思われがちですが、実は吉夢だったりする場合があります。書き出した夢の意味を調べ読み解いてみると、良い答えを見つけることが出来るかもしれません。

 

生活習慣を見直そう

悪い初夢を見た理由は、身体からのサインである場合も考えられます。

 

身体に疲労が溜まっている場合や、ストレスや悩み事を抱えている場合には悪い夢を見やすい状況が出来上がってしまっています。

 

生活のリズムが崩れていたり、食生活の乱れなど生活習慣の悪化は良い睡眠をとる障害となります。ストレス発散できることを見つけ、生活習慣をもう一度見直してみましょう

 

縁起の良い初夢で新年を迎えましょう

「一富士二鷹三茄子」や「四扇五煙草六座頭」の意味や由来を知ることで、昔の人々が初夢に様々な願いを込めていたことが知ることが出来ました。

初夢を見るチャンスは限られています。ご紹介した方法で縁起の良い初夢を見て、幸先の良い新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

他の関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ