記事ID144544のサムネイル画像

元アナの前田有紀の現在(2019年)は?転職した理由は何?結婚相手は?

テレビ朝日の人気アナウンサーとして活躍していた前田有紀さん。10年の経歴を経て職を手放し、現在は何をしているのでしょうか?また、結婚した相手は誰?子供は?今回は、元アナの前田有紀さんにいて現在の職業や結婚相手、子供についてご紹介します。

愛された前田有紀の葛藤とは?

テレビ朝日のアナウンサーとして活動していた前田有紀さんは、多くの番組に出演して可愛らしいルックスで人気を博しました。しかし、転職を理由として2013年に惜しまれつつ退社しました。

 

テレビ朝日を退社した前田有紀さんはイギリスに留学し第二のキャリアと向き合う期間を作り勉強に励んだ時期があります。

 

愛されるアナウンサーを続けるかに見えた前田有紀さんが、転職を決意した裏には、多くの葛藤や迷いがあったそうです。どのような心境の変化があったのか、過去の自身について語るトークから決断に至るまでの心境の変化やエピソードについて詳しくご紹介します。

前田有紀のプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):前田有紀(まえだゆき/ゆっきー、前田ちゃん)
  • 所属事務所:
  • 生年月日:1981年1月17日
  • 現在年齢:38歳
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:B型
  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 活動内容:元アナウンサー
  • 家族構成:夫、息子

テレビ朝日にアナウンサーとして活躍

前田有紀さんは、慶應義塾大学を卒業した後の2003年にテレビ朝日に入社しています。テレビ朝日を選んだ理由は、漫画「スラムダンク」が大好きで、当時テレビアニメを放送していました。その局がテレビ朝日だったので1社に絞って受験をしたそうです。

 

入社して6日後にアシスタントとしてサッカー番組の「やべっちFC」に出演しています。可愛らしい風貌や、一生懸命なキャラクターがお茶の間の支持を受け人気を得ました。その後は、ジャンルを問わずバラエティやスポーツ、ニュースなど器用に番組を進行する才能を見せました。

ドラマにも出演

アナウンサーとして人気を得た前田有紀さんは、テレビドラマにもゲストとして出演しています。2003年に放送された単発スペシャルドラマ「生放送は止まらない」、コミカルなテンポの警察ドラマ「時効警察」に出演しました。

 

他には、2009年に放送された東野圭吾さんの原作をドラマ化した「名探偵の掟」、2011年には、専業主婦がモデルになるまでのプロセスを描いた「バラ色の聖戦」に出演しています。

 

どの作品においても、アナウンサー役や、アシスタント役として特技を活かした演技を披露しています。

勤務10年で退社

入社10年の節目に当たる2013年にテレビ朝日を退社するという発表がされました。テレビ朝日の社長である早河洋さんが、会見を開き直々にコメントしています。

 

前田有紀さんについては、「各番組で視聴者から評価されているアナウンサーが去ってしまうことは、非常に残念に思っている。有能な人材が減ってしまうことは遺憾だが、本人の意志を尊重しました」とコメントしています。

 

退社について相談された際には、遺留もしたそうですが、これまでの功労を考えると前田有紀さんがやりたいと考える道を応援したいと考えたそうです。

 

もちろん前田有紀さん本人も、マスコミ各社にファックスによるテレビ朝日を退社することについて、発表しています。「アナウンサーをしながら、やりたいことがみつかりました。留学をしたいと考えて退社することにしました」という内容のコメントでした。

元アナ前田有紀の現在は花屋さん?

元アナウンサーの前田有紀さんは、現在花に関する仕事をしているようです。アナウンサーと花には、共通点がありません。一体どのような経緯で花に関する仕事に就いたのか、そして今後の展望について詳しく調査しました。

退社後はイギリス留学

テレビ朝日を退社した前田有紀さんは、単身イギリスに留学しています。退社理由は、イギリス留学の一環でフラワースクールに通うためでした。実は、この留学には幼い頃の夢が詰まった希望に溢れる留学だったのです。

 

社会人になった後も、ふと思い浮かぶのは「もし好きな人生を送って良いよと言われたら、幼い頃の思いを叶える花に関する仕事がしたいと考えるようになっていきました。

 

最初は、戯言だと思いなおしていましたが、次第にその思いが強くなりました。時間が経つにつれ「そういう人生を叶えるのならイギリスに行きたいな」と前田有紀さんは、次第にイギリスでの生活について具体的に思い描くようになり2013年についに願いを叶えたのです。

イギリスでのインターン時代

イギリスに渡り、語学を学びながらインターンとしての生活を始めた前田有紀さんは、「コッツウォルズ」という街にある中世に建築された城で働きました。朝は早く、肉体労働が続き泥にまみれた生活は、東京でアナウンサーをしていた時代には無かった生活でした。

 

ふと鏡を見ると髪の毛は、ボサボサになりメイクは、剥げ落ちて全身土や草が付いている自分を見て思わず吹き出してしまったそうです。そして自分には、この生活の方が似合っていると確信したそうです。前田有紀さんらしい、留学先での微笑ましいエピソードです。

現在はフラワーアーティストとして活動

イギリス留学から戻った前田有紀さんは、手始めに花屋の店員として就職をしました。求人情報を漁り条件に見合うお店に面接に行き、採用された花屋は偶然ですが俳優の勝地涼さんの実家で経営する店舗でした。

 

現在は、個人でフラワーアーティストとして活動しています。仕事は、大変順調なようです。スーパーのディスプレイから、結婚式の花の飾りつけなど様々な花が必要とされる場所からオファーが沢山舞い込んでくるようになったと、前田有紀さんはSNSで感謝の意を表しています。

花屋ブランド「gui」の立ち上げ

フラワーアーティストとして着実な仕事を積み重ねる中で、2018年に花屋ブランド「gui」を立ち上げています。

 

ブランドの名前を「gui」としたのは、フランスではヤドリギをguiと言われています。「花とあなたが出会う場所」という意味を込めて付けたのだと前田有紀さんは、語っています。

10年後も視野に

転職してフラワーアーティストとしての頭角を現した前田有紀さんに、インタビューの記事があります。10年先についての自身の夢や、仕事について考えているようです。

 

日本では、とにかく忙しく花を愛でたり育てたりする心の余裕が無いことは致し方ないと考えているそうです。それでも「10年先も花を身近に感じてもらえたらと考えて、沢山の人に花を届けたい」と語っています。

前田有紀が転職した理由は?

前田有紀さんが、花の世界へと転職した理由とは、どのようなものだったのでしょうか。幼い頃からの夢という説が多いのですが、人間関係に疲れてしまったという説もあります。

子供の頃からの夢だった

前田有紀さんは、幼い頃から自然が大好きだったそうです。大学を選ぶポイントも緑が溢れる環境が気に入り慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスを選んだと語っています。

 

子供の頃に住んでいたのは、横浜の開けた街並みで自然と触れ合う機会が、少なかったそうです。祖父母が住む鳥取に遊びに行くと山や川、田んぼなどの風景に心が安らぐ気持ちになり、いつしか草花に関わる仕事に対して憧れを持って育ちました。

 

実際にアナウンサーになってみると、売れっ子であるが故に時間に追われて生活は不規則になり、住む場所も職業柄都心の一等地で、幼い頃に憧れた自然という環境から程遠い生活を送っていました。

 

やがて社会人5年目を経過したあたりから、ふと立ち止まり「自分の好きなことは何だろう?」と考えて子供の頃に抱いた花という道を選択したそうです。

実は転職に迷いがあった

2018年に、花王のヘアケア商品のイベントにゲストとして出演した前田有紀さんは、転職に踏み切る前にとても迷ったことを打ち明けています。テレビ朝日を退社すると両親に伝えたところ猛反対されました。「せっかくアナウンサーになれたのだから一生継続してほしい」と懇願されていました。

 

もちろん自身でも、元アナウンサーとして一般人になった時に、食べて行けるのかという不安はあったようです。それ以上に未来が楽しみだと感じ、前に進めたと語っています。

「人生一度切り」の勢い

入社して数年経過すると、次第に自身のキャリアについて考えることが多くなりました。そんな時に浮かんだ言葉が「人生一度切り」という言葉でした。文字通り1度しか送れない人生を、好きなことで埋めたらどれ程楽しいだろうと、考えて勢いで決断したそうです。

上司との不和?

前田有紀さんは、過去を振り返り楽しかったと発言していますが、現役時代は、辛くて愚痴を漏らすこともあったようです。それを耳にした上司は「辞めたければ辞めてしまえ」という内容の叱責を受けて、退社を決断したという上司との不和説は、関係者の中では有名であるそうです。

前田有紀の結婚は?

現在は元アナという立場になった前田有紀さんの現在は、どのような仕事についているのでしょうか。プライベートでの結婚や旦那子供について調査しました。

2015年に大学の同級生と結婚

前田有紀さんは既婚者です。結婚した相手の男性は、大学生の同級生2015年7月4日に挙式を長野県で家族や近親者のみで行われました。

旦那の勤務先はソニー?東芝?

相手の男性については、一般企業に勤めている人ということ以外を明かしていません。このため旦那は、誰なのかという噂が立ちました。一部からはソニーもしくは東芝に勤務していると言われていますが、本人がコメントしないので確証がありません。

夫婦のティータイムでひと息

前田有紀さんは、旅先にて入手したお茶を入れるための専用のヤカンをとても大事にしているとインタビューで語っています。

 

日本では時間に追われる生活をしていると、心に余裕が無くなることから、意識して夫婦でのティータイムを大事にするようにしているそうです。

前田有紀の子供は?

旦那とのちょっとした時間を大事にする前田有紀さんは、夫婦仲が良いようです。2人の間の子供も生まれています。

2016年に第一子を出産

結婚した翌年の2016年12月23日に2人の間に第一子となる男児が生まれたことFacebookにおいて報告しています。

 

コメントには「初めての出産は、山あり谷ありで本当に世の中のお母さんをしている人を尊敬しています」と出産の大変さについて噛みしめていたようです。

第二子の予定は?

長男を出産して一年が経過した2017年に都内で、花に関するワークショップを行っています。インタビューにおいて、やっと離乳食を食べられるようになったことや、子供が生まれた記念として庭に樹木を植えたことを報告しています。

 

今後については「ファミリーを増やしたい」と第二子の出産に関しても前向き検討しているようです。

前田有紀のアナウンサー時代は?

前田有紀さんがテレビ局でアナウンサーをしていた頃について振り返ってみましょう。サッカー番組「やべっちFC」のイメージからスポーツに関して強いという印象を持たれているようですが、実は陰で猛勉強した時代がありました。

「やべっちFC」では猛勉強

入社して6日目で、やべっちFC」のアシスタントに抜擢された前田有紀さんですが、実はサッカーについて詳しくなかったのだそうです。

 

アシスタントを行う以上は、知りませんが通用しないため、陰では選手名鑑を常に手に持ち、スポーツ新聞を何種類も読み、時間があればサッカーの試合に足を運びました。

 

とにかく情報を詰め込み、猛勉強に必死で「やべっちFC」と共に大人になった10年だった、と語っています。

自分の“好き”を探していた

アナウンサー時代に、仕事柄アスリートや好きな道で生きる人にインタビューする機会が多くキラキラ輝いている姿を見てこれで良いのだろうかと考え始め、自分の好きとは何だろうと探していたそうです。

 

ふと、「花や植物に関する仕事がしたい」と思い付き、未来を思い描くと不安よりも楽しそうだと感じると、もう転職へ進むことに対して止まらなくなったのだそうです。

花に関わる仕事の情報収集

花に関連する仕事がしたいと漠然と考えるようになってからは、花を勉強したり仕事をするための環境に関する情報を探していました。

 

ネットで見つけたのは、後にイギリスで留学した際にインターン先となった「コッツウォルズ」という街だったのです。

前田有紀の元彼は?

キュートな笑顔が人気の前田有紀さんは、かつて熱愛を報じられたことがありました。過去の元彼は、どのような人だったのでしょうか。

元彼は田臥勇太

田臥勇太さんは、1980年に神奈川県横浜市で生まれて育ちました。母親がバスケットプレイヤーだったことで、小学生の頃にミニバスを始めています。中学校では、全国中学校バスケットボール大会で3位を獲得しています。高校は、名門高校能代工業高校に通い活躍しました。

 

その後は、日本のバスケットボール界を牽引しながらも、日本人初のNBA選手としてフェニックスサンズと契約して大いに注目を集めました。

 

そんなバスケットボール界の大物である田臥勇太さんと、6年間交際していた女性が、前田有紀さんでした。知り合ったのは2008年で、すぐに2人は意気投合して交際に発展しましたが破局しています。

田臥勇太との破局理由は?

破局の理由として有力なのは、前田有紀さんと田臥勇太さんの間の結婚観の違いだったようです。前田有紀さんは、早い時期の結婚を望みましたが、元彼の田臥勇太さんは「バスケットボールに集中したい」という回答で、すれ違いが生じてしまいました。

田臥勇太は前田有紀の後輩と熱愛

前田有紀さんと別れた田臥勇太さんの彼女は、テレビ朝日のアナウンサーである竹内由恵さんでした。2017年に熱愛が報じられて2人は、交際を認める発言をしています。

しかし2人は2018年に、多忙によるすれ違いによる理由で破局を報じられています。

元アナの前田有紀はフラワーアーティストとして輝いている

前田有紀さんは、2003年にテレビ朝日に入社して「やべっちFC」の顔として人気アナウンサーでした。10年勤務後に、花に関連する仕事をするために退社して、フラワーアーティストに転職しています。

 

仕事を得るにあたり、テレビ局を退社後イギリス留学をしています。花や植物に関する勉強をしてスキルを身に付けて帰国しました。

 

プライベートでは2015年に結婚して翌年に長男を出産しています。旦那は、大学の同級生で、一般企業に勤務しているそうです。

 

花に関わる仕事をするようになってから、心のゆとりが大事だと考え旦那とのティータイムを大事にしているという、仲の良さが伺えるエピソードがあります。

 

現在は、息子を育てながら都内を中心にワークショップを開き、花のブランド「gui」を展開しています。インタビューでは、ファミリーを増やしたいと、第二子の出産にも積極的に考えているようです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ