記事ID144360のサムネイル画像

テラスハウス東京編のネタバレとメンバー紹介!【簡単に丸わかり】

2019年5月にスタートしたテラスハウス東京編。個性豊かなメンバーたちが登場しており、それぞれの恋愛模様が注目されています。今回は、テラスハウス東京編のメンバーたちを紹介するほか、これまでのストーリーをネタバレありで振り返ります。

テラスハウス東京 簡単に丸分かり!

2019年5月にスタートした、テラスハウス東京編。一つ屋根の下で複数の男女がシェアハウスする様子を記録した番組です。今回は、テラスハウス東京編のメンバーたちを紹介するほか、これまでのストーリーをネタバレありで振り返りたいと思います。

テラスハウス東京編メンバー紹介!

それではまず、テラスハウス東京編のメンバー6人をご紹介します。みんなそれぞれに個性があって、人間模様が見ていてとてもハラハラしますよね。

渡邉香織(わたなべかおり)

名  前:渡邉香織(わたなべかおり)
生年月日:1990/06/25
年  齢:29歳
出  身:東京都
職  業:イラストレーター

黒髪が印象的な渡邉さんは、foxco(フォクスコ)という名前でイラストレーターとして活躍されています。

テラスハウスへの参加理由は、周りの友人たちは結婚をして落ち着いてきてる人も増えている。それでも自分はまだもう少し頑張ってみたいと考えている。

テラスハウスはみんな夢を持っている人なので、そんな場所に自分を置いてみたいと考えたからだそうです。

奥山春花(おくやまはるか)

名  前:奥山春花(おくやまはるか)
生年月日:1995年3月24日
年  齢:24歳
出  身:愛知県
職  業:女優
事務所 :ジャパンミュージックエンターテイメント

以前は、竹富聖花という芸名で活動されていました。特技がボクシングとレーシングカートというはつらつした女性です。

テラスハウスへの参加理由は、『もっと友達が欲しい。同世代に刺激がもらえる環境にいたい、頑張ってる子を見て何か吸収できたらいいなと考えて』との事です。

田辺莉咲子(たなべりさこ)

名  前:田辺莉咲子(たなべりさこ)
生年月日:1998年1月14日
年  齢:21歳
出  身 :北海道札幌市
職  業 :フィットネスモデル

六本木のパーソナルスタジオ「Quest」で、トレーナーをしています。また、アーティストの専属トレーナーやタレント育成のフィットネストレーナーとしても活動されている方です。

松㟢翔平(まつざきしょうへい)

名  前:松㟢翔平(まつざきしょうへい)
生年月日:1993年
年  齢:25歳
出身地 :埼玉県
職  業:俳優・モデル

台湾と日本で俳優やモデルのお仕事をされていますが、それだけではまだ生活が苦しいのでバイトもされているようです。

テラスハウスへの参加理由は、面白そうだったからそうです。台湾へ渡ってから中国語が話せないと言う事に気づいたりと、行動力が凄そうです。

吉原健司(よしはらけんじ)

名  前:吉原健司(よしはら けんじ)
生年月日:1987年6月2日 
年  齢:32歳
出  身:北海道
職  業:ミュージシャン

SPiCYSOLというバンドで、ボーカルをされています。バンドでは、KENNY (ケニー) と名乗っており、知名度はいまのところそこまでですが、SUMMER SONICに出演されたりと知る人ぞ知るバンドのようです。

テラスハウスへの参加理由は、素敵な人と出会いたいというのはもちろんですが、バンドの知名度を上げたいという気持ちが強いようです。

西野入流佳(にしのいりるか)

名  前:西野入流佳(にしのいりるか)
生年月日:1998年12月1日 
年  齢:20歳
出  身:神奈川
職  業:アルバイト(ムラサキスポーツ勤務)

テラスハウスへの参加理由は、人と話すことが得意ではなく、女性と話すと顔が赤くなってしまうため、克服したいと考えてだそうです。

※西野入流佳さんのインスタやツイッターは公開されていもは見つけられませんでした。

ストーリーをネタバレありで振り返り!

2019年5月からスタートしているテラスハウス 東京編。現在12話まで放送されています。ネタバレありで今までを振り返っていきたいと思います。

第1話

メンバーが集合していくところからスタートしました。自己紹介を終えるとメンバーたちはそれぞれの部屋へ一度入ります。

男女、それぞれに第一印象を語り合うかたちになり、男子組みの方は、流佳は春花、翔平は香織が第一印象では気になるという話に。

女子組は春花と香織は翔平が話しやすかったと第一印象を語る。流佳に対しては女子3人とも可愛いという認識だったよう。

その後、夕食時にそれぞれの恋愛観を語り合うメンバー。その後、男子部屋を見たいと言う女子たちからのリクエストで翔平が部屋に案内します。

その時、翔平が「俺ちょっとさ、香織ちゃんに興味があるんだけどさ、強く」といきなりデートに誘ったのです。

テラスハウス最速のアクションでした。香織も春花も翔平に対して好印象を抱いていたので、香織は嬉しそうでしたが、春花は不服そうでした。

第2話

翌日、帰宅時間が重なり、ケニー、香織、春花の3人で夕食を取ることになります。趣味等を話しながら過ごし、話がひと段落した時に春花が「ギターを教えて欲しい」とケニーにお願いします。

食後、春花はケニーにギターを教えてもらい、楽しそうな様子。香織はそんな様子を察知して仕事をすると言って席を外します。その後、ぐっと距離が縮まった2人は、春花がケニーをライブに誘いデートをすることになります。

後日、翔平と香織の帰宅時間が重なり、続いて春花、ケニーも帰宅します。肉じゃがを作りならが、翔平の仕事の話になります。

翔平は台湾ではモデルをし、日本では俳優の仕事が多く、他にも友人のバンドのPVを撮影したり、歌詞を書いたり、小説を書こうとしたりといろいろな事をしている様子。

手広くいろいろな事をしたい翔平とそれを理解できない春花に香織とケニーは中立的な立場で意見していました。

その後、全員が帰宅し、莉咲子が翌日が休みである事を言うと、流佳も休みだということが分かります。そこで、映画を見て、そのあと一緒に夜ご飯を作ることを約束しました。

第3話

前回の放送で約束したとおり、翌日、流佳と莉咲子が映画デートに出かけました。映画前にパンケーキを食べながら、楽しそうに会話をする二人。女の子と話すと顔が赤くなってしまうという流佳は、年齢が近いせいもあるのか莉咲子が一番話しやすいと言い、リラックスしてデートを楽しめたようでした。

また、テラスハウスのプレイルームでは、香織とケニーがイラストについて話し、盛り上がっていた。イラストレーターの香織と趣味で書いているケニーは、いろいろと話が合い意気投合していました。

後日、流佳が風邪をひいてしまいますが、その時は莉咲子がかいがいしく看病をしました。流佳は「夢に莉咲子が出てきた」と莉咲子に話したそうで、莉咲子はかわいいと思ったと春花たちに話します。

そして、翔平と香織も約束していたご飯デートへ出かけます。そこで、早速、GWにまた遊びに出かけ事を約束します。香織は、テラスハウスの共同生活にまだまだ慣れることが出来ず、ストレスを感じていて、3日目には泣いていたのだそう。翔平は話しやすいので救われていると伝えた。

また別の日、春香と流佳が洗い物をしていた時、春香がギターを取りに家に帰るが、重いから大変と話すと、春花が第一印象で気になっていた流佳は車で迎えに行こうかと声をかけました。

第4話

春花を迎えに行った流佳は、春花をデートに誘えないままテラスハウスに到着します。春香は香織に、バイクや車が好きと言う趣味が共通していることなどもあり、流佳と話してみてとても楽しかったと話します。かなり好印象のようで気になっている様子でした。

リビングでは翔平に流佳が春花を誘えなかった事を報告していました。

後日、春香とケニーがライブデートに出かけます。春香はケニーに「いい人いた?」とテラスハウスでの恋愛について聞きますが、ケニーは「みんなのことわかってきたよ」とふわっとした答えをします。またケニーは、初日の自己紹介で話したことを再度聞いてきます。

帰宅後、春花は香織にデートのことを報告します。盛り上がらなかった様子を報告し、デートしてみても惹かれなかったことを香織に伝えました。

一方リビングでは、流佳と莉咲子がトランプゲームを楽しんでおり、莉咲子が「これで負けたら言うこと1つ聞こう」と提案します。勝負を始めた二人の勝者は莉咲子でした。莉咲子はお願い事として「一生一緒に遊んで。ここからいなくなってもだよ」と話します。

そして、本当に小さな声で莉咲子は「付き合って」呟きます。聞き返す流佳に、莉咲子は寝ぼけていたととぼけました。

第5話

令和を迎える為にダイニングに集まっていたメンバーたち。ここで春花と莉咲子がバチバチと火花を散らします。

春花が、流佳をレースに誘えば、莉咲子が流佳に明日の予定について尋ねます。また、莉咲子は夜にパルクールのレッスンがあるため、流佳に送っていって欲しいと頼みます。春花は顔にすぐ感情を出すようで、面白く無さそうに莉咲子を見ていました。

男子部屋では流佳の恋愛の話になっており、流佳は莉咲子は話しやすいが春花も気になっているようで、まだはっきりとは気持ちが決まっていないようでした。

香織とケニーはオリジナルTシャツのボディを見るデートに出かけます。二人はアートの話で盛り上がり、ケニーは春花とのデートの時とは別人のようによくしゃべっていました。

第6話

翔平とゴルフの打ちっぱなしに出かけた春花は、車内で流佳は莉咲子の事が好きなのか尋ねます。翔平は「話しやすいようだ」と答えます。気になるから確かめたのかと思ったら、春花はケニーが一番男性としてドキドキするとの事でした。

後日、流佳と春花は自動車販売店に出かけます。その際、ズバっと莉咲子が好きなのか確認します。流佳の回答は友達とも言えないようなそんな曖昧なものでした。

また、テラスハウス東京編の初回放送をメンバーで観て、流佳は春花が気になると言って、春花も流佳を可愛いと言っていたことが分かり、照れたように笑っていました。

その後、女子トークがあり、それぞれの気になっている人の話へ。香織は翔平が気になっていると答えます。そして、なんと、春花と莉咲子はケニーが気になっているとの事で、いつの間にか二人とも流佳からケニーに気持ちが移っていたようでした。

第7話

ケニーと莉咲子がデートに出かけますが、二人ともとても楽しく過ごしたようで、帰ってきてからも仲良く話している様子を春花が見て、ケニーを諦めようと思うと香織に話します。

また、ケニーと春花もライブデートに出かけ、そこでケニーから莉咲子が気になっていると直接聞きました。

そして流佳のほうにも動きがありました。なんと香織が気になっていると翔平に打ち明けたのです。莉咲子とも春花ともデートをしたが、付き合おうという気にはならなかった。でも、香織は二人とは別で、仕事とかもリスペクトしていて、こういう人の人生を見てみたいなと考えるようになったそう。

翔平はそんな流佳の背中を押します。翔平は香織に対してまだそこまで気持ちが動いていないようでした。

第8話

女性陣から男性人に恋愛に関して消極的だとダメ出しが入り、流佳は早速香織をデートに誘いました。また、翔平はバーで一人飲んでいる際、春花に惹かれていっている事に気づきます。

ある日、春花はケニーのために夕食を作って待っていました。すると莉咲子が先に帰ってきて、3人で食事をする事になります。

春花が「(ケニーが)一番緊張する。よく分からない。」と遠まわしに気持ちを話します。すると、莉咲子が「人としてわからないんじゃなくて、男だからじゃなくて?」とツッコミを入れ「好きな人と出かけると、莉咲子は緊張するよ」と続け、春花の思いを暴露する形となりました。

3人に沈黙が流れたあと、ケニーは「難しいね」と、席を立ってしまうという展開でした。

第9話

春花は自分の気持ちを誤解なく伝えるためにケニーに会いに男子部屋に行きますが、泣き出してしまいます。春花は、ケニーのことを男性として気になっていたが、それを莉咲子にバラされてしまったことで、このあとどうしていいかわからなくなったと告白しました。

そして、ケニーに莉咲子のことをどう思っているのかと聞きます。それに対して、莉咲子のことは3人の中で一番気になっている存在だと答え、さらに春花のことは恋愛対象ではなかったとはっきり伝えました。

また、莉咲子はそのまま遊びに出かけてしまい、一人で出かけた事を心配する流佳に対してケニーは動こうとしませんでした。翌日帰ってきた莉咲子は春花に謝り、お互い歩み寄る努力しようという話になりました。

別の日の夜、春花しかいないテラスハウスに、ハワイ編のメンバーである鮎澤悠介(イーデン・カイ)が訪ねてき春花から最近のゴタゴタの話を聞いたりしながらテラスハウスを見学しました。その際、春花にデートに行こうと声をかけました。

第10話

来る予定だった春花がライブに来なかったことを心配し、ライブが終わりテラスハウスに帰ってきたケニーは、春花を屋上に呼び出します。春花のことをよく知らなかっただけで、興味がないわけではないと口にし、この前のことを答えだと思わないで欲しいと話します。フォローのつもりだったのでしょうが、思わせぶりな態度を取りました。

また、莉咲子はケニーがはっきりとした態度を示さないため、示してくれるように話したにもかかわらず相変わらずはっきりとした事を言わないケニーに少し冷めた気持ちが現れてきたようです。

香織と流佳は初めてのデートとに出かけますが、食事の支払いは香織がさらっと払ってしまいます。流佳はまだまだリードは無理のようで、香織は流佳をかわいいと思ってしまったようです。

第11話では未熟さが浮き彫りに?

11話では男性陣の対応から、未熟さが浮き彫りになりました。一番年上の香織の涙が会ったり、流佳のありえない料理まで、詳しく見ていきます。

メンバーが流佳にダメ出し?

俳優としてマーベル作品に出たいという夢が芽生え始めたという流佳だが、何も行動が伴っていない様子にメンバーからダメ出しが入りました。

香織は具体的な行動を想定してるのかと質問。春花も自分の事務所がやっているワークショップに誘うが「見学だけでいいですか?」と流佳は尻込みをし、そんな流佳の夢だけを見ている状況に女性陣からは不安の声があがりました。

香織が号泣?

テラスハウス出演をきっかけに仕事を沢山貰うようになり、BEAMSとのコラボTシャツという大きな仕事も得た香織でしたが、「どこまでが自分の実力なんだろう」と思い悩んでいることをケニー、莉咲子、流佳に話し涙を流します。

それに香織への尊敬の気持ちを伝え励ます莉咲子、「今の香織さんもすごいと思うけど、これからもっとすごくなる香織さんも楽しみ」と自分なりの言葉で励ました流佳。対して「香織でもそういうときあるんだね」といまいち響かない、話をちゃんと聞いていたのか分からないような事を話すケニーにスタジオからはダメ出しが入りました。

流佳の料理シーンが衝撃!

料理未経験の流佳がレシピを見ずにカルボナーラ作りに挑戦した際の衝撃のシーンが話題となりました。麺を茹でる鍋に直接卵を割り入れたり、ブロッコリーをはさみで切ったりと、女性陣は唖然として見守っていました。

テラスハウス東京編の場所や今後

今後の展開はどうなるのか気になるところですよね。また、テラスハウス東京編の場所はどのあたりなのでしょうか。主題歌もご紹介します。

今後の展開を予想!

今のところ、流佳、香織、翔平、春花は気持ちが一方通行で、ここからどうなっているのか注目ですね。また、今のところ、莉咲子とケニーは今後カップルになる可能性が高そうなので今後の二人の距離感も気になるところです。

テラスハウス東京編の場所は?

テラスハウス東京編の撮影場所は世田谷区にある住宅だそうです。7SLDKでプールもついています。家賃は公表されていませんが、中古物件として売りに出されていた際の価格は3億だったそうです。

テラスハウス東京編の主題歌は?

グラスゴー出身の3人組バンド・CHVRCHESの「Graves」が主題歌として使われています。今年のサマーソニックにも出演予定です。

テラスハウスに応募するには?

テラスハウスの公式ホームページから応募する事が可能です。条件は18歳以上の健康な方で共同生活が出来る人との事で、海外からも応募を受け付けています。

出演者には、芸能事務所に所属している人が多いイメージですが、一般人でも応募可能です。

応募の際は、名前、性別、生年月日、出身地、住所、学歴、恋人の有無、趣味・特技、将来の夢、番組の感想・自己PRなどの入力と顔写真の添付が必要です。

気になる方は応募してみてはいかがでしょうか。

まだまだ目が離せないテラスハウス 東京編

テラスハウス東京編のメンバー紹介と各話のネタバレありで振り返ってきましたがいかがだったでしょうか。まだまだ動き出したばかりのテラスハウス東京編です。続きがとても気になりますよね。

恋愛模様ももちろんですが、人間関係も目が離せません。6人の共同生活の行方をこれからも応援していきましょう。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ