記事ID144159のサムネイル画像

大坂なおみに国籍選択の決断が迫る!父親やコーチは?日本語力は?

わずか20歳という年齢でアジア人初の世界ランキング一位を獲得したことで世界中から注目を集めた大坂なおみさん。そんな大坂さんに国籍選択の時が迫っています。今回は、大坂さんの国籍に関わる問題と一緒に大坂さんのご家族の情報や家族への思いも合わせてご紹介します!

大坂なおみの国籍や家族構成はどんな感じ?

テニスプレーヤーとして世界でも活躍している大坂なおみ選手。可愛らしいキャラクターも持ち合わせている彼女ですが、一体国籍はどこなのでしょうか。そして家族構成はどの様になっているのでしょうか。

そこで今回は、大坂なおみ選手の国籍や家族構成について迫っていきたいと思います。

大坂なおみとはどんな人物?

大坂なおみ選手について知るためには、まずはプロフィールから見ていきましょう。大坂なおみ選手がどういった人物なのかを知ることで、より親近感もわくかもしれませんし、応援したくなるかもしれません。

大坂なおみのプロフィール

  • 本名(ふりがな/愛称):大坂なおみ(おおさかなおみ/新幹線、なおみちゃん)
  • 所属事務所:なし
  • 生年月日:1997年10月16日
  • 現在年齢:21歳
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 血液型:不明
  • 身長:180センチ
  • 体重:69キロ
  • 活動内容:テニスプレーヤー
  • 所属グループ:なし
  • 家族構成:両親、姉

大坂なおみの本名は?

大坂なおみ選手の本名は何なのだろうと想像する方もいるかもしれません。端的に言えば、『大坂なおみ』というのは本名なのです。大坂なおみは3歳まで日本の大阪で生活をしていたことから、『大坂なおみ』が本名ではないのかもと思われてしまう要因であったと考えられます。

 

ちなみに、ナオミ・キャンベルから『なおみ』という名前をつけたというエピソードもあります。世界で活躍する大坂なおみ選手にはぴったりかもしれません。

高身長から放たれるサーブがすごい!

大坂なおみ選手の身長は180センチと非常に長身です。彼女が放つサーブの最速記録は、2016年の全米オープンで記録した201.1km/h (125.0mph) となっています。秒速にすれば約55.86メートルです。

このスピードは、歴代の女子選手の中では10位に入ります。要するに、これまでに大坂なおみ選手を含め10名の女子選手しか成しえていないということです。ちなみに、錦織圭選手は201km/hであり、松岡修造は216km/hでした。

大坂なおみの成績やランキングが気になる!

大坂なおみ選手のランクや成績がどうなっているのかも気になるところでしょう。さて、大坂なおみ選手は、今どのくらいのランクにいてどの程度の成績を収めているのでしょうか。大坂なおみ選手のランクと成績を見ていきたいと思います。

大坂なおみの成績!

大坂なおみ選手の2019年上半期の成績は、22勝10敗であり2019年の獲得タイトルは1つです。全米オープンで日本人として初めてグランドスラム初制覇を達成しています。2019年になってからは、全豪オープンで優勝してグランドスラムを2連覇しました。

大坂なおみのランキングは?

2019年に世界ランク1位の座にも輝き、現在はWTAシングルスで2位、WTA賞金でも2位となっています。1位は、オーストラリアのアシュリー・バーティです。

大坂なおみがコーチを解消!その理由とは

大坂なおみ選手は、ずっと二人三脚でやってきたサーシャバインコーチを解消しました。この件については、大坂なおみ選手本人もTwitterで呟いています。コーチを変えるのは珍しいことでもないのですが、解消した理由は彼女本人の意向によるものとされています。

これからもっと活躍していくための、戦略の1つであると考えられるのです。例えば、ネットプレーや第2サーブを改良することなど、こうした面を教えてくれるコーチに学びたいと考えてのことであるのでしょう。

また、成功よりも自分の幸せを優先できる人生にしたいという考え方が、サーシャバインコーチと合わなかったということのあるのかもしれません。

大坂なおみの歴代コーチ

大坂なおみ選手のコーチは、テニス経験はない父親から3歳より手ほどきを受けていたとされています。そして、2013年の東レパンパシフィックオープンで大坂なおみ選手を初めてみた日本テニス協会女子代表コーチの吉川真司が、大坂なおみ選手の試合を観て衝撃をうけたのでした。

大坂なおみ選手を凄い才能を持っていると見ぬき、コーチになりました。その後、デビッド・テイラにコーチが変わり、2017年12月まで指導を受けたのです。そして、2018年からはサーシャバインコーチが指導をしていました。

大坂なおみに国籍選択が迫る!

大坂なおみ選手は、活躍をしていることで彼女の国籍についても色々と取り沙汰されています。大坂なおみ選手については「日本人初」などと活躍を報道されることがあるため、日本人なのではないかと思う方もいるかもしれません。

ここで、大坂なおみ選手の国籍に関して探ってみましょう。

大坂なおみは現在二重国籍で活動している?

今の段階で、大坂なおみ選手の国籍はアメリカと日本の二重国籍となっています。大坂なおみ選手が二重国籍なのには、両親が関係しているとされています。母親である大坂環は列記とした日本人であり、北海道生まれです。

 

父親のレオナルド・フランソワはハイチ系アメリカ人であり、アメリカ国籍となっています。そうしたことから、大坂なおみ選手は二重国籍になっているのです。

二重国籍は認められている?

アメリカでは法律上二重国籍は認められています。しかし、日本では原則として認められてはいません。それもあり、法務省より催告を受けてから1か月のうちに国籍を選択しなければ、日本国籍を失うことになるのです。

大坂なおみの国籍選択の期限は?

日本では、22歳までであれば二重国籍が例外として認められています。しかし、22歳になればどちらかの国籍を選ばなくてはいけません。1997年10月16日生まれで2019年7月現在で21歳の大坂なおみ選手は、2019年10月16日までにアメリカか日本かを選ばなくてはいけないでしょう。

ただ、それ以降に二重国籍であっても処罰されることはありません。22歳を過ぎても二重国籍である人は、実際は多くいるということです。

大坂なおみの判断は?

大坂なおみ選手は日本で選手登録をしていますが、それは彼女が幼い頃に両親が才能を感じてアメリカのテニス協会に支援を依頼したものの、アメリカには有望な選手も多数いて大坂なおみ選手は選んでもらえなかったのでした。

しかし、彼女の母から手紙を読んだヨネックス会長が心を揺さぶられ、用具を提供するなど支援を約束してくれたのです。日本のテニス協会も、早い段階から大坂なおみ選手の持つ力を伸ばそうと一歩一歩支援していきました。

これもあり、頭角を現してきてアメリカの協会が移籍を望んでも、彼女の父親は日本に残ることを変えませんでした。2019年10月に迫る期限や東京オリンピックの後に、大坂なおみ選手はどの様な判断をするかは不明ですが、グローバル化が進む今にあってどこの人間かは小さなことであるという見方もあります。

日本国籍選択のデメリットとは?課税額がやばい?

アメリカと日本はどちらも累進課税制であり、最も高いところでもアメリカは35%で日本は55%となるので、差があります。それに、大坂なおみ選手が住んでいるフロリダ州にいたっては州税がないのです。

日本にも控除はありますが、納税額を考えるとアメリカにいる方が特であると考えられます。また、アメリカには『国籍離脱税』がありアメリカ国籍を離脱してもアメリカに住んでいれば所得税が発生するため問題はありません。

しかし、他の国に住むとなると課税対象になります。課税額については、全財産を時価評価したものと減価償却したものとの差額に対し最大で23.8%発生してしまいかねません。大坂なおみ選手はこれまでの大会賞金やスポンサー契約料などで約40億円を稼いだとされますが、日本国籍を選ぶとなると約10億円を支払わなければいけなくなる可能性があるのです。

大坂なおみの国籍選択に対するファンの反応は?

大坂なおみ選手の国籍については、ファンは英語しか話せない彼女をニュースで日本人扱いをしている点に違和感を覚えるという声があります。それに、彼女の試合を見て「どちらの国籍を選択しようが構わないくらいに、試合画すごかった」という声もあります。

他にも大坂なおみ選手がどちらを選択しても関係ないとする意見があるのです。テニスプレーヤーとしてもキャラクターとしても、それだけ魅力のある選手だということでしょう。

大坂なおみの二重国籍と家族の関係は?

続いては、大坂なおみ選手の二重国籍についてや家族構成に関して見ていきたいと思います。大坂なおみ選手は、一体どういった家族に包まれているのでしょうか。彼女の身内について探ってみましょう。

大坂なおみはハーフ?

『大坂なおみ』という名前だけ聞けば、ハーフであるという印象を受けないかもしれませんし、日本人であると思う方も多い可能性はあります。しかし、大坂なおみ選手は列記としたハーフです。

父親のレオナルド・フランソワはハイチ出身?

大坂なおみ選手の父親は『レオナルド・フランソワ』という名前で、ハイチ共和国南東県ジャクメル出身のアメリカ人です。アメリカにあるニューヨーク大学で学び、13年間日本に在住していました。

大坂なおみ選手の身長の高さや体格の良さは、父親譲りなのかもしれません。

父親の職業は映画監督?

大坂なおみ選手の父親は、1994年から2000年頃まで英語学校の講師を務めていたとされています。そしてテニスのコーチもしたりしていますが、2006年から2012年までハイチにおいて映画監督として3本の映画を撮っているのです。

父親の出たニューヨーク市立大学シティカレッジにも映画に関する学科があるため、そこで学んだ可能性があります。

苗字は母親の大坂環からとった?

大坂なおみ選手の『大坂』という苗字は、彼女の母親である『大坂環』から取ったものです。母親は北海道の方であり、見た目は日本人離れしている感もあるものの、純粋な日本人です。現在は大阪に居住していますが、それは仕事のためというのが大きな理由となっています。

その大阪で、勉強のために通った英会話教室に夫となるレオナルド・フランソワがいたのでした。要するに、大坂なおみ選手の『大坂』は大阪府出身ということとは関係ないということです。

大坂なおみは四人家族!

大坂なおみ選手は両親と姉と本人の4人家族です。父親のレオナルド・フランソワはアメリカ国籍であり、母親の大坂環と大坂なおみ選手の姉であるテニスプレーヤーの大坂まり選手は日本国籍となっています。

時折インスタグラムに家族での写真をアップするほどに、家族中は良好なのです。特に大坂なおみ選手は姉の大坂まり選手と仲が良くて、試合後のインタビューで一番会いたい人を聞かれると「姉です」と答えるほどです。

姉は大坂なおみがテニスをはじめたきっかけ?

大坂まり選手もテニスプレーヤーです。大坂なおみ選手がテニスを始めたのは、姉である大坂まり選手の影響があったとされていて、3歳から始めたのです。4歳でアメリカに移住する
前には、大阪市内の靭公園にあるテニスコートで練習をしていたとされています。

両親が離婚しているという噂って本当?

大坂なおみ選手の両親が離婚しているという噂がありますが、実際には離婚していないと考えられます。はっきりとした離婚の証拠もなかったのです。現在、父親であるレオナルド・フランソワは、母親や姉妹と別居状態になっています。

それが離婚の噂に繋がった可能性があるでしょう。しかし、前述のように家族仲は良いですし離婚の噂は極めて信憑性が低いです。

大坂なおみの祖父母の家が豪邸!

大坂なおみ選手の母方の祖父は大坂哲夫という方です。北海道の根室市に住んでいて、根室漁協の組合長を務めている方でもあります。この祖父は、お金持ちであり家が豪邸であるという噂があるのです。

大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した後に、祖父がインタビューを受けています。その場所が祖父の自宅前だったのですが、その後ろには立派そうな庭も映っていました。庭があるだけでもそれなりに敷地も必要であると考えられます。

しかし、祖父宅の庭はとても大きなものに見受けられるため、豪邸であるという噂は信憑性があるか農政があります。

大坂なおみの日本語力は?

大坂なおみ選手は、生まれは日本ですが小さい頃に渡米していますし、現在も拠点はアメリカなので通常は英語で話しています。よって、日本語はあまり得意ではありません。しかし、今は日本語の勉強中とされているのです。

ちなみに日本の食べ物は好きであり、うなぎや焼肉、寿司が特にお気に入りとしています。

大坂なおみは二重国籍

女子プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手は、母親が日本人で父親がハイチ出身のアメリカ人というハーフです。『大坂なおみ』という名前は、本名であり姓は母親のものとなっています。

現在はアメリカと日本の二十国籍ですが、日本では二重国籍が認められていません。彼女が22歳になる日までに、アメリカか日本かのどちらかの国籍を選択しなければいけないのです。大坂なおみ選手がどちらを選ぶのかが、注目されるところでしょう。

大坂なおみ選手は、大阪に住んでいた幼少期より父親の手ほどきを受けて、テニスを続けてきました。コーチは何名か変わっているものの、メキメキと頭角を現してランキング1位にまで上り詰めたりもしています。そんな彼女の、今後ますますの活躍を期待しています。

大坂なおみの関連記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ