記事ID143763のサムネイル画像

    【断捨離後悔をさせない!】捨てるべきもの・残しておくものとは?

    最近流行りの『断捨離』近藤麻理恵先生の「ときめくお片付け術」はアメリカで大ヒットをしています。しかし、『断捨離』ブームがあるなかで、断捨離後悔をする人もいると言われています。断捨離後悔をしないためにもどんなことに注意をしながら『断捨離』をするべきか紹介します。

    断捨離後悔をしないためのお片付け術を紹介!

    現在、日本だけでなく、海外でも『断捨離ブーム』が起きているのをご存知ですか?近藤 麻理恵さんが2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』がアメリカで大反響を呼び、ミリオンセラーを突破しています。

    それくらい世の中の人が、自分の身の回りにあるものを片付けていきたいと思うようになっているようです。しかし、断捨離をしすぎて『断捨離後悔』なんてのもよくあると言われています。

    今回は、『断捨離後悔』をしないためのお片付け術や、世の中の人がどんな物を捨てて後悔をしたのかなど紹介をしていきます。

    断捨離とは

    断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、やましたひでこ(山下英子)の著書において発表された言葉です。「断捨離」「クラターコンサルタント」は山下英子の登録商標である。

    ・断:入ってくるいらない物を断つ。
    ・捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
    ・離:物への執着から離れる。

    出典:https://ja.wikipedia.org

    『断捨離』とは、つい最近よく聞くようになった言葉ですよね。日本では、古くから”捨てることは勿体ないことだ!”という概念があるため中々物を捨てることができなくなり、自分が住む居住空間に物がたくさんあふれかえってしまうようです。

    断捨離は、たくさんある物の中から大事なものを選ぶこともでき、いらないものを捨てることもできるのでとてもいいことです。

    断捨離の良い点

    『断捨離』の良い点といえば、自分の不要なものを自分で考えて捨てることができます。今まで使っていた収納スペースなどが綺麗に片付けることができるのでスッキリとします。本当に必要なものを再確認できるという意味でも、『断捨離』はいいことだと言えるでしょう。

    断捨離の悪い点

    『断捨離』の悪い点といえば、思い出の品を誤って捨ててしまうこともあるようですね。『断捨離』をしすぎたせいで、家に物があると、恐怖感が出てきたりすることもあるようです。片付けることに対して依存症のようになったりすることもあるようなので、やりすぎには注意が必要です。

    【断捨離後悔】 捨てた後に後悔しがちなもの

    ここでは、断捨離をして【断捨離後悔】をした人が、何を捨てて後悔をしてしまったのか紹介をしていきます。

     

    意外にたくさんの人が【断捨離後悔】をしているようなので、これから断捨離をする人は、気を付けていただければと思います。それではご覧ください。

    【断捨離後悔①】手帳

    手帳は、1年に1回は買い替える人が多いですよね。手帳を使っていない人は問題ありませんが、仕事やプライベートで、手書きの手帳を持っている人は、毎年買っているとたくさん溜まりがちですよね。手帳を処分してしまい『断捨離後悔』をした人がとても多くいるのです。

    『断捨離後悔』の理由としては、古い手帳を捨ててしまい、その中に大事な連絡先などを記載しているのを忘れてしまっていて、中身を確認しないまま捨ててしまって、連絡が取れなくなってしまった人がいるようです。

    最近では、パソコンやスマートフォンがとても普及しています。手帳の断捨離をする際は、時間が掛かってでも中身をきちんと確認をして、大事な連絡先などは、2重、3重にバックアップを取っておきましょう。写真や、電話帳に入れるだけでなく、パソコンでも管理できるようにしておくといいでしょう。

    【断捨離後悔②】ブラウス

    仕事で使っていたブラウスを捨てて『断捨離後悔』をした人もいるようです。会社を退職したことで、もう要らないと判断してしまいましたが、新しく入った会社でもブラウスが必須だったこともあり、もう一度買いなおしをしなくてはならなくなったようです。

    お金の無駄をしてしまい『断捨離後悔』をしたようですね。皆さんも気を付けておきましょう。

    【断捨離後悔③】給与明細

    会社勤めをしている方であれば、給与明細は毎月貰うものになってくるでしょう。これも溜まってきますよね。しかし、これを捨ててしまったがために、公的機関で年金記録の確認をするときなどに困った人もいたようです。

    給与明細に厚生年金など天引きされているものがあれば記載がされているので、面倒であっても確認することをお勧めします。

    給与明細を捨てるときは、厚生年金に加入をしている人は必ず、自身の年金記録と整合性を確認して捨てるようにしましょう。年金記録がどうなっているかは、年金事務所で確認ができます。『断捨離後悔』をしないようにしておきましょう。

    【断捨離後悔④】CD

    音楽が趣味の人は、CDを集めている方もいるでしょう。最近では、デジタル化が進みネットで手軽にCDを買わずして音楽を購入できるようになってきています。

    CDを捨ててしまい『断捨離後悔』をした方がたくさんいます。昔購入したCDを捨ててしまい、もう一度聴きたいと思いネットで探したけど廃盤になっていたなどが原因だそうです。デジタル化されていないとまた購入することもできなくて、オークションなどで探す人もいるようです。

    CDは、簡単に捨てることもできるので『断捨離後悔』しやすいものになってきます。皆さんもCDを捨てる際には気をつけましょう。

    【断捨離後悔⑤】日記

    自分が記録をこまめにしていた日記を捨ててしまい『断捨離後悔』をした人もいます。旅行に行った記録や日頃の思ったことを書き留めている人もいるでしょう。

    中身を確認しないまま、捨ててしまう人が多いようで、いざ昔の日記を見てみようとすると捨ててしまったことに後から気づき後悔をしているようです。

    【断捨離後悔⑥】表彰状

    表彰状を捨ててしまい『断捨離後悔』をしている人もいるようです。表彰状は、自分が頑張った証でもありますが、紙切れ1枚ということもあり捨ててしまう人が多いようです。

    しかし、資格の証明になるような表彰状もあります。それを捨ててしまった人もいるようで会社に提出できなかったなどもあるようです。皆さんも表彰状を片付けるときは、必ず確認をしてから、本当に捨てていいのか確認をしましょう。

    【断捨離後悔⑦】写真

    思い出の写真を捨ててしまい『断捨離後悔』をした人もいるようです。ネガが残っていればまた写真にすることはできますが、残っていないと二度と戻っては来ません。

    写真などはよく考えて捨てる必要がある物ですね。『断捨離後悔』しがちな物ナンバーワンといってもいいかもしれません。

    【断捨離後悔⑧】ベビー用品

    兄妹などがいる場合に、先に姉や兄が結婚をして子どもが生まれて、一通りベビー用品を買いそろえていましたが、妹や弟が結婚しないと判断してしまい捨てて『断捨離後悔』をした人もいるようです。

    意外に早く妹や弟たちが結婚して、子どもが生まれることになったのに、ベビー用品を捨てていたのでまた買いなおす羽目になった人も少なくないようです。

    ベビー用品は、何十年も使うものではないのであまり汚くなりません。少しの間であれば、保管しておいてもいいものなのかもしれませんね。

    【断捨離後悔⑨】お金

    お金を断捨離する人がいるのか?と思われた方もいるかもしれません。これは、へそくりを封筒や本の間などに隠していていることを忘れてしまい、断捨離をした人が『断捨離後悔』をしたお話です。

    本の間や封筒でお金を隠している人もいるかもしれません。しかし、時間が経過するとヘソクリをしていることも忘れてしまうこともあります。本を捨てるときに確認をしてなかったがためにお金を捨ててしまったようですね。

    【断捨離後悔⑩】ゲーム

    ゲームを捨ててしまい『断捨離後悔』をしている人もいるようです。古すぎるゲームは、使えないことがあるかもしれないので捨ててもいいかと判断する人もいるでしょう。

    最近発売されたゲームを断捨離する時点で”もう遊ばない”と判断してしまい、捨ててしまった人がいるようです。何か月か後に”遊びたい!”と思ってしまったが、買いなおす羽目になった人もいるようです。

    また遊びたいと思うこともあるかもしれないゲームなどを簡単に処分するのはやめましょう。

    断捨離で後悔しないコツ・方法

    さて、ここからは、『断捨離後悔』をしないコツや方法についてみていきましょう!捨てている時は、脳が片付けモードに入っていますのでうまく判断できないこともあります。

    『断捨離後悔』しないためにもしっかりと前もって知識を入れておくことで、後悔せず綺麗にお片付けすることができるでしょう。

    断捨離をする目安

    断捨離をする目安は、収納スペースが70%~80%くらいまで埋まってきたらするべきだと言えるでしょう。

    断捨離をするのも、人からの後押し、自分のやる気なども関係してくるものだと言えます。収納スペースに”これ以上入れるとパンパンになる”、”綺麗に収納できない”などの兆候が出てきましたら、断捨離を少しずつしていきましょう。

    断捨離後悔をしない方法

    『断捨離後悔』をしない方法は、「要らないもの」と「要るもの」をしっかりと分けることが重要です。

    もし選別をしている時に悩んでしまったら、悩む用の箱を用意しておくといいかもしれません。時間が経てば、要る、要らないを判断できることもあります。洋服などは、無理に捨ててしまうと後で後悔してしまうことが多いので気をつけましょう。

    第三者の意見を聞く

    『断捨離後悔』をしないためにも第三者の意見を聞くことも大切です。捨てていいか悩んでしまったときは、仲の良い友人などに相談をしてみましょう。もしかすると、あなたが捨てたかったものを、第三者は、使えるから欲しいと言われるかもしれません。

    無理をしない

    『断捨離後悔』をしないためには、無理をして捨てないことです。これが一番重要かもしれませんね。

    新しいものを買って収納スーペスが無くなるのであれば、一番古いものから捨てていくのが望ましいのですが、愛着がわいているものもあるかと思います。本当に捨てたいときに捨てるのが一番いいでしょう。

    断捨離が離婚・別れのきっかけにった実例

    断捨離を思い切ってしたことにより、夫婦間・家族間で溝が生まれてしまった実例を紹介していきます。皆さんも、断捨離をするときには注意をしていきましょう。捨てすぎるのも危険です。

    夫のものを捨てた妻

    夫の大切なものを妻が捨ててしまうこと、これが一番多い断捨離による離婚理由だそうです。断捨離にハマった妻が、夫のものまで勝手に捨ててしまい亀裂が生まれてしまうようです。

    夫は、妻に対して信頼関係を築くことができなくなってしまい離婚につながったようです。夫婦といえど他人です。プライバシーはしっかりと守って行動をしましょう。

    子どもの大切なものを捨てた

    子どもの大切なものを、学校に行っている間に捨ててしまうなどして、子どもとの関係性に亀裂が入ってしまうこともあるようです。

    おもちゃなどを要らないとかってに親が判断するのは良くないです。子どもと一緒に要らないものを見つめなおしながら片づけをするのが一番いいでしょう。

    思い出の品を捨てて夫婦関係にヒビ

    このケースは、写真など家族の思い出を捨ててしまい、夫がキレてしまい夫婦関係に溝ができて離婚したというお話です。断捨離にハマってしまった妻が、思い出の品まで捨てたことで夫との間に大きな溝が生まれてしまい修復することができなくなったようです。

    夫の必要性を断捨離で考える妻

    断捨離をしている時に、夫と居る時間、夫の必要性を考えた妻の体験談です。断捨離で必要最低限のものを残し、それ以外をすべて捨ててしまった妻は、夫の大切なものまで捨ててしまい、夫自身も捨てたいと思うようになったそうです。

    嫌いになったというわけではなく、断捨離のしすぎで見えなくなってしまったようです。このまま離婚をしてしまう夫婦でした。

    断捨離して良かったものランキング

    ここでは、”断捨離をしてよかった”と感じている物について紹介をしていきます。断捨離経験者は、これらのものを片付けてよかったと感じているようですね。皆さんも参考にしてみてください!

    1位:食器

    断捨離をして良かったもの第1位は「食器」です。食器はたくさんあっても、同じものしか使わない傾向があります。2年以上使っていない食器があれば、処分してもいいでしょう。食器を捨てると、キッチン周りがとてもきれいに片付けられます!

    2位:洋服

    断捨離をして良かったもの第2位は「洋服」です。2年以上一度も着ていない洋服があれば、処分してもいいでしょう。洋服の好みも年を重ねるごとに変わってくることに気付くことができるかもしれません。

    3位:本

    断捨離をして良かったもの第3位は「本」です。本は買うと溜まってしまいますよね。結構場所をとってしまいます。図書館などにあるような本は捨ててしまってもいいかもしれません。本の断捨離をした人は、”スッキリして気持ちが良い”という人が大勢いるようです。

    4位:ポイントカード

    断捨離をして良かったもの第4位は「ポイントカード」です。ポイントカードは、意外にも溜まってしまい気づけば財布にも入らず、別の入れ物に入れているなんてこともありますよね。一度財布の中からすべてを出し、ポイントカードを見てみてください。使っていないものもあるかもしれません。片付けると財布の中がスッキリするのでお勧めです。

    5位:ぬいぐるみ

    断捨離をして良かったもの第5位は「ぬいぐるみ」です。ぬいぐるみは、捨てづらいものとしてあるため中々断捨離を決断できずにいる人も多いようですね。断捨離といっても、捨てることがすべてではありません、フリマアプリなどを活用することもおすすめです。

    断捨離の良い点・ランキング

    ここでは、断捨離の良い点をランキング形式でご紹介していきます。断捨離した人は、どんなことを感じているのでしょうか?それでは早速見ていきましょう!

    1位:自分にとって大切なものがわかる

    断捨離をすれば、自分にとって本当に大切な物が分かるようです。自分を見つめなおすきっかけにもなると言われているのが断捨離です。

    2位:心に余裕ができる

    たくさん物があるほうが、心に余裕があると思う方もいるかもしれません。しかし、断捨離をするほうが心に余裕がもっとできるようです。物がない分、落ち着いた部屋で過ごすことができるというのも理由の一つでしょう。

    3位:掃除が楽

    部屋がきれいになったことで”とても掃除が楽”という意見が圧倒的に多いです。前まであったものが無くなるということで掃除の時間も短縮できるようです。

    4位:節約をするようになった!

    無駄なものを考えるようになったおかげで、節約できるようになった人もいるようです。物が無くなったので家賃を抑えることができるようになった人もいるそうです。

    断捨離とミニマリストとの違い。断捨離依存とは

    『断捨離』と『ミニマリスト』の違いについて説明をしていきます。そして、『断捨離依存』についても紹介をしていきますので見ていきましょう。

    断捨離とミニマリストの違い

    ミニマリストとは、必要最低限のもので生活をしている人のことを言います。断捨離は、自分が幸せになるために今ある物を捨てることも含まれているので、『ミニマリスト』も『断捨離』も同じような意味があると言えるでしょう。

    断捨離依存とは

    『断捨離依存』とは、物を捨てずにはいられないという衝動になってしまうことを言うようです。物を捨てることに執着をしすぎてしまい、周りが見えなくなってくる人もいると言います。

    どんな人が断捨離依存になる

    物を大事にする人ほど『断捨離依存』に陥りやすい傾向があるともいわれているようです。もし、ご自身に『断捨離依存』のような症状が現れましたら、お医者さん、友達などに相談するのもいいかもしれません。

    今、大事なものを捨て始めたら『断捨離依存』のサインかもしれません。

    初心者の人が失敗しない断捨離の仕方

    初心者の人が失敗せず『断捨離』を行う方法についてご紹介します。

    • 捨てるもののリストを作る
    • 片付ける前に今の状態を写真に撮っておく
    • 収納スペースの確認をする
    • よく考えて捨てる

     

    4つを挙げてみました。参考にしてみてください。まずは、捨てるものを確認しましょう。リストにするのもオススメですし、捨てるものの箱を用意するといいかもしれません。片付けをする前には写真を撮るのも有りです!どれだけ片付いたかわかります。最後は、自分にとって必要なものかをしっかりと考えて捨てるようにしましょう。

    断捨離後悔をしないための断捨離術を学ぼう!

    『断捨離後悔』をしないためにも、自分なりの断捨離術を身に着けていくことが大切です。本記事を参考にしていただいてもいいですし、自分の中でお片付けルールを決めるのも良しです!

    後悔しない断捨離をしていき、綺麗な部屋にしていきましょう!

    関連記事はこちらから

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ