記事ID143441のサムネイル画像

トランス状態の意味を理解しよう!音楽や瞑想でゾーンに入れる?

トランス状態に入ると今までの意識とは別の状態になることができます。実際にトランス状態については科学的に証明されている訳ではありませんが、私たちの生活の至る所で発見されている現象です。『トランス状態に入るには?』『トランス状態のメリットは?』全て解説します。

トランス状態を分析!

今回は、一度は聞いたことがあるであろう「トランス状態」について分析し、わかりやすく解明していきます。皆さんは、「トランス状態」に入ったことありますか?

この記事を読めば、絶対にわかる「トランス状態」について早速見ていきましょう。

トランス状態とはどんな状態?

皆さんは、「トランス状態」がどんな状態のことを指すかご存知ですか?言葉だけなら聞いたことがあるという人もいるかもしれません。「トランス状態」とは、心理的な要因も含まれていると考えられています。

難しい言葉もたくさん出てくると思いますのでわからなくなることもあるかと思いますが最後までお付き合いいただければと思います。それでは見ていきましょう。

変性意識状態の一種

「トランス状態」という言葉を調べてみるとこんな感じで難しく書かれています。ここでは、引用を用いながら紹介をするほうがより学術的なものとなりますので、わかりやすいかと思います。

では、「トランス状態」と結びつきの強い言葉である、「変性意識状態」についての意味もここで紹介をしていきます。

トランス (英: trance) あるいはトランス状態とは、通常とは異なった意識状態、つまり変性意識状態の一種であり、その代表的なものである。

入神状態と呼ばれることも、脱魂状態や恍惚状態と呼ばれることもあり、リハビリテーション、教育、スポーツなどの幅広い領域へと応用されている。

出典:https://ja.wikipedia.org

変性意識状態(へんせいいしきじょうたい、英: altered state of consciousness, ASC)とは、日常的な意識状態以外の意識状態のことである。

変性意識状態は「宇宙」との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴い、この体験は時に人の世界観を一変させるほどの強烈なものと言われる。その体験は精神や肉体が極限まで追い込まれた状態、瞑想や薬物の使用などによってもたらされるとされる。また催眠等による、非常にリラックスした状態を心理学でこういうこともある。

出典:https://ja.wikipedia.org

「変性意識状態」を学術的に書いているのを見ると、難しいことがたくさん書かれていて何を言っているんだろう?と思われた方もいるかもしれません。簡単に言うと、非常にリラックスしている状態のことを指していると思ったらいいでしょう。

 

「トランス状態」=「変性意識状態」ではないということを頭の片隅に置いておいてもらえると次の話から理解してもらえるかと思います。

変性意識状態とは?

「変性意識状態」は、瞑想・催眠術にかかっている状態の時や薬物を使用した時などに体験することができるかもしれないと言われています。言い換えれば、日常生活を平凡に過ごしている人であればめったに体験することができないレアなことともいえるでしょう。

私たちが、「変性意識状態」に入るとどんな風になるかといいますと、とりあえずは、不思議な気持ちになるそうです。瞑想をしていると不思議な感覚になる人も多いのではないでしょうか?それと同じ原理です。あとは、幸福感などを味わうことができるともいわれています。

トランス状態<変性意識状態

「トランス状態」と「変性意識状態」の関連性は、イコールでないことを頭に入れておいてください。同じような意味合いではありますが、「変性意識状態」の中に「トランス状態」が含まれるということになりますので、「変性意識状態」の一部であるということが言えます。

同じ仲間と思ったらわかりやすいかもしれません。この話は結構難しいですよね。

表層的意識が消失した状態

「表層的意識が消失」した状態こそが、「トランス状態」といえるでしょう。「表層的意識が消失」といっても、これは、意識が完全にないというわけではなく、自分の意識を保ったままの状態であることを指します。

トランス状態は無我の境地

『無我の境地』という言葉を聞いたことありますか?少年漫画などでよく登場する言葉だと思います。”これなら知ってる!”という方も多いのではないでしょうか?

これは、自身の意識は保ったままでありながらも、勝手に体が動いている状態だと言えるでしょう。スポーツ選手などはこれを経験することが多くあるかもしれません。勉強面でももしかしたら『無我の境地』に入ってから勉強をしていた人もいるかもしれません。

スピリチュアルでも使われる

「トランス状態」とは、スピリチュアルな面も大きく持っているとされています。極限までに自分を追い込んだ時に出てくる状態でもあります。

トランス状態への入り方は?

さて、ここからは、「トランス状態」へ自分からはいる方法について紹介をしていきます。いろんな方法があるようなので早速ですが見てまいりましょう。

 

ここで紹介する「トランス状態」への入り方は、必ずしも入れるというものでもありません。そして、薬物や飲酒などで入ることも命にかかわる危険なことになりますので注意をしてください!

 

危険行為は避け、より良い方法で「トランス状態」に入れるようにしていくことをオススメとします。

飲酒や薬物は使うな!

これは、絶対にやってはいけないことです!過度な飲酒・覚せい剤などの薬物によって「トランス状態」に入ることは禁止です。

 

薬物などを使えば以外にも簡単に「トランス状態」に入れると言われていますが、命の危険や法を犯してまでそこの状態にあなたは近づきたいですか?

 

そんなやり方でなくても、自身の生活のリズムを変えたり、ルーティーンを持つことで集中力が高まるなどして「トランス状態」に近い状態に持っていくこともできるようになると言われています。何度も言いますが、飲酒や薬物投与による方法は絶対におやめください。

瞑想に取り組む

「瞑想」をすると意外にも簡単に「変性意識状態」に入ることができるそうです。「瞑想」をすれば、身体もリラックスできストレスを解消することができるものだと言われています。

座禅を組む要領と同じやり方だと言われていますが、「瞑想」にも様々な方法があります。自分に合った「瞑想」を続けることで、心が解放感になり幸福感を味わうことができるともいわれています。また、涙が自然に流れてくる人もいると言われています。心と体を自分で整えるための大切なことだともいわれています。

トランス状態に入るためのコツ

「変性意識状態」の知識を頭に入れたうえで取り組むことが第一だと言えるでしょう。心理学的な要素も含まれてくるので途中であきらめてしまうこともあるかもしれませんが、根気強く挑戦していくことも大切だと言われています。

自分に合った方法を見つけることが「トランス状態に入るためのコツ」といえるでしょう。難しいことを考えず楽に呼吸を整えることで自分に大きな癒しの効果をもたらしてくれるものだという風に位置づけをしていくとよいでしょう。

ヘミシンクなどで自己催眠を行う

「催眠術」や「自己催眠」なども効果的な方法だと言えます。なかなか難しいとは思いますが、素直な人ほどかかりやすいと言われているのが「催眠術」です。催眠することで、自身の意識に自然とアクセスできるようになるともいわれています。

自己催眠の本なども発売されているそうなので詳しく内容を知りたい方はそこでチェックしてもらうのが手っ取り早い方法です。

トランス状態に入るその他の方法

上記で紹介した以外にも「トランス状態」に入れるかもしれない方法があります。

  • 音楽を聴くこと
  • アイソレーションタンク
  • ディクシャ(Diksha)

などの方法があるそうです。一つ目の音楽を聴くことが一番簡単だと判断できるでしょう。あとの残りの二つは何を指しているのかというと、「アイソレーションタンク」は、人間の五感を奪いリラックス効果を得ることだと言います。「ディクシャ(Diksha)」に関しては、スピリチュアルな儀式のことを指すそうです。

 

独学では難しいものが「アイソレーションタンク」と「ディクシャ(Diksha)」です。一番身近なものから挑戦していくことが望ましいと言えるでしょう。

トランス状態のメリットとは?

それでは、ここからは、「トランス状態」に入ることでメリットが生まれるそうです。そのメリットは何だと思いますか?「トランス状態」に関してこれまで説明をしてきましたが、意外に自分でコントロールしながら生活していくのは難しそうですよね。

そんなに集中力をかけて生活をしてない人も多くいるかと思います。しかし、瞑想をすることで簡単に「トランス状態」に入ることができるようになることもあるようです。脳をコントロールしながら生きていくための方法などにもつながると言えるでしょう。

それでは、「トランス状態」メリットについてみていきましょう。

トランス状態のメリット①幸福感

メリットその1は、「トランス状態」にうまく入ることができると、人は”幸福感”が得られると言われています。

 

これはいったいどういうことかと言いますと、「トランス状態」<変性意識状態ということになりますので、本当の自分に戻ったと言えるでしょう。大きく見ていくと、宇宙のビッグバンから地球は始まったとされています。自然的な感覚を思い出すことで、とてつもない幸福感を感じることができるようになると言えるでしょう。

 

トランス状態のメリット②潜在能力が発揮される

メリットその2は、「トランス状態」にうまく入ることができると、人は”潜在能力が発揮される”ことがあると言われています。

 

これはいったいどういうことかと言いますと、「トランス状態」<変性意識状態ということになりますので、自分の今していることに集中(没頭している)ことになります。集中力を高めていくと、周りが見えなくなったり、それだけしか見えないなどという感覚を経験したことがある人もいるかもしれません、まさに、”無我の境地(ゾーン)”の中にいる状態です。この時人間の能力は、フルに発揮することができるともいわれていて、フルどころか、今までに経験したことのない力を発揮できることもまれにあるそうです。

 

「トランス状態」は、スポーツだけでなく、仕事あるいは、勉強をする中で大きな成果を上げることができる大事なことです。これがうまく自分でコントロールできるようになるということはありませんね。

 

トランス状態のメリット③人間関係の円滑

メリットその2は、「トランス状態」にうまく入ることができると、人は”人間県警が円滑に進むようになる”ことがあると言われています。

 

これはいったいどういうことかと言いますと、「トランス状態」<変性意識状態ということになりますので、普通の状態よりも他人とコミュニケーションがとることができるようになると言われています。これは、とてもいいことですね。人間関係が、円滑に進むことがどれだけ自分にストレスを感じないかということもポイントになってきます。

 

相手を誘導して、「トランス状態」<変性意識状態に導き出すこともできるようになるそうです。これは、洗脳というわけではなく、自分で無意識のうちにやってしまうことだそうです。催眠術みたいなものです。知らない間に相手の人に催眠術をかけるという風に理解してもらって構いません。人間関係の構築がうまくいっている人は、たくさん世の中にもいると思いますが、知らない無意識のうちにこの原理を使っているともいわれています。

トランス状態のメリット④洗脳されなくなる

メリットその3は、「トランス状態」にうまく入ることができると、人は”洗脳されやすい”もしくは”洗脳を自分で解除することができる”というメリットにつながります。

 

これはいったいどういうことかと言いますと、「トランス状態」<変性意識状態になると「洗脳」されているのと同じような状態なので、非常に掛かりやすくなってくると言われています。「洗脳」と聞くとあまりいいイメージがないと思いますが、意外に私たちの身近なところでもあるものです。最近でいうと、SNSな度が分かりやすいと思います。そのほか、テレビ・雑誌など数多くのいわゆるメディア関係のものがそれに近しいものだと言えるでしょう。テレビや雑誌で、いい情報を目にすると、脳はそこで「洗脳状態」になっているそうです。メディアからの洗脳を受けていることになります。

 

また、社会に出て働いている面でも見てみましょう。相手に気に入ってもらいたい時などは、これが使えればいいと言えるでしょう。しかし、人間の心は、「洗脳」するためにあるものではありませんのでここには注意が必要です。変性意識状態≒洗脳を理解するといいことにつかえることもありますが、悪いことにも使えるので注意が必要です。

トランス状態は少年漫画にも登場する!

『テニスの王子様』という少年漫画をご存知ですか?「トランス状態」=無我の境地ということであれば、この漫画ではよく登場します。

テニスを舞台にした青春漫画で、主人公の越前リョーマなど様々なキャラクターが「トランス状態」=無我の境地に入ることができるようになってきています。「トランス状態」に入ることで、自身の力を最大限発揮することができる力こそが無我の境地。

この漫画では、楽しい気持ちがあれば誰しも入れる可能性もあると全国大会の決勝戦で語られていました。”無我の境地の奥”なんて言葉もこの漫画から登場をして話題を呼んでいましたね。

自分らしく生きる鍵に!

「トランス状態」に入ることで自分らしく生きる鍵になるともいわれています。「トランス状態」=無我の境地ともいわれるようですが、実際のところは本当かどうか解明されてない部分もあるかと思います。

スポーツ選手などが、ゾーンに入っていてその間記憶があまりないという話なども聞いたことがあるかもしれません。意識を保っている人もいるようです。要は、集中をしていることになるのでその間の記憶がないともいえるのでしょう。

自身で脳を操作することで起こる可能性がある「トランス状態」これに入ることができれば、自分らしく生きる鍵になってくるかもしれません。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ