記事ID143212のサムネイル画像

ノンセクシャルって一体何!?アセクシャルと違いはあるの??

皆さん、ノンセクシャルやアセクシャルという言葉をご存知でしょうか?LGBTは知っているけどノンセクシャルやアセクシャルについては知らないという方も多いと思います。そこで今回はノンセクシャルやアセクシャルがどんなものなのかを皆さんに説明していきたいと思います!

ノンセクシャルとは

ノンセクシャルという言葉が耳慣れないという方もいるかもしれません。しかし多様化している今の時代において、ノンセクシャルについて知っておくことも大事ではないでしょうか。まずは、ノンセクシャルがどういったものなのかについて、探っていきます。

ノンセクシャルの定義

ノンセクシャルとは、端的にいうと他者について性的な欲求を感じることのない人を指します。人を好きになれないというわけではなく、人を好きになることはあるのです。ところが、その好きになった人とも結ばれたいという感情や肉体関係になりたいという感情が湧かないということになります。

 

ノンセクシャルの人には、生まれながらにしてこうしたタイプの人もいるので、人と違うのだという点や自分のセクシャリティに気付くのが遅くなってしまうことがあるでしょう。よって、思春期になってから他の友達らと思考が違うのだと気付くパターンもあります。

 

その他にも、何かのきかっけでノンセクシャルとなる人もいます。性体験で嫌な思いをしたことにより起こることもあるのです。ノンセクシャルの人の割合はおよそ2.9%であるとされています。

ノンセクシャルと性的欲求

ノンセクシャルの場合は、好きという恋愛感情と性的欲求が同一ではないということを、知っておきましょう。好きな人もしくは恋人がいたとしても、性交渉をすることに対してポジティブに求めることがありません。

それでも、誰かに触れられるのが嫌という人ばかりではないのです。軽くハグすることやボディタッチくらいなら嫌ではない、気にならないという人も中にはいます。

性嫌悪とは別物

性嫌悪と同じように考えられることもありますが、ノンセクシャルと性嫌悪は違います。性嫌悪というのは、性そのものにとてつもなく嫌悪感を抱くことをいいます。性へのイメージやそれについての会話、行為自体にも嫌悪感を感じるのです。

反対に、ノンセクシャルの場合は特段に嫌悪感を感じるわけではありません。ただ性に関心を持てずに欲求もないということです。

ノンセクシャルの6つの特徴

ここで、ノンセクシャルが持ち合わせる6つの特徴を見ていきましょう。もしも仮に周りにノンセクシャルの人がいたとしたら、特徴を知っておくことで理解しやすくなるのではないでしょうか。

①一時的ではない

ノンセクシャルの人というのは、何か原因があり一時的にノンセクシャルになっているというわけではありません。これまでも今後も同じであり、そういった特徴であり個性を持っているということなのです。

 

そのため、何かが契機となりノンセクシャルではなくなるということは、ないと考えられます。

②パートナーがなかなか見つからない

恋愛関係にある人とは、心で結ばれたいと思うものですが身体も結ばれたいという人も多いでしょう。それが叶ったなら、とても嬉しくて仕方なくなるものであると考えられます。それに、身体も結ばれるということが愛の表現なのだと考える人もいるものです。

よって、その様な願望を持たないノンセクシャルの人と恋愛をすると、物足りないなと思われることもあります。中には、恋愛相手に合わせて性交渉をするというノンセクシャルの人もいるのですが、それは互いにとって辛くなる可能性があるのです。

結果として、ノンセクシャルの人はパートナーをなかなか見つけられないという傾向にあります。互いに理解し合い、受け入れることができるのなら恋も上手くいくかもしれません。

③結婚に前向きな人もいる

性的な欲求を持っていないとしても、結婚したいと考えている人はいるものです。愛する人と家庭を築き幸せになりたい人は多いでしょう。結婚をすれば性交渉をする可能性が高いと考えられるのですが、その点も受け入れようと思っている人もいます。

それでも、自分から激しく求めることはなく“そういうもの”として捉えているのです。中には、相手のノンセクシャルへの理解の下で“友情婚”という形で結婚しているカップルも、ごく僅かながらにいます。

④性経験がある人もいる

ノンセクシャルの人も、性的なことに関してはある程度は分かっていて、興味を持つこともあるものの欲求がありません。ただ、全てのノンセクシャルの人が性交渉をしたことがないというわけではないのです。

経験をしたことのあるノンセクシャルの人もいます。自分に欲求がなくても、相手から求められて応じたというケースもあるでしょう。

⑤子供が欲しい人もいる

子供が好きだという方もいますし、女性なら自分で産みたいと考えている方もいるものです。反対に、子供が苦手な方もいますし子供をもうけて育てたいとは思わない方もいます。この点は、ノンセクシャルではない方と変わりはありません。

➅感情が乏しい

“性的欲求”とは、実は意味として広範囲にわたっています。好きな相手と手を繋ぎたいという感情や、抱きしめられたいという感情も一種の性的欲求に属するのです。性的欲求というのは、直に行動に移すだけでなく自分の身近なところにあるものとなります。

よって、ノンセクシャルの人は誰かを好きになっても、関心がないのかということや冷たいなと思われてしまうことがあります。そういうことからも、付き合っていれば手を繋いだり抱きしめられたりしてもおかしくないと考えている人が多いことが分かります。

ノンセクシャルの3つの悩み

人には誰しも悩みを抱えているように、ノンセクシャルの人にも悩みがあります。その悩みを3つ紹介していきます。ノンセクシャルの人が抱える悩みを知り、理解を深めましょう。

①ノンセクシャルとして一括りにされる

ノンセクシャルの人は、ノンセクシャルとして他の人に"性的な欲求がない"ものとして一括りにされてしまうことにも悩んでいます。ノンセクシャルなら、身体の関係を持ちたくないのだろうと、端から人に決めつけられてしまうことが辛いのです。

 

また、それならば恋もできないのではないかと思われてしまうことも嫌なのかもしれません。

 

②周囲に理解されづらい

ノンセクシャルに限らず、少数派の人は理解され難い傾向にあります。恋愛はしたいのになぜもっと深い関係になりたいと思わないのか、その点について理解できないという人は少なくありません。

よって、悩んでしまったり恋愛をすることに臆病になってしまうノンセクシャルの人もいるものです。付き合っている相手にでさえ、理解を得られずに悩んだり傷ついている人もいます。本当に愛していないから身体の関係になりたくないのだろうかと思われてしまうことに不安を抱き、自信喪失してしまうケースもあるでしょう。

ただ、愛情がないのではなく欲求がないだけだということを、覚えておくのが大事です。

③恋愛感情はあるが恋愛しにくい

ノンセクシャルの人には、この際恋愛そのものをしない方が良いのではないかと考える人もいます。それは、好きだと思うからこそ相手を満足させることができないだろうと思い悩んでしまうのです。

ノンセクシャルの人も、他の人は多くが恋愛と肉体関係は切り離せないものであると思っていることを理解はしています。好きな気持ちがあっても、肉体関係を受け入れることができないという間で、苦労をするのです。

一方がノンセクシャルであると理解している場合は、好きではあるけれど踏み込んでいけなくなってしまいます。一線を超えることを、ノンセクシャルの人は躊躇ってしまうかもしれませんし、相手の方もパートナーに嫌な思いをさせるかもしれないと思ってしまうのです。なので、互いに良い距離感を掴めるまでは2人の関係に少しぎこちなさが出るかもしれません。

もしノンセクシャルの人にカミングアウトを受けた場合は?

もしあなたが、友人や知人などにノンセクシャルであるとカミングアウトされる場面がないとは言い切れません。しかし、そういう場面に遭遇したならあなたはどうするでしょうか。非常に驚くかもしれませんし、どういう反応を示して良いのか分からないということもあると考えられます。

そこで、ノンセクシャルの人にカミングアウトをされた時にどの様な対応をすれば良いのかについて、探っていきます。

否定しないようにしよう

ノンセクシャルの人の中には、性的欲求がなくても性交渉ができるという人もいますし、反対にできないという人もいます。そのために、『あなたが相手を選んでしまっているだけではないか』と言われてしまったり、『他の人であれば性交渉ができるのではないか』や『したいと思える相手にまだ出会っていないだけだ』と思うことで悩んだりしているのです。

 

他人の感情もしくは感覚といったものを全て理解することはできないでしょう。多くの人が考えるような一般論を掲げ相手の方を否定するというのは、してはいけません。セクシャルマイノリティであることは、本人が一番良く分かっているのですから。

無理に理解しないことも大事

ノンセクシャルの特徴としては、ゲイやバイセクシャルのように"そうなのだ"と自覚できることが少ない点があります。なので、内心ではもしかしたら受け入れることができる人がどこかにいるのではないかと不安に駆られる人もいるのです。

はっきりとせずに揺らいでいることもあるかもしれません。よって、相手を『ノンセクシャルなのだからこう感じるのではないか』と端から決めつけることはNGです。相手の方がノンセクシャルであってもそうでなくても、あなたとは関係のないことでしょう。

マイノリティというのは、本人もしくは同じマイノリティを持つ者同士でしか分かり合えないことがあるものです。そのうえで、『何か困ったことでもあったなら相談してね』程度にして、無理をして踏み込まないようにするのが賢明となります。それでも離れずに寄り添うことが、ノンセクシャルの人も安心できる対応です。

相手が聞いてほしいことを聞くのもカギ

マイノリティをカミングアウトされたということは、相手の方にそれだけ信頼されている証です。どうでも良いと思っている方には自身のマイノリティをカミングアウトしようなどとは思わないからです。カミングアウトをした相手にとっては、あなたは信頼に足る存在であるということでしょう。

それでも、ノンセクシャルであることを話したとしても、その点を理解してほしいと考えているかどうかは、異なります。ノンセクシャルの人は、ノンセクシャルであるがゆえに抱える悩みや困ったことを相談したいからカミングアウトするというケースが大半です。なので、ノンセクシャルであることをこちらは受け入れてあげて、どんと構えていることが大切になります。

他の人に話してはいけない

アウティングという言葉があります。これは、自身のマイノリティを他の人が自身の気持ちに関係なくさらに他の人へと話してしまうことを指します。要するに、ノンセクシャルだとカミングアウトされたとしたら、別の人に「あの人ノンセクシャルなんだって」と言ってしまうことです。

この行為は、相手を傷つけるだけでなくもしかしたら名誉棄損にもなってしまいかねません。LGBTではアウティングがどれほど怖いものかが取り沙汰されていますが、ノンセクシャルはノーマルであることも手伝ってか、軽く考えられアウティングされてしまうことがあるのです。

どんなマイノリティであったとしても、本人が希望しない限り他の人に吹聴したりするのはやめましょう。もしも相手を傷つけてしまったなら、修復できないほどになる可能性もあります。

意識せずにアウティングしてしまうこともある

ノンセクシャルは、まだまだ世間の理解に乏しいセクシャリティであると考えられます。話の中でふとした瞬間に「性欲ないもんね」などと無意識のうちにアウティングをしてしまうことがないとは言い切れません。

言ってしまった人自身はアウティングをしたと思っていなかったとしても、ノンセクシャルで悩んでいる人がその一言を聞いてしまったとしたら、受ける傷は相当に深いものとなります。

あなたがノンセクシャルの人にカミングアウトをされたなら、その後はアウティングをしてしまわないように細心の注意を払うことが大事です。それは、ノンセクシャルの人と上手に付き合っていくコツの1つでもあるでしょう。

ノンセクシャルの人との向き合い方まとめ!

あなたの周りにノンセクシャルの人がいるとします。その方との向き合い方はどの様にしたら良いのだろうと悩むこともあるかもしれません。よって、ノンセクシャルの人との向き合い方について考えていきましょう。

①ノンセクシャルという存在を受け入れる

ノンセクシャルの人と向き合うなら、ノンセクシャルの人がいるのだということを理解することが大事です。理解し難いこともあるかもしれないものの、様々な人が世の中にはいるもので、誰が間違っているというわけではないですし、それでも問題はないということを受け入れてあげましょう。

 

そうして、相手の方とはしっかりと向き合うのです。それを前提として、恋愛をしようとしているなら徐々に相手の方と互いに理解し合いつつ、仲良くしていくことがカギとなります。

②ノンセクシャルが病気でないことを理解する

ノンセクシャルは多いわけではなく少数派となっています。それでも、病気ではない点は知っておきましょう。病気ではないものの、数は少ないということです。人によって、趣味趣向が異なり、甘いものが好きな人もいればそうではない人もいます。

それはその人の持つ個性となっていますし、特徴でもあるのです。誰しも、真剣に人を好きになり大事にしながら付き合っていることを忘れないでください。

③ノンセクシャルの人を一括りにして考えない

性的な欲求がないというのがノンセクシャルの人の特徴となっているものの、それ以外は皆多種多様です。子供が好きな人もいれば反対に苦手とする人もいます。それに性交渉をする人もしない人もいるでしょう。

それに恋をするよりも仕事をしている方が良い人や、友達といる方が良いという人もいるかもしれません。なので、ノンセクシャルだからとひとくくりにし、自分の価値観で決めつけるのは良いことではないのです。

誰しもそれぞれに異なるということです。

ノンセクシャルとアセクシャルの違いは?

ノンセクシャルの他に、アセクシャルというのもあることをご存知でしょうか。ここで、ノンセクシャルとアセクシャルの違いについて見ていきます。一体どの様な違いがあるのか注目してみてください。

アセクシャルの定義

アセクシャルは無性愛ともいいますが、他の人について恋愛感情もしくは性的な欲求を抱かないことと定義されています。性質が無性愛の人は、無性愛者、エイセクシャル、その他にア・セクシャル、Aセクシャルなどと呼ぶのです。

 

また、『Aセク』と略して呼ばれることもあります。要するに、アセクシャルとは相手の性別が男性であっても女性であっても、恋愛感情や性的欲求を抱くことがないことなのです。

アセクシャルの特徴

アセクシャルの人は、恋愛的な感情や性的欲求は抱かないものの、友情は感じますし家族や身近な人に対する愛情は感じるのです。それに、芸能人や周囲の人にかっこいい・可愛いという感情は抱くことがあります。

家族に対する愛も愛情の1つですし、アセクシャルだからといって何も愛情を抱かないわけではないということです。また、アセクシャルの人は恋自体をしたことがなかったり、恋愛をテーマにした物語にキュンとしないという特徴もあります。

アセクシャルとノンセクシャルの違い

ノンセクシャルの場合は、恋愛感情は抱くものの性的欲求を抱かないというものであり、アセクシャルの人は恋愛感情自体も抱かず性的欲求も抱きません。要するに、双方は性的欲求を抱かないという点が共通していて、他の人に恋愛感情を抱くかどうかが相違点となっています。

アセクシャルは他社に恋愛感情と性的欲求の両方を抱かず、ノンセクシャルでは恋愛感情は抱くけれど性的欲求を抱かないということです。

アセクシャルは病院で診断できるもの?

アセクシャルは、セクシャリティとして自分で理解しているものですので、他の人が診断できるものではないことを知っておきましょう。その人が他人に恋愛感情などを抱いているかなどは、誰かに分かるわけがないのです。

ともすれば、生きている間にも裏付けることのできないセクシャリティかもしれません。よって、アセクシャルであることは人に診断されるものではありませんし、診断される必要がないということです。自分がアセクシャルであると思うなら、アセクシャルということになります。他の人にとやかく言われることもありません。

アセクシャルが受けやすい誤解は?

アセクシャルの人は、カミングアウトすることで『冷たい人』であるという誤解を受けることがあるとされています。それは、恋愛感情を抱かないという性質から愛のない人だと受け取られてしまうからかもしれません。

しかし、アセクシャルだからといって冷たいわけではありませんし、愛情を感じないわけでもないのです。アセクシャルの人が冷たいというのは、多大なる誤解でしょう。恋愛感情を抱ける人にも冷たい人はいるものであり、恋愛感情を抱くかどうかでその人が冷たいのかどうかも計れないということです。

アセクシャルの人が抱える悩みとは

世界的にはストレートの人が多くを占めるものであり、思春期の多感な時期に異性を好きになることは当然のような節があります。よって、学生時代にもこの点を踏まえて恋愛話に花を咲かせることが多くあるものです。

男子も女子も、それぞれに誰が好きなのか、好きな相手はいないのかと語らう場面も頻繁にみられるでしょう。こういった会話の際に投げかけられる『好きな人はいないのか』などの言葉は、実はアセクシャルの人にしてみれば苦痛でしかありません。

皆と話をしていても、誰かに恋愛感情を抱くことが当然であるかのように話されてしまって、恋愛感情を抱かないというパターンは想定外だからです。この様な場面は、恋愛の対象が異性であれ同性であれ関係なく、起こってしまう可能性があります。

性的指向とは

昨今では、LGBTという言葉も広まってきていて浸透し理解を得つつありますが、そもそも性的指向とはどういったものなのかについて、迫っていきましょう。ここで性的指向についてきちんと知っておくことも大変に大事なことなのです。

性的指向の定義

日本でも、LGBTについて少しずつ認知されてきていますが、それでもまだ広まったとは言い難いです。それでも海外の一部の国では、性的指向の種類も細かく分けられて認識されています。性的指向は英語では『Sexual Orientation』といいますが、この言葉は本来は性的欲求の指向の意味があるのです。

 

英語圏においてはこのほかに恋愛感情の指向を意味する『Romantic Orientation』という言葉も存在します。日本では『Sexual Orientation』を性的指向と訳されていて、性的指向の中に性的欲求と同じく恋愛感情までも含んでいるために、分かりにくくなっています。

 

しかし、性的欲求と恋愛感情は別のものでありアセクシャルの人も誰かを可愛いと思いもすればかっこいいと目を輝かせることだってあるのです。例えストレートであったとしても、同性に可愛いと思ったりかっこいいと思うことはあっても、それと恋愛感情とは異なります。

性的指向の種類

性的指向とは、要するに誰を好きになるかというのがポイントです。自分から見て異性が恋愛対象になるなら異性愛者『ヘテロセクシャル』、自分と同性が恋愛対象になるのであれば同性愛者『ホモセクシャル』、どんな人でも恋愛対象になるのは全性愛者『パンセクシャル』となります。

それに男女両方とも恋愛対象になるようなら、両性愛者『バイセクシャル』となります。これはパンセクシャルとも似ているかもしれません。そしてどの性別も恋愛対象にならないアセクシャルの人もいます。

その他にも、恋愛感情は抱いても性的欲求を抱かないというノンセクシャルという場合もあるでしょう。この様に、性的指向にも様々なパターンがあり多種多様になっていることを知ることも大事です。

ノンセクシャルは病気ではない

LGBTなどは徐々に認知されてきていますが、ノンセクシャルというのはまだまだ知る人も多くはないでしょう。ノンセクシャルとは、恋愛感情は抱けるけれど性的欲求を抱かないというセクシャルマイノリティです。

その時だけとかパートナーが見つかり辛いなどの特徴があり、人を恋愛感情として好きになれるものの、恋愛をなかなかしにくい面があるのがノンセクシャルです。もしノンセクシャルの人からカミングアウトをされたとしても、吹聴したりせず受け身の体勢で相談などを受けられるようにするのがポイントでしょう。

またアセクシャルというのもあり、こちらは恋愛感情と性的欲求のどちらをも抱かないというマイノリティです。この様な個性もあるのだということを知っておくのも、大事になります。

ノンセクシャルの他の記事

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ