記事ID142989のサムネイル画像

野原ひろしの声優・藤原啓治って誰?癌や脳卒中の噂の真相やいかに!

皆さん、国民的アニメであるクレヨンしんちゃんにでてくる野原ひろしをご存知でしょうか?実は2016年より野原ひろしの声優・藤原啓治が病気で降板しており、現在は代役の方が野原ひろしを演じています。野原ひろしの声優・藤原啓治の現状はどうなっているのでしょうか?

野原ひろしの声で有名な声優・藤原啓治とは?癌や脳卒中の噂?

国民的なアニメ『クレヨンしんちゃん』。誰しも一度は観たことがあるのではないでしょうか?『クレヨンしんちゃん』の中で、野原しんのすけの父親として登場するのが野原ひろしです。その野原ひろしの声を務めていたのが、声優の藤原啓治。

実は、藤原啓治は2016年に病気で野原ひろし役を降板しています。現在は代わりの役者が野原ひろしの声を担当しています。

野原ひろしの声として活躍していた声優の藤原啓治。癌や脳卒中で降板したという噂もあり、体調も気になるところです。果たして藤原啓治の現状はどうなっているのでしょうか?さっそく調べてみました。

野原ひろしの声優は誰?

『クレヨンしんちゃん』は臼井儀人による漫画作品です。1990年に双葉社の『漫画アクション』で連載が始まりました。1992年には、テレビ朝日でアニメ放送が開始されました。当時は『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンんしんちゃん』という表記でした。

埼玉県の春日部市を舞台にしており、連載当初は性的に直接的な表現やブラックユーモアの強い漫画でした。その後、少しづつ現在のようなホームコメディへと変わっていきました。

その『クレヨンしんちゃん』で、しんのすけの父親である野原ひろしの声をアニメ開始当初から務めていたのが、声優の藤原啓治です。

野原ひろしの声優は藤原啓治!

1992年からアニメ放送がはじまった『クレヨンしんちゃん』。藤原啓治は、『クレヨンしんちゃん』のアニメ放送のはじめから、野原ひろしの声を務めてきました。アニメの放送開始から作品を支え続けてきた藤原啓治ですが、2016年8月8日に、病気療養のために活動を休養することが発表されました。当然ながら、野原ひろし役も降板することとなりました。

藤原啓治のプロフィール

  • 本名(ふりがな):藤原啓治(ふじわらけいじ)
  • 所属事務所:AIR AGENCY
  • 生年月日:1964年10月5日
  • 現在年齢:54歳
  • 出身地:岩手県
  • 血液型・A型
  • 身長:175cm
  • 体重:非公開
  • 活動内容:声優・俳優・ナレーター・音響監督
  • 家族構成:独身

藤原啓治は「AIR AGENCY」に所属する声優です。この「AIR AGENCY」は、2006年11月に藤原啓治自ら立ち上げた事務所です。藤原啓治はそれまで、文学座付属演劇研究所、劇団木山事務所、賢プロダクションに所属していました。「AIR AGENCY」では代表取締役を務めています。また、日本芸術専門学校大森校の声優学科の講師でもあります。

演じる役は幅広く、青年役から老年役。他にもクールな役から情熱的な役を演じたりと、これまでに様々な役をこなしてきました。2011年には「Newtype×マチ★アソビアニメアワード2011」で、声優助演男優賞を受賞するなど活躍しています。

また、2017年にはテレビ朝日で放送された「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」で第3位に選ばれるなど、同業者からの評価も非常に高いです。主に声優として活動していますが、実写作品にも俳優として出演していたり、他にもナレーターや音響監督としても活動しています。

野原ひろしの声優の経歴

藤原啓治のファンでなくても、「野原ひろしの声」と聞けばすぐにピンとくるのではないでしょうか。藤原啓治といえば野原ひろしというイメージがあります。しかし、藤原啓治は野原ひろし以外にも多くのキャラクターの声を担当してきました。では、他にどのような人物の声を務めてきたのでしょうか?藤原啓治の出演作品を見ていきましょう。

声優としてオールランダーな藤原啓治

デビュー作については覚えていないというほど、藤原啓治は声優として様々な作品に出演してきました。『鋼の錬金術師』(マース・ヒューズ)、『グラップラー刃牙』(愚地克巳)、『HUNTER×HUNTER』(レオリオ)、『銀魂』(服部全蔵)など、挙げるときりがないほどです。

人気アニメ枠の作品への出演が多く、『BLOOD+』、『青の祓魔師』、『マギ』などでも活躍しています。他にも、歴代の『ガンダム』シリーズにも脇役や端役で出演しています。

実写の吹き替えでは、『アイアンマン』トニー・スターク役で知られるロバート・ダウニー・Jrをほとんど専属で担当しています。

やはり野原ひろしの声優として有名

出演作品をあげればきりがないほど、これまで多くのキャラクターを演じてきた藤原啓治。しかし、藤原啓治は、やはり野原ひろし役の声優として一番有名なのではないでしょうか。

『クレヨンしんちゃん』は子供に大人気のアニメです。毎年、映画も作られるほどで、映画版は大人にも人気があります。子供から大人まで大人気の『クレヨンしんちゃん』で、藤原啓治は長い間、野原ひろしを演じてきました。ですので、野原ひろしの声優として各世代で知られているでしょう。

アンケートでも野原ひろしがトップに!

とあるインターネットサイトが、「藤原啓治さんがこれまで演じてきた役の中で一番好きなキャラクターは?」というアンケートを行いました。アンケートは若年層を中心に、男性からも女性からも回答が寄せられました。

そのアンケトーによると、全体のおよそ28%の人の支持を受けて、野原ひろしが1位となりました。2位は『鋼の錬金術師』のマース・ヒューズでおよそ10%。3位は、吹き替えで演じた『アイアンマン』のトニー・スタークで、およそ7%という結果でした。やはり藤原啓治は、野原ひろしの声優として人気を集めています。

ちなみにこのサイトでは、他にも「理想のお父さんキャラは?」というアンケートを行っており、その際にも野原ひろしが1位となっていました。コメントでは「家族のために頑張る姿が素敵」や「日本を代表する父親だ」という声が集まりました。キャラクターとしても野原ひろしは大人気です。

藤原啓治にとっても野原ひろしはヒーロー

藤原啓治は、これまでに多くの役を演じてきました。そのなかで藤原啓治は、過去に自身が演じてきたキャラクターを集結させるとしたら、まずは野原ひろしを選ぶと語っていました。これは、休養から復帰した後に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でアイアンマンの吹き替えで出演する際のインタビューで語られたものです。

藤原啓治の語るところによると、野原ひろしは「サラリーマンのヒーロー」とのことです。現実的に家族や家を守っているということで、野原ひろしはすでにヒーローであり人間臭さを感じるのだそうです。

藤原啓治は人間臭いキャラクターに思い入れがあるようです。表もあって裏もあるという、人間の感情の多面的なものが見え隠れする役を演じることが楽しいのだそうです。弱さがあれば強さが一際引き立つというように考えているのだそうです。家族を守る「サラリーマンのヒーロー」である野原ひろしには、強い思い入れがあるようです。

野原ひろしの声優の病名は何?

1992年のアニメ開始当初から、『クレヨンしんちゃん』で野原ひろしの声を担当してきた藤原啓治。しかし、2016年に、病気療養のために活動を休養することになり、野原ひろし役も降板してしまいました。この降板はニュースでも大きく取り上げられ、心配した人も多かったでしょう。では、藤原啓治は一体どのような病気だったのでしょうか?

病名は不明

藤原啓治は、2016年8月8日に病気療養のために休養すると発表しました。人気作品には欠かせないほどの声優でしたので、どのような病気なのかなど多くの注目を集めました。しかし、藤原啓治の病名は伏せられたままで全くわかりませんでした。復帰した現在も、当時の病名は依然として伏せられたままです。

癌や脳卒中との噂も...。

病名が伏せられているということで、インターネット上では藤原啓治の病気について様々な憶測がなされました。中でも、「癌」や「脳卒中」なのではという噂が取りざたされていました。

「癌」の噂に関しては、およそ1年という休養期間から初期の癌だったのではないかというように見られています。「脳卒中」という説に関しては、ある共演者がラジオ番組内で、藤原啓治が仕事中に倒れたということを話したという噂があり、そのことから軽い脳卒中だったと言われているようです。

いずれにせよ、藤原啓治は現在は仕事にも復帰しています。もしも、重い病気や重篤な病だとしたら、1年で復帰することは困難だったでしょう。

野原ひろしの声優の代役は誰?

藤原啓治は病気療養のために、残念ながら野原ひろし役を降板しました。『クレヨンしんちゃん』は人気アニメだっただけに、藤原啓治の降板を残念がるファンも多かったのではないでしょうか。しかし、降板が決まってしまった以上は、当然ながら代役が立てられます。では、誰が藤原啓治の代役を務めたのでしょうか?

代役は森川智之!

藤原啓治の代役となったのは、ベテランで人気声優の森川智之でした。森川智之は、2016年8月26日放送分から野原ひろしの声優を担当しています。森川智之は、他にも『交響詩編エウレカセブン ハイエボリューション』のホランド・ノヴァの役で藤原啓治の代役を務めました。

森川智之のプロフィール

  • 本名(ふりがな):森川智之(もりかわとしゆき)
  • 所属事務所:アクセルワン
  • 生年月日:1967年1月26日
  • 現在年齢:52歳
  • 出身地:神奈川県川崎市
  • 血液型:O型
  • 身長:172cm
  • 体重:非公開
  • 活動内容:声優・ナレーター・歌手・タレント
  • 家族構成:非公開

森川智之の経歴

森川智之は、2014年に事務所「アクセルワン」を設立し、代表取締役となりました。2015年には、第9回声優アワードで助演男優賞を受賞するなど、高い評価を受けています。また、テレビ朝日で放送された「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」で第12位にランクインするなど、同業者からの人気もあります。

藤原啓治と同様に多くの作品に出演しており、代表的な役に、明智健悟(金田一少年の事件簿)、城之内克也(遊☆戯☆王)、片倉小十郎(学園BASARA)、吉良吉影(アニメ版ジョジョの奇妙な冒険)などがあります。

実写の吹き替えでは、トム・クルーズやキアヌ・リーブスなどを担当しています。二枚目でクールなキャラクターを演じることが多いのですが、『ONE PIECE』のエネルなどのコミカルなキャラクターや、『トリコ』の次郎などの老人の役など幅広い役柄を演じることができます。

野原ひろし以外の代役を務めたのは?

藤原啓治は、野原ひろし以外にも多くの作品に出演しました。ですので、他にも降板して別の声優に変わった役もあります。では、どのような役でどの声優に変わったのでしょうか?さっそく調べてみました。

津田健次郎『進撃の巨人』ハンネス役

人気のアニメで実写化もされた『進撃の巨人』。このアニメに登場する駐屯兵団所属の兵士ハンネスは、第2シーズンから津田健次郎に変更されました。津田健次郎は、他にも『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の榎本勇役で藤原啓治の代わりを務めました。

平田広明『青の祓魔師 京都不浄王篇』藤本獅郎役

アニメの第2期となる『青の祓魔師 京都不浄王篇』では、平田広明が代役として藤本獅郎を演じました。この役は、作品の中でもキーパーソンとなる重要なもので、主人公の育ての親という役どころでした。

中井和哉『夜は短し歩けよ乙女』樋口師匠役

『四畳半神話体系』にも登場した樋口師匠(樋口清太郎)。『夜は短し歩けよ乙女』では、中井和哉が代役を務めました。藤原啓治の代役を務めるに当たって、中井和哉は「悪戦苦闘した。しかし、自分なりの樋口に仕上がった。」とコメントしていました。

高木渉『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』フィオーレ国王

劇場版も作られるなど、人気の『FAIRY TAIL』。その劇場版の第2作目で、藤原啓治に代わってフィオーレ国王を演じたのが、高木渉です。高木渉は『名探偵コナン』に登場する同姓同名の高木渉刑事役でもおなじみの声優です。

野原ひろしの声優の復帰はいつ頃?

2016年8月8日に、病気の療養を理由に活動の休止を発表した藤原啓治。病名を明かさないことから、病気に関して様々な噂が流れました。しかしながらその後、多くの人々が心配するなかで、わずか1年ほどの休養を経て無事に復帰することが決まりました。ここからは、復帰後の活動などを見ていきましょう。

2017年8月に復帰

藤原啓治は2016年8月8日に休養することを発表しました。そのおよそ1年後の2017年6月16日には、体調を考慮しながら少しづつ仕事に復帰するということが発表されました。そして、2017年8月11日公開の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の吹き替えで仕事に復帰しました。

この映画では、復帰前の1作目から演じているアイアンマンの役でした。前回と間が空いてしまったことや、復帰してすぐの演技ということで、とても緊張したのだそうです。収録でも、なるべく不安を与えないように、普段より入念に台本を読み込んで仕事に臨みました。

藤原啓治は、この休養を機に、仕事に対する思いもさらに強くなり、さらに1本1本を大切に考えるようになったのだそうです。復帰後も、体の状態を見ながら徐々に仕事をするということで、作品に対して向き合う時間も増えました。結果的に、休養は良いものだったと、藤原啓治は前向きに捉えているようです。

今後の予定は未定

仕事に復帰後は、『Back Street Girls -ゴクドルズ-』や『荒野のコトブキ飛行隊』などのアニメに出演。健康状態には問題が無いようです。しかし、今後の活動の予定はわかりません。野原ひろしの声優に戻ってほしいとの声もありますが、いまだに野原ひろし役には復帰していません。

藤原啓治はアニメ開始当初から、20年以上も野原ひろしの声を担当してきました。長く続くアニメでは、高年齢化などの理由で、声優が変わることがしばしばあります。現在代役を務めている森川智之は、藤原啓治と年齢が離れていません。もしかすると、藤原啓治が野原ひろし役に復帰することもあるのかもしれません。

ファンにとっては藤原啓治に戻ってほしいところでしょう。しかし、森川智之に変わってから2年以上が経ちます。ですので、藤原啓治が野原ひろし役に復帰することは難しいのではないでしょうか。藤原啓治にとっても、代役を務めた森川智之に失礼だと思いがあるのかもしれません。

しんのすけの声優も変わった

2018年6月1日には、野原しんのすけの声優も変わるということが発表されました。それまで、1992年のアニメ開始当初から27年間しんのすけの声を務めてきた矢島晶子が、しんのすけの声を維持することが難しくなったということで降板することになりました。

この発表には多くの人が衝撃を受けました。しんのすけの声優の後任には小林由美子が決まり、2018年7月6日放送分からしんのすけの声を担当しています。当初は、長らく続いている国民的アニメで、さらに特徴的な声をしているということで、しんのすけの声優の交代は難しいだろうという声がありました。

これまでに他のアニメでも、声優が交代することに拒絶的な反応が起きたことはありました。しかし、しんのすけの声優の交代を拒絶する人は、それほど多くありませんでした。現在では、小林由美子が演じる野原しんのすけはすっかり受け入れられてるようです。

復帰した藤原啓治のこれからの活動に期待!

藤原啓治は、これまでに多くの作品に出演しており、人気も高く声優界には欠かせません。どのような病気だったのかはわかりませんが、現在は無事に復帰し、徐々に仕事をしています。今後の活動は未定ですが、自分のペースで活動できると良いですね。今後の活動に期待しましょう。

関連項目もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ