若きIT社長、三崎社長から見る成功のヒント!年収12憶、稼ぐ秘訣は?

    「青汁王子」として一般に知られ、有名な若きイケメンIT社長である三崎社長。今回はそんな三崎社長と株式会社メディアハーツについて、詳しくまとめました!三崎社長の年収12憶稼ぐ成功までの道のりを見ていくことで、隠された成功のヒントが見えてきます!

    三崎社長とはどんな人物?

    株式会社メディアハーツ代表取締役社長、若きIT社長として知られる「三崎 優太」とはどんな人物なのでしょうか?最近ではテレビへの露出も増え、一般にもその存在が知られはじめています。大企業の社長でありながら、その若さと整った容姿で注目される三崎社長。

    そんな三崎社長について調べていくと、そこには成功を促すヒントが見えてきました。

    3年で130憶円超を売り上げ、年収12憶円稼ぎ出す、三崎社長のその経歴をご紹介します!

    三崎社長の経歴は?

    三崎優太 みさきゆうた
    生年月日 1989年3月29日(29歳)
    出身 北海道札幌市
    身長 181 cm
    株式会社メディアハーツ代表取締役

    18歳の時に株式会社メディアハーツを起業し、2014年に美容通販事業を開始。「すっきりフルーツ青汁」が2017年10月23日時点で累計1億3,000万本を超える売上となり、三崎社長は一躍「青汁王子」として有名になりました。

    彼女はいない

    そんな三崎社長はイケメンIT社長としても有名であり、バラエティ番組や報道からギャル好きの一面も見せています。以前は「加藤紗里」さんにたいしてバラエティ番組の中で、「結婚したい」と語ったこともありました。そんな三崎社長ですが、彼女はいるのでしょうか?

    加藤紗里さんの他に「池田美優(みちょぱ)」さんや「小原優花(ゆんころ)」さん、などとの関係を疑う噂がありましたが、どうやら現在のところは三崎社長は彼女はいないという説が有力なようです。

    三崎社長ご自身は「そもそも出会いがない」とツイートしていました!

    退学になった高校時代

    意外なことに、三崎社長は高校時代、退学を経験しているようです。全日制の高校は退学になり、二度目は通信制高校に通っていました。通信制高校でも、あまり勉強はしてこなかったようですね。華やかな成功とは対照的な高校生活を送っていたみたいです。

    その頃、集団生活が出来なかったと語る三崎社長。強い無力感に苛まれていたのかもしれませんね。

    しかしこれを機に「何か自分で行動を起こさなくてはいけない」と現状の自分を省みて奮起し、これが後に起業へと向かっていく原動力となりました。

    Webサイトを立ち上げ、月400万

    そんな頃に三崎社長は、自身で運命的な出会いと語る、アフィリエイトと出会いました。三崎社長は書店でアフィリエイトについて書かれた本を見つけ、サイトの作り方について独学で学び、たった二週間でゲームの攻略サイトを立ち上げたと言います。

    当時はスマホが普及し始める前ということもあり、立ち上げたサイトは初月から10万近く収益を上げ、どんどんと売り上げを伸ばしていき、三崎社長はまだ高校生の頃に月に400万もの多額の収益を上げるサイトの運営を行います。

    メディアハーツ設立から成功まで

    その後、三崎社長は株式会社メディアハーツを設立し、地元である札幌から東京へ拠点を移し、アフィリエイトを続けました。

    従業員も増やし、順調に売り上げを伸ばしていたメディアハーツでしたが、しかし三崎社長は、この事業には先がないとして事業撤退を決めます。

    休眠状態となったメディアハーツは、その後、一転して「美容通販事業」という以前までと全く違う事業に参入を果たし、三崎社長の代名詞である『すっきりフルーツ青汁』を開発し、販売。これによってメディアハーツはたった3年間で130億円も収益を上げることに成功しました!

    青汁は痩せないという詐欺のうわさについて

    『すっきりフルーツ青汁』は多くの芸能人の方々の愛飲する人気商品ですが、そんな『すっきりフルーツ青汁』を飲んでも痩せない、詐欺ではないかという噂が一部で上がっています。しかし一方では、10kg痩せたという声もあり、本当のところはどうなのでしょうか?

    この件に関して三崎社長はインスタグラムに、暴飲暴食をおこなって太ってしまった自身の体の写真を投稿し、「自分の商品に自信があるので自分で実証したい」と自ら青汁の効果を実践しました。

    その後毎日青汁を飲み続け、2週間たった後、三崎社長はあらためて写真を投稿し、4kgのダイエットに成功したといいます!効果にはやはり個人差があるとは思いますが、ダイエット効果があることは、この件で証明されました!

    メディアハーツのより詳しい経歴は?

    当時まだ高校生だった三崎社長は、どういった経緯で法人化を決め、メディアハーツを設立するに至ったのか。どうして地元である札幌を飛び出し、東京へ向かったのか。具体的にどういった要因から、先がないと考え、事業撤退を決めたのか。

    そして休眠状態から復帰したメディアハーツは、なぜ『美容通販事業』を始めることにしたのか。一見バラバラに見えるメディアハーツの動向を紐解いていきましょう。

    税理士のアドバイス

    三崎社長が法人化を行うことに決めたのは、税理士の方からの助言が理由にありました。札幌でマンションを借り、アフィリエイトを続けていた三崎社長に、「そろそろ税金対策をした方がいいんじゃないか」とご両親から助言を受けます。

    税理士の方を紹介してもらった三崎社長は、「法人化した方がいい」とのアドバイスから、2007年11月22日、株式会社メディアハーツを設立しました。

    東京進出

    メディアハーツが東京に拠点を移した背景には、東京から札幌の自社まで足を運んでくれた広告代理店の副社長との出会いにあるといいます。その方は、その時20代前半で、三崎社長と年齢もそう変わりませんでした。20代前半で副社長というのは驚きですね!

    東京にはすごい人物がいると感銘を受けた三崎社長。東京進出の理由はそこにありました!

    ビジネスの最前線に身を置きたいという、より高みを目指す向上心が伺えますね!

    事業撤退を決めた理由

    東京進出を果たしたメディアハーツは、その後まもなくして今まで続けてきた広告代理店事業、携帯電話の公式サイト運営から撤退を決めます。これには当時台頭し始めていたスマートフォンの登場。そしてもうひとつ、一回り年上の社員から背任行為を受けたことが事業撤退の理由となったようです。

    信頼していた社員からの裏切り行為に、三崎社長は業務に差支えが出るほど、精神的に追い詰められたと言います。当時三崎社長はまだ10代ですから、それも無理はないでしょう。

    まだ若かった三崎社長の周りは、年上の部下たちばかりだったといいます。精神的に気疲れしてしまうのも仕方がないことですね。

    美容通販事業への参入

    美容通販事業という、以前と全く違う事業に参入した背景には、会社が開店休業している間に得た金融と投資の知識がありました。

    自身が25歳になったときには、本気で会社経営を始めようと決めていた三崎社長は、休業の間、何もしていなかったわけではありませんでした。その間、ひとり毎日のように、金融と投資について学んでいたと言います。

    それによって三崎社長は企業分析について知識を深め、当時ニーズが高まりはじめていた業態に目をつけます。その業態こそ『美容通販事業』でした!メディアハーツが『美容通販事業』に参入したことには、三崎社長が新たに手に入れた企業分析の知識を十分に活かした、という背景がありました!

    すっきりフルーツ青汁が生まれた経緯は?ヒットした要因は?

    『すっきりフルーツ青汁』は、着想を得てから商品化に至るまで、たった半年しかかからなかったと言います。三崎社長には、この商品は絶対に売れるという確信があったのでしょう。

    三崎社長の代名詞となり、メディアハーツを一躍有名企業にした『すっきりフルーツ青汁』はどのようにして生まれたのか。また、そのヒットした要因はなんなのか見ていきましょう。

    すっきりフルーツ青汁の生まれた経緯

    当時の青汁には、高齢者向けの商品というイメージがありました。三崎社長は元々美容に関心があったことから、ご自身で飲んでいたと言います。そこで青汁の不味さ、飲みづらさを感じ、飲みやすい青汁の着想を得ます。

    当時の青汁市場の多くの会社は「より飲みやすく、高齢者の方々により受け入れられるように」との方針で商品開発を行っていましたが、しかし三崎社長は「青汁は高齢者向けの商品」という今までの常識を覆す「若い女性を対象とした青汁」の開発を試みました。

    『すっきりフルーツ青汁』が生まれた経緯には、三崎社長ご自身の経験と、三崎社長の常識にとらわれない発想がありました!

    惜しまない資金投入

    『すっきりフルーツ青汁』がヒットしたもう一つの要因には、広告費への惜しまない資金投入がありました。広告費を投じた分、回収できると思ったなら、全ての資金を投入する。三崎社長は自身の社員に対しても、勉強したいと言うのなら、幾らでも資金を投入するという方針で会社を経営していると語ります。

    社員が学ぶことで、会社に利益が生まれるのだから幾ら払っても惜しくはないという考えなのでしょう。自身の必要と思ったことへの資金の投入を惜しまない。三崎社長のそういった部分が『すっきりフルーツ青汁』をここまでヒットさせたんですね!

    共通している三崎社長の学ぶ力

    ここまで三崎社長がどんな人物であるのか、どのようにして成功を掴んだのか、ご紹介してきました。

    これらを見て感じられるのは、三崎社長の学ぶ力といえるものでしょう。一見すると、高校を退学し、それは学ぶ力に乏しく思えるかもしれません。

    しかし学ぶ場は、学校だけには限りません!三崎社長が独学で学んだように、常に学ぶ姿勢を絶やさないことが成功を掴むためには重要なのでしょう!

    関連記事もチェック!

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ