記事ID141848のサムネイル画像

    とみたまゆを襲った犯人がやばい?2人の関係は?判決はどうなった?

    シンガーソングライターのとみたまゆさんが襲われ、重症を負った事件は記憶に新しいでしょう。そんなとみたまゆさんを襲った犯人に今回は注目。とみたまゆさんと犯人との関係や、やばいと噂のその理由をチェック。また、犯人の判決がどうなったのかについてもまとめてみました。

    とみたまゆを襲った犯人がやばい!2人の関係や判決はどうなった?

    日本中が驚愕した事件の1つ、シンガーソングライターのとみたまゆさんが男性に襲われ、重症を負わされる事件。今もなお記憶に新しい事件の1つですが、今回はその事件の犯人に注目。

    とみたまゆさんと犯人の関係性や、犯人がやばい人物だと言われる理由、また、事件の判決についてまとめてみました。

    被害者のとみたまゆさんとは?

    とみたまゆさんはシンガーソングライターとして活躍をしており、今後が期待されていた人物でした。

    事件に注目をしていく前に、まずは被害者の【とみたまゆ】さんがどういった人物なのかチェックしていきましょう。

    とみたまゆのプロフィール

    名前:冨田真由(とみたまゆ)
    生年月日:1995年10月12日
    出身地:長野県
    所属事務所:有限会社マージ

    事件当時とみたまゆさんは、現役女子大学生であり勉学に励む傍らで、シンガーソングライターとして活動をしていました。そのルックスと抜群の歌唱力から様々な活動やCDデビューなども果たしており、単独ライブも成功させるほどの実力の持ち主です。

    過去にアイドル活動もしていた

    多くのメディアなどではとみたまゆさんのことをアイドルだと報じていますが、事件当時とみたまゆさんはアイドルではなく、シンガーソングライターとして活動をしていました。

    実はとみたまゆさんは過去にアイドル活動も行っており、アイドル経験があるシンガーソングライターでした。もともとルックスもスタイルもアイドル顔負けの魅力が溢れていますし、アイドルをしていたというのも頷けます。

    とみたまゆさんが襲われた事件の詳細は?

    続いて、とみたまゆさんが襲われた事件について注目をしていきましょう。

    当時どういった状態だったのか、事件がどのようなものだったのかをまとめてみました。

    現役女子大生シンガーソングライターが刺されて重症を負った

    2016年5月、東京都小金井市でイベントのために足を運んでいたとみたまゆさんが、襲われ、複数箇所をめった刺しにして重症を負わされてしまいました。

    犯人は現行犯逮捕をされたものの、しばらくの間とみたまゆさんは生死の境を彷徨うほどの重症となっていて、日本中が彼女の無事を祈る事件となりました。

    とみたまゆさんは奇跡的な回復を見せて見事生還したものの、未だ後遺症に悩まされているだけでなく、芸能活動も思うように出来ない状態が現在も続いているようです。

    事務所による管理体制はほとんどなかった

    とみたまゆさんは所属事務所を転々としており、所属をしていたとしても正式に所属はしていないという曖昧な形だったようです。

    そのため、とみたまゆさん自身フリーランスのような立場で活動をしていた為、事務所からの管理体制というものはほとんどなかったに等しいと言われています。

    これは契約に関することではあるものの、事務所がもう少ししっかりしていれば防げたのではないか、という声は相次いでいました。実際事件はライブイベント敷地内で起きており、とみたまゆさんが一人でいたところを襲われているため、もし誰かいたら…と思うのは当然のことでしょう。

    とみたまゆさんを襲った犯人はファンの男?

    続いて記事のメインである、とみたまゆさんを襲った犯人について見ていきましょう。

    犯人の男性は自称とみたまゆさんのファンらしいものの、その異常性には事件前からとみたまゆさん自身が危険を感じていたようです。

    動機はプレゼントを送り返されたから

    指した動機として犯人の男は、以前とみたまゆさんにプレゼントを送っていたものの、それを送り返されたことが気に食わなかったと語っています。

    もともと犯人の男はアイドル活動などをしている女性に対して執着している様子が頻繁に見られており、とみたまゆさんもSNSやイベントなどで異常と思われるような接触をしており、とみたまゆさんはストーカー被害を警察に訴えていたということ。

    そもそもプレゼントが適切でない場合は処分、または送り返されるというのは、とみたまゆさんの活動に限ったことではありません。しかしこれが決定打となり、とみたまゆさんを仕返しのつもりで襲おうと計画的に犯行に及んだようです。

    嫌がらせを頻繁にしていた

    最初は犯人ととみたまゆさんは、至って普通の芸能人とファンの関係だったようです。しかし犯人がとみたまゆさんとイベントなどで接点を増やしていくうちに本気になってしまい、結婚を申し込んだり、異常な行動で迷惑をかけたりと、次第に行動はエスカレート。

    また、犯人と思われるSNSには殺害をほのめかすようなことも頻繁に投稿されていたとも言われています。現在そのアカウントは見られないものの、当時事件を知った人たちの間では大きく話題になりました。

    さらにそのアカウントでは頻繁にとみたまゆさんにメッセージを送っており、気軽に芸能人にメッセージを送れるという利点が、犯人の気持ちをさらに高めることになってしまったのではないかと言われています。

    とみたまゆさんを襲った犯人がやばいと話題?

    すでに犯人はやばい人物でしかないものの、さらに犯人はその後の供述や事件当時の様子などを語ることによって、多くの人が恐怖を感じてしまうほどの異常性を持っている人物だと言われるようになりました。

    そんなやばいと思われる異常性にも注目していきましょう。

    「生きたい?生きたくない?」と語りかけながら犯行に及ぶ

    とみたまゆさんが襲われた当時の様子では、犯人はとみたまゆさんをめった刺しにしながら「生きたい?生きたくない?」というように語りかけていた様子。

    ただでさえ恐怖を覚える状況にもかかわらず、さらには相手の命を握っているかのような言葉を投げかける犯人の異常性は誰が見ても一目瞭然だと言えるでしょう。

    また、もともと計画的な犯行だったとされているものの、犯行当初とみたまゆさんに声をかけた際、とみたまゆさんがそっけない態度かつ、電話をどこかにかけようとしたことに激怒し、衝動的に犯行に及んだとも言われています。

    犯人の被害者意識がやばい

    とみたまゆさんを襲った犯人は、とみたまゆさんに対して可哀想だと思ったと供述しているものの、とみたまゆさんが悪いという姿勢や心理は出ていたと言われています。

    もともと犯行の動機もプレゼント送り返されたということをはじめとした、とみたまゆさんからの明確な拒絶が原因です。それも犯人が芸能人とファンとの距離感を間違ったからこそのことではあるものの、完全に自分本位な考えになっていた以上自分の行いを客観視することは出来なかったようです。

    また、犯行の理由には「結婚したかった」ということも供述しています。結婚したいほどの女性に対し命の危険を脅かすような行動は普通出来ないだろう、という声や意見少なくなく、あまりにも被害者意識を持つ犯人の異常性は怖いほどやばいと多くの人が衝撃を受けることとなりました。

    犯人への判決はどうなった?

    惨たらしいほどの事件を犯した犯人ですが、その後の判決に対して未だに異論を唱える声は少なくありません。

    何より被害者であるとみたまゆさんも納得していない判決には、今もなお注目が集まっています。

    懲役14年6ヶ月が言い渡された

    とみたまゆさんは重症を負ったものの命を失っていない、そういったことから、犯人への判決はなんと懲役14年6ヶ月。事件の酷さや残忍さを考えればかなり短いものであり、何よりとみたまゆさん自身刑期が過ぎれば牢屋から出てくる恐怖を語っています。

    また、あまりにもひどい事件だったこともあり、この判決には多くの人が批判・異論を唱えることになりました。しかし殺人ではないという点や弁護側が衝動的な犯行だと述べているのもあり、死刑や無期懲役といった判決を言い渡される可能性はかなり低いとのこと。

    とみたまゆさんの症状としては脳や心臓、臓器などには異常がないものの、かなり大量の血液を失っており、大変危険な状態でした。何より精神的なダメージを考えれば、この判決は短すぎるのではないかと言われてしまうのも当然でしょう。

    警察には事前に被害を相談していた

    実はこの事件、未然に防げたのではないかとも言われています。そもそもとみたまゆさんは犯人からのストーカーまがいな接触をされていた際、何度か警察に被害を訴えていたようです。

    しかし実害や切迫感などがないという理由で、相談をしたものの意味はなかった様子。さらに犯人の名前が事前にわかっていて、それを伝えていたにもかかわらず、警察側が名前を登録ミスしたという驚くべきことも発覚しました。

    こう考えるととみたまゆさんは元々危険だと察知していた、自分が出来る範囲での対策を練っていたように思えます。警察が少しでも警戒をしてくれていればとみたまゆさんの事件は引き起こされなかったかもしれない…そういった意見は少なくなく、警察の対応のあり方に疑問を感じる声は多いようです。

    二度と起こらないでほしい事件

    とみたまゆさんの事件、そして犯人がやばいと言われる理由についてまとめてきました。

    とみたまゆさんの事件だけでなく、アイドルや芸能人、ファンの距離感は難しい問題となっていて、度々事件に発展している様子を見かけることも少なくありません。SNSという気軽に交流出来るツールがあるため、昔と比べてファンが芸能人を身近に感じてしまいやすいというのも否めません。

    だからこそファン一人一人が芸能人との距離感や境界線を意識して、応援していくことが大切になります。とみたまゆさんが今後芸能活動を再開させられるかはわかりませんが、応援している存在の夢を守るためにも、二度と起こらないでほしい事件だと言えます。

    関連記事はこちらからチェック

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ