安田顕の娘が慶応入学!芦田愛菜が同級生?気になるところを徹底調査

今や舞台や映画、ドラマで引っ張りだこな個性派俳優、安田顕さん。その安田さんの娘さんが超難関校で有名な慶應義塾中等部に入学し、芦田愛菜さんと同級生になったということで、気になる安田顕さんの娘さんのあれこれを調べてみました。

安田顕さんのお子さんは1人

個性派俳優として舞台や映画、ドラマに引っ張りだこな安田顕さん。
演じるキャラクターによってオーラを自由にコントロールし、変化させ多くの人を魅了する実力派俳優のひとりです。

そんな安田顕さんは2002年、大学時代から8年付き合った一般女性と結婚され、2004年に生まれた娘さんがひとりいらっしゃいます。

愛妻家として知られているという安田顕さんは、1人娘であるお子さんのことをとてもかわいがってらっしゃるそうです。

その娘さんが2017年4月、超難関校で有名な慶應義塾中等部に入学され、芦田愛菜さんと同級生になられたということで、安田顕さんの娘さんのことについていろいろ調べてみました。

安田顕さんのプロフィール

安田顕(やすだけん)
1973.12.8生 北海道室蘭市出身
身長174cm 血液型A型
演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー
OFFICE CUE所属 

ブレイクのきっかけは「水曜どうでしょう」

安田顕さんが俳優になったきっかけは、北海学園大学に在籍中、演劇研究会に入部したことが最初だったそうです。

そこでのちに結成する「TEAM NACS」のリーダーである森崎博之さんと出会い、森崎さんが所属していた劇団「OOPARTS」にも所属することになり、当時そのOOPARTSの主宰を務めていたのが「水曜どうでしょう」で有名なミスターこと、鈴井貴之さんでした。

その後、後輩として同じ演劇研究会に入部してきた大泉洋さん、戸次重幸さん、音尾琢真さんとともに演劇ユニット「TEAM NACS」を結成しました。

安田さんと森崎さんの大学卒業をきっかけに一度は解散したTEAM NACSでしたが、おふたり共に演劇が忘れられずに就職先を退社、北海道に戻ってきたことから再結成。それから北海道でタレント活動を開始することになりました。

大泉洋さん、鈴井貴之さんがレギュラーをつとめている北海道発の大人気バラエティー「水曜どうでしょう」ではOnちゃんの着ぐるみの中の人として、体を張った体当たりな企画で一躍人気者になりました。

中でも「対決列島〜甘いもの国取り物語〜」の際の牛乳リバースはもはや伝説といってもいいのではないでしょうか。

個性派俳優としても有名に

TEAM NACSの人気が全国区になるにつれ、安田顕さん個人のお仕事も増えていきました。
ドラマ「下町ロケット」や映画「変態仮面」をはじめ、多くの舞台に映画、ドラマ、ナレーションなど広範囲に渡って活躍されています。

TEAM NACSでは変態担当として破天荒なキャラでバラエティーにも出演されている安田顕さんですが、普段の安田顕さんは非常にもの静かでおだやかな方なので、そのギャップも安田顕さんの魅力のひとつです。

安田顕さんの娘さんはどんなお子さん?

安田顕さんの娘さんは、2004年生まれの14歳で中学2年生。2017年4月に東京の慶応義塾中等部に見事合格にし入学しました。入学式には安田顕さんも奥さんとともに出席されたようです。

とにかく安田顕さんは娘さんのことをかわいがっていらっしゃるそうで、携帯電話の待ち受けも娘さんの写真で、「奥さんや娘さんからのメールをを何度も読み返すと元気になる」とおっしゃっているそうです。

小学校は北海道で奥さんと2人暮らし

安田顕さんの娘さんは、慶応中学へ入学するまでは北海道で奥さんと2人で生活をしていたようです。東京でのお仕事が多い安田顕さんが単身赴任生活をされていたようで、多忙のため、月1回会えるか会えない生活だったそうです。

単身赴任中は奥さんが安田さんの出演されている作品を録画して、パパを忘れないようにと小さい娘さんによく番組を見せていたそうです。

安田さんが仕事の都合で半年間北海道に帰れず、久々に会った娘さんが折り鶴で首飾りを作ってくれて玄関先でお出迎えしてくれたという微笑ましいエピソードもあるそうです。

また安田顕さんは、お子さんが生まれてからめっきり涙腺がもろくなったそうで、さだまさしさんの「親父の1番長い日」をラジオで聴いて人前であるにも関わらず号泣したというエピソードからも、娘さんのことを大事に可愛がっていらっしゃる様子が伺えます。

「私が20歳になったら一緒にお酒飲もうね」
と言ってくれるやさしい娘さんだそうですので、
きっと安田顕さんもその日が来るのを楽しみに待っていらっしゃるでしょう。

娘さんの写真や画像は公表されていない

奥さんも娘さんも一般人ということで写真などは公表されていませんが、娘さんは安田顕さんに似て、とても華やかなお顔立ちだということです。

安田顕さんの娘さんと芦田愛菜さんが同級生?

芦田 愛菜
生年月日 2004年6月23日(14歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
血液型 A型

芦田愛菜さんと言えば、言わずと知れた国民的子役スターのイメージですが
近年は中学受験のために芸能活動をセーブされ、中学受験のために本格的な塾に通いながら受験に備えたということです。

複数の有名私立中学に合格されていたそうですが、芸能活動との両立がしやすい慶応義塾中等部への入学を決められたそうです。

同じ2017年4月に入学

安田顕さんの娘さんが慶応義塾中等部に入学したのが2017年4月。
芦田愛菜さんも同じくこの学校に入学されています。
つまりお2人は同級生ということになります。

この記事を書いている今現在、中学2年生。
2019年4月からは中学3年生になられる、安田顕さんも思春期の娘さんを持つお父さんというわけです。

慶應義塾中等部のレベルがスゴい

安田顕さんの娘さんと芦田愛菜さんが入学された慶應義塾中等部ですが、有名学習塾が算出するランキングでは最高峰の偏差値70の学校で、全国の女子中学校の中でもトップクラスの難関校だそうです。

卒業された有名人も櫻井翔さん、松岡修造さん、勝間和代さんといった錚々たるメンバーがいらっしゃいます。

芦田愛菜さんが中学受験を決めて本格的に塾に通い始めたのは小6の夏に入ってからだったそうです。志望していたのは超難関校ばかりだったそうですが、その時点でも成績は抜群で、成績上位者しか入れないトップのクラスにも合格したほどだったそうです。

それでも1日12時間の受験勉強を乗り越えての合格だったそうです。そんなに勉強しないと入れないほどの中学校に、それまで北海道の小学校に通っていた安田顕さんの娘さんが入学されたということは、本当に優秀な娘さんなんでしょうね。

安田顕さんの娘さんも慶應義塾中学部に入学されるまでの一年間は塾に通ったり、東京での夏期講習に参加したりと受験対策に望まれていたようで、安田顕さんも「これでやっと一緒にいられる」と嬉しそうにお話しされていたそうです。

芦田愛菜さんより目立っていた安田顕さんの娘さん

慶應義塾中等部の入学式では、芦田愛菜さんはお母さんとともに出席されていたそうですが、人気者にも関わらずそれほど周りに気づかれていなかったそうです。

反対に安田顕さんの娘さんは、お父さんの安田顕さんにお顔が似てるらっしゃるそうで、とても目立っていたということです。

芦田愛菜さんの制服姿をスクープしようと入学式の当日はたくさんの報道陣が集まっていたそうですが、入学式に奥さんと共に出席されていた安田顕さんまで注目を浴びてしまったことで娘さんの慶応義塾中等部入学が広まったようです。

安田顕さんの娘さんも北海道から上京されての入学ということで、最初は不安や慣れないこともあったことでしょう。もしかしたらお2人がクラスメイトで友人である可能性もありますね。

今後ますますの活躍を期待

安田顕さんも娘さんが慶応義塾中等部に入学されて、念願だった家族との生活を東京で始められたことで、さぞかし家に帰るのが楽しみな日々を過ごされていらっしゃるでしょうね。ご家族との充実した時間を糧に、今後ますますのご活躍が楽しみです。

安田顕の娘に関するおすすめ記事3選!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ