上村愛子の輝かしい実績を紹介!また離婚危機や不妊説は本当?

上村愛子さんは、女子モーグル界において輝かしい実績を収められました。オリンピックでメダルを獲ることはできませんでしたが、実力は世界レベルです。ここでは、上村愛子さんの実績を改めてご紹介するとともに、噂される離婚危機や不妊説にも迫ってみます!

上村愛子の魅力を徹底解剖!噂される離婚危機や不妊説は?

女子フリースタイルスキー・モーグルの選手として、長く活躍された上村愛子さん。現在は引退されていますが、その実績は素晴らしいものがあります。オリンピックでメダル獲得とはなりませんでしたが、その他の大会などではまさに第一人者として活躍ぶりでした。

ここでは、そんな上村愛子さんの活躍を改めてご紹介するとともに、噂される離婚危機や不妊説の真実にも迫っていきます!

上村愛子のプロフィールや経歴は?

まずは、上村愛子さんのプロフィールです。そして、元々アルペンスキーヤーだった上村愛子さんがモーグルに転向した経歴などもご紹介します。

上村愛子のプロフィール

競技登録名:上村愛子(うえむら・あいこ)
愛称:アイコ
生年月日:1979年12月9日
生誕地:兵庫県伊丹市
居住地:長野県北安曇郡白馬村/東京都
身長:156cm
血液型:AB型
所属:スポーツビズ

上村愛子・モーグル転向までの経歴

生後間もなく、「先天性心室中隔欠損症」であることが判明します。これは、生まれつき心臓に穴が開いているという病気ですが、幸いごく小さなもので生活には支障なかったとのことです。

2歳の時、両親のペンション経営開業に伴って長野県に転居。そして、3歳からスキーを始めます。小学校に入るとアルペンスキーを開始し、中学校でもスキー部に入りますが、いじめに遭って退部したとのことです。ただ、スキーをやめようとは思わなかったそうです。

その後、中学2年の時に母親の勧めでカナダへ渡り、モーグルスキー・ブラッコム大会を観戦します。そこで、ロシアのセルゲイ・シュプレツォフの滑走に感銘を受けます。

同時に、お気に入りのスキー板が盗まれた際、代わりにと勧められたものがモーグル用の板であったことも重なり、帰国後にアルペンからモーグルへと転向します。

そして1995年、白馬高校に進学してスキー部に入部。全日本選手権に出場して3位入賞。その年、全日本スキー連盟のナショナルチームメンバーにも選抜されました。

上村愛子の離婚危機や不妊説などは本当?

競技人生とは別に、上村愛子さんは2009年にご結婚されました。その後、幸せそうに見えるお二人ですが、何故か離婚説や不妊説などが囁かれています。ここでは、その真実に迫ってみました。

2009年に結婚

上村愛子さんは、2009年に元アルペンスキー選手の皆川賢太郎さんとご結婚されました。皆川賢太郎さんは1977年生まれの2歳年上。オリンピックにも4大会連続で出場されるなど優秀な選手でした。2014年1月に現役を引退し、その年の12月に「鮨 みながわ」をオープンされます。

その傍らで、皆川賢太郎さんは引退後も全日本スキー連盟の競技本部長を務めるなど、ウィンタースポーツ全体の発展に寄与されています。

離婚危機が囁かれる理由

上村愛子さんに離婚の噂がある理由の一つは、結婚した後も上村姓で選手登録していたことです。しかし、これには理由がありました。スポーツ界において実績の高い選手が名前を変えると、新人と間違われる恐れがあるそうです。

実際には、バンクーバーオリンピックの時に、上村愛子さんは「皆川姓で出たい」と言ったそうですが、夫の皆川賢太郎さんが「上村のままがいい」と助言されたとのことです。よって、苗字が不仲の原因とは言えなさそうです。

もう一つの理由として、ソチオリンピックに夫の皆川賢太郎さんが来なかったという点が挙げられます。これについては、皆川賢太郎さんが以下のようにコメントされています。

「愛子はこれまでお母さんと頑張ってきました。それが夫婦に情報がシフトしてきたため、もし自分が現地に行けば『上村家のオリンピック』を壊してしまうのではないかと考えていました。なので、自分は日本で仕事をしながら観戦しました」

つまり、「上村親子が培ってきたものを壊したくない」というのが皆川賢太郎さんの思いであり、上村愛子さんも「夫は心の支え」と語っておられましたので、こちらも離婚危機という感じではなさそうです。

不妊説が囁かれる理由

離婚説とともに、結婚してから長く経ちますが「子供ができない」という部分で、上村愛子さんの不妊説も囁かれています。だからと言って不仲というわけではないでしょうが、憶測は色々と飛び交うものです。

この件について上村愛子さんは、「子供は授かりものだと思いますので、できたらすごく嬉しいですし、子供も旦那さんも家族も皆で幸せでいたいなと思います」と語っておられます。

他の理由として、上村愛子さんの病気の件が挙げられます。上村愛子さんは「先天性心室中隔欠損症」の持病があります。重病ではありませんが、子供に遺伝してしまう可能性もあるようですので、その点を考慮しての判断なのかもしれません。

上村愛子のオリンピック成績は?

では、上村愛子選手のオリンピックでの成績を振り返ってみましょう。そして、メダルを獲得できなかった理由にも迫ってみます。

各オリンピックでの成績

初出場は、1998年に行われた長野オリンピックです。当時18歳という若さで挑んだ初めてのオリンピック。開催前から「かわいい!」という評判が高まり、IBMのCMにも起用されてかなりの注目度となりました。

結果は7位。滑走後、上村愛子選手は「多英さんのことが気になって、自分の順位は最後まで分かりませんでした。1桁に入ればいいと思っていたから、7位は大満足」と語っています。まさに無欲の入賞でした。

2度目の出場は、2002年に行われたソルトレークシティオリンピックです。この時、上り調子だった上村愛子選手でしたが、わずかにエアの着地が乱れ、滑走スピードも思うように伸びず、6位に留まりました。

3度目の出場は、2006年に行われたトリノオリンピックです。エアに新しい技を取り入れましたが、結果は5位。「一体どうすればオリンピックの表彰台に乗れるのかが…ナゾです…」とコメントしています。

4度目の出場は、2010年に行われたバンクーバーオリンピックです。ワールドカップで女王となっていた上村愛子選手でしたが、プレッシャーは大きく4位。「なんでこんなに一段一段なんだろうと思いましたけど…」という談話が有名になりました。

そして5度目の出場は、2014年に行われたソチオリンピックです。バンクーバー五輪の後、一時休養した上村愛子選手でしたが、その後現役復帰。悲願のメダルを目指してソチに挑みましたが、またも4位に終わりました。しかし、その「やり切った」という表情に多くの人が感動しました。

出場5回の結果は以下の通りです。
1998年・長野 7位
2002年・ソルトレークシティ 6位
2006年・トリノ 5位
2010年・バンクーバー 4位
2014年・ソチ 4位

メダルに届かなかった理由

結果的に、上村愛子選手はオリンピックでメダルを獲ることはできませんでした。世界選手権やワールドカップで優勝できても、やはりオリンピックというのは特別な場所なのかもしれません。

1度目はまだキャリアが浅く、2度目は粗削りな技術でした。3度目はコーク7という武器を引っ提げての出場でしたが、エアにこだわりすぎていたと後にご本人が語っています。4度目などは、目に見えぬプレッシャーによりスタート地点で頭が真っ白になったそうです。

そして5度目のソチ。上村愛子選手が3位に位置した状態で、最終滑走のハナ・カーニー選手が登場。カーニー選手は、滑走中姿勢を崩して転倒しそうな場面もあり、見た目の感覚では上村愛子選手の銅メダルが決まった!と思った人も多かったでしょう。しかし、採点結果はカーニー選手の方が上でした。

その理由は、スキー板のスライドにあります。カーニー選手の他多くのモーグル選手は、スキー板をずらす「スライドターン」を使いますが、上村愛子選手はエッジで雪面を切る「カービングターン」を使います。技術的には優れたものですが、そこが採点基準の穴でした。

そもそも、モーグルの得点はターン50%、エア25%、タイム25%で構成されています。つまり、ターンの良し悪しがかなりのウェイトを占めるわけです。そんな中、もともとはカービング技術が評価されていましたが、ここ数年は上体がブレにくいスライドの方が高い点がつくようになったのです。

もう一つは「基準点」の存在です。基準点は、スタートから第1エアまでの減点方式となっています。よって、スライドターンを採用しているカーニー選手の方が、上村愛子選手より基準点を高く保ったことも関係があるようです。

五輪だけではない上村愛子の魅力とは?

残念ながら、オリンピックでのメダル獲得はならなかった上村愛子選手ですが、五輪のメダルだけが全てではありません。上村愛子選手は、もっと価値ある実績を残した素晴らしい選手でした。その実績を、次にご紹介します!

モーグル実績①・衝撃デビューからスランプまで

1996年、ノーアム(北米杯)で優勝したことから、ワールドカップ最終戦であるスイス・マイリンゲン大会のメンバーに急遽抜擢されます。そして、ここで上村愛子選手は高校1年生で3位入賞という快挙を達成します。

その大会は、優勝がフランスのキャンディス・ギルグ、2位がドイツのタチアナ・ミッターマイヤー、4位がノルウェーのカーリー・トゥロー、5位がロシアのリザベータ・コジェフニコワと、世界選手権覇者や五輪メダリストなど「女王」が犇いていました。

そんな中に、突如日本の16歳が割って入ったことは、まさに歴史的快挙だったと言っていいでしょう。

1997年、長野で行われた世界選手権では決勝に進出して16位。そして、翌1998年の長野オリンピックで7位という成績を残すことになります。

1999年には、3年ぶりにワールドカップ3位表彰台。マイリンゲンで行われた世界選手権デュアルでは、4位という日本勢史上最高成績を挙げます。そして2000年は表彰台3度、ワールドカップ最高位は2位でした。

2001年には、世界選手権3位の後、ワールドカップ総合2位と、当時の絶対王者カーリーに次ぐ位置にまで上り詰めました。

翌2002年のソルトレークシティオリンピックでは6位、翌2003年のアメリカ・レイクプラシッド大会でワールドカップ初優勝を果たすも、エアに悩む時期が続きます。

ルール改正でフリップ系のエアも解禁になりましたが、トライできず遅れを取り、2004年は表彰台なしという結果に終わります。

モーグル実績②・スゴい技からスゴい結果へ

明けて2005年。上村愛子選手は、当時男子でも最高峰のエアであった「コークスクリュー720(通称:コーク7)」にトライします。同時期にカーリーも取り入れましたが、毎試合使用するのは上村愛子選手だけでした。

そして、同年のノルウェー・ヴォス大会で、自身2度目の優勝。女子でコーク7を使用した選手では、初の優勝でした。その後の世界選手権では、シングル4位、デュアル3位と復活を果たします。

2006年、トリノオリンピックでもコーク7を出しますが結果は5位。そこから上村愛子選手はヤンネ・ラハテラに師事し、エア中心ではなくターン技術とスピードアップに磨きをかけました。

そして2008年、それまで避けていたバックフリップも導入した上村愛子選手は、猪苗代大会で久々の優勝を飾ると、なんとそこから6連勝し、ワールドカップ総合優勝に輝きます。この栄誉は、「五輪金メダルよりも価値がある」と選手の間では評判です。

2009年にはシングルもデュアルも優勝し、カーリー以来の2種目女王となります。

モーグル実績③・そして伝説へ…

2010年はバンクーバーオリンピック。決勝で4位入賞するも、そこから長期休養に入ります。

そして復活した2012年に1度、2013年に2度、2014年に1度表彰台に上がり、ソチオリンピックで4位という結果を残して、現役を引退します。

通算成績は、ワールドカップ出場144回、優勝10回、表彰台34回、総合優勝1回、総合2位1回。世界選手権は15レース出場で優勝2回、表彰台4回。そして、オリンピック出場5回で入賞も5回。素晴らしい成績です。

女子ウィンター界のヒロイン

実績はもちろんのこと、上村愛子選手の魅力は、やはり前向きでいつも笑顔なところでしょう。長野オリンピックで、里谷多英選手が日本人女子初の冬季五輪金メダルを獲得した時には、嬉し泣きしながら里谷選手と抱擁するシーンもあり、視聴者を和ませました。

そして、ソチオリンピックで最後の滑走を終えた後の涙と笑顔などは、その魅力の象徴と言ってもいいでしょう。上村愛子選手は、まさに女子ウィンター界のヒロインです!

上村愛子は魅力溢れるアスリート!夫婦仲も良好の模様

「五輪のメダリスト」にはなれなかった上村愛子さんですが、それだけでは語り尽くせない多くの魅力に溢れたアスリートでした。ご結婚された皆川賢太郎さんとの不仲説などもありますが、実際はとても仲のいいご夫婦のようです。

決してくじけることなく、一歩一歩実績を積み上げていった上村愛子さん。その素晴らしい笑顔は、これからも多くの人たちを勇気付けてくれることでしょう!

関連記事もチェック!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ