記事ID141335のサムネイル画像

ユーチューバーのゆきりぬの大学が東大って本当?中退の真相は?

ユーチューバーのゆきりぬはゲーム実況の動画で人気ですが、勉強法の動画もアップしており東京大学に入ったとも言われています。その後、中退したという話や大学院に進んだとも言われています。ゆきりぬの大学の情報や現在何をしているかなどについてまとめてみました。

東京大学を出たとも言われるゆきりぬについて

ゲームの実況動画などで人気のユーチューバーゆきりぬさんですが、勉強法の動画を公開するなど頭が良いことでも知られており、大学は東大ではないかとも言われています。また、高校に入る前はかなり成績が悪かったようで、元ヤンという噂もあります。

大学院に進んだという話や中退したという噂もありますが、真相はどうなのでしょうか?人気ユーチューバーのゆきりぬさんの情報についてまとめてみました。

ゆきりぬの中学の頃の成績は?元ヤンは本当?過去の動画で炎上騒ぎ?

高校時代の偏差値が高すぎるということでも話題になるゆきりぬさんですが、昔は成績が悪かったとも言われています。また、ゆきりぬさんが元ヤンという噂もあるようです。ユーチューバーになる前には、ニコニコ動画で活動していたこともあるようです。

現在は清楚系のユーチューバーとして知られるゆきりぬさんですが、ニコニコ動画時代の動画が現在と全く雰囲気が違うということで炎上になったとも言われています。ゆきりぬさんの昔の成績や過去についてまとめてみました。

ゆきりぬさんは中学の頃のテストで2点を取ったことがある

ゆきりぬさんは中学の頃は成績が学年で2番目だったと言っており、現在のイメージからは想像がつかないほど成績が悪かったようです。実際、テストでは2点を取ったこともあるようですが、なぜそんなに成績が悪かったのでしょうか?

ゆきりぬは中学の頃まで子役で不登校だったが元ヤンではない

ゆきりぬさんは小学校から中学校までは子役をしていたそうで、「柳は緑 花は紅」という映画にも出演しています。中学にほとんど言っていなかったそうですが、子役をしていたこととも関係があるようです。

単純に仕事だけではなくマンガ喫茶に行って学校をさぼっていたことなどから、自分を不良と言っているようです。ただ、元ヤンというのは少し違うようですね。その後、高校受験を機に子役をやめて真面目に勉強するようになりました。

その後、理系の大学に進むために進学校に合格しどんどん成績を上げていったそうです。

ゆきりぬさんはニコニコ動画でサンタコスをするなど結構過激だった

ゆきりぬさんは、ユーチューバーになる前はニコニコ動画で活動していました。その時の動画はサンタコスをして胸元を強調するなど、現在のイメージとは全く印象が違います。この動画が見つかった時は、一時炎上騒ぎになりました。

ただ、多少過激な内容なのはたしかですが、ニコニコ動画に投稿しているわけですからそれほど問題のある内容ではありません。一部、ショックを受けた人もいるようですが、好意的に受け止めるファンが多いようです。

本人もこの頃のことは黒歴史と語っていますが、その頃からの経験で現在のスタイルに落ち着いたとも言えますね。

ゆきりぬの大学は東大なの?大学が東大だと言われる理由は?

中学では学年で下から2番目の成績でしたが、ゆきりぬさんは進学校に入学しました。高校時代に大きく偏差値を上げたということで話題なりましたが、ゆきりぬさんの大学は東大ではないかと言われています。

なぜ、ゆきりぬさんの大学が東大だと言われるか?本当に東大に入ったのかについてまとめてみました。

ゆきりぬは駿台の東大クラスに在籍していたので東大志望の可能性がある

ゆきりぬさんは勉強系の動画を多く出しており、駿台予備校にいた頃は東大クラスに在席していたことがわかっています。また、ゆきりぬさんは数学に関しては偏差値が83だったことがわかっています。数学のみとはいえ、完全に東大に合格できるレベルです。

他の教科に関しては詳しい情報はありませんが、ゆきりぬさんの高校の総合評定は4.9であることが分かっています。偏差値70の進学校でこの評価なら苦手科目はなく、東大に合格できるレベルと言われています。

更にゆきりぬさんの動画は東大に関連したものも多く、本人も東大に頻繁に通っていたことから東大の試験を受けた可能性は高いと言われているのです。

ゆきりぬの大学は東京大学ではない

大学は東大と噂されるゆきりぬさんですが、東大には入学していません。ゆきりぬさんが自分で撮った動画に通っている大学が映っています。

ゆきりぬさんは大学2年の時に、母校の高校のパンフレットに本名で写真が掲載されました。この時、通っている大学の名前も載っているため東大でないことは間違いありません。

ゆきりぬさんが留年しているという噂もあるようですが、これに関しては完全に誤りで現役で大学に入学しています。

ゆきりぬの大学はどこ?学部は?第一志望は東大だったの?

偏差値が高いことや東大クラスに属していたことから、ゆきりぬさんの大学は東大と思われていました。ゆきりぬさんの成績なら東大は不合格でも、早稲田や慶応に合格できるとも言われています。

ゆきりぬさんが進学した大学はどこだったのでしょうか?ゆきりぬさんの学部についてもご紹介します。

ゆきりぬの大学は横浜国立大学

ゆきりぬさんの大学は動画や出身高校のパンフレットから、横浜国立大学であることが分かっています。学部によっても変わってきますが、偏差値は55から70ほどです。センター試験でも、八割の正解が合格ラインと言われるかなりの難関大学です。

ゆきりぬの大学の学部は理工学部の機械工学・材料系学科

横浜国立大学に入学していたゆきりぬさんですが、学部は理工学部機械工学・材料系学科であることが分かっています。

元々映画などに影響されやすい性格だったというゆきりぬさんですが、「新世紀エヴァンゲリオン」の影響でロボットを作りたいと考えるようになったそうです。

そもそも高校もそのために理数系に強い学校を選んだと語っています。大学の説明会でロボットのことについて聞いた結果、横浜国立大学を選んだということです。

ゆきりぬは横浜国立大学が第一志望の可能性が高い

ゆきりぬさんは元々夢だったロボット作りのために、横浜国立大学を選んだそうなので第一志望だった可能性が高いです。

東大を受験したのかどうかはわかりませんが、東大に落ちたから横浜国立大学に入ったわけではなさそうですね。

ゆきりぬの大学時代のサークルは?中退したって本当?

横浜国立大学に無事に進学したゆきりぬさんですが、中退したという噂もあります。ゆきりぬさんの大学のサークルやアルバイトなど、どんな大学時代を送っていたのかについてご紹介します。

ゆきりぬは大学のテニスサークルに入るも、すぐにやめて家庭教師に

ゆきりぬさんは大学に入って間もなくテニスサークルに入ったそうです。ゆきりぬさんはテニスがしたくてサークルに入りましたが、真面目にテニスができる雰囲気ではなかったためにすぐに抜けたそうです。

その後は、アルバイトで塾の講師もしていたそうです。

ゆきりぬさんは中退せずに真面目に勉強して大学を卒業した

ロボットを作りたいという夢を持って大学に入ったゆきりぬさんは、真面目に勉強して大学を卒業しています。理工学部はほとんど女性がいないため、周りからはほとんど女性扱いされなかったそうです。

実際の大学の授業はロボットメインというわけではなかったようで、戸惑うこともあったようです。それでも、機械いじりは楽しかったとゆきりぬさんはインタビューで語っています。

ゆきりぬさんは学園祭に一度も言ったこともない言っており、大学には勉強するためだけに通っていたようです。しかし、授業に遅刻した時は、先生にバレないように窓から入るという一幕もあったようです。

ゆきりぬさんは大学院に進学した?ロボット作りはどうなった?

ゆきりぬさんはロボットを作ることを夢見て大学の理工学部に入ったわけですが、大学院には進学したのでしょうか?ゆきりぬさんは現在何をしているのか?ロボット制作はどうなったのかについてまとめてみました。

ゆきりぬさんは大学院には進学せずに就職した

ロボットを作りたいから大学に入ったということで、ゆきりぬさんが大学院に進学しているのではないかという話もあるようです。ただ、ゆきりぬさんは大学院には進学せずに就職しています。また就職してロボットを作っているわけでもありません。

元々、ゲームが大好きだったゆきりぬさんは、ゲームクリエイターにもなりたかったそうです。しかし、ゲームクリエイターではなく、ゲームのバグを見つけるゲームデバッカーになりました。大好きなゲーム関係の仕事であることはまちがいないですね。

ゆきりぬさんは今の状況を楽しんでいる

現在のゆきりぬさんはユーチューバーとして活動しながら、テレビなどにも出演しています。夢だったロボット作りに関してどうなったのかは、ゆきりぬさんも詳しくは語っていません。ただ、本人もどうしてこうなったのか不思議だとも言っています。

それでも、今は好きなことができているから楽しいとゆきりぬさんは語っています。Twitterの投稿を見る限り、現在でもロボットへの興味は衰えていないようです。

ゆきりぬは横浜国立大学を卒業して現在はゲームデバッカー

成績が良かったことと予備校で東大クラスだったことから東大に入ったと噂になったゆきりぬさんですが、実際は横浜国立大学を卒業していました。最初から横国大が第1志望だったようですね。

ロボット作りの夢がどうなったのかはわかりませんが、現在はゲーム関係の仕事に着けて満足しているようです。ユーチューバーも楽しんで行っているようなので、今後も面白い動画が見られそうですね。

関連記事はこちら

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ