記事ID141030のサムネイル画像

金田朋子妊娠そして出産!その喜びの背景では流産を経験していた!

金田朋子は有名な声優です。金田朋子は結婚し、妊娠して女の子を出産しました。無事産まれてきてくれて、とても喜んだことでしょう。しかしその喜びの背景では流産を経験していたのです。明かされた辛い流産の真実と奇跡の出産についてまとめました。

金田朋子喜びの出産!その背景での流産の真実は?

金田朋子は声優として活躍しています。持ち前のハイテンションな性格から、バラエティー番組にも引っ張りだこです。そんな金田朋子は結婚し、出産を経験しました。年齢から言っても高齢出産ということもあり、喜びもひとしおだったことでしょう。

しかしその喜びの出産の背景には、流産という悲しい出来事があったのです。流産を乗り越え出産を果たした金田朋子の心情というものは、どういうものだったのでしょうか?その真実に迫ります。

金田朋子とはどんな人?

金田朋子を知っていますか?テレビでも見かけることが多かったと思います。金田朋子とはどんな人物なのかを見ていきましょう。

金田朋子プロフィール

名前:森朋子(旧姓:金田)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1973年5月29日
年齢:45歳
身長:147.7cm
職業:声優・ナレーター・タレント

金田朋子は小柄ながらも、すごいパワーの持ち主です。そのテンションの高さはどこから出てくるのか謎です。また45歳とは思えないほど童顔でかわいいですよね。金田朋子は声優になる前は、銀行員をしていたそうです。

その後、青二プロダクションのオーディションに合格したことで、声優デビューを果たすことになりました。

声優としての代表作

金田朋子は声優として有名です。特徴ある声を活かして、声優として活躍しています。声優としての代表作は、「おしりかじり虫」「あずまんが大王」でしょう。知っている人も多いのではないでしょうか?あのおしりかじり虫の声は、金田朋子しかできないですね。

金田朋子結婚!

金田朋子は2013年11月22日に結婚をしました。「いい夫婦の日」に結婚しましたが、それにふさわしいくらいのおしどり夫婦だと言えるでしょう。結婚することになったきっかけなどをまとめてみました。

金田朋子の旦那は森渉

金田朋子の旦那は森渉です。森渉は俳優・タレントとして活躍している35歳です。金田朋子よりも10歳年下です。金田朋子が童顔というのもあり、年の差を感じさせない夫婦ですね。

森渉はイケメンで、スポーツマンでもあるのです。学生時代に、「スポーツマンNO.1決定戦」でケインコスギが活躍する姿を見た森渉は、芸能界に入ることを決意しました。

スポーツバラエティーに出演することも多くあり、SASUKEにも出場しています。高校時代から器械体操をやっていたそうなので、もともとスポーツマンだったようです。

森渉は優しい良い旦那

この森渉は理想の旦那だと言われています。金田朋子は少し変わり者なところがあるので、それに合わせていくのは大変なはずです。しかし森渉はうまく丸めこんで、まるでお笑いコンビのような面白い夫婦なのです。

結婚当初、家事が一切できなかった金田朋子に対し、何も言わずに家事全般をやる森渉。金田朋子は料理も1種類しか作れなかったため、森渉が料理を作るようになり、森渉の方が料理のレパートリーが増えていったそうです。

今は金田朋子も家事ができるようになっているかもしれませんが、家事など手伝ってくれない旦那が多数いる中で、森渉のような旦那は、とても貴重な存在ですよね。

結婚に至ったきっかけは共通の友達を通しての誕生日会

金田朋子が結婚に至ったきっかけは、共通の友達を通しての誕生日会だったそうです。その時はお互いに知り合いというわけではなく、森渉が金田朋子に興味を抱いて、他愛もない会話をしたのがきっかけとのことです。

森渉は金田朋子のことを「変なオーラが漂っている人」という印象を受けたそうです。森渉は金田朋子のことは年齢が離れているけど、とても話しやすい人だと思ったようです。

プロポーズは森渉から

プロポーズは森渉からしたそうです。しかもプロポーズはなんと3回!場所はそれぞれ違って、海・山・家だったようですね。なぜ3回もプロポーズをしたのか不思議に思うでしょう。

金田朋子が語っていた話だと、金田朋子が1回で理解できなかったために3回プロポーズされたのではないかということです。いかにも金田朋子らしいですね。

プロポーズの言葉は、「おじいちゃんとおばあちゃんになっても笑っていようね」だそうです。金田朋子と森渉夫妻なら、おじいちゃんとおばあちゃんになっても、笑顔の絶えない夫婦生活を送っていくような気がします。

金田朋子の辛い流産の悲しい真実とは?

金田朋子は結婚してから流産を経験しています。金田朋子の身に起こった悲しい真実とは一体どのようなものだったのかをまとめてみました。

結婚してから3年後に1度流産を経験

金田朋子と森渉が結婚したのが2013年ですが、結婚してから3年後の2016年に、金田朋子は1度流産をしました。それが妊娠2ヶ月でのこと。その時に医者から、40歳を過ぎたら自然妊娠の確率が5%であることを聞かされ、初めて知ったそうです。

金田朋子は流産した時で43歳。高齢出産になります。医者から聞かされてから、今まで無知だった高齢出産のことや不妊治療のことまで調べてみたそうです。

森渉は責任の重さを感じていた

金田朋子と出会ってからすぐ結婚は意識していた森渉。しかし子作りに関しては、仕事で成果を上げるまで、待たせてしまっていたようです。女性には出産のタイムリミットというものがあります。

結婚した時点で40歳。待たせている時間はなかったということに、流産してから気づいたそうです。森渉は、神様に「僕にできることなら何でもするのでもう1人授けてください!」とお願いしたのです。

次に自然妊娠できなかったら、体外受精を考えていた2人。そんな時に奇跡の自然妊娠!喜びも大きかったようです。

金田朋子44歳で女の子を出産!

金田朋子は、2017年6月20日に3096グラムの女の子を出産しました。きっと2人に似て、元気で笑顔いっぱいな女の子なのでしょう。出産時の様子を調べてみました。

帝王切開での出産だった

医者からは帝王切開の可能性もあると言われていたけど、金田朋子は自然分娩のつもりでいたそうで、まさかの帝王切開にパニックになったそうです。帝王切開は切腹と同じだと、自分の中では思っていたとのこと。金田朋子らしい発言ですね。

赤ちゃんの頭が成長しすぎたために、急遽入院し翌日手術を受けたそうです。怖くてどうしようもなかった金田朋子の頭に思い浮かんだのは、流産した子のこと。「あの子のためにも頑張らなくちゃ!」という気持ちで、出産に挑んだのです。

そして手術から2時間後、わが子とのご対面。さっきまでお腹の中にいた子が目の前にいるという現実を信じられなかったそうです。父親になった森渉も、感動して泣くというよりは会えたことに対してニコニコしっぱなしだったようです。

子供の名前は「千笑ちゃん」

金田朋子と森渉夫妻の愛娘は、「千笑(ちえ)ちゃん」と名づけられました。いっぱい笑ってほしくて、「笑」という文字を入れたそうです。とてもいい名前ですよね。きっとパパとママのように、たくさん笑って楽しませてくれることでしょう。

もう千笑ちゃんも、1歳半になりました。言葉も少しずつ出始めてくる頃で、だんだんと会話も楽しめるようになってきます。家族の絆ももっと深まっていきますね。千笑ちゃんが1歳になった時の金田朋子のブログでは、家族揃って被り物をしていました。

被り物大好き夫婦の元へ産まれた千笑ちゃんは、きっとみんなから人気者の明るい子に育ってくれることでしょう。ブログを見ているファン達も、千笑ちゃんの笑顔に癒されること間違いなしです。

辛い流産を乗り越えた金田朋子の奇跡の出産に感動!

金田朋子は辛い流産を乗り越え、奇跡の出産をしました。流産を乗り越えたからこそ、母としてより強い心を持って、子供を育てていくことができるのかもしれませんね。

しかし今は千笑ちゃんが産まれて、家族3人になり、幸せそうですよね。今後も母として、ますますパワーアップした金田朋子が見られることでしょう。

関連記事はこちら!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ